アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 運動不足 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

逃げ惑う職人

2011/08/26 (金)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

今日のアルツ君は、朝から足の痛みを訴えます。

二階の寝室からやっとのことで降りてきて

アルツ君:「足が材木になっちゃった。ばあさん(キノコさん)!なんとかして~。」

キノコさんに訴えかけますが、キノコさんはキノコさんで、またいつものが始まっちゃったわという感じで、あまり相手にしません。

キノコさん:「運動ちっともしないからよ~。朝から晩まで動かなきゃ、足だって動かなくなるわよ~。」

アルツ君:「そんなこと言ったって、痛いもんは痛いんだもん。」

口をとんがらして反論します…。

キノコさん:「そんなカワイ子ぶったってダメよ。朝ごはん食べたら散歩してきなさい。」

今日は奥さん、朝から飛ばします…。

アルツ君:「こんな病気になっちゃったのは家相が悪いからだな!?どっか引越した方がいいな。」

以前の現役バリバリのころのアルツ君だったら、まさかこんなことを言うはずありません。

キノコさん:「へー。家相なんて信じるの?でなんていう病気なの?」

アルツ君:「お前が揉んでくれない病…。」

キノコさん:「そんな病気の名前があるはずないでしょ!動かない病よ!動かない病!」

アルツ君:「ちぇっ!あういうこと言ってんだから…。失礼なやつだね~。」

キノコさん:「失礼なやつはどっちよ!」

アルツ君:「お前だよ!」

アルツハイマーとはいえ、屁理屈の時の脳の回転数だけは、ターボスイッチが、入ります。

キノコさん:「いいから早くご飯食べちゃいなさいよ。ほっとくと、お昼までかかってんだから!」

アルツ君の名誉のために言わせてもらえば、キノコさんそれは盛りすぎです…。
(ー_ー)!!

新聞を読みながら、朝のモーニングコーヒーをニヒルにすすっていたダンディーなヤッチも周囲の雑踏に顔を上げます。

テレビ版ですが…。

ヤッチ:「何だったてーの?足が痛いなら、切ってやろうか?」

アルツ君:「バカなこというな!」

ヤッチ:「バカなことなんて言ってないよ。幸い、旦那さん(アルツ君)の庭仕事やってた時の道具が、いっぱいあるから…。」

アルツ君:「切ったら痛いだろ?」

ヤッチ:「痛いかどうかは、やって見なくちゃわからないよ。チェーンソー?それとも電動バリカン?糸ノコもいいな…。」

アルツ君:「痛くないやつがいいなあ…。チェーンソーだと、肉が飛び散るぞ~。」

ヤッチ:「それじゃあ。痛くないように、毎晩旦那さんが寝ているときに、糸ノコで少しずつ切っててやるよ。そうすればクリスマスには間に合うよ。」

アルツ君:「クリスマス?何でクリスマスなんだ?」

ヤッチ:「切った足をローストして、みんなで食おうよ。」

キノコさん:「ちょっとっ!!あんた達!朝から、よくそんな話ができるわね!」

キノコさんは、しかめっ面です…。

ヤッチ:「ごめん。ごめん。とりあえず糸ノコの歯を冷凍庫に入れておくか~。」

朝ごはんの後、アルツ君はキノコさんに放り出されるように、散歩に追いやられたようです。

アルツ君の足はかなりむくんできているので、かなりつらい時もあるようです。

認知症の薬の副作用ではないかと疑うこともありましたが、お医者さんからは「NO!」

運動不足が、原因だという診察結果です…。

いずれにしても、まだクリスマスには、まだ間があるので、少しずつ、どう料理していくかを考えたいと思います。


夕ご飯時になり、またもやアルツ君とキノコさんの仲良しコンビが再結成されました。

\(^o^)/

キノコさん:「味噌汁ばっかり飲んでないで、おかずを食べなさい!ご飯だって、こんなにいっぱい残ってんじゃないの~。」

アルツ君:「だって、食いたくないんだもん…。」

キノコさん:「食べないと、どんどん体弱くなっていっちゃうわよ。娘が、この間来たときに、『パパに食べさせてあげて!』って、漬物を置いて行ったから、それと一緒に、ご飯を食べてみたら?」

アルツ君:「えっ!あいつ、そんなもん置いてったんだ?ばあさん、また俺に、隠しておきやがったなあ~!」

アルツ君、大好きな一人娘の置き土産を食べないわけにはいきません。

キノコさん:「そうよ。うちじゃあ、あんまり食べたことないけど、ゴーヤの漬物だって!?食べてみる?」

アルツ君:「うん!」

(ガキじゃあるまいし…)

キノコさんが、台所で、姉が置いてったというゴーヤの漬物を切っています。

ヤッチは、ゴーヤと聞いただけで、あの苦みを思い出し、苦手です…。
(-_-;)

しかも、漬物にしたら、もっと苦くなっちゃうんじゃないの?

何切れか、小皿にその漬物を切り、キノコさんが、食卓に置きました。

キノコさん:「はい!どーぞ。」

!!\\\((◎o◎))///!!

!!\\\((◎o◎))///!!

聞いたこともないような金切声をアルツ君が上げます!!

アルツ君:「なんだよ~!!お前、俺に、なにを食わせようとしたんだよ!!」

キノコさん:「何って~?娘が持ってきたゴーヤよ。」

アルツ君:「あいつが、そんなもん持ってくるわけないだろ~。」

もうちょっと半べそです…。

キノコさん:「はい。おいしいんだから食べてごらんなさい。」

キノコさんは笑顔で、そのゴーヤを箸で一切れつまみ、アルツ君の口元へ持って行きます。

アルツ君が、飛びのきます。

アルツ君:「やだーーー!!」

キノコさん:「なーに。おおげさねえー。」

アルツ君:「おま…。おまえ…おっ、俺に、イモムシ食わせようとしただろ~?」

今にも泣き出さんばかりです…。

キノコさん:「おいしんだから食べてごらんなさい。ほーら!」

キノコさんは、アルツ君の目の前で、一切れ口に入れて、見本を見せます。

元植木職人のアルツ君。

現役時代はイモムシや毛虫と一緒に苦楽を共にした仲なはずです…。
(゚´ω`゚)

キノコさん:「お前。よくそんなもん食えるな~。俺は、お前みたいに、イモムシなんか、食えないからなっ!!」

アルツ君、いじけた子供のように、キノコさんにお尻を向けて座り、小さくなっています。

キノコさんが、アルツ君の背後から、また追い打ちをかけるように、ゴーヤを口元に持って行こうとします。

アルツ君:「やめてくれよ~~。ふ~ん。」

また飛びのいて、とうとう部屋の隅の方まで、たどり着いてしまいました。

キノコさん:「な~に。臆病者ねえっ…。」

キノコさんは一人で、ムシャムシャ。

アルツ君、キノコさんをチラリとみるものの、視線が合うと、また壁の方を向いてしまいます…。



たしかに、言われてみればそう見えなくはないんですけど…。

また、読者が減りそうなので、行間を開けて、画像をアップしますね!

(ゴーヤが好きな人は見ないでください。)

↓↓画像はあちら↓↓
(ずっと下の方)








































ゴーヤ

ゴーヤアップ


アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : アルツハイマー 認知症の薬 副作用 運動不足 ゴーヤ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2020 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-84.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/26 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP