アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 認知症の薬 の検索結果  13 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
3   次のページ »

ジャガイモと職人

2011/06/15 (水)  カテゴリー: 畑仕事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君の日課は早朝に借りている老人農園に散歩に出かけることです。

歩いて3〜4分の自宅から歩いてすぐのところにあります。

最近、なぜか畑を見回りには行くのですが、ちっとも手を加えてあげようとしません。

何に対してもあまり執着がなくなってくるのは、このアルツハイマー型認知症の特有の症状なのか?

あるいは認知症の薬の副作用なのか?

はたまた老齢のせいなのか?

認知症の薬は現在アリセプトという薬を服用していて、今までは朝だけ1回服用すればよかったが、最近かかり付けのお医者さんから、症状がひどくなっているというので、朝夕2回に増やされてしまいました。

現在の医療ではまだこのアルツハイマー型の認知症の進行を遅らせる薬は有っても、認知症を治すという薬はまだ出てないそうな…。

徐々に進行はしているような…。

(ー_ー)!!

いずれにしても、アルツ君が畑仕事を放棄しているので、畑のヤサイくんたちのお世話は当然のごとくヤッチの仕事に…。

\(◎o◎)/!

アルツ君が早朝のお散歩から帰って来ます。

アルツ君:「もうジャガイモが獲れそうだな。そろそろほじくって獲ってやんないと。」

視線はヤッチに向いてはいませんが、明らかにその言葉はヤッチに向いています。

)_・・゜)_・・゜)_・・゜)_・・゜)━━ッ!!!!

ヤッチ:「じゃあ自分で掘ってくれば。」

ちょっと意地悪な返しのヤッチ。

アルツ君:「お前が世話してるのに、俺が手を出すわけいかないだろうに。」

(この人アルツハイマーじゃないかも…。)

ヤッチ:「わかったよっ。掘りに行ってくるよっ。」

平成の世でも封建制度が成り立つ社会…(涙)

仕方なく、シャベル、軍手、はさみ、熊手、手ぬぐい、ビニールひもそして衣装ケースくらいのプラスチック製の収穫用の入れ物を持って自転車で畑に行くことに…。

ジャガイモは今年の春先にアルツ君独りで植えたもので、面積にしたら、2畳か3畳くらいのスペース。

軍手をして、シャベルを勢いよく土にめり込ませました。

さすがに畑の土なので柔らかく、それほど力を入れなくてもジャガイモを掘り上げることが出来ました。

けっこうな豊作です。

ジャガイモ1.jpg


全部掘り上げてしまうと、とても食べきれないくらいの量になってしまいそう…。

1株に5~6個はくっついてるので、重量も結構あります。

必死になって掘り起こしているところにアルツ君がやってきました。

アルツ君:「おおっ!!けっこうくっついてるな~。大したもんだ~。」

なにが大したものなのかはよくわかりませんが、掘り起こそうとするジャガイモが均一に植わっていないのがヤッチにしては不満です。。

普通なら一直線にしかも等間隔に株を植えると思いますが、アルツ君が植えたジャガイモは明らかに、あっちに行ったり、こっちに行ったりと均一に植わっていません。

ヤッチ:「なんでこう、ジグザグに、あっちに植わってるとおもえばこっちに植わってるかな~?」

アルツ君:「それはなあ~。お前が掘る時にまっすぐ植わってたらつまんないだろ?楽しませてやるために植えといたんだ。」

(絶対この人アルツハイマーじゃないっ!)

アルツ君はすっかり現場監督で手を出そうともしません。

植わってる株を半分くらい掘り起こしたところで、きょうの作業は終了することに…。

けっこう心地よい疲労感です。
(*^_^*)

ジャガイモ2.jpg


衣装ケース大の入れ物に女性ではちょっと持ち上げられないくらい獲れました。

\(^o^)/

ヤッチ:「俺がこのジャガイモを家まで持って帰るから、シャベルと、ビニールひもとハサミだけ持って帰ってきてよ?わかった?」

アルツ君:「そんなもんお茶の子さいさいだっ!先に帰ってろっ!」

ということでヤッチは先に自転車で自宅に向かうことに…。

アルツ君は徒歩なので、ヤッチの方が先に自宅に到着です。

アルツ君も遅れて帰ってきました。

ヤッチ:「シャベルとかハサミとか持って帰ってきてくれた?」

アルツ君:「え?そんなものどこに有ったんだ?」

???

