アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
スマホ表示へ
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
介護認定  要介護  要支援  アルツハイマー  老人ホーム    

早寝の職人

2011/07/11 (月)  カテゴリー: キノコさん
smartphone
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日も暑かったですね~。

( ≧▼≦;)ゞアチッチチィ

東京も梅雨明けし、夏本番がスタートしました。

アルツ君も、この頃暑いせいか、ちっとも表に出ようとしません。

確かに暑いと、外に出る気は失せますが、それにしても、引きこもり状態が増えています。

キノコさんのストレスがどんどん貯まっていくようです。

人間歩かなくなると、足もどんどん退化していく感じです。

ふくらはぎあたりから、つま先にかけて、アルツ君の皮膚が固くなり、むくみまで見られるようになってしまいました。

キノコさん:「歩かないと、このまま寝たきりなっちゃうわよ!少し表を散歩してきたら?」

キノコさんが問いかけても、動かすのは口ばかり。

アルツ君:「もう少し涼しくなってからだ。涼しくなったら出かけてきますよっ!」

キノコさん:「『暑い暑い』って、言ったって、これからずっと暑いんだからっ!いつ出かけるのよ?」

アルツ君:「冬になってから…。」

身体の衰えは、日増しに進行していますが、憎まれ口は、日増しにエスカレートしています。

キノコさんにしてみれば、ほとんど一日中、同じ空間にいて、憎まれ口を叩かれてばかりいれば、まともな精神力を維持するのは難しいようです。

少しでも、自分の自由な時間が欲しい、アルツ君と接している時間を少なくしたいというのは、わからない話ではありません。

キノコさんも介護認定を受け、要介護にはならなかったものの、要支援2の人間です。

もともと心臓の具合が良くなく、不整脈持ちの人間です。

ただ、アルツ君のアルツハイマーの進行に伴って、逆に元気になっているようにも思われます。

全く素人の発想かもしれませんが、手のかかる人間が出来たことで、キノコさんは逆に元気になっている…。

本来的に備わっている母性みたいながものが、よみがえって、ますますそれに磨きがかかっている…。

そんな風に、ヤッチは最近、勝手に思っています。

以前、テレビで、老人ホームかなにかの施設に、ダメな警察犬だか盲導犬を送り込んだら、そこにいた年寄りが、みんな元気になったというのを放送していました。

警察犬なり盲導犬としては、役割を果たせない犬で、人間側から見ると、利用価値のない犬です。

そんなダメ犬を施設に連れて行ったら、年寄りたちが、自分が介護されているのも忘れ、今度は自分たちがダメ犬の介護に回り、その年寄りたちがみんな元気になっていったという話です。

犬にしてみれば、はなはだ迷惑な話かもしれませんが、本来的に人間に備わっている『何か』が、人間を元気にさせるのかも…?

ちょっと、それてしまいましたが、そんな二人のやり取りを聞いていて、ヤッチも会話に加わります。

ヤッチ:「犬でも飼えば?そうすれば、散歩連れてかなきゃなんないから、おのずと外に出かけるんじゃない?」

キノコさん:「自分の下の世話もできない人が、犬の世話できるわけあるもんですか!」

あっさり、これはキノコさんに却下されました。

キノコさん、大のペット嫌い…。

(・・;)

アルツ畑も放置しているくらいだから、確かにペットを飼えば、ヤッチの仕事が増えるばかりです。

アルツ君:「犬ならそこにいるじゃないか。お前の目の前に。噛みつきババア犬!」

アルツ君ドヤ顔。

キノコさん、顔真っ赤。

ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

アルツ君:「お前たちが、うるさいから、俺は風呂に早く入って、寝ちまおうっ!」

日は傾いてきていますが、外では日曜日のせいか、小さな子供の遊ぶ声が響き渡っています。

多分、アルツ家のはす向かいに住んでいる、まだ年中さんくらいの、かわいい女の子の声です。

保育園に、毎朝、その子とその子の弟をお父さんが自転車に乗せて連れて行くのを見かけます。

アルツ君がその時間にちょうど外に出て行ったりすると、女の子がアルツ君に駆け寄ってきます。

女の子:「○○○○さ~ん!」

普通、小さな子は大人を見ると、『おじさ~ん!』とか『おじいちゃ~ん!』とか、言いますが、なぜか、その子はアルツ君のことを苗字で呼びます。

女の子なので、少しオマセさん…。

たぶん、その子が、お友達か誰かと、家の前の道を、かけっこかなにかを、しているみたいです。

\(^o^)/

ちいさな子供の声は不思議と騒音にならないもんですね…。

(*^_^*)

キャッキャッキャッと、飛び回っているようです。

アルツ家の前あたりで、足音がピタリと止まりました。

その、ちいさな女の子が、お友達に何かを話しているようです。

女の子:「あのね。ここは○○○○さんていう、おじいちゃんのおうちなんだよ。でもね。○○○○さん、いつも早く寝ちゃうから、もう寝ちゃってるかも?静かにしてあげましょっ!」

このちいさな女の子の声は、アルツ君の耳にも、届いたようです。

アルツ君:「♪子供が鳴くから、寝~ましょっと♪」

(翻訳) カエルが鳴くから帰ろっと!

………

何で、女の子が、そんな情報持ってんだろう???

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 介護認定 要介護 要支援 アルツハイマー 老人ホーム  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-36.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : おしゃべり好きな職人
この前の記事(過去) : ロン毛の職人

Comment

コメント:を投稿する 記事: 早寝の職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ!
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信されません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  ←コメントを他人に見られたくない場合は、チェックを入れてください。

Trackback

この次の記事(未来) : おしゃべり好きな職人
この前の記事(過去) : ロン毛の職人
▲TOP