wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:アルツ君 )

昼寝する職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-185.html
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日の東京は比較的暖かく午前中はとても良い天気。

天気とは裏腹にアルツ君の紙パンツの中は曇天です…。

(つд⊂)エーン

しっかり子猫ちゃんを朝から出産です。

まあ出ないのも困るので何とか脱走子猫ちゃんが居なかったので良しとしましょう。

そんな中突然キノコさんがアルツ君の布団を干そうと言い出し、アルツ君に手伝わせます。

まったく余談ですがこの『言い出し』をパソコンで入力しようと思って『いいだし』と打ったらなかなか候補が出ないこと…。

^_^;

『いい出汁』、『いい山車』、『飯田市』…。

えっー!!!

まったく関係ないことなんですがあまりにもたった四文字が変換できなかったものですから…。

m(__)m

話を元に戻して…。

ヨッコイショット!!

そう。

キノコさんの力では布団を自分で持ち上げられないんです。

アルツ君の寝室のサッシの戸を開ければすぐベランダが有るのでそんなに長い距離布団を運ばなくてはならないということは有りません。

「ちょっとおじいちゃん!あんたの布団を干すからベランダまで運んで!」

「布団なんて干さなくたっていいよ~。」

「なんで?干したら気持ちいいじゃない。」

「干さなくたって気持ちよく寝てるぞ。」

「干したらもっと気持ちいいじゃない!?」

「そんなに気持ちよくなったらあの世へ行っちゃうぞ。」

「まあ!!どうしてそんなことばかり言うの?」

「どうしてって聞かれたって俺の口がそう言うんだから仕方ないじゃないか…。」

「まあまあ。屁理屈はいいから布団を運んでちょうだい。」

ヤッチも現場で見ていたのですが、ここはアルツ君のためにもアルツ君自身にやってもらいます。

「干したらここまで持ってきてまた敷かなきゃならないぞ!?」

「そうよ。干し終わったらまた自分でここに敷きなさい。」

「いいからここまで運んで!!」

「めんどくさいなっ!!よっこらしょっとっ!!」

アルツ君敷布団から掛布団まで全部一緒に持ち上げようとしています。

「そんないっぺんに持ち上げられるわけないじゃない。一枚ずつにしたら?」

「へへんだっ!わかりましたよ~だ。」

何とか自力で運ぶことが出来ました。

ちょっと布団を運んだだけでフーフー言っちゃってます。

(・・;)

「おい。布団運んだらくたびれちゃったよ…。」

「寝ようと思っても布団は無いわよ。」

「そっか…。」

アルツ君仕方なく畳にへたり込みます。

「なんだか腹減っちゃったな…。」

「あら。さっき朝ごはん食べたばっかりよ。」

「そうか~?食べてないような気がするけどな~???」

「ちゃんと食べましたよ。自分のパンが無くなってるから見てきてごらんなさい。」

「ほんと~か~???お前ウソついてんじゃないのか~?」

疑り深いアルツ君二階から階段を降りて下の茶の間まで確認に行きます。

「ほんとだ…。食べたんだ…。」

「ねっ!?ないでしょ?」

少し遅れて下に降りてきたキノコさんがアルツ君にドヤ顔です。

「まあ。お前が俺の分を食べちまったんだろうが、ここにバナナがあるからバナナに免じて許してやるよ。」

今度はアルツ君がドヤ顔です。

早速バナナの皮をむきはじめます。

以前にも書きましたがアルツ君なぜかヘタのあるところをポキッと折ってむけば早いのに逆からむいて手こずります。

「チクショ~。」

「どれ。貸してごらんなさい。こっちからむけば簡単なのよ。」

またしてもキノコさんが形勢逆転のドヤ顔です。

好きなバナナを食べてアルツ君もご満悦…。

(*^_^*)

今日は二人のドヤ顔合戦です。

お昼もまわり、そろそろ布団もいい具合に干しあがっているころ…。

「そろそろ布団をしまった方がいいんじゃない?」

キノコさんが切り出します。

「布団?布団がどうした?」

「あら?布団干したじゃない?そろそろしまわないと冷たくなっちゃうわよ。」

「そっか~。布団なんて干したっけ?まあいいや…。」

「自分一人でしまえる?」

「そんなね!子供じゃないんだからそのくらいできますよ!」

「じゃあ。自分でちゃんと敷いてセットするのよ。」

「わかりましたよ!!ついでに眠くなっちゃったから昼寝でもしよっと!!」

アルツ君に布団をしまうのを任せてキノコさんは台所で片づけ物です。

しばらくたってキノコさんがぼそりとつぶやきます。

「ちゃんとしまえたのかしら…???」

「静かなところを見るとちゃんと布団を敷いて昼寝してるんじゃない!?」

心配性のキノコさんにヤッチが一言…。

「まあいいわ。洗濯物も取り込まなくちゃならないから様子を見てくるわ。」

そう言ってキノコさんも二階に登ります。

しばらく立ってキノコさんが二階から降りてきます。

「ねっ。ちょっと!!」

キノコさんヤッチを手招きします。

「なに?」

「いいからちょっと二階のおじいちゃんの部屋に行ってみて。」

キノコさんに言われるままヤッチも二階に登ります。

???

アルツ君の寝室には布団もアルツ君の姿もありません…。

???

ベランダに通じるサッシを開けます…。

???

\(◎o◎)/!




アルツ君…

ベランダに布団を敷いてお昼寝中…。

ZZZZzzzzz

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-185.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(5) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-