アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
スマホ表示へ
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
かまぼこハウス  パレス・ハイツ  GHQ  モージャー氏  旧島津公爵邸  清泉女子大学  

70年前の戦後の記憶と記録(その2)

2018/09/27 (木)  カテゴリー: キノコさん
smartphone
女性軍人の行進~東京都


こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

前記事からのつづきです。

前記事:

2016年頃の会話です。

ヤッチ:「それにしても、よくいろいろと覚えてたよね。すごいよ。」

キノコさん:「何が?」

ヤッチ:「勤め先のことだよ。」

キノコさん:「あー。あれね。戦争の前後の事はよーく覚えているわよ。」

ヤッチ:「でも、俺、今まで一度もウエイトレスをしてたなんて聞いたことないぞ。」

キノコさん:「『かまぼこハウス』のこと?」

ヤッチ:「そう。」

キノコさん:「当時はまだね、あんたは知らないと思うけど、進駐軍のところで働いているなんて、大っぴらにできなかったのよ。」

ヤッチ:「なるほど…。敗戦国だもんな…。でも、今はそんなの関係ないじゃん?」

キノコさん:「そうだけど。あんたに教えてなかった?」

ヤッチ:「そこは忘れてるんだね?」

キノコさん:「もう、何十年も前の話よ。」

ヤッチ:「そうだよな。70年前?いや、もっと前か?終戦はいつだっけ?」

キノコさん:「昭和20年。」

ヤッチ:「さすが!」

キノコさんには結局、見せてあげることはできませんでしたが、最近になって、当時のことをいろいろ調べていたら、キノコさんの言っていた『かまぼこハウス』の写真が出てきました。

しかも、カラー…。

画像はクリック、またはタップで拡大可能です。




どうやら、『かまぼこハウス』の正式な名称は『パレス・ハイツ(Palace Heights)』が正解なようです。

現在の三宅坂周辺、跡地には国立劇場、最高裁判所が建っている場所です。

現在の住居表示でいけば、東京都千代田区隼町。

東京にお住いの方なら、だいたいどの辺りか見当が付くのではないでしょうか。


このキノコさんが言っていたパレス・ハイツは、昭和20年12月にアメリカ軍に接収され、昭和33年11月に返還されるまでの間、アメリカ軍将校の宿舎として使用されていたようです。

キノコさんの話では軍人さんだけではなく、その家族も住んでいたと言っていましたから、1棟ごとに家族が住んでいたのかもしれません。

記事のトップ画像を含めて、転載させてもらった画像は、国立国会図書館デジタルコレクションのモージャー氏撮影写真資料です。

国立国会図書館は今なら首都高速4号線を挟んで『かまぼこハウス』とお向かいになるロケーションですね。

図書館の資料によれば、当時GHQの文官として勤務していたアメリカ人モージャー(Robert V. Mosier)氏が撮影した写真を後の2008年に、その親族が国会図書館に寄贈したようです。


建物屋上のMosier氏~場所不詳日本人女性とMosier氏~場所不詳

モージャー氏撮影写真資料(一部抜粋)
受入
2008年、米国在住のモージャー(Robert V. Mosier)氏の親族からカラースライド(304枚)の寄贈を受けた。当館においてデジタル化作業を行い、2017年、デジタルコレクションで公開した(なお、デジタルコレクションでの公開にあわせ、紙の複製資料(憲政資料室収集文書1416)は利用不可)。
主な内容
モージャー氏が、第二次世界大戦後、GHQの文民スタッフ(civilian secretarial staff)として1946年4月から1947年1月まで日本に滞在した際、東京、名古屋、広島等の全国各地で撮影した街頭風景や建築物のカラー写真。

画像については、「インターネット公開(保護期間満了)」となっていて、著作権保護期間が満了しているので、転載可能のものです。

ただ、モージャー氏撮影写真資料は304枚もの画像が収録されているので、ちょっと全部を紹介するわけにはいきません。

記事の最後に一部を紹介しますね。

また、すべてをご覧になりたいという方のためにリンクも貼っておきますね。

参考(引用元):

この、キノコさんの勤めていたという『かまぼこハウス』ですが、何でこんな形だったんでしょうかね。

たくさんの駐留軍兵士を収容しなくてはならないため、この形状のものの方が早く作れたのでしょうか?

紹介させていただいたモージャー氏撮影写真資料とは別のサイトに、白黒ですが、より鮮明かつ全容を見ることができる写真を見つけました。

でも著作権の都合上、ここに画像を貼ることができません。

リンクだけ貼っておきます。

画像リンク:

FLASHBAKのページの中段以降に画像があると思いますが、大そうな敷地面積…。

ヤッチはキノコさんが『食堂』なんて言うから、こんな大規模なものだとは思いませんでした。

ヤッチ:「『かまぼこハウス』の後に今度は五反田に勤めたんでしょ?」

キノコさん:「島津家ね。」

ヤッチ:「五反田のどの辺?どっち口?」

キノコさん:「どうだったかしら…。」

ヤッチ:「そこも食堂だったんでしょ?」

キノコさん:「そう、丸々一つのお屋敷をレストランというか、食堂にしてたのよ。将校の宿舎よ。ペーペーは居ない…。」

ヤッチ:「それが旧島津公爵邸ということだ?」

キノコさん:「そうそう。」

こっちの方は、『五反田 島津藩』で検索をかけると、すぐにわかりました。

現在の清泉女子大学の本館になっています。

旧島津公爵邸は戦後昭和21(1946)年1月にGHQに接収され、駐留軍の将校宿舎として昭和29(1954)年まで使用されていたようです。


参考リンク:


ヤッチ:「戦後まもない頃だから、通うのも大変だったでしょ?」

キノコさん:「どうだったかしら?どうやって通ってたか、そこだけはあまり記憶がないわね…。」

ヤッチ:「職場の雰囲気はどうだったの?」

キノコさん:「あんまり、おしゃべりした記憶がないわね。食堂に来る将校はみな紳士だったわよ。ただ、軍隊だから、軍人同志は規律が厳しいの。『イエス・サー!ノー・サー!アイ・ドント・ノー・サー!』って…。」

ヤッチ:「ふ~ん…。給料はどうだったの?GHQ関連だから結構いいお金もらってたんじゃない?」

キノコさん:「そうね、おそらく日本の会社に行くよりはもらっていたかもしれない。いくらだったかしら?700円?7,000円?覚えてないわ。」

ヤッチ:「米軍さんだから、チップとかくれたんじゃない?」

キノコさん:「ヒ・ミ・ツ…。」

ヤッチ:「なんだ?今さら。」

キノコさん:「チップをもらっちゃダメだって言われてたから。」

ヤッチ:「デートのお誘いは?」

キノコさん:「やーねー。」

ヤッチ:「どう考えたって当時は日本人より外人さんの方がお金を持っていただろ?お妾さんになる人だっていたんじゃない?」

キノコさん:「そういう人も確かにいたわね。お金が無くて自分の家族のためにっていう人もいたわ。」

ヤッチ:「で、キノコさんは?」

キノコさん:「…。」

キノコさんが指でバッテンマークを作ります。

ヤッチ:「なんだ?どういうこと?」

キノコさん:「『ベービーちゃん、ダメね…。』って…。」

ヤッチ:「なんだ?なんだ?ちゃんと教えろよ。」

キノコさん:「当時は、働いているみんなに、将校たちが、あだ名を付けていたのよ。だから、当時働いている人の名字とか、全くおぼえていない…。」

ヤッチ:「で?」

キノコさん:「わたしのあだ名はベービーちゃん。」

ヤッチ:「へー。なんで?」

キノコさん:「他の人に比べると、幼い顔をしていたから。」

ヤッチ:「へー!ベービーちゃんね。じゃあ、これから、ベービーちゃんて呼んでやるよ。」

キノコさん:「やめてよ。」

ヤッチ:「それで、なんで、将校が『ベービーちゃん、ダメね…。』って言ったわけ?」

キノコさん:「真面目だったから。」

ヤッチ:「誰が?」

キノコさん:「ワ・タ・シ…。」

キノコさんは人差し指で自分の鼻をツンツンします。

ヤッチ:「ああ、なるほど!誘いにキノコさんが乗ってこないから、『ベービーちゃん、ダメね…。』なんだ?」

キノコさん:「そ。もういいでしょ!」

ヤッチ:「でもさ、その時、キノコさんが誘いに乗っていたら、アメリカ暮らしだったかもな?」

キノコさん:「そうね…。そのかわり、あんたも、ここに、いないわね!」

キノコさん

さすがでした…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


お約束通り、モージャー氏の写真(一部)を載せておきますね。

これらの写真は何年か前に、話題になったらしいですが、ヤッチは最近知りました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ご存知ない方のために…。