えっ…また取りにいくの…。

(v_v`)はぁ・・・。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 老人農園 アルツハイマー型認知症 認知症の薬 アリセプト 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-21.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/06/15 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

パンツ一丁の職人

2011/07/20 (水)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日のアルツ君は、認知症の薬を飲んでくれなくて、大変でしたが、今日のアルツ君はすんなり薬を飲んでくれました。

考えてみると、自分の飲む薬じゃないのに、なんで人の飲む薬を『大変だった』とか、『すんなり』なんて言って、心配しているんでしょうね(笑)

いつの間にか、アルツ君のペースに、引きずり込まれている感じです。

(あのヤロー…ww)

風呂に入った後は、薬を飲み、これもまたすんなり床についたようです。

ヤッチが自分の部屋から階段を降りて、茶の間に入ろうとすると、洗面所にアルツ君の着替えのパジャマが置いたままです。

??

キノコさんに、たずねます。

ヤッチ:「じい様は?」

キノコさん:「お風呂に入って…。そのあと、今日は薬をきちんと飲んで、すんなり寝てくれたわよ。」

ヤッチ:「薬飲んだ時は、パジャマ着てた?」

キノコさん:「あっ!そう言えば…。パンツ一丁で裸だったわね…。」

ヤッチ:「じゃあ、パンツ一丁のまんま寝ちまったってこと?」

キノコさん:「そういうことになるわねえ…。ちょっとみてきてやって。」

(やっぱりヤッチの任務ですか…。)

二階に再び上りアルツ君の寝室へ…。

やっぱり、パンツ一丁のまま、大の字です。

ヤッチ:「そのまんま寝ると風邪ひくよ。」

なんとも、すがすがしい親子愛のように描かれていますが、ヤッチの腹ワタは、

『なんで俺がこんなことまでやんなくっちゃなんねーんだ…。』

です。

アルツ君:「風邪ひいたら風邪ひいたで、いいんだ…」

ヤッチ:「そんなこと言って…。パジャマを着るのが、面倒臭いだけなんだろ?」

アルツ君:「お前ね。そういう口のきき方は良くないぞ。面倒臭いんじゃなくて億劫なんだ!」

(あまり意味は変わらない…)

ヤッチ:「そのままじゃ、明け方涼しくなったら大変だぞ。」

アルツ君:「大変なのは、お前じゃなくて、俺だからいいんだ…」

屁理屈がバンバン打ち上がってきます。

最近は、もうこんな会話も当たり前になっているので、ヤッチ本人は慣れっこで軽く流しています。

ヤッチ:「こんなパンツ一丁の姿を、『明け方さん』に見せたら、失礼でしょ?」

アルツ君:「いや!『明け方』は、そんなやつじゃない!俺は90年前から知っている!」

(あんたは83歳でしょ…。)

これ以上の会話は時間の無駄です…。

(ー_ー)!!

ヤッチ:「まあ、いいから、パジャマ着て寝れば、問題ないでしょ。」

アルツ君:「いやあ~。それが問題なんだな~。」

ヤッチ:「いいから。着ろよ!」

アルツ君:「それが大問題なんだな…。」

???

アルツ君:「起こしてくれよっ!」

またしても、自分で起き上がれないんです……。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


【パンツ一丁について】

アルツ君ですが、最近はアルツハイマーの症状がひどくなって、小失禁の回数も多くなり、紙のパンツ(軽度の小失禁ならパッドが吸収してくれる)を履いています。

履いているというより、強制的に履かせています。

我が家ではこの紙のパンツを『紙パンツ』と呼び、オムツと区別しています。

ヤッチの中のパンツの定義は、足から通して履くもので、オムツは通さないで骨盤のあたりでマジックテープやボタンで留められるものです。

この定義って合ってるんですかねえ?

それにしてもこの紙パンツ…。

男からすると『履け』と、言われて素直に履けるもんじゃないですね~。

かなり屈辱的な感じがします。

なんであんなにギャザーが入ってるんですかねえ~。

なんであんなに女性的な作りなんですかねえ~。

人に見せるわけではないけれども、もう少し男性向けのデザインのものはないんですかねえ~。

機能性も大事だけど、もう少しメーカーも考えてくれたら、少々値段が高くたって、見た目が良い方を買うのに…。

そんなに見てくれを気にしないアルツ君が履きたがらないんだから、たいていの人は履きたがらないですよね~。

男からして嫌なのは、あの『ギャザー』…。

そして、あの『白い色』です…。

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症の薬 アルツハイマー 小失禁 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-46.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/20 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

立てこもる職人

2011/08/01 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは.

