アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 試写会 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

試写会に行った職人

2011/07/29 (金)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

我が家は、東京23区のはずれにある高級住宅街にあります。

ヤッチ自身は、『どこに住んでるの?』と聞かれると、ビバリーヒルズと、答えていますが、だれも相手にしてくれません。
(^_^;)

まだキャベツ畑なんかもあって、なかなかのどかな田園風景も残っています。

そんな我が家の洗濯物を干す場所は2階にあるベランダです。

断っておきますが、狭いからなわけではなく、自家用車の駐車スペースを広くとるための、合理的な設計上の問題からです。

(同じことじゃんっ!)

洗濯は、普段、キノコさんがやりますが、キノコさんも、ご高齢。

湿った洗濯物を二階に持って行くだけの力がありません。

したがって、洗濯カゴを二階のベランダに持って行けるのは、アルツ君かヤッチということになります。

いつもの役割分担はアルツ君です。

学級委員のキノコさんが、アルツ君の体力維持のために、やらせていることです。

時間はかかりますが、アルツ君が階段を一段ずつ登り、二階まで持って行きます。

今日は、普段当番のはずのアルツ君は体調不良を訴え、これをボイコット…。

消去法の末、任務はヤッチとなりました。

もちろん、ヤッチがやれば、片足ケンケンでも10秒で終了です。

(^^)/

キノコさんは、洗濯物を干すために、二階に登り、ヤッチはモーニングエスプレッソ(いなげや1パック118円)を飲むために、下へ降ります。

茶の間への階段を降りていくと、アルツ君が階段の一番下に腰かけています。

身体の固くなってきているアルツ君は、よくこの場所で靴下を履いています。

本人からすると、身体の曲げ具合が、ここに座るとちょうど良いのでしょう。

最近、かなりお気に入りの場所になっています。

二階から降りてくる人間からするとかなり邪魔になります。

今日も苦労して靴下を履いているのかな?

ヤッチ:「うまく履けた?」

(^.^)/~~~

???

返事が返ってきません。

いつもなら

「当たり前だろっ!子供じゃあるまいしっ!」

と返ってきます。

アルツ君のお気に入りの横ポッケ付のカーゴパンツは,なんだか、ずり落ちているように見えます。

トイレにでも行ったのかな?

アルツ君のお尻は半ケツ状態です。

ヤッチ:「半ケツになってるよ!紙パンツ丸見えだぞ!」

返事が返ってきません…。

???

アルツ君が、腰かけている階段に少しスペースがあるので、そこに足をかけて、アルツ君の横を通り抜け、アルツ君の正面に回ります。

息はしていますが、まったく血の気がありません…!

ヤッチ:「具合悪いのっ?返事してっ!」

アルツ君の肩に手をかけると、Tシャツがビッショリ!!

よく見ると、額には、大量のあぶら汗!!

ビックリするくらいの汗を流しています。

今日の東京は蒸し暑かったとはいえ、まだ朝ですから、そんなに汗が出るほど、気温は上がっていません!

近づくと、かなり肩で息をし、呼吸もあらい状態です!

さすがに、いつも冷静巾着、クール&ダーティーのヤッチも、あわてますwww!!

ヤッチ:「お~い!声聞こえるかっ?しっかりして!!」

脳に関して、重篤の場合は、下手に動かしてはいけないというどっかで聞いた言葉が、ヤッチの頭をよぎったので、アルツ君の肩に置いた手を動かすのをやめました。

代わりにほっぺをつねります。

ヤッチ:「お~い!これ感じるかっ?」

まったく反応がありません…。

職人の半ケツになったお尻が、どんどん、ずり落ちて、とうとう階段下のフロアに…。

ヤッチ:「お~い!しっかりしろっ!!」

人間テンパると、近くにいるのに『お~い!』という言葉が増えるもんだなと変な関心をしつつ…。

ヤッチ:「お~い!お~い!!」

職人の額の汗を近くにあったタオルでぬぐうと、今度は、どんどん体が、冷たくなっていきます。

\(◎o◎)/!

手足が尋常じゃないほど、急速に冷えていく感じです…。

ヤッチの方がエキサイトして、体温が上昇し、相対的に、アルツ君の身体が、冷えているように感じるのかもしれませんが…。

その時は、夏の暑い時期のスーパーで、トマトを品定めするときに、手に取ってみる時の、あのトマトの感触に近いものがありました。

(頬にあてたら気持ちいい…。)

これはヤバい…。

二階にいるキノコさんを呼びます!!

ヤッチ:「お~い!!ちょっと降りてきて!!」

こんな時も『お~い!』です…。

(・_・;)

お~い日も安心どころの騒ぎではありません。

m(__)m

ヤッチの脳裏に救急車が浮かびます…!

