wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:アルツ君 )

幸せの緑のタオル

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

毎日必ず何かやらかしてくれるアルツ君。

中々平穏の一日と言うのに巡り会えません。

。゚p(´ェ`q゚)゚。シクシク

今日もまたやってくれちゃいました。

ウゥ゚+。::゚。(ノA;)エーン:.゚。+。

キノコさんにお昼過ぎに水を汲みに行くように言われたアルツ君。

今日はボトルを忘れずに持って行きました。

でも今日はガラガラを持って行きません。

置き忘れてきた経験があることは覚えていないようなのですが、置き忘れてきたことを家族に咎められたことは覚えているといったややこしい脳ミソを持っています。

スーパーに置き忘れないように最初から持って行かない腹です。

でも持って行く持って行かないは別として、二つの事を覚えているので大したもんです。

ところが水を汲みに行った帰りまたしてもハプニングです。

(oノД`・o)ァチャ~…

ヤッチは二階の自分の部屋にいたのですが、アルツ家のはす向かい住んでいる女の子の声でアルツ君が帰ってきたことを教えられました。

その女の子保育園に通っている子なんですが、アルツ君のお友達です。

どうやらパパと外の道路でボール投げかなにかをして遊んでいる様子。

女の子の弟の声も聞こえます。

女の子が大きな声でアルツ君を呼んでいます。

「〇〇さ~ん(アルツ君の事)!!こんにちは~!!どこにいってきたの~?」

「…。」

アルツ君の声は聞こえてきません。

???

いつもならその女の子の呼びかけに対して愛想よく返答しているのにどうも様子が変です。

むしろアルツ君の声ではない大人の声が聞こえてきます。

女性の声のようです。

さすがに夏場と違って窓は閉めているので何を言っているかは聞こえません。

そのうち我が家の呼び鈴が鳴りました。

一階にはキノコさんが居ます。

窓越しに聞こえてきた女性の声が聞こえてきます。

様子が変なのでヤッチも一階に降りて行きます。

さっきまで聞こえていた女性の声はもう聞こえません。

玄関にも誰もいません。

???

茶の間の戸を開けます。

工エエェェ||li(´;д;`)il||ェェエエ工

そこには茶の間のソファにもたれかかるアルツ君の姿が…。

おでこから流血しています。

工エエェェ||li(´;д;`)il||ェェエエ工

「どうしたの?」

アルツ君の返事は期待できないのでキノコさんに問いかけます。

「ま~た転んじゃったらしいのよ…。」

キノコさんもショックを隠しきれません。

「ま~た!?」

ヤッチもショックを隠しきれません。

関連記事:凹む職人

「そうなのよ…。どこかの女の人と多分息子さんだと思うんだけど二人でおじいちゃんを連れてきてくれたのよ。」

「でお礼はしたの?」

「それが『いいですから。いいですから。』ってサーッと帰っちゃったのよ~。」

「なんだよ。むき出しで100万円も上げたのに…。」

またしても助けてくれた方にはお礼をすることができませんでした。

m(__)m

アルツ君の方に顔を向けると…。

イタカッタ…(´・ω・`#)ショボーン

81457c11.jpg

20111217115100001s.jpg


どこが傷口なんだかよくわかりません。

転倒すると必ずおでこのあたりを擦り剥いてくるので、もうまともに受け身は取れないことだけは明白です。

ヤッチが傷口付近を消毒しようとすると払いのけます。

「医者に行くか?」

「いやだっ!!」

「他にどっか痛くないのか?後で痛くなっても知らないぞ!!」

「ちょっと太ももと腰の間が痛いけど大丈夫だよ!!一晩寝れば治るから。」

「一晩で済めばいいけどな…。」

「また俺を殺そうとしてるな!?」

アルツ君が言ってるのはちょうど骨盤の辺り…。

ヒップを計るときにちょうどメジャーが当たるトップの位置です。

「どれちょっと触らせてみな!?」

アルツ君の痛いと言っている箇所にそっと手をあてがいます。

???

何だか柔らかな感触…。

???

アルツ君の横ポッケです。

アルツ君の日頃持ち歩いている緑のタオルがポッケに入っていました。

どうやらこの緑のタオルに救われたようです。

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

他にもどこで使ったかわからないティッシュが山盛り出てきました…。

(^_^;)

でも今回はこのタオルとティッシュがクッションになってくれたおかげで、骨折したり、歩けなくなるほどの打撲は免れたようです。

ヤレヤレ ┐|∵|┌ マイッタネ

「押すと痛いか?」

「いや。痛くはないぞ。でも『押す』ってお前は言うけど『引く』ことはできるのか?」

どこまでもあげ足取りなやつです…。

(-_-;)

「そんなことはどうでもいいんだよ。それより今日はお風呂は無理そうだな…。」

「ああ。今日は入らないぞ!!」

マヂ!?【゜Д゜屮】屮

珍しい言葉です。

アルツ君の口から『お風呂に入らない』なんていう言葉を聞くとは…。

多分自分でも『痛い』のがわかってるのかもしれませんね~。

そんなやり取りをしているところに姉の登場です。

「あらっ!?どうしたの?転んだの?痛そう…。」

「痛いよ!!死んじゃうかもしれないぞ。」

「あっそう!!でもそんなに傷口は深くなさそうだね。どれどれ?フッー。フッー。」

姉はアルツ君のおでこにフーフーしちゃってます。

(-_-;)

「バカっ!!そんなことしたら痛いだろっ!!」

「痛いのがわかるなら大丈夫だね!?じゃあボタモチ買いに行こうか?」

痛くても痛くなくても結局連れ去られる運命です。

(-_-;)

「寒いから暖かい格好して行った方がいいよ!!帽子はどうする?」

姉の捲し立てるような言動にアルツ君も大慌て…。

アタヽ(・д・`;)ゞ=ヾ;´・д・)ノフタ

「帽子?ああ。帽子は被って行くぞ。頭寒いからな!?」

アルツ君慌てて手元に有った帽子を被ります。

「痛っ!」

擦り剥いていることを忘れてます…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

d3f48321.jpgやっぱボタモチでしょっ!?


ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(14) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-