アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 遅かりし由良の助 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

遅かりし由良之助

2011/11/12 (土)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

2回ブツを採取しなければならないアルツ君の検便ですが、なかなか2回目が来ません…。

1回目の採取が確か月曜日とかそのくらいですからおそらく1週間近く子猫ちゃんはアルツ君のお腹の中に拉致されたままです。

昨日の夜は追加で購入したお茶をこっそり飲ませました。

特選養麗健茶

このお茶ちょっと緑茶と違ってどちらかというと紅茶に近い色をしています。

普段アルツ君はコーヒーか緑茶を飲みますが、紅茶はほとんど飲みません。

別にお茶にうるさいわけではありませんが、昨日に限ってお茶の色に気がつかれてしまいました。

「なんだこのお茶は?錆びてるのか?」

ャバィ・・(-ω-;)…

「いや別に錆びてるわけじゃないよ。ちょっとクギが入ってるかもしれないけどな…。」

おそらく便秘によいお茶だと言ってしまえば本人の気質から飲んではくれないと思います。

「そっか。じゃあクギに気を付けて飲まないとな。」

「貧血だって言うんだからクギも飲んじゃったほうが言いかもな!?」

「やだいっ!」

味は普通のお茶と変わらないのでうまい具合に飲んでくれました。

(●`w´●)ニァ・・

あとは産み落としてくれるのを待つだけです。

(●`w´●)ニァ・・

しかしながら昨日は夜間就寝中にお通じは来ませんでした。

今日の朝アルツ君にお通じがなければ、1回目のブツを主治医のところに持って行くつもりです。

主治医からは時間がかかりそうならその都度持ってきてくれればよいというお達しだったので2回目を待たずとも持って行くことは可能です。

今日の朝になりアルツ君は朝食のパンを食べ、コーヒーを飲んでいます。

それとなくアルツ君に聞きます。

「最近お腹の調子はどうよ?お腹が張ってるとかそいうことはない?」

「今食ったばかりだもん。そりゃあ腹は張ってるさ~。」

どうやらお茶の効果はまだなようです…。

ヤッチは2階の自分の部屋に戻り部屋をちょいとお掃除です。

しばらくすると慌ててキノコさんが階段を登ってきます。

「ちょっとあんた!流しちゃったんだって!」

「主語が無いから何のことかわかんないよ!」

「おじいちゃんよ!私がちょっと目を離してるすきに流しっちゃったんだって!」

「ん?小?大?」

「決まってるじゃない。大に…。」

「えっー。」

ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!

どうやらキノコさんが台所で洗い物をしている間にアルツ君は催し物会場を開き、自分でトイレに行き、『大事なブツ』を流してしまったようです。

「あーあ。やっと出たのに『遅かりし由良の助』だな…。またこれでいつになることやら…。」

ヤッチはショックを隠しきれません…。

┐(´ー)┌ フッー

「あれだけトイレに行くときはちゃんと言いなさいよって言っておいたのにねえ…。」

キノコさんもショックを隠しきれない様子…。

二人で階段を降ります。

茶の間に行くとアルツ君は椅子に腰かけのんきにテレビを観ています。

「あのさー。もうちょっと頑張って出す気な~い?」

ヤッチがアルツ君におそるおそるお願いしてみます。

「はっ?何を?」

「何をって…。う〇ちだよ…。」

「あー。クソかっ!?出ないよんっ!スッキリですからっ!」

ここぞとばかりに大声をあげます。

また1週間くらいは出ないかも…。

(-_-;)

なにやらトイレの方でガサガサやっていたキノコさんが茶の間に入ってきます。

「ねえ?便器に少し付いてるんだけどあれじゃあダメかしら?」

…ブツが残っているようです。

ヤッチは急いでトイレに向かいます。

便器をのぞき込むと確かにアルツ君のブツが若干ではありますが付着しています。

「微妙だな~。上手く採れるかな~!?」

ブツの量が少なく検査に足る量を採取できるか微妙な感じです…。

もうこの時点でヤッチは七曲署の刑事にでもなったかのつもりでいます。

今日はあいにく白手袋を持参するのを忘れました…。

(゚∀゚ ;)タラー

ブツを採取する容器のセットにはちょうど綿棒ぐらいの太さのスクリュー状のプラスチックの棒が付いています。

この棒がフタの役割も果たしこの棒の先にブツを絡めとり、溶液の入った本体に挿入するときちんと密閉される仕組みです。

写メを載せたかったのですが気がついたときはブツを採取した後でした。

m(__)m

何とか寄せ集めるような感じでブツの採取が完了しました。

ヽ( ´ー`)ノ フッ

茶の間に戻るとアルツ君が怪訝そうな顔してこっちを向きます。

「二つ揃ったから早いとこ俺が先生のところに行って来るわ。」

ヤッチがそう言うとアルツ君が制止して、

「いいよ!俺のだから俺が持って行くよ!」

「へー。珍しいね。自分で行くなんて言い出すの?」

「そりゃあ。たまにはな。」

「でも一人で行けるのか?」

「行けるさよ~。『クソ持ってきました~!!』って言えばいいんだろ!?」

「病院で人気者になっちゃうぞ。」

こうしてアルツ君がブツ2つを持って主治医のクリニックに…。


……


今日は割とすんなり帰って来ました。

(^_^)/

「ちゃんと行けた?」

「それがさあ~。最初に行ったところで変な顔されっちゃったよ…。」

「え?どっか違うところに持って行っちゃったのか?」

「どうもそうらしいんだよな~。そこにいた女の人に『頼まれ物持ってきたんだけど』って言ったら『これはそこのお医者さんに持って行くものじゃないですか~!?』って言われてそこの医者に持って行ったら受け取ってくれたよ。」

「えー。最初どこに持って行ったの?」

「へへっ…。内緒!」

アルツ君なんだか照れくさそうな感じです…。

「どこっ?」

ヤッチが再度追及です。

「うるさいなあ。どこだっていいだろっ!」

「よくないさあ~。でどこ?」

「へへっ…。ボタモチ買いに行くところっ!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 子猫ちゃん お茶 便秘 遅かりし由良の助 トイレ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-162.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/11/12 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP