アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
スマホ表示へ
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
メマリー  デイサービス  材木  マッサージ  痛み止め  

アルツ君と赤ちゃんプレイ!?

2011/08/11 (木)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから、第2日目のアルツ君。

今日も絶好調!

と、言いたいところですが、ちょっと微妙…。

(ー_ー)!!

今日は、デイサービスだったので、昼間の様子は、うかがい知ることは、できません。

特にデイサービスからの連絡帳にも、何も書かれていませんでした。

小失禁も、無かったようです。

でも、デイサービスから帰ってきたアルツ君は、帰って来るなり、変な言葉を口走ります。

アルツ君:「はあー。はあー。足が材木に、なっちゃった…。もう歩けない…。」

しっかり歩いて、玄関に入ってきています…。

(-_-)

キノコさんが、それをちゃんと見ています。

キノコさん:「歩いてるじゃないの。そこの段差だって、ちゃんと登れてたわよ。」

アルツ君:「そうじゃないんだよ…。歩けないんだよ…。ちょっと、背中かいて!おー、かゆい!」

キノコさん:「なに、わけのわからないこと、言ってるの?今だって、立ってるじゃない。」

アルツ君:「いいから、背中かいて!」

玄関先で、老夫婦が、背中をかいている姿は、笑えます。

( *´艸`)クスクス

猿の毛繕い状態。

キノコさん:「どこが、かゆいの?ここ?」

アルツ君:「そこじゃない。もっと下。あーそこそこ!あー、気持ちいいっー。」

通行人が聞いたら、老夫婦の変態プレイです。

(・。・;

キノコさん:「孫の手があるから、自分でかきなさいよ。」

アルツ君:「孫の手じゃダメなんだよ~。もすこし、横っちょっ、かいて!」

キノコさん:「どこっー?こっち?」

アルツ君:「あー、そこそこ!気持ちいいね~。お前、そこで、ずっと、かいてろっ。」

キノコさん:「なにバカなこと言ってるの。私だって、いっぱいやること有るんだから。」

アルツ君:「ふん。ケチなんだから…。」

今度は、ヤッチに視線が、刺さります。

アルツ君:「お前。そこで、そうやってんだったら、背中かいてよ。」

ヤッチ:「玄関先も、なんですから…。どうぞこちらに、お上がり下さい。」

とりあえず、部屋に招き入れることには、成功しました。

アルツ君、デイサービスに行くと、お昼寝タイムが無いせいで、時々、おかしな行動や言動が出ます。。

椅子に腰かけ、ふんぞり返ります。

アルツ君:「あー。背中かゆい。ちょっと、背中かいてよ。」

アルツ君は、30秒おきくらいに、この言葉を発します。

キノコさんは、うまくエスケープ。

残されたヤッチは、仕方なく、アルツ君の背中をかいてやります。

アルツ君:「あたたたたた!そんなに引っかいたら、壊れちゃうだろっ。」

ヤッチ:「大丈夫だよ。少し、肉が取れるくらいだから…。」

アルツ君:「あっ。お前、そんなに引っかいたから、血が出ただろ?」

ヤッチ:「う…ん。ちょっと、背骨が、見えたくらいだよ。」

アルツ君:「あーあ、大変だ。でも、気持ちいねー。こっちもかいてよ。」

ヤッチ:「どこ?ここ?」

アルツ君:「そこじゃないな…。そこは、もんだほうが、気持ちいいな。ちょっと、そこ押して~。」

アルツ君:「あー。気持ちいい~。お前が、もむと、10年ぐらい、長生きできるね。あー気持ちい~。」

まんまと、アルツ君のペースにハメられ、マッサージしている自分がいます…。

(-"-)

