アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
このページに表示中の記事 (カテゴリー: 認知症の薬の事)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

妄想する職人

2011/07/26 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日に始まったことではないのですが、アルツ君は、ときどき、独りで変なことを言います。

今夜も、早目に床についたのですが、つい今しがた起きてきて、玄関の扉を開け、何かつぶやいていました。

アルツ君は、二階の寝室に寝ています。

当たり前の話ですが、玄関の扉を開けるためには、二階から降りてこなくてはなりません。

日頃、立ち上がるのもやっとになっているアルツ君にしてみれば、かなり大胆な行動です。

ヤッチとキノコさんは、テレビを観て、くつろいでいます。

何事が起きたのかと、キノコさんがアルツ君に声をかけます。

キノコさん:「どうしたの?」

アルツ君は玄関の扉を開けたまま、振り向きもせず、外を見つめています。

???

キノコさん:「なに?誰か外にいるの?」

アルツ君:「いや。ばあさん(キノコさん)は、帰ってきたのか?」

キノコさん:「はあ~???」

アルツ君:「いや、ばあさんが俺を外で、呼んでる声がした。お前、呼んだだろ?」

キノコさん:「はあ?呼ばないわよ。私は、ここにいて、さっきから、テレビ観てたんだから…。」

アルツ君:「ウソをつけっ!外で、俺のことを呼んでた。」

キノコさん:「なんでこんな夜更けに、あんたを外で、呼ばなきゃ、ならないの?」

アルツ君:「お前、買い物に行ってたんだろう?」

キノコさん:「はあ?買い物なんか、とっくのとうに、行ったし、一緒に、ご飯も食べたじゃない!」

確かに、二人は一緒に、ご飯も食べたし、キノコさんが、買い物に行ったとすれば、夕飯前です。

アルツ君:「馬鹿なこと、言っちゃいけないよ。お前、買い物に行ってたはずだ。」

キノコさん:「馬鹿なこと言ってるのはどっちよ。私は今頃買い物なんかに行かないわよ。」

アルツ君は、玄関の扉を開けたまま。

しかも、パジャマ姿でやり合っているので、ご近所さんに聞こえてないか、ヤッチはその方が心配です。

(-"-)

キノコさん:「私は買い物なんかに行かないから。寝ぼけてたんじゃないの?」

???

アルツ君:「そうか…。夢か…。」

やっと、アルツ君は、こっちサイドに戻ってきました。

寝ぼける人が、認知症になりやすいのか、認知症になると、寝ぼけることが多くなるのかは、謎です。

あるいはアリセプト(認知症の薬)の副作用か?

メマリー(認知症の薬)が強いのか?

アルツハイマー型認知症と、アルツ君が診断される前も、アルツ君はたびたび寝ぼけることがありました。

寝ぼけているときの感じは、酔っぱらった人が、ひとりクダをまいているのを想像してもらえれば、よくわかると思います。

一生懸命独りでおしゃべりしています。

でも、最近の寝ぼけ方は、ちょっとリアルというか、幻覚的というか、幻視というか、はたまたアルツハイマー型認知症の顕著な症状なのか、どうも理解に苦しむ場面が多く有ります。



そう…。

この話にはまだ続きが…




有るんです…。

キノコさんを目の前にして

やり合っていたアルツ君…。

ピタリとしゃべるのをやめて…

またジッと、外を見つめています…。

???

沈黙が漂います…。

???

外の涼しい風が…

すーっと…



玄関の中に迷い込んできます…。

アルツ君が…

アルツ君がついに、口を開きました…。




アルツ君:「ほーら!ばあさん(キノコさん)、帰ってきたっ!」


キノコさんは玄関の中にいます…。

???

外には…

外には…

だっ…

だっ誰もいません!





キャー!!

エエェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症 アリセプト 副作用 メマリー 幻視 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-52.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/26 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリー錠と職人

2011/08/02 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先週の金曜日に、アルツ君は具合が悪くなってしまい、予約していた歯医者さんをキャンセルしてしまいました。

(このことについては、このブログの『試写会に行った職人』を読んでくださいね。)

アルツ君が寝る前に、必ずキノコさんに外しているかどうかのチェックを受ける入れ歯のメンテナンスのための予約でした。

噛み合わせが、ちょっとでも狂うと、食事が取りづらくなってしまうために、定期的なメンテナンスは欠かせません。

今日は、再び予約が取れて、午前中に、アルツ君は、キノコさんと歯医者に行ってきました。

午後は、ヤッチがキノコさんに代わって、普段かかり付けの主治医(内科)のところに、アルツ君を診察に連れて行かなくてはなりません。

アルツ君にしてみれば、1日に2件も、お医者さんに行かなくてはならないので、結構ハードスケジュール。

でも、今日は先週の金曜日の出来事が有るので、どうしても、一緒に、主治医のところに、相談に行かなくてはなりません。

午前中は、キノコさんに、少ないとは思いましたが、1万円を渡しました。

後期高齢者医療保険が充実しているからなのか、その歯科医院が良心的なのかは、わかりませんが、そこの歯科医院で払うお金は、高くても、せいぜい千円前後のことが、多いので、ヤッチにしてみれば、大盤振る舞いです。

(*^_^*)

「もし、足りなかったら、『後で払いに行くから』って、先生に言ってね。」

1万円ポッチで、格好つけすぎました。

キノコさん:「帰りに、買い物してくるから、少し遅くなるかもしれないわ。」

どうして、女の人は、買い物が『大変、大変』と、言いながら、買い物が好きなんですかねえ~。

昼すぎになり、アルツ君が、先に帰ってきてしまいました。

ヤッチ:「ばあさん(キノコさん)は?」

アルツ君:「知らない。買い物でも行ったんだろ。」

聞く方が間違いでした…。

ヤッチ:「入れ歯は調子よくなった?」

アルツ君:「調子良すぎて大変だ。これじゃあ、200年は、生きられるな。」

そんなに生きられても…。

アルツ君:「それより、なんか疲れたぞ~。水くれよ。」

そう言いながら、アルツ君は椅子にへたりこんでしまいました。

あまり外に出かけなくなってきているので、彼には、相当、長旅だったんでしょう…。

麦茶をグラスに入れ、アルツ君に手渡そうとすると、またしても、なんか様子が変???

また、額から大量のあぶら汗です。

\(◎o◎)/!

「また調子悪いのかっ?」

アルツ君:「ふーん。」

今回は、意識があるようです。

アルツ君:「何だか疲れた~~。」

ちゃんと、受け答えするし、麦茶も飲んだので、救急車は呼ばなくて済みそうな感じです。

(ー_ー)フー!

今日は、主治医のところに行くので、血圧を計っておくことにしました。

ダルそうなアルツ君の腕に、血圧計を巻きつけ、スイッチオン!

アルツ君:「あいたたあああ!」

最近のアルツ君は、かなり大袈裟…。

結構、余裕がありそうです。

血圧は上が79、下が60、脈拍77。

えっ~!

生きてんの?

ヤッチ:「死んでるじゃねーの?」

アルツ君:「かもしんない…。」

まあ、これだけの会話ができれば、今日は、死なないでしょう…。

(デリカシーの無い人間!そう…。それがヤッチです…。)

それにしても、血圧がこんなに低くていいのかな?

アルツ君は、アルツハイマーの薬(アリセプトとメマリー)を、飲んでいます。

血圧が今まで高かったので、高血圧のための降圧剤も飲んでいます。

今まで、上が180なんていうのは、しょっちゅうでしたから、ちょっと異常です…。

ヤッチ:「午後、医者に行かなきゃならないんだから、今、死ぬなよ!」

アルツ君:「わかったよっ!なんとかしてやるけど、ボタモチ食わせろよっ!」

ちょっと、かわいそうなので、休ませてやることにしました。

(^^)/


キノコさんが、ようやく、帰ってきました。

両手に大量の荷物を抱えています…。

キノコさん:「おじいちゃん(アルツ君)のボタモチを買おうと思ったら、買いすぎちゃって…。」

買いすぎではなく、買い占めです…。(涙)

