wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:高齢者虐待防止法 )

高齢者虐待防止法

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
しばらく更新をさぼってしまいました。

というのも、先週から風邪をひいてしまい、昨日はついに昼間寝込む羽目に…。

言い訳になりますが、前の晩にアルツ君の頻尿があり、明け方まで付き合っていたので、体調が悪かったせいもあり、朝一旦は起きたものの、朝ご飯を食べた後、不覚にも自分の部屋で昼過ぎまで寝入ってしまいました。

朝目覚めた時は、いつも通りアルツ君は茶の間に腰かけ普段通り。

もちろんキノコさんも朝から起きて、アルツ君が前の晩に濡らしてしまった寝巻のズボンを洗濯です。

いつもと変わらぬ朝の風景…。

ヤッチは朝ご飯を終え、アルツ君のお世話も昼間はそんなに手がかからないので、キノコさんに任せてしまって寝床についてしまったわけです。

寝ている最中に遠くで声が聞こえるなぁとは思ったのですが、起きる気なし…。

ヤッチは昼ごろに目覚め、アルツ君と外に散歩にでも行こうかとようやく起き出します。

そう…。

アルツ君には申し訳ないのですが、風邪で体調を崩していたせいで、一緒に散歩に出るのも二、三日さぼっていました。

自分の部屋を出て、階下の茶の間に降りていくと、アルツ君の姿もキノコさんの姿も見えません。

部屋の灯りは点いたまま…。

暖房のスイッチも入ったまま…。

玄関のドアの施錠は解除されています。

???

最初はキノコさんとアルツ君で散歩に出かけたのかな?と思ったのですが、転倒の危険のあるアルツ君、もし転倒した場合にキノコさんには起こすことはできません。

まず、アルツ君とキノコさんのコンビで散歩に出かけることは有りません。

気付けば、留守番電話のランプが点滅しています。

どうやらメッセージが残されているようです。

メッセージ:「こちらは△△区役所の高齢者相談センター△△です。□□さん(アルツ君のこと)と○○さん(キノコさんのこと)を安全な場所で保護しています。また連絡させていただきます。」

(我が自治体では「地域包括支援センター」のことを「高齢者相談センター」と呼びます。2012年現在)

最初はアルツ君がまたどこかで転倒し、保護されているのかと思いました。

ナンバーディスプレイに表示されている番号に電話をかけて見ることに…。

留守番電話に残されていた担当者の名前を告げ、取り次いでもらいます。

ほどなく担当者が電話に出たのでヤッチが質問をします。

ヤッチ:「父と母がそちらで保護されているという電話をいただいたのですが…???」

担当者:「はい、○○さん(キノコさん)から相談を受け、高齢者虐待防止法(正式名称:『高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律』)に基づき、お二人を安全な場所で保護させていただいています。」

よくよく話を聞いてみると、ヤッチにキノコさんに対しての暴言や暴力が有り、キノコさんの訴えにより二人を保護しているとの事…。

正直、わが耳を疑いました…。

ヤッチにキノコさんに対する虐待が有ったというのです。

体調不良は有りましたが、慌てて、高齢者相談センターに出向きました。

正直動揺していて担当者がおっしゃったことをよく覚えていませんが、おおむね以下のような内容だったと思います。

担当者:「日頃から○○さん(キノコさん)に日常的な暴力があり、○○さんはそれを相談されました。○○さんの身の安全を考え、○○さんとお父様(アルツ君)をしかるべきところで保護しています。お母様は息子さんに首を絞められたとおっしゃっています。」

確かに家族の喧嘩の中でキノコさんの襟ぐりをつかんだことは有ります。

でも毎日のように彼女の襟ぐりをつかんだことは有りません。

担当者いわく、暴言を吐くことも言葉の暴力になると…。

高齢者である母に向かって、日常の喧嘩の中で「バカヤロー」の一言も暴言であり、暴力だそうです。

そう言われれば、おっしゃるとおりかもしれません。

弁解するつもりも有りません。


さらに、アルツ君は望んで保護されたということです。


今、二人は自分の知らない場所で生活を始めているとのことです。


せっかく、このブログを応援して下さった方には申し訳ありませんが、これまで書いた記事は信ぴょう性のない、何の説得力をも持たない記事になってしまいました。

深くお詫びするとともに、突然で申し訳ありませんが、しばらくこのブログはお休みさせていただきます。

m(__)m

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 12件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 12件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(5) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-