アルツ君:「あーあ。足が材木だ。足のほうも、ちょっと、もんでよ。」

ヤッチ:「もんだって、治んないよ。もう腐り始めてんだから…。」

アルツ君:「そうは言うけど、腐りかけの肉のほうが、美味しいんだよ。ちょっともんでよ~。」

携帯で、この記事を書いていたら、多分、上記の言葉の語尾には、ハートの絵文字を挿入しているところです…。

ヤッチ:「どこっ?ここ?」

アルツ君:「あー。そこそこ!お前、よくそこが、痛いって、わかるな?ふ~ん…。」

ヤッチ:「歩かないから、足が、だるくなるんだよ!明日から、もっと、いっぱい歩きな!」

アルツ君:「わかったよ~。歩くよ~。だから、もう少し、もんで~?」

ヤッチ:「そんなね。赤ん坊みたいに、おねだりしたって、ダメだよ。もう、グラインダーで、ちょん切るかっ?」

アルツ君:「そんな、セッショウなこと、言うなよ~。お願いっ!もう少し~?」

ヤッチ:「そんなに、痛いなら、薬、飲むか?いい痛み止めの薬、有るから…。」

アルツ君:「薬っ?薬よりもんだほうが、気持ちいいよ~!あと、ちっと!」

ヤッチ:「そんな、お願いしたって、ダーメ!薬、飲んじゃえ!」

アルツ君:「そ~か~?それじゃ~飲んでみようか~。」

薬嫌いのアルツ君にしては、やけに、素直…。

ちょっと拍子抜けです…。

ヤッチ:「ほ~ら。これ1錠飲んだら、す~ぐ効いちゃうから…。」

ヤッチは、アルツ君に、カプセルの錠剤を1錠渡し、コップに水を注いでやります。

ヤッチ:「この薬は、強い薬だから、お水をいっぱい飲んどけよ。」

アルツ君:「いっぱい飲むって、どのくらいだ~?ちょっと、わからないから、飲ませてくれよ?」

ヤッチ:「飲・ま・せ・な・いっつうの!そんなもん、自分で飲みなさい!」

どっちが、親だか、わかりません…。

(ー_ー)!!

仕方なく、アルツ君は、自分で薬を飲みます。

ヤッチの方も、ちょっと、かわいそうなので、少しだけ、マッサージを続けてやります。

アルツ君:「あー気持ちい…。あー気持ちい…。」

ヤッチ:「こっちは気持ち悪いんですけど…。」

アルツ君:「そんなこと言うなよ~。ふん~。」

ヤッチ:「ほーらっ。薬が効いてきただろ?高級な薬なんだぞ!」

アルツ君:「へー。そんな高級な薬、有ったんだ?ばあさんのやつ、隠してたな?あー、気持ちい…。」

ヤッチ:「そりゃ有るさよ。秘密ルートで、入手した薬だからな。」

アルツ君:「ん~。何だか足がスーッとしてきたぞ?」

ヤッチ:「そうだろっ?薬が、多分効いてきたんだ。やっぱ、効く薬は違うね~。」

アルツ君:「おっ!足が、上がるようになってきたぞ?」

ヤッチ:「ま、まさか、そんなに早く、効かないだろう…??」

アルツ君:「いや!ほら、みて見ろ!あんなに、痛かったのに、スーッと、上がるぞ!ほら?」

ヤッチ:「おっ!本当だ!材木足だったのが、桐の箪笥に、使えそうだな?」

アルツ君:「お前ね。足が上がるんだから、切っちゃ、かわいそうだろ?」

ヤッチ:「じゃあ。今日は、早くご飯食べて、寝ちゃいな!」

アルツ君:「わ・か・り・ま・し・た!早く寝るよ~。」












飲ませた薬は、市販の『胃薬』です…。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー デイサービス 材木 マッサージ 痛み止め 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-69.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 背中から芽が出る職人
この前の記事(過去) : アルツ君復活!

Comment

コメント:を投稿する 記事: アルツ君と赤ちゃんプレイ!?

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信されません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 背中から芽が出る職人
この前の記事(過去) : アルツ君復活!
▲TOP