アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 認知症 の検索結果  51 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
11   次のページ »

元アメリカ大統領

2011/07/12 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日は、アルツ君を主治医の先生のところに連れて行き、診察を受けてきました。

今まで、アリセプトという認知症の薬を飲んでいたのですが、イマイチ進行を食い止めるのに効果が上がっていなかったので、1週間ほど前から、メマリーという比較的新しい認知症の薬を処方してもらって、アルツ君に飲んでもらっていました。

いつから認可されているのか知りませんが、副作用が強いと聞いていたので、1週間まず様子をみましょうということになって、今日がその1週間目です。

とくに際立った副作用はなかったので、さらにまた1週間様子をみようと…。

また心配していたアリセプトとメマリーを併用して飲むことへの不安を先生にぶつけると…???

『心配しないで大丈夫。』と、おっしゃって下さった。

[関連記事]


メマリー錠10mgの内訳
夕食後1錠×7日分

薬剤料168点
薬学管理料30点
薬剤技術料81点
--------------
合計279点(1点10円)

アルツ君は1割負担の患者なので280円を調剤薬局に支払ってきました。

薬剤料(薬価)168点ということは…

168点÷7錠=24点で1点10円計算だから
24点×10円=240円

1錠240円もする高級な薬なんですね…。

\(◎o◎)/!

これに、まだアリセプトの代金やら診察代もあるので、医療費も馬鹿になりません。

(o´_`o)ハァ・・・

これじゃあ、ヤッチがいくらお財布.com(2020年1/31サービス終了)のくじ引きで1円を稼いでも追いつかね〜(涙)!

冗談はさておき、アルツ君は、自分の薬が変わったことも知らないし、未だに自分がアルツハイマーだなんて、思っていません。

ちょっと前までは、時計の針も読めたのに、最近どうもよくわかっていないみたい…。

(ー_ー)!!

たとえば、今が7時55分だとして、アルツ君に、『今何時?』と、聞くと、

『8時5分前』という答えが返ってきます。

何だ別に正常じゃんっ!

『じゃあ、8時の5分前は何時何分?』

アルツ君は、これに答えられないんです…。

(-_-)

??

まあ、間違えてるわけじゃないから、いいかっ!

(^.^)/~~~

そんなアルツ君と、調剤薬局を出て家路につくことに…。

ヤッチはアルツ君をキノコさんが待つ家まで送り届けて、アルツ君が最近全く世話をしてくれない例のアルツ畑に…。

2011071218440000.jpg


トマトは完熟させてから収穫しようと思っているので今日は無し。

干からびた畑に水を撒いて、汗だくになって帰り、キノコさんに収穫した野菜を手渡します。

キノコさん:「うわー!すごい!お店屋さんで売ってるのよりきれいなキュウリね!」

(そんなに褒めると伸びちゃうよ~!)

キノコさん:「ほらっ!おじいちゃん!見てごらんなさい!手間かけてやれば、こんなに立派に育つのよ!あんたもたまには畑に行ってらっしゃい!」

アルツ君:「へ~!いいナスだ!こんないいナス、どこで買ってきたんだ?」

???

キノコさん:「あんたの息子が、あんたの畑で作ったんじゃないっ!まったくもうっ!」

アルツ君:「へ~!畑なんてあったんだ?」

キノコさん:「何言ってるの?あるじゃないっ!わからないの?」

アルツ君:「へ~!畑ねえ~…???」

キノコさん:「息子が、あんたの代わりに育てのよっ!」

アルツ君:「息子?息子なんていたんだ…?」

キノコさん:「目の前にいるじゃない!名前わかる?」

アルツ君:「息子がいたのを知らないのに、名前なんか、わかるもんかっ!!」

父さん…僕は悲しいです…

自分の存在感がないのは前々からわかっていたわけで…

父さん…僕は悲しいです…

病院に連れて行ったのも自分なわけで…

父さん…僕は悲しいです…

レーガン元アメリカ大統領も自分の奥さんに

「あんた誰?」って聞いたことがあるわけで…

by『北の国から…』


今日はお風呂で『さだまさし』を熱唱します…。

♪あ~あ~

♪あああああ~あっ~

(『あ』が一個多かったか!?)


ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : アリセプト メマリー 認知症 副作用 元アメリカ大統領 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-39.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/12 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

TKOの職人

2011/07/17 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君が出不精になっていることは、このブログで何回か書いていると思います。

でも、日増しに外に出ることが少なくなって、お気楽のヤッチとしても、ちと、心配になってきました。

身体を動かさなきゃいけないことは、本人も分かっているみたい。

でも、どうしても起き上がったり、立ち上がるといったことへの気力が、わいてこないようです。

やっぱりこれも認知症、アルツハイマーの特有の症状なんでしょうか…?

キノコさんも気にかけている様子です。

キノコさん:「このままだと、寝たきりに、なっちゃうわよっ!」

アルツ君を励ますつもりで檄を飛ばします。

アルツ君:「そのうち出かけるよ…。」

なんとも覇気のない返事しか返ってきません。

(-_-)

トイレに立つのも、めんどくさいのか、今日は紙パンツに大量の失禁です…。

椅子に座っているときは、立ち上がることが、何とかできるますが、布団の上で寝た状態から立ち上がるのが、不得意な様子です。

布団の上で、仰向けの状態から自分の体を『くの字』に曲げて、体を揺さぶって勢いをつけ、何とか反動をつけ、上体だけは自分で起こせるのですが、そこから先が、どうもダメ…。

布団の上で、体育座りをした状態、あるいは尻もちをついた状態から立ち上がることができません…。

認知症の進行で、立ち上がり方がわからなくなっているとも分析できます。

体力がなくなって、腹筋も、もうそんなにあるようには見えないので、その先は、どこかにつかまって起き上がるしかないのですが…。

本人には、かわいそうですが、そのまま放置していると起き上がれず、イモムシのようにお尻を少しずつ動かし、身体を移動させています。

「そのままじゃTKO負けだな? ワン!ツー!スリー!カンカンカンカ〜ン!」

【翻訳】
TKO=テクニカルノックアウト(判定負け!)

アルツ君:「おいっ!お前そんなにいじめるなよ!何とかしろよ!」

ヤッチ:「じゃあドクターストップ!」

アルツ君:「ちくしょっ!」

亀仙人(アルツ君)は、起こした上体を、また自分で布団に倒して仰向けに…。

[関連記事]

ヤッチのノックアウト勝ちです。

\(^o^)/

ヤッチ:「今なら何回でも防衛できるね。悔しかったら立ってめそっ!」

何度か、体育座りまでは行きますが、どうやらその先は手を貸さないと無理なようです。

どうも上体をひねって膝まずき、手を布団について這い上がったり、どこかにつかまるということを忘れているような…???

亀仙人は、甲羅の頂点を支点にしてテコの原理で、あわよくば立ち上がれるという考え方を捨て切れていないようです。

ヤッチ:「夏の炎天下で転んで、もしそこが人通りのないところだったら大変だね~?」

アルツ君:「そうだよ!おいしいアジの干物が、出来上がるぞっ!」

身体が動かない時のアルツ君の返しはヨシモトばりです…。

(年寄りの干物は美味いとも思えない…。)

まったく寝たきりの人を仰向けの状態から、起こす方法を一応ヤッチも知っています。

また、上体の起きた人をベッドから立ち上がらせる介助の仕方もわかります。

でも、すくい上げるようにして起こしてしまっては、本人の自立を促せません。

年寄りのキノコさんに、これができる、はずもありません。

(-"-)

ネットで調べても、ベッドから車椅子にのせる介助は、よく説明されています。

でも、布団や地べたに尻もちをついた人を立ち上がらせる介助の仕方を説明しているページはあまりないように思います。

他人まかせで、立ち上がるのではなく、多少は体力が落ちていても、自分自身で立ち上がれるよな介助の仕方をご存知の方がいらしたら是非教えて下さい。

m(__)m

【連絡先】
 亀仙人を干物にしない会
 会長 ヤッチ
 謝礼 ~ アルツ君が履いてるのと同じ紙パンツ(たぶん新品) 

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症 アルツハイマー 亀仙人 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-44.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/17 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

ネタ多き職人

2011/07/25 (月)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日は何事もなく、平穏に一日が終わったのですが、今日はガラリと一変。

\(◎o◎)/!

何から話していいのか、わからないほど、いろいろアルツ君は、やってくれました。

あまりにもイベント盛りだくさんなので、いくつかをピックアップして、お話しします。

まずは午前中。

ヤッチは出かけていなかったので、キノコさんとアルツ君とのやり取り。

キノコさんから聞いた話をそのまま書きますね。

日頃から膝が痛いと、こぼしていたアルツ君。

しょっちゅう寝る間際になると、ヤッチを呼びつけ、マッサージをさせていました。

あんまり膝が痛い痛い言うので、今日は整形外科に連れて行くことになりました。

もちろん、引率は学級委員長のキノコさん。

旅のしおりや引率の旗は持って出なかった様子。

整形外科のあるところは、バス停で2~3つ目くらい。

バス停の間隔が狭いので、歩いて行っても、20分もあれば、着く距離だと思います。

出かける前に、キノコさんがアルツ君に確認します。

キノコさん:「用を足したの?」

アルツ君:「そんなの当り前だっ!」

そのまま、家をあとにすることに…。

乗らなきゃいけないバス停に着くまでに、アルツ君はバテてしまい、へたり込んでしまう始末。

(まだおやつを食べるには早すぎます!)

それでも、何とかキノコさんが手を引き、1時間近くもかけて、整形外科に行ったそうです。

整形外科に着くやいなや、トイレ(大)に行きたいと言いだし、トイレに駆け込んだそうです。

実際には、走れるパワーは無いので、急ぎ足程度でしょうか。

トイレに入ったアルツ君。

なかなか出てきません…。

キノコさんが診察の受付を済ませて、順番待ちをします。

アルツ君の番になり、受付の女の子が、アルツ君の名前を呼びます。

アルツ君、まだトイレの中…。

心配になったキノコさんが、トイレの戸をノックします。

返事はするものの、待てど暮らせど出てこない様子。

仕方なく、アルツ君にキノコさんが、トイレのカギを開けるように言います。

少し間が開いてカギが開いたそうな…。

キノコさんがトイレの戸を開けると、そこには身動きの取れないアルツ君が…。

\(◎o◎)/!

便座にハマっていたわけでもないのに、立ち上がれないのだそうです。

多分、整形外科に行くまでに、疲れ切ってしまったのでしょう。

そこには、トイレットペーパーにも手が届かない職人が居たそうな…。

汚い話で、すみません…。

m(__)m

一時は、病院中大騒ぎとなったそうですが、あまりの悪臭に、キノコさんの方が恥ずかしくなり、お尻の持ちあがらないアルツ君のお世話です。

(ー_ー)!!

もっとグロい話なのですが、端折らせてもらって、ようやく診察室で先生にご対面です。

先生:「大変でしたね~?」

アルツ君:「それほどでもないよ。」

アルツ君、ケロッと、答えます。

その時、キノコさんは本当に首を絞めてやろうかと思ったそうです。

先生の診察を受ける段になります。

先生:「どの辺が痛いんですか?」

アルツ君:「あっちも、こっちも、痛いんだな~。」

先生:「ここはどうですか?」

アルツ君:「そこは痛くないよ。」

先生:「じゃあここは?」

アルツ君:「そこも痛くないよ。」

先生:「じゃあ、どこが痛いんですか?」

アルツ君:「どっこも痛くない。」

会話に、ならなかったそうです…。

(-_-)

結局、診察結果は、ちょっと幻覚症状みたいなものが、出始めているとか…。

痛くもない箇所を、本人が痛いと思い込んで、痛いといってるのではないかという先生の診断です。

そう言われると、そうかもしれないけど、そうとも言えないような…。

これについては、もう少し様子を見ることにします。

最終的には、

『あんなに元気だった人が、認知症になると、あんな風に変わっちゃうんだ…。』

と、先生を凹ませてきたらしいです。

行きと同じ道のりを、同じくらいの時間をかけて帰ってきたアルツ君。

疲労困ぱいです。

それにもましてキノコさんが、グッタリ。

さぞかし疲れているのだろうと、本日のお風呂掃除の当番はヤッチがやることに…。

せっかく、掃除したのに、『シャワーで十分』というので、今日は、シャワーで済ますことに…。

でも、アルツ君、どうも最近シャワーのお湯の出し方を忘れてしまっているみたいです。

カランをひねればいいだけなのですが、どうもそれができないみたい。

仕方がないので、ヤッチが思い切ってカランのあるタイルの壁に、油性マジックで、お湯の出し方を書いてしまいました。

2011072520160000.jpg

ちょっと
ピンぼけしてますが↓

2011072520180000.jpg


実際にお湯を出して、アルツ君に説明します。

アルツ君:「こんな簡単なのに、なにも、ここに、こんなもん書く必要ないだろっ!」

アルツ君に怒られてしまいました。

(ちとやりすぎたかな?)

最近、めんどくさがって髪の毛を洗わないので、オイニーが、かなり、ツイキーになっています。

ヤッチ:「今日こそ、頭洗えよっ!」

アルツ君:「うるさいなっ!分かったよ!」

ここぞとばかりに、追い打ちをかけます。

今日は頭を洗ってくれるだろう…。

そう思ったのも、束の間。

お風呂からアルツ君の呼ぶ声が聞こえます。

また立てなくなったのかと、あわててヤッチが、風呂場に向かいます。

ヤッチ:「どうかした?」

アルツ君:「おい!このシャワー壊れてるのか?」

ヤッチ:「壊れてないだろ。さっき、お湯出して、見せたんだから。」

アルツ君:「でも出ないぞ!ちょっと見てくれ!」

仕方がないので、裸のアルツ君のいる風呂場に入ります。

アルツ君:「いっくら、ここ回しても、お湯が出てこないぞ!」

そういうアルツ君の指先をみると、一生懸命ヤッチが書いた油性マジックの部分、

シャワー
  ↙
 出る


を、手でこすっていました。

…もう少し下の方に書けばよかった…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 幻覚症状 認知症 シャワー 油性マジック 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-51.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/25 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

妄想する職人

2011/07/26 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日に始まったことではないのですが、アルツ君は、ときどき、独りで変なことを言います。

今夜も、早目に床についたのですが、つい今しがた起きてきて、玄関の扉を開け、何かつぶやいていました。

アルツ君は、二階の寝室に寝ています。

当たり前の話ですが、玄関の扉を開けるためには、二階から降りてこなくてはなりません。

日頃、立ち上がるのもやっとになっているアルツ君にしてみれば、かなり大胆な行動です。

ヤッチとキノコさんは、テレビを観て、くつろいでいます。

何事が起きたのかと、キノコさんがアルツ君に声をかけます。

キノコさん:「どうしたの?」

アルツ君は玄関の扉を開けたまま、振り向きもせず、外を見つめています。

???

キノコさん:「なに?誰か外にいるの?」

アルツ君:「いや。ばあさん(キノコさん)は、帰ってきたのか?」

キノコさん:「はあ~???」

アルツ君:「いや、ばあさんが俺を外で、呼んでる声がした。お前、呼んだだろ?」

キノコさん:「はあ?呼ばないわよ。私は、ここにいて、さっきから、テレビ観てたんだから…。」

アルツ君:「ウソをつけっ!外で、俺のことを呼んでた。」

キノコさん:「なんでこんな夜更けに、あんたを外で、呼ばなきゃ、ならないの?」

アルツ君:「お前、買い物に行ってたんだろう?」

キノコさん:「はあ?買い物なんか、とっくのとうに、行ったし、一緒に、ご飯も食べたじゃない!」

確かに、二人は一緒に、ご飯も食べたし、キノコさんが、買い物に行ったとすれば、夕飯前です。

アルツ君:「馬鹿なこと、言っちゃいけないよ。お前、買い物に行ってたはずだ。」

キノコさん:「馬鹿なこと言ってるのはどっちよ。私は今頃買い物なんかに行かないわよ。」

アルツ君は、玄関の扉を開けたまま。

しかも、パジャマ姿でやり合っているので、ご近所さんに聞こえてないか、ヤッチはその方が心配です。

(-"-)

キノコさん:「私は買い物なんかに行かないから。寝ぼけてたんじゃないの?」

???