ヤッチ:「で、歯医者のお金は足りたの?」

キノコさん:「足りた!足りた!600円で済んだわ!」

ヤッチ:「へー!ずいぶん安かったね。だいぶお釣り余っただろ?」

キノコさん:「お釣り?お釣りなんか、ないわよ。買い物してきたんだから。」

またしても、やられました…。(涙)

キノコさんに、デカいキャリカー(介護用の荷物がたくさん入る押し車)を買い与えたのが、間違いでした…。

洗濯物の入った洗濯カゴを二階に運べないのは、ウソかもしれません…。

アルツ君は、その横で、すでに、ボタモチをパクついています…。

(あんた、さっき、具合悪かったんだろっ!)



キノコさんのお蔭で、昼飯は、かなり豪華なものとなり、そろそろ、アルツ君を主治医のところへ、連れて行く時間です。

主治医のクリニックは、歩いて3、4分のところにあり、キノコさんが、午前、大量に食材をゲットしてきたスーパーの、ちょうど、はす向かい。

今日は、どういうわけだか、混んでいる様子。

俺が来るのを誰が教えたんだと妄想しつつ待っていると、アルツ君の名前が呼ばれます。

診察室に入り、看護師さんに、血圧と脈拍を計ってもらいます。

(いいなあ。俺も計ってもらいたい…。)

今度は、やや低いものの、まあ許せるくらいの血圧です。

主治医に先週金曜日の事と、今日の午前中の事を話します。

主治医:「血圧の薬を減らした方がいいのかな…。」

ヤッチ:「低血糖で,こんな症状が出ることは、ないんでしょうか?」

主治医:「おそらく、降圧剤を飲んでいるせいで、一時的に、発作的な症状が出たんでしょう。低血糖ということは、考えにくいな…。」

主治医は続けます。

主治医:「今回は、血圧の薬を一剤やめましょう。ヘルベッサーというお薬を今まで出していたんですけど、これはやめてみましょう。」

主治医:「あと、認知症の薬のメマリーなんですけど、これも量を減らしましょう。」

アルツ君は先週からメマリー錠を10mgから20mgに増やし、夕食後に飲んでいます。

これをもとに戻し、夕食後に10mgにしようという提案です。

結構強いのかな?

ヤッチ:「先生、この薬は強いと伺っていますが、眠くなる成分とかも、入ってるんですか?」

主治医:「まったく入っていないわけじゃないけど、どうしようもなくなるほどの成分は入っていないよ。どうして?」

ヤッチ:「いや…。最近どうも寝ていることが多くなって、眠気というか、やる気みたいなものが、全然ないんですよ。」

主治医:「それは、おそらく、ご病気のせいで、薬のせいではないと思うよ。そもそも、それを改善しようと思って、このメマリーを出してるんだからね。」

少々、言いくるめられてしまったような感じです…。

『先生、本当は、このメマリーという薬を、よく知らないんじゃないの?』と、言ってやりたかったです…。

メマリーのような新薬については、副作用などの症例のデータが少ないから、結構、手さぐりなんじゃないかと、ヤッチは思っています…。

ただ、アルツ君のように高血圧の薬と、このメマリーの整合性みたいなものが出てくると、まったく、どう推理していいかわかりません…。

もともと、血圧の薬を飲んでいなければ、メマリーの効能や副作用だけを考えればいいわけです。

でも、アルツ君は、朝食後にアリセプト(やはり認知症の薬)を10mg飲んでいて、朝は、メマリーを飲んでいない。

そこに、降圧剤が加わるから、ますます、話はややこしくなります…。

(ー_ー)!!

