wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:介護保険の仕組み )

介護保険の仕組み

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
この記事は公開されてから5年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。
執筆者:ヤッチ


こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

アルツ君昨日からまた咳がひどくなって寝込んでしまいました。

やっぱり抵抗力が無くなってるんですかね…。

(^^ゞ

平熱なのですが今日は大事をとってお風呂にも入らず、早目に寝てもらいました。

そんなわけで今日は記事にするような材料が有りません。

(^^ゞ

ぜひこの機会に介護保険とは何ぞやというところをちょっとだけ勉強したいと思います。

もちろんこれを読んでいらっしゃる皆さんもです。

(●`w´●)ニァ・・

ヤッチ自身はアルツ君をお世話しているだけで介護保険についての知識がほとんどありません。

利用しているというだけで実質の中身はよくわかっていません。

素人の視点から介護保険なるものを疑問点を交えながら一緒にひもといて行こうじゃありませんか!?

『いやだ!!』と言っても乗りかけた船です。

もう入場料はもらっていますよ~。

(●`w´●)ニァ・・

一緒にわからないことを考えましょうよ!!

脳は使わないと…

(●`w´●)ニァ・・

まあこれから不定期で少し時間がある時はちょこちょこ記事にしたいのでアドバイスやコメントをいただけるとありがたいです。

多分細かなことを質問されても答えられないと思いますが、気がついたことがあったらお気軽にコメントください。

コメントを読んだ方が答えてくれる掲示板的な展開にもしかするとなるかも!?

また公式なものではないし、ましてや素人が書くので間違った情報もあるのでご承知おきください。

あんまり最初からズッポシ書くとあとが続かなくなるので今日はほんのちょっとだけ…。

illust405_thumb.gif

●介護保険の加入者

40歳以上が加入します
65歳以上(第1号被保険者)
原因にかかわらず介護が必要になった場合にサービスが受けられます。
40~64歳まで(第2号被保険者)
特定疾病が原因で介護が必要になった場合にサービスが受けられます。

もうここで難しい漢字ばかりで読む気なくしますよね!?

『被保険者』というのは『保険者』の対義語で民間の保険会社で考えるとわかりやすいかもしれませんね。

民間の保険に加入すると保険料を納める代わりに何か保険事故が起きると保険会社からお金をもらえたりします。

この場合保険会社が『保険者』でお客さんである我々が『被保険者』ということになります。

介護保険の『保険者』は市区町村です。

保険料を徴収する胴元であり、介護サービスを提供している施設などにお金を落としてくれるところでもあります。

お医者さんに行くときの医療保険の『保険証』がそばに有ったらぜひ取り出して見て下さい。

国保や協会健保あるいは組合健保の『保険証』は一般的に『保険証』という言葉で通用していますが、正しくは『被保険者証』が正式名だったんですね…。

会社で加入している失業保険(雇用保険)も我々に与えられるのは『被保険者証』です。

またこの第1号被保険者と第2号被保険者の区分ですがヤッチの勝手な解釈では年齢による区分もありますが、保険料の徴収方法に違いがあるからこういう区分をするのかなというのが有ります。

40~64歳まで主に会社の給料をもらう時に他の社会保険の保険料と一緒に天引きされますが、65歳以上になると年金から天引きされたりします。

じゃあ自営業者は?年金をもらってない人は?

細かく書きすぎるとわけがわからなくなるので、どこかのお堅いブログで調べて下さい。

(^_^;)テヌキー

ちょっと余談になってしまいましたが、介護保険というとお年寄りだけがサービスを受けられると思っていた人も多かったのではないでしょうか?

事実ヤッチもそのうちの一人です。

(^^ゞ

なにも高齢者でなくてもサービスは受けられるのですね。

好んで受けたいと思う方はいらっしゃらないと思いますが…。

(^^ゞ

この特定疾病(とくていしっぺい)が原因で介護が必要となれば介護保険のサービスが受けられます。

「じゃあこの特定疾病ってどんなもんがあるの?」

やっぱり知りたい?

えー!!書くんですか…。

わかりました!!

書きます!!

そのかわりちゃんと読んでくださいよ~。

・筋萎縮性側索硬化症
・後縦靭帯骨化症
・骨折を伴う骨粗そう症
・多系統委縮症
・初老期における認知症
・脊椎小脳変性症
・脊柱管狭搾症
・早老症
・脳血管疾患
・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、およびパーキンソン病
・閉塞性動脈硬化症
・関節リュウマチ
・慢性閉塞性肺疾患
・がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
・糖尿性神経障害、糖尿性腎症および糖尿病性網膜症
・両側の膝関節に著しい変形を伴う変形性関節症

ねっ!?

読む気なくすでしょ!?

┐(´ー)┌ フッー

手書きでもし書いていたら気が狂うところです…。

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

すでにご家族の方が介護保険を利用していれば、こんな事わかりきってるよと言われそうですが、初心忘れるべからずっていうことで…。

ちなみにこの介護保険のサービスですが、一定の年齢になったら勝手にどっかから役所の職員が来たり、福祉サービスの職員が気をきかせてセールスに来てくれるわけでもなければ、お医者さんに行ったら全部やってくれるようなことは原則有りません。

自分や家族が申請しないとならないんですね…。

黙っていては何のサービスも受けられません。

エ━━━(;゚д゚)━━━・・

深手の傷を負ってもお医者さんに行かなければ治療してもらえないのと一緒です。

そう。深手の傷で思い出したんですが、交通事故の後遺症なんかも老化とは直接関係ありませんが介護サービスを受けられると聞いたことがあります。

だからと言って健康なお年寄りを道端で突き飛ばしたりしないでくださいね。

介護保険の申請や認定についてはまた機会が有ったら書かせてもらいたいと思います。

それはいつ?

゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚

それだけは教えられません~。

(●`w´●)ニァ・・

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(6) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-