キノコさんが、二階から降りてきます。

ヤッチ:「ちょっと旦那さん(アルツ君)の調子が変だから、救急車呼ぼうっ!!」

キノコさんは降りてきたばかりなので、状況がまだ理解できていない様子。

キノコさん:「洗濯が忙しいのよ…。なんなの?」

ヤッチ:「洗濯なんて言ってる場合じゃないよっ!!旦那さんが、どんどん、冷たくなってるよっ!」

キノコさんも尋常じゃない状況に気づいたのでしょう…。

キノコさん:「ちょっと、おじいちゃん!しっかりして!!」

今度は、アルツ君の閉じている眼から、大量の涙が溢れ出しました。

優しい家族の愛情に感動している涙とは、違うようです。

ヤッチ:「涙がすごいよ!早いとこ救急車呼ぼう!!」

ヤッチがキノコさんをせかします。

キノコさんもかなり動揺しています。

キノコさん:「そうは言うけど、歯医者さん断ってないし…。」

そう、今日はアルツ君の入れ歯が、合わなくなってきていたので、歯医者さんに予約を入れていたんです。

ヤッチ:「なに、わけのわからないこと、言ってんだよ!こんな状況で、行けるわけないしょ!」

キノコさん:「それもそうだけど…。」

今、考えると、キノコさん、自分で何をしていいのか、わからなかったんでしょうね。

(*^_^*)

ヤッチ:「いいから救急車呼ぶよ!!」

ヤッチが、こう叫ぶと、キノコさんは反応の無いアルツ君に呼びかけます。

キノコさん:「救急車、呼ぶわよ?いい?」

ヤッチ:「聞いたって、答えるわけないだろっ!いいから呼ぶよっ!」

ヤッチは携帯電話をポケットから取り出します。

キノコさん:「ちょっと待って!」

(ねるとん紅鯨団は、とうの昔です!!)

ヤッチ:「なに?」

キノコさん:「ちよっとだけ、待ってよっ!おじいちゃん、あっちの部屋に、まず連れて行きましょっ!」

いつもなら、もう119番しているところです。

キノコさんのために、何回この携帯で、救急車を呼んだかわかりません。

(キノコさんも結構病弱…。)

携帯で119番通報すると、必ず自分の携帯の番号を聞かれるので、すでに自分の携帯の番号を復唱し、シミュレーションはできています。

『火事ですか?救急ですか?』の問いに対する返事もOKです。

でも、なぜかこの時、キノコさんの一言に従ってしまったんですね…。

今、考えても、その理由が見つかりません…。

???

キノコさんが、茶の間へアルツ君を運ぼうと言ったとき、『うん。そうしよう。』

…そう思ってしまいました…。

(-_-)

へたり込んで、まったく力のないアルツ君を3メートル近く運ぶのは、容易なことでは、ありませんでした。

酔いつぶれて,動けなくなった女の子を何回か、運んだことはありますが、自分の父親と、こんだけ密着プレーするのは、40年以上ぶりかもしれません。

しかも、やっぱり男だけにゴッツイです。

ベアハッグないしはフロントス―プレックスの形をとり、職人の両脇の下に、ヤッチの両手を通します。

職人の背中のところで、ヤッチの手を結びます。

キノコさんには、ヤッチの肩に、アルツ君のあごが乗るように促します。

ヤッチ:「『せ~の!』で持ち上げて、動かすから、なるべく、のけぞらないように、支えてて!」

たぶん、キノコさんには設計図はできていないと思います。

ヤッチ:「とにかく、じいさま(アルツ君)のあごが、俺の肩に乗るようにだけ注意してて!」

せーのっ!!!

なるべく、自分の腰を痛めないようアントニオ猪木の『風車の理論』をイメージして、アルツ君と一緒に立ち上がります。

というか、結局、力に物を言わせて、無理やり、アルツ君を抱き上げます!

アルツ君のひげが、ヤッチの肩に食い込みます…。

ヤッチ:「じいいさまは、舌を噛んでない?大丈夫?」

キノコさん:「大丈夫!」

キノコさんの頼りない返事が返ってきます。

(キノコさんは自分の口をモゾモゾ…。)

ヤッチ:「そのまま一気に、連れてっちゃうよ!」

ガブリ寄りの態勢です。

まわしをとれない分、負担がかかります。

一気に,土俵際までアルツ君を持って行き、茶の間のソファに寝かします。

ヤッチの完全勝利です。

\(^o^)/

この体の取り方で、本当によかったのかは、疑問が残りますが、とにかく、思いついた方法が、これしかありませんでした。

祝杯ムードに酔いしれるまもなく、半ケツ状態のまま運んで,一緒について来てしまったカーゴパンツ君をアルツ君の膝元からはぎとります。

キノコさんがアルツ君に声をかけます。

キノコさん:「おじいちゃん!!大丈夫?起きて!!」

正直に言います…。

ヤッチは、この時、アルツ君はもう起きないのでは、ないか…???

あの冷たくなった職人の腕の感触は、今でも残っています。

ずいぶん細くなっちゃたなあ~。




ところが…。




アルツ君…。




意識を取り戻しちゃいました。

(^.^)/~~~


アルツ君:「だいじょうぶだよ~。」

頼りない細い声ですが、そう言って目を開け,我に返ったようです。

この後,アルツ君はずっとソファに横たわり熟睡状態…。






昼過ぎに,再びやっと目をさまし,最初に吐いたセリフが、、、

アルツ君:「何だか大勢来てな~。何だかボタモチ食いたくなっちゃった。」

意味不明の言葉ですが、ヤッチがアルツ君に声をかけます。

ヤッチ:「やっと目が覚めたね!誰か、川の向こうで、呼んでなかった?」

アルツ君:「呼んでたような気もするな~。」

ヤッチ:「じゃあ、試写会でよかったじゃん!」

この後のアルツ君は、いつもの自分を取り戻し、夕食についても、普通に食べていました。

しかし、やっぱり救急車呼ぶのが正解なんじゃないかなあ…。

救急車を呼ばなくても、お医者さんに診てもらった方がよかったのではないか…。

はたして、これでよかったのか…。

どう思います…???

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ 洗濯 救急車 試写会 ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-54.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/29 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP