アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
スマホ表示へ
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
炊飯ジャー  

釜炊き職人2

2011/06/24 (金)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
smartphone
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日も帰りがけに畑に寄り、水を撒いてきました。

帰宅するとアルツ君が茶の間でテーブルに足を投げ出し、うちわで顔を仰いでいました。

キノコさんの姿が見当たらないので、冷房のスイッチがわからなかったのかもしれません。

ヤッチ:「キノコさんはどこに行ったの?」

アルツ君:「わからんっ!」

【翻訳】
キノコさんが出かけるとき、行き先を聞いたけれども、病気のせいで記憶が飛んでしまい、今は覚えていない。


キノコさんも多分日中暑かったので、夕方少し涼しくなってから買い物にでも出かけたのかもしれません。

アルツ君が足を投げ出しているテーブルの上に目をやると小さな書き置きがありました。

書き置き


『5時にお釜のスイッチを入れる事』

お釜というのは風呂ではなく、多分炊飯ジャーのことです。

なるほど炊飯ジャーの釜の中に、すでにお米がとがれて、セットしてあります。

でも、もう夕方の5時はすでに回って、6時に近い時刻です。

ヤッチ:「5時に炊飯ジャーのスイッチ入れろって言われてんじゃない?」

アルツ君:「わかってるよ…。でもそんなに早く炊いたら固くなるに決まってるだろ。一寝入りしてからだっ!」

我が家の朝はパン食なんですけど…。

(ー_ー)!!

キノコさんが、買い物袋を持って帰宅します。

キノコさん:「あらっ。やだっ!朝(朝の5時に)、炊けなんて、言ってないでしょっ!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 炊飯ジャー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-1.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/06/24 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : スイカ好きの職人
この前の記事(過去) : 釜炊き職人

Comment

コメント:を投稿する 記事: 釜炊き職人2

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ!
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信されません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  ←コメントを他人に見られたくない場合は、チェックを入れてください。

Trackback

この次の記事(未来) : スイカ好きの職人
この前の記事(過去) : 釜炊き職人
▲TOP