wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:デイサービス )

老人局

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-153.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

いや~。前回、前々回の記事のコメントを読ませていただきましたが、どなたもデイサービスについて良い印象を持っておられない感じですね。

ヤッチ自身は介護保険の知識もないし、『介護』って何なの?みたいな精神論やウンチクを語れるようなボキャブラリーは持ち合わせていませんし、語れるような立場でもありません。

ましてや現場仕事もしたことのない人間があれこれ推測や憶測だけでデイサービスの在り方だとか介護保険についての批判をあまりしすぎるのもどうかと考えてしまいます…。

「そんなの生温い!!」とお叱りを受けそうですが、もし自分のことだけなら多分過激な言動や行動を取るかもしれません。

ただこのブログを読んでくださっている皆さんに知っていておいて欲しいことが一つだけあります。

今アルツ君が通っているデイサービスについて疑問を感じているのはヤッチやキノコさんであってアルツ君ではないことです。

アルツ君はまだこのデイサービスに数回ほどしか通っていないと思うのですが、一度も不平を漏らしたことはありません。

むしろ行くのを楽しみにしています。

不平に感じる能力をなくしてしまっているとも言えますが、朝はお迎えの車が来るのを数十分も前から玄関に座って待っているくらいですからそれに説明はおそらくいらないと思います。

何が言いたいのかというと、ここでまた処遇が良くないから施設を替えるという選択肢が果たして本人にとって正しい選択かどうかということです。

少なからず環境の変化はアルツ君の年齢よりは若い我々にとっては苦にならない事でしょうが果たしてアルツ君のような年齢や病気の人間にこの選択はどうなの?ということがどうしても頭から離れません。

若い頃に苦労してきたアルツ君です。

今となっては忘れてしまっているのかもしれませんが、できることならこれから先は本人の好き勝手やらせてやればいい…。

本人の意志を尊重したいというのが有ります。

「そんなことは認知症の人間にわかるわけはない!」と思われるかもしれませんが、それももしかしたら偏見ではないか???…。

あくまで好き勝手やらせたいというのは理想論なので現実はそうたやすいものでもないでしょうが…。


まあ。堅苦しい話をするとどんどん底なし沼に足を引っ張られ地球の裏側に行ってブラジル人に『こんにちは』してしまうので気楽に行きましょう!!気楽に!!

そう言いつつもすぐさま施設を変更したりしちゃう奴ですから…。

\(^o^)/

だいだいあまり深く考えることが得意ではなく、薄っぺらなので多分ヤッチの髪も薄いのだと思います。

( ´゚ж゚` )エー

せっかく真面目にコメントをして下さっている皆さんには本当に申し訳ない感じです。

m(__)m

どっかで「そのうちなんとかなるだろ!?」がヤッチの髪の毛を引っ張ります。

(`・ω・´)ヌケルダロ!?

そんなわけで今日も一日くだらないことを考えていました。

その名も『老人局作戦』です。

『老人局』ってなんなの?

ついこの間までテレビ等で話題になっていましたよね!?

『ろうじんもたせ』というのが正式な言い方なのかは知りませんが、『美人局(つつもたせ)』の老人バージョンです。

中国で社会問題にまで発展している大問題だとか…。

お年寄りが道端に倒れていたり、壁にもたれかかっていたりして、うっかり『大丈夫ですか?』などと声を掛けて手を差し伸べようものならさー大変!!

逆に大声を出されて「この人に倒された!」などと言って治療費や賠償金を請求してくるようなのが主な手口だそうです。

日本の『当たり屋』的な発想ですね。

こんなのが困っている人を放っておけない日本人の性格を知ってか知らぬか日本人観光客をターゲットにしているらしい…。

好ましくない職業というか変な人が現われてしまったものです。

他人の善意を食い物にする悪漢です…。

(●`w´●)ニァ・・

でもこれを応用して介護職員の研修かなにかでやったら面白いかも…。

(●`w´●)ニァ・・

道端にお年寄りを寝かせておいてどのぐらいの人が手を差し伸べるかの実験です。

介護の職に就いていない一般人も同時に参加させ本人たちには何も知らせず遠目でウォッチングです。

意外に一般人の方が手を差し伸べる確率が多くて、知らんぷりの人が多いのが介護の仕事をしている人だったりして…。

きちんと仕事をしている人にとっては迷惑な話かもしれませんが、一部の不届き者を排除する意味で実験の価値有りかもです。

さらにこれを応用し、アルツ君の『老人局』のテクをマスターさせデイサービスに送り込む…。

(●`w´●)ニァ・・



その前におぼえられないか…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

また読者が減ってしまう…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-153.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(6) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-