自分の知っているところが有ったりすると、結構感動を覚えます。

当時を知る貴重な資料として、ずっと残しておきたいですね。

画像はクリック、またはタップで拡大可能です。

東京会館 帝国劇場 第一生命館 大正生命ビル 日比谷帝国生命館~東京都
東京会館
帝国劇場
第一生命館
大正生命ビル
日比谷帝国生命館
~東京都~


帝国ホテル~東京都
帝国ホテル~東京都


明治生命館~東京都
明治生命館~東京都


日比谷公園交差点(有楽門前)での交通整理の米軍兵士と日本人警察官~東京都
日比谷公園交差点
(有楽門前)での
交通整理の
米軍兵士と
日本人警察官
~東京都~


国会議事堂とスクールバス~東京都
国会議事堂

スクールバス
~東京都~


岸本ビル 内外ビル 日本郵船ビル 東京海上ビル~東京都
岸本ビル
内外ビル
日本郵船ビル
東京海上ビル
~東京都~


東京PX(松屋本店)~東京都
東京PX(松屋本店)
~東京都~


日比谷帝国生命館(後の朝日生命)~東京都
日比谷帝国生命館
(後の朝日生命)
~東京都~


聚楽園弘法大師像と米軍軍人~愛知県
聚楽園弘法大師像

米軍軍人
~愛知県~


原爆ドーム(広島県産業奨励館)~広島県
原爆ドーム
(広島県産業奨励館)
~広島県~


原爆ドーム(広島県産業奨励館)と焼け跡風景~広島県
原爆ドーム
(広島県産業奨励館)

焼け跡風景
~広島県~


名古屋松坂屋~愛知県
名古屋松坂屋~愛知県


大阪PX(そごう大阪店)~大阪府
大阪PX
(そごう大阪店)
~大阪府~


占領軍クラブSTORK CLUB (後藤家木曽川別荘)入り口の看板~岐阜県
占領軍クラブSTORK CLUB
(後藤家木曽川別荘)
入り口の看板
~岐阜県~


製作中の和傘~岐阜県
製作中の和傘
~岐阜県~


製作中の和傘02~岐阜県
製作中の和傘02
~岐阜県~


女性と南大津通7丁目の標識~愛知県
女性

南大津通7丁目の標識
~愛知県~


名古屋城の焼け跡~愛知県
名古屋城の焼け跡
~愛知県~


通行人~愛知県
通行人~愛知県


日用品店(オカヤ商店)~場所不詳
日用品店
(オカヤ商店)
~場所不詳~


平安神宮神宮道(表参道)と大鳥居~京都府
平安神宮神宮道
(表参道)

大鳥居
~京都府~


美容室(ビューティーセンター名宝マロミ美容室分室)と通行人~場所不詳
美容室
ビューティーセンター
名宝マロミ美容室分室

通行人
~場所不詳~


少年たち~場所不詳
少年たち~場所不詳


建設中の丸栄百貨店~愛知県
建設中の丸栄百貨店
~愛知県~


露店と映画演劇の広告看板~愛知県
露店と
映画演劇の
広告看板
~愛知県~


松坂屋前の路上~愛知県
松坂屋前の路上
~愛知県~


京都市役所(「CityHall」の表示あり)~京都府
京都市役所
「CityHall」の表示あり
~京都府~


名古屋市役所愛知県庁~愛知県
名古屋市役所愛知県庁
~愛知県~


空襲で被災した松坂屋~愛知県
空襲で
被災した
松坂屋
~愛知県~


4人の子どもと富士山~山梨県山中湖畔
4人の子ども

富士山
~山梨県山中湖畔~


横浜駅東口駅舎~神奈川県
横浜駅東口駅舎
~神奈川県~


参謀本部焼け跡~東京都
参謀本部焼け跡
~東京都~


アーニーパイル劇場(東京宝塚劇場)~東京都
アーニーパイル劇場
(東京宝塚劇場)
~東京都~


東京駅丸の内駅舎(修理中)~東京都
東京駅丸の内駅舎
(修理中)
~東京都~


第一生命館前のマッカーサー乗用車~東京都
第一生命館前

マッカーサー乗用車
~東京都~


第一生命館前のマッカーサー元帥~東京都
第一生命館前

マッカーサー元帥
~東京都~


第一生命館前の軍人~東京都
第一生命館前の軍人
~東京都~


第一生命館~東京都
第一生命館~東京都


現在の第一生命本社~東京都
現在の第一生命本社
~東京都~


stop_hotlinking
画像の直リンクはご遠慮ください。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
(クリックだけで投票が完了します。ぜひこの機会に投票をお願い申し上げます。)
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : かまぼこハウス パレス・ハイツ GHQ モージャー氏 旧島津公爵邸 清泉女子大学 

FC2スレッドテーマ : 年金のはなし (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2018 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-573.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2018/09/27 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 2018年10月
この前の記事(過去) : 70年前の戦後の記憶と記録(その1)

Comment


初めまして☆彡

blogramよりお邪魔しております。
名古屋のお写真、息をするのも忘れて見入ってしまいました。

焼け落ちた名古屋城、建設中の丸栄、空襲を受けた松坂屋。
名古屋城は今、建て替えに入りました。
丸栄はこの夏をもって長い歴史に幕をおろしました。
昨日も行った松坂屋はとても綺麗になっています。

90歳を目前に亡くなった私の祖母も、戦中戦後の話をよくしてくれました。目立った認知症の症状はなくとも直近の記憶が曖昧になることも多い中、戦中戦後の話はあたかも今の話かのように臨場感たっぷりに。

すべての応援させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします☆
ちかこーん

山口統平法律事務所☆名古屋の弁護士と愉快な仲間たち |  2018/10/07 (日) 11:47 [ 編集 ] No.2348 -

お元気そうで何よりです。

興味深い、きのこさんのお話、貴重なお写真、ありがとうございました。特に、実家のある名古屋の写真…名古屋城焼け跡、6月に閉店してしまった丸栄や、先月末久し振りに立ち寄った松坂屋など…。東京に住んでいる今、育った街は、懐かしさで一杯です。

うめこ |  2018/10/07 (日) 20:16 No.2349 -

山口統平法律事務所☆名古屋の弁護士と愉快な仲間たちさんへ

山口統平法律事務所☆名古屋の弁護士と愉快な仲間たちさん、こんばんわ。

あと何年かすると、この日本では戦争を体験したことのある方がいなくなります。
戦前、戦後、そして戦中の記録をいかに如実に残していくかは、我々の大事な責務かもしれませんね。

残念ながら、10月いっぱいでblogramが終了してしまいます。
終了後もお邪魔させていただきますね。

コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願い申し上げます!

ヤッチ |  2018/10/07 (日) 23:19 [ 編集 ] No.2350 -

うめこさんへ

うめこさん、こんばんは。
つつがなくすごしてますよん。

モージャー氏の撮影写真資料は、東京都の写真が中心ですが、愛知県や岐阜県の写真も多く収録されている印象です。
ぜひ本元の国立国会図書館のモージャー氏撮影写真資料もご覧になってください。
URL:
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10756455
(ブログの記事にもリンクがあります。)

また、記事にはリンクを貼りませんでしたが、どんな写真が収録されているかの目録もあります。
目録:
http://rnavi.ndl.go.jp/kensei/tmp/Mosierindex.pdf

ご興味がございましたら、のぞいてみてください。

いつもコメントありがとうございます。

ヤッチ |  2018/10/07 (日) 23:53 [ 編集 ] No.2351 -

コメント:を投稿する 記事: 70年前の戦後の記憶と記録(その2)

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 2018年10月
この前の記事(過去) : 70年前の戦後の記憶と記録(その1)
▲TOP