今回も、降圧剤をすべてやめたわけではなく、まだ二剤、降圧剤を服用しろという話です。

まったく、憶測ですが、イッペンに降圧剤をやめようとは、医者も言えないし、できないのかもしれませんね。

なんだか、モヤモヤした気持ちで、診察室をあとにしました…。

自分のことなのに、アルツ君は全く他人事のようです。

アルツ君:「俺は、小便したくなっちゃたから、先に帰るぞ!」

調剤薬局には寄らずに、先に帰っていきました。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 入れ歯 血圧計 アリセプト アルツハイマー メマリー ボタモチ ヘルベッサー 降圧剤 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-59.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/02 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリーと眠気

2011/08/09 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日、お話しする内容は認知症の薬の事(副作用について)や、アルツハイマーの話で、ちょっと固い内容かもしれません。

m(__)m

興味のない方には、読んでもらっても、なんのこっちゃ、よくわからんぞという感じなので、もし、読まれる場合は、時間に余裕がある時にした方がよいかも?

逆に、薬の名前がいっぱい出てきて、頭がクラクラ、目もチカチカしてくると思うので、寝苦しい夜に、早く睡眠をとりたい方には、お勧めです。

(*^_^*)

たぶんいい感じで寝落ちできます。

( ̄ー ̄)ニヤリ

(↑だいたい、前置きが、長いんだよっ!!)

さて、アルツ君が食事の途中で、よく眠くなることをこのブログでも紹介しました。

[関連記事]

そして、あまりにも、横になって寝ていることが多くなったので、キノコさんも心配していました。

そして、今日、キノコさんは、アルツ君を主治医のところに診察に連れて行きました。

ヤッチも、気にはかけていて、もしかしたら、メマリー(認知症の薬)が合わないのではないか?

処方されている量が多すぎるのではないか?

メマリーの副作用なのではないか?

そんな疑いが有ったので、キノコさんにも、もう一度、相談に行った方がいいと勧めていました。

ヤッチ自身は,医者でもないし、ましてや、アルツ君の家族。

どうしても主観的になりがち…。

医者を信用するしかありません…。

そんなわけで、キノコさんとアルツ君は、今日の夕方、クリニックに…。

結果としては、メマリーを処方してもらう前の状態にリセットです。

ここ1週間ほどは、メマリー錠10mgを夕食後に、飲んでいましたが、服用をいったん休止です。

血圧も低い状態が続いているので、降圧剤についても、休止です。

これで、アルツ君の飲む薬は、
  • アリセプト10mg(認知症の薬)
  • バイアスピリン錠100mg(血管内で血液が固まるのを防ぐ薬)

朝食後だけの服用となり、夕食後に飲む薬は、なくなりました。

キノコさんのチェック項目が、一つ減りました。

ちょっと、話が横道にそれますが、バイアスピリン錠100mgじゃなかったかな…???

キノコさんも心臓が弱く、アルツ君と同じ、バイアスピリン錠を飲んでいる時期がありました。

2、3年前の話だと思いますが、ある時、キノコさんが、爪を切っていて、誤って、自分のお肉まで切ってしまい、軽い切り傷に…。

大した傷じゃないのに、血が止まりません…。

\(◎o◎)/!

いくら止血をしても、どんどん、血が溢れ出してきます。

仕方なく、救急車を呼ぶ羽目に…。

救急車の中で、救命士の方に、止血してもらったら、結局、血は止まったんですが、原因を調べてもらうために、病院に搬送です。

搬送先の病院で調べてもらったら、血液をサラサラにする薬を飲んでいるから、血が止まらなくなったという話になったんです。

確か、この時に飲んでいた薬が、バイアスピリン錠じゃなかったかな…???