アルツ君:「そうか…。夢か…。」

やっと、アルツ君は、こっちサイドに戻ってきました。

寝ぼける人が、認知症になりやすいのか、認知症になると、寝ぼけることが多くなるのかは、謎です。

あるいはアリセプト(認知症の薬)の副作用か?

メマリー(認知症の薬)が強いのか?

アルツハイマー型認知症と、アルツ君が診断される前も、アルツ君はたびたび寝ぼけることがありました。

寝ぼけているときの感じは、酔っぱらった人が、ひとりクダをまいているのを想像してもらえれば、よくわかると思います。

一生懸命独りでおしゃべりしています。

でも、最近の寝ぼけ方は、ちょっとリアルというか、幻覚的というか、幻視というか、はたまたアルツハイマー型認知症の顕著な症状なのか、どうも理解に苦しむ場面が多く有ります。



そう…。

この話にはまだ続きが…




有るんです…。

キノコさんを目の前にして

やり合っていたアルツ君…。

ピタリとしゃべるのをやめて…

またジッと、外を見つめています…。

???

沈黙が漂います…。

???

外の涼しい風が…

すーっと…



玄関の中に迷い込んできます…。

アルツ君が…

アルツ君がついに、口を開きました…。




アルツ君:「ほーら!ばあさん(キノコさん)、帰ってきたっ!」


キノコさんは玄関の中にいます…。

???

外には…

外には…

だっ…

だっ誰もいません!





キャー!!

エエェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 認知症 アリセプト 副作用 メマリー 幻視 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-52.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/26 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

腰抜けの職人

2011/07/31 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

以前に書いた記事と、かぶってしまいますが、どうしても気にかかることなので、再び…。

[関連記事]

一昨日、意識を失ったアルツ君。

そんなことは、まったく覚えておらず、昨日、今日と、いつもと変わらない様子です。

いつもと変わらないとはいえ、やはりどうしても尻もちをついた格好から立ち上がるのが、不得意。

スッと、布団から抜け出し、トイレに立つこともあるのですが、時々立ち上がり方を忘れてしまうような時があります。

もちろん、体力の低下が一番の原因なのでしょうが、それ以外に、立ち上がり方そのものが、わからなくなってしまうようです。

皆さんも、ご自身が、布団ないし、ベッドから抜け出て、トイレに行くまでの行動を思い起こしてみて下さい。

たいていの方は、そんなこと、まったく意識して立ち上がっていないですよね。

ヤッチはどうやって立ち上がっているか…?

ヤッチもアルツ君と同じく、ベッドではなく、布団で寝ています。

寝ているときの姿勢は、仰向けでは寝られないので、大概、横向きです。

横向きの姿勢なら、どっちでも寝られるのですが、一応、心臓を下にして、寝ていたと仮定しましょう。

まず、当たり前ですが目を覚まします。

バンビちゃんのような、つぶらな目を開けます。

暗ければ、『まだ起きる時間じゃないな』などと、

ぼーっと、しながらですが、考えます…。

それから、尿意のあることに、気づきます。

『どうしようかな…。面倒くさいから朝まで寝ちゃおうかな…。』

なんて、少し考えるシーンも、時々あったりします。

『でも、やっぱり行っとこう!!』

と、考え、ムクッと立ち上がります。

この『ムクッ』とのときに、果たして、どうやって立ち上がっているか…?

まず、こんなことを考える奴はいないと思います。

m(__)m

人それぞれだとは思いますが、ヤッチの場合は、横向きの丸まった体のまま、右ひざを曲げ、左足の前に持って行きます。

投げ出すような感じと言えば、ニュアンスが伝わりやすいかな?

天井から、CCDカメラで撮影すれば、この姿は布団を背景にして、一歩足を前に踏み出した状態にも見えます。

(かなり、やる気のない感じです。)

手、腕については、伸びたままの時もあれば、体の下に回っていて、しびれている時もあります。

時には携帯の電源を入れたまま、携帯を握って、寝落ちしてしまい、メールのバイブにビックリなんていう時もあります。

\(◎o◎)/!