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

どういうわけか、わかりませんが、このブログの登場人物が、どうもよくわからないというお叱りを時々受けます。

(下手くそなのかなあ…。)

そんな人のために、しつこいようですが、このブログの登場人物について、説明させていただきます。

もう、そんなのわかってるよという方は、飛ばして読んでくださいね。

まずは、アルツ君。

このブログの作者であるヤッチの父親で、数年前に、アルツハイマー型認知症の診断を受け、現在は要介護3の元植木職人です。

最近は、週2回、デイサービスに通うようになりました。

本人は、口では、『あんなところ、もう行きたくない。』と、言いますが、けっこうお気に入りの様子です。

デイサービスに行く日は、ソワソワして、落ち着かないことが多いです。

そんなアルツ君の愛妻が、キノコさんで、アルツ君のお世話係。

根が真面目なのか、冗談が通じないところがあり、それはそれで、なかなかプリティーなところでもあります。

以上が、登場人物で、たまに、ヤッチの姉が登場するくらいかな?

まあ、作者のヤッチの風貌は、内田康夫さんの推理小説に出てくる浅見光彦あたりを想像してもらえば、間違いないと思います。

(えっ~!)

そんな我が家ですが、最近、キノコさんの仕事が、一つ増えてしまいました。

アルツ君は、お風呂から上がると、入れ歯をちゃんと外しているかどうかをキノコさんの前で、口を開けてチェックを受けなくてはなりません。

時々、下の入れ歯をアカンべーをして隠すので、キノコさんからイエローカードをもらいます。

入れ歯のチェックが済むと、次にアルツ君は、認知症の薬を飲まされます。

本来は、自発的に、飲まなくてはならないのですが、大のくすり嫌い。

放っておくと、すぐに逃げようとし、キノコさんに首根っこをつかまれ、引きずり返されます。

で、最近加わったキノコさんのチェック項目が、アルツ君が風呂上りに、ちゃんと紙パンツを履いているかどうかです。

黙っていると、その日、一日履いていた紙パンツをまた履いてしまいます。

普通に考えると、真新しいパンツの方が、気持ちいいと思うのですが…。

どうしても、アルツ君は面倒なのか、わけが分からなくなるのか、古い方のパンツをチョイスしがちです。

(ー_ー)!!

キノコさんが、風呂の脱衣所に、『ちゃんと、ここにあるからね。これを履くのよ。』と、言って、替えのパンツを用意しても、そのまんまということがよくあります。

そんなことを前提に、今日もちょっとしたエピソードが…。

あっ!そうそう!忘れてました!

アルツ君が風呂に入る前は、必ずトイレにも行ってもらいます。

ヤッチも今日は現場にいたんですが、すっかり、二人ともそれを忘れてしまいました。
(^_^;)

最近では、ひざの関節が固くなってきているのか、履いているズボンを脱がすのも一苦労で、そっちに気を取られ、風呂の前のトイレがすっかり抜けていました。

翌日に、お医者さんに行くので、ひげを剃っておこうということになり、またしても、学級員のキノコさんに任務を命ぜられました。

(ー_ー)!!

絶対キノコさんは、子供のころ、掃除とかをサボったことのないタイプです。

ヤッチは隣のクラスの給食を昼前の休み時間に、食べてしまい、先生に大目玉をくらったことのある人間です。

まったく関係ない話しなので話を元に戻すことにして…。

よいしょっとっ!!

医者に行くんだから、逆に、ひげなんか剃らないでもいい気がするんですが、どうしてものお願いだったので、剃ることに…。

T字のカミソリを人にあてたことはないので、電気シェーバーで…。

ジョリジョリジョリ…。

ところどころロン毛のひげがあって、それを指先でひん抜くと…。

アルツ君:「痛いっっっ!!」

歓喜の悲鳴を上げてました。

(*^_^*)

多少剃り残しは有るものの、自分の顔じゃないから、まあいいかっ!

今度は、ようやくお風呂です。

普段、たぶんいい加減に身体を洗っているのだろうと思ったので、今日はヤッチが、スペシャルサービス。

アルツ君の背中を流してやりました。

(けっこういい加減に…。)

さらなるサービスで、お風呂から上がったアルツ君に、紙パンツまで履かせてやり、キノコさんにバトンタッチです。

(この日、ヤッチはアルツ君のアフターは、やんわり断りました。)

キノコさんが、入れ歯のチェックを行い、相変わらずアカンべーをするアルツ君は、舌をつままれ、

またしても、アルツ君の悲鳴が…。

アルツ君:「あたたたたたっっっtttt!」

けっして、ケンシローではありません。

今度は認知症の薬です。

今日のスペシャルサービスに、うんざりなのか、観念した様子で、文句を言わず、すんなり薬を飲みました。

\(^o^)/

そこで、キノコさんに、締めの言葉を言われます。

キノコさん:「はい。よくできました。さあ寝ましょっ。」

ここは、幼稚園でも保育園でもないことは事実です…。

ところが、アルツ君が、まだトイレに行っていないことに、キノコさんが気づきます。

キノコさん:「そうだわ。おじいちゃん(アルツ君)、トイレに入ってないでしょ?トイレに入ってから、寝ましょっ。」

いつもなら、ぶつくさ返って来るところですか、ヤッチのひげそりサービスが、よっぽど気持ちよかったのか、あっさり、トイレに入ります。

キノコさんにまたお節介なことを言われます。

キノコさん:「座ってしなさい。その方が楽だから…。」

『楽』という言葉は、多分、キノコさんの掃除が『楽』だからに、置き換えられます…。

これにも、あっさりアルツ君、従います。

ヤバい!いつものアルツ君のキャラじゃない…。

(-_-;)

アルツ君が、トイレに入っている間、キノコさんとヤッチは、アルツ君をトイレに先に行かせなかったことの、反省会を開きます。

くだらない反省会で盛り上がって、けっこう時間が経過しています…。

アルツ君は、トイレから、まだ出てきません…。

ひょっとして、『大』 ????

ヤッチの場合は、お風呂の後の、『大』は、すごく損した気持ちになります…。

m(__)m

しばし待ちますが、出てきません。

この間みたいなことがあると大変なので、ヤッチが声をかけます。

ヤッチ:「ま~だ~?」

………

返事がありません???

幸い、カギはかかっていません…。

ヤッチは、思い切って、開けてみることにしました…。



もうお分かりですよね~。




アルツ君


便座で熟睡中…。

zzzzzz



さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 入れ歯 認知症の薬 トイレ 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-58.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/01 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリーリターン!

2011/08/16 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止して、7日目のアルツ君。

1週間たったので、主治医のクリニックに再診です。

キノコさんが、アルツ君をクリニックに連れて行きました。

その結果は…。

やはり、メマリーを再び、服用です。

最低量の5mgを、夕食後に飲むように、言われて帰ってきたみたいです。

アルツ君が、眠気を訴えることも、主治医に相談したようですが、薬のせいではないと、言われたそうな…。

高血圧の薬を飲まなくても、血圧は安定しているので、もう一度、メマリーを再開してみようという話になったようです。

結局、服用する薬は以下のようになりました。

【朝食後】
アリセプト10mg(認知症の薬)
バイアスピリン錠100mg (血管内で、血液が固まるのを防ぐ薬)

【夕食後】
メマリー5mg(認知症の薬)


そして、『薬嫌いの職人』も、復活です。

キノコさんが、夕食後に薬をアルツ君に飲むように言いますが、嫌がります。

アルツ君:「どこも悪くないのに、みんなして、俺を病人扱いしやがって…。」

確かに、本人に自覚症状が無いんですから、おっしゃる通りです。

キノコさん:「これは、長生きする薬だから、飲んでちょうだい。」

アルツ君:「そんなもんがあるなら、みんな、死ななくなって、大変だ。」

確かに、これも、おっしゃる通り。

(ー_ー)!!

キノコさん:「どうしたら飲んでくれる?」

アルツ君:「ボタモチ、食わしてくれるなら、考えてやってもいいぞ!」

キノコさん:「そんなこと、言っても、今、ボタモチ、無いもの…。」

アルツ君:「じゃあ、ノーサンキューですね…。」

キノコさん:「そんなこと言わずに飲んでちょうだいよ。」

キノコさんが、無理やり、口に放り込みます。

アルツ君:「んん…。まずいっ…。」

あわてて、アルツ君は、水を飲み干します。

アルツ君が、ぼそりと、つぶやきます…。

アルツ君:「ああ~あ…。おしっこ、漏らしちゃった…。」

???

キノコさん:「なに?また、漏らしちゃったの?」

アルツ君:「ち・が・う・!押し込まれちゃった!」

???


【翻訳】 おしっこ、漏らしちゃった
=押し込まれちゃった
=薬を押し込まれちゃった


キノコさんの聞き違いです…。

キノコさん

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー 認知症の薬 アリセプト バイアスピリン ボタモチ おしっこ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-74.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

機嫌の悪い職人

2011/08/18 (木)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君、今日は一日、デイサービスのお世話になって、帰ってきました。

デイサービスに行った日は、どうも疲れるのか、機嫌がよくありません。

ねむたい子供が、よくわけのわからないことを言って、駄々をこねる感じに、よく似ています。

キノコ:「今日は、何をしてきたの?」

アルツ君:「そんなこと、どうだっていいだろっ!ちょっと、休ませろや!」

何だか、ご機嫌斜めな感じです。

椅子に腰かけるなり、もう、寝息に…。

アルツ君:「もう、寝るから、ほっとけよ!」

はなから、ほったらかしなのですが、声を荒げてアピります。

キノコさん:「少し、寝かしておいた方が、いいわね。」

腰かけながら、もう船を漕ぎだしているアルツ君をヤッチは、ソファの上で、横にします。

アルツ君:「あたたたたた!お前腕が折れちゃうだろう!」

どうにも穏やかではありません…。

(ー_ー)!!

1時間くらいして、アルツ君が目を覚まします。

キノコさんの提案で、夕食前に、アルツ君をお風呂に入れてくれというので、アルツ君を起こします。

ソファで、横になっているアルツ君に声を掛けます。

アルツ君:「もう、風呂に入らないで、寝ちゃうから、風呂は、いらない…。」

なんともダルそうな感じで、目を閉じたまま、モゾモゾ言っています。

ヤッチ:「風呂に入って、晩飯を食べてから寝ないと、グッスリ眠れないぞ!」

アルツ君:「うるさいな!入りますよ!」

めんどくさがって、なかなか服を脱ごうとしないアルツ君を気長に待ちます。

ようやく、裸になってくれたので、サッと、アルツ君の身体を流し、シャンプー始めます。

アルツ君の髪をシャンプーしながら、ヤッチは考えます。

こんなに機嫌が悪いのは、メマリー(認知症の薬)をまた飲み始めたからかなあ…???

ふと、不安が、よぎります…。

でも、飲んだのは、昨晩のわけだし、薬の効力は弱くなってきてるはず…。

メマリーは、効き目が長い薬なのか…???

待てよ…?

昨日の夜中も、足が痛いと訴えて、マッサージさせられたからなあ…。

痛くないはずの足を、さんざんもまされるのは、勘弁してほしいよな…。

やっぱり、副作用が出てるのか…???

思い込み症状みたいな、精神的にやられる物質が、入ってんじゃないのかなあ…。

アルツ君:「お前、いつまで人の頭こすってんだ?俺の髪の毛、全部なくなっちゃうぞ!」

ヤッチ:「ああ!わるい!わるい!でも、もともと、ないから大丈夫だよ。」

アルツ君の声で、ふと我に返りました。

(・・;)

アルツ君:「お前だって、人のこと言えないぞ~!」

ヤッチ:「うすい!うすい!」

今度は湯船に入ってもらいます。

アルツ君は、ヤッチのシャンプーの腕が良かったのか、風呂の中で、寝てしまいそうな感じです。

窒息死されても困るので、湯船から出てくるまで待機して、アルツ君の着替えを待ちます。

お風呂から出てきて、第一声。

アルツ君:「もう、飯は、いらないぞ!!」

不機嫌そうに、アルツ君が言い放ちます。

キノコさん:「あらあら。何で?ご飯、せっかく作ったんだから、食べてちょうだい。」

きのこさんが、優しく、声をかけます。

アルツ君:「めんどくさいなっ!」

結局、アルツ君、コロッケをひとつ食べただけで、ギブアップです。

これ以上、勧めても、無理そうなので、アルツ君に薬を飲んでもらいます。

メマリー5mgです。

アルツ君、すでにもうフラフラなので、ヤッチが、二階の寝室まで、付き添って行きます。

布団で、横になれば、後は、夢の国なのですが…。

アルツ君、挙動不審…。

???

アルツ君:「どうやって寝るんだっけ?」

???

アルツ君:「おい。教えてくれよ!どうやったら、横になれるんだっけ?」

ヤバいです…。

また、悪い症状が、出てしまいました…。

(ー_ー)!!

仕方がないので、今日は、大外刈りで、寝かしてあげました。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤバいといえば、ヤッチもヤバいです…。

アルツ君をお風呂に入れたせいで、すっかり、自分もお風呂に入った気になり…。

お風呂に入るの、忘れちゃいました。

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 認知症の薬 副作用 メマリー 思い込み症状 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-76.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/18 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

3 頁  次のページ »

▲TOP