記憶が定かじゃないのは、ヤッチがアルツ君の息子だからでしょうか。

結局、キノコさんは、その薬を飲むのを辞めてから、救急車で運ばれるような事件は、起きていません。

もし、この記憶が確かなら、ヤッチとしては、このバイアスピリンという薬も、いらない感じです…。

かなり、話がそれてしまいましたが、アルツ君が、メマリーの服用を休止して、血圧の薬も飲まないことになりました。

これで、眠気が、なくなるのであれば、アルツ君の眠気と薬との因果関係があったと考えることができます。

いったん、メマリーの服用を休止してもらえたことは、よかったような気がします。

主治医に、『また1週間後に来てください。』と、言われて、帰ってきたみたいなので、また、1週間後は、固い話になるかもしれません。

(得意じゃないんですけど…。)

固いついでに、薬について知りたい方のために、リンクを載せておきます。

ヤッチが、よく利用する、『おくすり110番』という、サイトにジャンプします。

ガラケーでも、アクセスできますがガラケーのキャリア(docomo、auなど)によって、URLが違います。

ガラケー用のリンクも貼っておきますので、そこにアクセスして、薬の名前を入力して下さい。
【追記1】
記事で、キノコさんが、バイアスピリンを飲んで、血が止まらなくなったという話を書きましたが、やはり、ヤッチの勘違いでした。

飲んでいた薬は、バイアスピリンではなく、ワーファリンの間違いでした。

間違った情報を流してしまって、すいません。

m(o´・ω・`o)mペコリン

2011/08/10

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症 アルツハイマー メマリー 副作用 眠気 アリセプト バイアスピリン ワーファリン おくすり110番 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-66.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/09 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アルツ君復活!

2011/08/10 (水)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日の夕方から、メマリー(認知症の薬)の服用をお休みしているアルツ君。

今朝も、アリセプト(認知症の薬)10mgと、バイアスピリン100mg飲んだだけです。(計2錠)

しかし、こんなにも違いがあるのかというほど、早くもアルツ君に変化が出てきました。

\(◎o◎)/!

以前は、昼間も、眠気に襲われ、意識も朦朧とする場面も多かったのですが、今日は、そういうこともなく、しっかりしています。

昨日までは、食欲もなく、キノコさんが、無理やり食事を口に運ぶようなシーンも何度かありましたが、食欲も今日はあります。

食事の最中に、寝てしまうようなことは、今日はありませんでした。

まだ、服用を中止して1日ですから、何とも言えないところですが、かなり、以前の毒舌のアルツ君が、帰ってきた感じがします。

何よりも驚いたのは、嫌がっていたアルツ畑の散歩に、本人が自ら、『行きたい。』と、言いだしたことです。

アルツ君:「たまには、動かないと、足が腐るからな!ゴミ置き場に、俺の足が、ビヨーンと、飛び出してたら、びっくりされるからな。」

やっぱ、こうじゃないといけません。

\(^o^)/

しかも、早朝に、アルツ畑に出かけたのですが、このことを夕方まで、おぼえていたんです。

普段なら、へたをすると、30秒前のことも忘れてしまうのに、数時間前のことを克明に覚えていたのは、驚くばかりです。

ヤッチ:「こんなに覚えているんじゃ、いよいよ末期症状だな。最後の『あがき』って、いうやつだな。」

アルツ君:「そうかもしれないな。化けて出てやるから、夜中、気をつけろよ!」

まだまだ負けていません。

横で、キノコさんが 割り込みます。

キノコさん:「あんた達!縁起でもないこと、言わないで!本当にそうなったら、どうするの?」

アルツ君:「そん時は、そん時で、ばあさん(キノコさん)!お前を最初に誘ってやるから、心配するな!」

キノコさん:「やめてちょうだい!」

キノコさんだけは、真剣な顔つきです。

小失禁の方も、昨日までは、1日に何度も、繰り返し紙パンツを取り替えていたのに、今日は、自らトイレに立ち、紙パンツを一度も替えずに済みました。

これまでの数週間は、何だったんだっていう感じです。

メマリーを休止したせいなのか、血圧の薬(降圧剤)を休止したせいなのか、あるいは、たまたま今日のアルツ君の調子が良いのかは依然謎です…。

認知症の新薬といわれているメマリーを飲まなくなって記憶力が戻るって、なんか変な感じです…。

まあ、明日の調子で、状況は変わると思うので、あまり深く考えないで行きましょう!

今日は、アルツ君の食欲も戻ったので、冷蔵庫に眠らせておいた、あの愛しの小玉スイカちゃんをみんなで食べることにしました。

(*^_^*)

ヤッチ的には、切ってみるまでは、ちょっと緊張です…。

まだ熟してなかったらどうしよう…。

┣¨キ(*´ェ`*)┣¨キ

2011081017210000.jpg 2011081017260000.jpg

2011081017270000.jpg
クリックで拡大します


大丈夫です!!

しっかり熟して、赤くなっているので、美味しく食べられそうなので、大丈夫です!!

ずっしり重かったのは、皮が薄く、身が詰まっていたからだったんですね。

八つ切りにすると、軽く手で割ることができ、とてもジューシー。

\(^o^)/

甘くて、実に、おいしい~!

自画自賛で~す。

アルツ君も、完食です!!

2011081017350000.jpg


アルツ君が、つぶやきます…。

アルツ君:「最後の晩餐かな…。」

キノコさんが、悲鳴めいた声を発します。

キノコさん:「やめてちょうだいっ!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
昨日の記事で、キノコさんが、バイアスピリンを飲んで、血が止まらなくなったという話を書きましたが、やはり、ヤッチの勘違いでした。

飲んでいた薬は、バイアスピリンではなく、ワーファリンでした。

間違った情報を流して、すみません。

m(o´・ω・`o)mペコリン

でも、納豆を食べちゃいけない薬なんて、はじめて聞きました…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー アリセプト バイアスピリン 眠気 小失禁 紙パンツ ワーファリン 納豆 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-68.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/10 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリーリターン!

2011/08/16 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止して、7日目のアルツ君。

1週間たったので、主治医のクリニックに再診です。

キノコさんが、アルツ君をクリニックに連れて行きました。

その結果は…。

やはり、メマリーを再び、服用です。

最低量の5mgを、夕食後に飲むように、言われて帰ってきたみたいです。

アルツ君が、眠気を訴えることも、主治医に相談したようですが、薬のせいではないと、言われたそうな…。

高血圧の薬を飲まなくても、血圧は安定しているので、もう一度、メマリーを再開してみようという話になったようです。

結局、服用する薬は以下のようになりました。

【朝食後】
アリセプト10mg(認知症の薬)
バイアスピリン錠100mg (血管内で、血液が固まるのを防ぐ薬)

【夕食後】
メマリー5mg(認知症の薬)


そして、『薬嫌いの職人』も、復活です。

キノコさんが、夕食後に薬をアルツ君に飲むように言いますが、嫌がります。

アルツ君:「どこも悪くないのに、みんなして、俺を病人扱いしやがって…。」

確かに、本人に自覚症状が無いんですから、おっしゃる通りです。

キノコさん:「これは、長生きする薬だから、飲んでちょうだい。」

アルツ君:「そんなもんがあるなら、みんな、死ななくなって、大変だ。」

確かに、これも、おっしゃる通り。

(ー_ー)!!

キノコさん:「どうしたら飲んでくれる?」

アルツ君:「ボタモチ、食わしてくれるなら、考えてやってもいいぞ!」

キノコさん:「そんなこと、言っても、今、ボタモチ、無いもの…。」

アルツ君:「じゃあ、ノーサンキューですね…。」

キノコさん:「そんなこと言わずに飲んでちょうだいよ。」

キノコさんが、無理やり、口に放り込みます。

アルツ君:「んん…。まずいっ…。」

あわてて、アルツ君は、水を飲み干します。

アルツ君が、ぼそりと、つぶやきます…。

アルツ君:「ああ~あ…。おしっこ、漏らしちゃった…。」

???

キノコさん:「なに?また、漏らしちゃったの?」

アルツ君:「ち・が・う・!押し込まれちゃった!」

???


【翻訳】 おしっこ、漏らしちゃった
=押し込まれちゃった
=薬を押し込まれちゃった


キノコさんの聞き違いです…。

キノコさん

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー 認知症の薬 アリセプト バイアスピリン ボタモチ おしっこ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-74.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

« 前のページ  全 8 頁  次のページ »

▲TOP