この寝落ちの現象は、GREEをやっているときが多く、特に、ハコニワのねじまき機能には睡眠薬が入っていると思われます。

余談になりましたが、今度は、右手を自分の枕のあたりにつき、同時に、体をひねって、うつ伏せになるような姿勢を取ります。

この時に、うまく左肩を抜かないと、脱臼します。

同時に、左手も布団の上につきます。

次に、女豹のポーズに近い形をとり、布団の上で、今度は、自分の両ひざを枕に近い方に持って行きます。

このまま片ひざをついて起きてしまう人もいますが、ヤッチの場合は、両腕で上体を起こして、赤ちゃんがハイハイするような態勢になることが多いような気がします。

たまに、ハイハイの状態から、さらに上体を起こして正座するときもあります。

この時に口の脇に冷たさを感じる時は、間違いなく、ヨダレなので、ぬぐってあげないといけません。

たいていは、ハイハイ、もしくは、『お代官様!許して下せ―!』状態ですが、ここから、片ひざを立てます。

ちょうど、クラウチングスタートの姿勢です。

幸い、相手は、いないので、フライイングの危険性は回避できます。

ヤッチは、片ひざをつくとき、右足が多いです。

片ひざをついたら、『よーいスタート!』で、お尻を持ち上げ、一気に立ち上がります。

寝ぼけているときは、ときどき部屋の扉が、なぜか勝手に移動し、ドア枠におでこを痛打したり、小指に激痛が走ったりする時もあります。

こうして、トイレにたどりつき、なぜかトイレの天井を見上げて、『フー』と、ため息をつくこと、多々アリです。

用を済ませば、同じ事を逆再生で行い、ようやく、お布団様と愛し合うことができます。

夜中に、トイレに立った日は、損した気持ちになるのは、なぜなんでしょう?

立ち上がるという動作だけで、かなりの長文になってしまいましたが、これだけのことを人間は、おそらく、無意識にやっているわけです。

この立ち上がるという動作は、いくつかの個々の行動の集合体で、これを算数的に脳が計算を行い、組み合わせをして、立ち上がる動作を形成させているものと思われます。

アルツハイマーになると、こういう一見単純とも思えることが、難しくなってくるようです。

事実、アルツ君にナスを5本と、キュウリを5本手渡し、ナス1本とキュウリ1本のペアを5組作るように言うと、考え込んでしまいます。

まだ、どうにか作ることはできますが、かなり時間がかかることは事実です。

(ー_ー)!!

何が言いたいかというと、体力の低下を差っ引いたとしても、アルツ君だけではなく、認知症、アルツハイマーの人の病気が進むとだんだんと立ち上がるという行動が、イメージできなくなってくるのではないかということです。

体が弱ってきているからだと、早急に決めつけるのは、早いのではないか…。

(同じことの繰り返しですいません。)

ひざを曲げながら、手をついて、上体を起こすという動作は、ほとんどの人は同時にやってしまいますが、アルツ君には、同時にやるということが、イメージしにくくなっているような…。

アルツ君に、まだ麻痺というものは無いようです。

一つ一つの動作を一つ一つ教えて、時間をかけてゆっくりやれば、できるのですから…。

でも、ゆっくり時間をかけてやっていると、今度はおしっこの方が間に合いません。

(-"-)

紙パンツをしていても、出るものは出てしまいます…。

今日も、時間をかけて立ち上がるということやっている最中、間に合わず。

アルツ君の尻もちをついていた布団の上は、ハートマークだらけです。

ハート小ハート中ハート大

こういう人間の最も基本となる動作が、時折、抜け落ちてしまうので、布団からベッドにかえることも提案しました。

ヤッチ:「ベッドに変えようよ?」

アルツ君:「絶対にヤダっ!!俺を下から、あぶって、焼き鳥にするつもりだろ!!」

頑固さだけは、抜け落ちてくれません。

(=_=)

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たぶん、これを読んだ方は、寝る前に布団の上か、ベッドの上で、一度は、立ち上がります…。

(^。^)y-.。o○

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 認知症 アルツハイマー 布団 ベッド 立ち上がり方 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-57.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/31 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

11 頁  次のページ »

▲TOP