アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
スマホ表示へ
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
カーゴパンツ  デイサービス  寅一  紙パンツ  ボタモチ  

カーゴパンツの職人

2011/07/23 (土)  カテゴリー: ボタモチ
smartphone
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先週から、アルツ君のデイサービスに通う日が、週1回から週2回になり、今日はその第2週目。

本人は週2回になったことをわかっていないようです。

前回のデイサービスは一昨日。

普通は覚えているはずですが、本人はそんな事とは知らずに、お迎えの車に乗り、またしても、うれしそうに出かけて行きました。

(^.^)/シメシメ

でも、朝の様子から一変して、帰ってきたときのアルツ君は、なんだか、とてもご機嫌斜めです。

キノコさんとアルツ君で、何だか、また喧嘩している様子です。

(ー_ー)!!

キノコさんが、ヤッチを呼びに来て、応援を要請します。

キノコさん:「おじいちゃん(アルツ君)が、またいうこと聞いてくれないのよ。ちょっと来て助けて!」

自分の部屋からヤッチが階段を降りていくと、玄関先にアルツ君が、折りたたみ椅子を出して、、そこに腰かけています。

出かける前の職人さん御用達のカーゴパンツは履いておらず、見慣れぬジャージのパンツを履いています。

??

キノコさん:「ちょっと、これ見て。」

そう言いながら、デイサービスから毎回もらうサービス提供記録表を差し出します。

サービス提供記録表の『ご本人・ご家族様への連絡事項』の欄には、以下のように書かれています。

『本日は小失禁があり、ズボンが濡れてしまったため、弊社で用意したジャージを履いていただきました。次回、お伺いする際にお返し下さい。』

心配になったキノコさんが、アルツ君の今履いている紙パンツを取り替えようと、借りたジャージのズボンを脱ぐように説得していたようです。

キノコさん:「おじいちゃんが、ズボン脱いでくれないのよ~。」

どうも、最近、失禁関係のお世話は、ヤッチの任務にされつつあるような感じです…。

(-"-)

まあ仕方ないかあ…。

ヤッチ:「そんなジャージは、いまどきヤンキーも履いてないぞ!職人はやっぱり寅一でしょっ!」

寅一
寅一(トライチ)は作業服メーカーで、職人衆の間では、ブランド品。
粋な職人には一目置かれます。

新しくキノコさんが出してきたカーゴパンツをアルツ君に渡します。

(実はノーブランド。1,280円)

アルツ君:「なんだっ!俺はこんなもん必要ないっ!」

いつもに増して、激しい口調です。

別に、ジャージを履き替えなくてもよいのですが、その下の紙パンツが、失禁して重くなっているのが、気になります…。

ヤッチ:「いやいや。そんな格好をお得意様が見たら、『おじさんも老けたわね~。』なんて、言われかねないよ。」

職人さんは、アルツハイマーになっても、『お得意様』という言葉には、敏感です。

現役を引退しても、彼の中に、職人魂みたいなものは根強く残っているのでしょう。

一瞬ですが、アルツ君の顔色が変わりました。

アルツ君:「お得意様が、そういうんじゃ仕方ない…。婆さん!お前のために、着替えてやるからなっ!」

断っておきますが、アルツ君は江戸時代に生まれたわけではありません。

確かに『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』は大好きですが…。

どこまでも上目線な職人さんが、ジャージのズボンを脱いで、紙パンツ一丁になると、まるで赤ちゃんのよう。

(*^_^*)ククッ

ヤッチ:「それから、その粋なふんどし(紙パンツ)、新しいのに替えようよ。」

アルツ君:「いやだっ!!」

ヤッチ:「なんで?」

アルツ君:「やなもんは、やなのっ!!」

仕方ないので、ヤッチの強行突破です。

アルツ君の紙パンツを、力づくで、ずり降ろします。

ザッーー!!

アルツ君:「なにするんだっ!チンチン取れたらどうするんだっ!」

ヤッチ:「取れたって、もう使い道ないだろうっ?」

アルツ君:「バカ言えっ!まだ、ションベンするとき、使うわいっ!」

ヤッチ:「まあまあ。そのションベンだって、いつ出たか、わからないんだから…」

アルツ君:「お前は、人のことだと思って、よくそこまで言うな?」

ヤッチ:「そうだよん!取れたら、畑にチャンと埋めて、肥料にしてあげるから。おいしいキュウリが、できるよん!」

アルツ君:「勝手にせいっ!」

フッー……。

ようやく、ズボンまで履いてもらいました…。

そうこうしているうちに、姉がやってきました。

会社が休みの日は、アルツ君の様子を見にきてくれます。

必ず、アルツ君と連れ立って、近所のスーパーに行き、そこでアルツ君の大好物の『ボタモチ(おはぎ)』を買ってくれます。

姉:「○○ちゃ~ん!ほら!行くよ!ボタモチいらないの~?」

姉は、アルツ君を自分の親なのに、下の名前で、しかも、ちゃん付けで、呼びます。

でも、不思議と姉には従順…。

態度が急変し、アルツ君は、いそいそとスーパーに出かけて行きました。

姉は『ボタモチ』というすばらしいアイテムを身に着けています。

ロールプレイングゲームなら、負けなしのアイテムかも?

姉とアルツ君が、『ボタモチ』を買って帰ってきたころで、そろそろ夕飯の時間です。

キノコさんが、夕飯前に、『ボタモチ』を食べてしまうと、夕飯が食べられなくなるというので、『ボタモチ』を隠してしまいました。

姉は、すでに用を済ませて帰ってしまい、アルツ君は再びご機嫌斜めに…。

アルツ君:「おい!俺の『ボタモチ』、どうした?隠しやがったなあ~!!」

大激怒です。

でも、『ボタモチ』だけは、覚えているんですねえ~。

怒りのおさまらないアルツ君は、普段着姿のまま夕飯も食べずに、床についてしまいました。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ



【追記】

今日は、夕飯はもとより、結局入れ歯も外さず、薬も飲まず、寝てしまいました。

しかもカーゴパンツのまま…。

これならパジャマのパンツを履かせておけばよかった…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : カーゴパンツ デイサービス 寅一 紙パンツ ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-49.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/23 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : ネタ無しの職人
この前の記事(過去) : レスラーになった職人

Comment

コメント:を投稿する 記事: カーゴパンツの職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信されません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : ネタ無しの職人
この前の記事(過去) : レスラーになった職人
▲TOP