wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:特別養護老人ホーム )

笑うのは禁止です…。

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-465.html
bomb

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

やはりヤッチの嫌な予感が当たってしまいました。

昨日の晩、姉から電話をもらいました。

姉:「今、特養に来てるんだけどさ…。やっぱり、パパ、右のわき腹が痛むらしんだわ…。」

ヤッチ:「やっぱり、そうか…。かなり、痛がってんのかな?」

姉:「うん…、わき腹が痛むせいで、食欲もないし、相当体力も使うんじゃない…。あぶら汗までかいてるのよ…。」

ヤッチ:「もう一度、医者に連れて行かないとダメかな…。」

姉:「とにかく、ちょっと動くと痛いらしいんだわ…。今は『眠い、眠い…。』って言ってる…。」

ヤッチ:「俺も昔、痛めた事が有るけど、ちょっと身体に力を入れただけでも、激痛が走るから、体力をものすごく消耗するんだよ。胸を固定する固定帯(バストバンド)みたいのをしてもらわないと、なかなか治らないかもな!?でも、旦那さんのことだから、締め付けると、今度は嫌がって外したがるだろうし、難しいところだな…。」

姉:「そっか…。」

ヤッチ:「キノコさんが転倒したときも、誤診で、打撲が骨折だったっていうケースが有るから、骨折している可能性も捨てきれないよな…。」

姉:「どうしたらいいと思う?」

ヤッチ:「仮に骨折しているとしても、安静にしているしか手が無いかな…。あとはなるべく痛いところの筋肉を使わないとか…。自力で起き上がるのはその痛みだと無理だと思うよ。」

姉:「うん、わかった…。今日は『眠い』って、言ってるからこのまま寝てもらうわ…。ただ、私じゃベッドに寝かせるのも一苦労なんだよなぁ…。」

ヤッチ:「そんなの施設の人に頼んでやってもらえばいいじゃん?」

姉:「それが、不幸なことに、シフトに入ってるのがAさんなんだわ…。」

ヤッチ:「無理そうなら、お願いしちゃった方がいいよ。あなたまで腰を痛めたら大変だから。」

姉:「じゃあね、パパが『もう寝る』って言ってるから。」

時間の経過とともに、アルツ君の右わき腹の痛みはひどくなっているようです。

少し心配だったので、今日も、午後、アルツ君のいる特養に面会に行ってきました。

友人Yさんも一緒に行ってくれました。

居室に行く前に、ナースステーションで、職員さんに様子を訊いてみました。

ヤッチ:「いつもお世話になっています?(アルツ君は)どんな具合ですか?」

職員さん:「痛みがあるらしく、居室でお休みになられています。」

ヤッチ:「食事は?」

職員さん:「朝も昼もきちんと摂られていましたよ。」

ヤッチ:「わかりました、ありがとうございます。ちょっと部屋を覗かせてもらいますね。」

ヤッチと友人Yさんは、アルツ君の居室を訪れます。

アルツ君、患側(痛い側)を下にして、ベッドで横向きになって寝ています。

居室の入り口から見ると、ちょうどこちらにお尻を向けているような格好です。

ベッドのリクライニングはフラット(水平)の状態です。

ヤッチ:「旦那さん、だいぶ痛むのか?」

いつもなら、誰かが居室に入って来ると、すぐに振り返るアルツ君ですが、今日はお尻を向けたまま…。

返事も返って来ません。

ヤッチは、アルツ君の顔の見える窓際に立ってアルツ君の顔を覗き込みます。

アルツ君、目を閉じたまま…。

ヤッチ:「寝てるのか?」

アルツ君:「寝てないよ…。」

ヤッチ:「寝てないって言いながら、目を開けないな?ひょっとして、向こうの川岸で足の無い人たちが手を振って、旦那さんを呼んでないか?」

アルツ君:「そんな、はず、あ、痛ッ!!

目を閉じながらも、笑いそうになったアルツ君が悲鳴をあげます。

ヤッチ:「悪い、悪い。相当痛そうだな?ボタモチを持って来たけど、食うか?」

アルツ君:「いらない…。」

ボタモチを欲しないアルツ君なので、相当重症です…。

???

ヤッチとYさんは顔を見合わせます。

アルツ君の背後にいたYさんが、アルツ君に声を掛けます。

Yさん:「こんにちは。俺が誰だかわかりますか?」

アルツ君:「わかるよ…。」

Yさん:「目を閉じてるのにわかるんですか?」

アルツ君:「わかるさよ~。」

Yさん:「ヒゲは生えてましたっけ?」

アルツ君:「ヒゲ?ヒゲは、あ、痛ッ!!

ヤッチ:「旦那さん、もうしゃべらなくてもいいよ。」

アルツ君:「なんで、こんなに痛いんだろ?あ、痛ッ!!

ヤッチ:「どっかにぶつけたか、転倒したかで、あばら骨(肋骨)を痛めちゃったんだよ。」

未だ、どうしてこういう事態になったかについて、施設からの回答は有りません。

(-_-;)

アルツ君:「そんな、あばら骨、切っちゃえ!!あ、痛ッ!!

ヤッチ:「枕を少し高くした方が、楽なんじゃないのか?」

アルツ君:「知らん…。何にもしないと何ともないんだけどな、あ、痛ッ!!

ヤッチ:「寝返りを打てそうかい?ゆっくりでいいから、仰向けになってみようか?」

アルツ君:「どうして?」

ヤッチ:「その体制じゃ、痛い方を自分の腕で圧迫してるし、第一、ボタモチ食えないじゃないかよ…。」

アルツ君:「食いたくない…。誰かにくれてやれ!!」

Yさん:「そんなこと言うなら、俺が食っちゃいますよ?」

アルツ君:「どうぞ…、あ、痛ッ!!

ヤッチとYさんが帰るまで、終始アルツ君、こんな様子です。

ついつい、いつもの調子でヤッチはアルツ君の笑いを誘うようなことを言ってしまい、アルツ君が悲鳴をあげます。

あ、痛ッ!!

そして、根っからのお調子者のアルツ君も自分から笑ってしまうようなことを言っては、自爆です…。

あ、痛ッ!!



アルツ君が寝ているより座っている方が楽だというので、介助して椅子に座ってもらいました。

少し無理やりですが、持って来たボタモチを食べてもらい、痛み止めも飲んでもらいました。

生活相談員さんには、明日、再度アルツ君を整形外科に連れて行くよう、お願いして施設を後にしてきました。

それと、ベッドはフラットにするより、やはり頭を少し高くする方が楽だったようなので、リクライニングスイッチで頭を高くして来ました。

当分、アルツ君を笑わせるようなことを言うと、治りが遅くなってしまいそうです。

というより、ヤッチが面会に行くと治りが遅くなってしまうかもしれませんね~。

ということで、今回、笑いは無しということで…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-465.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(6) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-