アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 蕎麦 の検索結果  2 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

口がとれる職人

2011/08/23 (火)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

気がつけば、8月も後半。

今年の夏は、なんか短いように感じるのは、ヤッチだけ?

それとも歳のせい?

あまり深く考えるのは、やめにして、一日一日をがんばっていきましょう!!

アルツ君に 、

「今日は何月?」

と聞いても 、

「そんなこと聞いてどうする?」

と返って来るだけ…。

たしかに真理かも…。

そんなアルツ君、今日はキノコさんに、強制的に散歩に行くように命じられ、少しお疲れの様子。

いつものように、ヤッチがアルツ君をお風呂に入れます。

他人のことは言えませんが、洗いがいのない、頭皮のマッサージ(シャンプー)をして、身体を洗います。

ヤッチ:「はい。湯船に浸かっていいよ。」

アルツ君:「水じゃないだろうな?」

ヤッチ:「今日は、氷水にしておいた。」

アルツ君:「バカ!俺、死んじゃうじゃないか?」

ヤッチ:「だって、いつも『死にたい、死にたい』って、言ってるから…。」

用心深く浴槽に手を突っ込み、温度を確認しています。

ヤッチ:「大丈夫だよ!キュッと、心臓が締まるから!」

アルツ君:「あ~。このくらいの温度なら、ちょうどいいや。」

ヤッチ:「ポックリ逝ける温度だろ?」

アルツ君:「どうしても俺を殺したいみたいだな?」

ヤッチ:「殺すと、俺が犯罪者になるだろ?希望だよ。希望!」

アルツ君:「まあ、どっちでもいいや。ねえ、電気消して!」

新婚夫婦じゃあるまいし、何で湯船に浸かるのに、電気を消さなきゃ、いけないんですかねえ~?

リクエストにお応えして、風呂場の電気を消してやることにします…。

アルツ君が、風呂に入っている間に、ヤッチはキノコさんに代わって、夕食の準備に、取り掛かります。

なんて親孝行な息子なんだろうと思ったあなた!!

まだまだ、ヤッチをわかってませんね~。

今日の夕食は、買ってきた惣菜類で、おかずは完璧。

後は蕎麦を茹で、それこそ、氷水で締めれば、出来上がり~!!

(^^)/

蕎麦を茹でるための水を鍋に入れ、火をかけます。

すぐに、お湯は沸きそうなので、弱火にしてアルツ君の様子を伺いに行きます。

電気の消えているお風呂場は、ちょっと不気味…。

物音が聞こえず、とても静かです。



風呂の戸を開けます…。



ピチャピチャと、顔を時折、水面に打ち付けている元職人さんの姿が…。

そう…。

またしても寝てるんです…。

(-_-;)

ヤッチ:「お~い!土左衛門が浮いてるぞ~!」

あわてて、アルツ君が顔を上げます。

あまりに、勢いよく顔を上げたもんだから、浴槽の壁に、頭を強打しています。

( *´艸`)クスクス

小気味良い重低音のサウンドが、風呂場一面に広がります。

ゴ━━( ゚д゚ ;)━━ン

アルツ君:「お前。俺を殺す気かよ!」

ヤッチ:「まあまあ。生きてたんだから、ありがたいと、思わなきゃ。」

寝ぼけまなこで風呂から出てきたアルツ君を着替えさせ、蕎麦茹でに着手します。

速攻、茹でて、速攻、締めて、テーブルに、ド~ン!

一人分を分けるのも面倒なので、一つのザルのまま、キノコさんと三人分です。

アルツ君:「おっ!蕎麦か?美味そうだな?」

アルツ君が、ヤッチの茹でた蕎麦を覗きこみます。

3玉で158円。

アルツ君に箸を渡すと、すぐに、食らいつきます。

でも、勢いよく蕎麦を口に入れたと思ったら、アルツ君の口の動きが、急に、スローになってしまいました。

???

ヤッチ:「なに?なんか入ってた?材木は、入ってないよ。」

ヤッチが、そう言っても、少し上の空…。

やや天井方向に顔を上げながら、ノソノソと口を動かしています…。

ヤッチ:「ああ?入れ歯かあ?また、入れ歯が、合わなくなっちゃたんだ?」

ようやく、蕎麦を飲み干したアルツ君が、手を横に振ります。

ヤッチ:「なに?入れ歯がおかしくなっちゃた?」

アルツ君:「いや~。そうじゃないんだよ~。入れ歯は、おかしくないんだよ~。口が、おかしいんだよ~。」

ヤッチ:「だから、入れ歯がおかしくなって、口に合わないんだろ?」

アルツ君:「いや~。入れ歯は壊れてないから、入れ歯は、おかしくないんだな~。」

確かに、アルツ君のおっしゃる通りです…。

入れ歯が壊れたのではなく、アルツ君のあごの骨格なり、歯茎が変化して、相対的に、入れ歯が合わなくなっているのですから…。

(-"-)

アルツ君:「口が、なくなっちゃったみたいだ。ばあさん!俺の口どこに隠したっ?」

最近、何かにつけ、キノコさんを犯人呼ばわり…。

キノコさん:「口?口は、ここに有るじゃない!ここ!」

アルツ君の隣りに座っていたキノコさんは、突然の濡れ衣に激怒して、アルツ君の口を指でつまみます。

アルツ君:「いや!あんまり,痛くないところみたら、俺の口はどっか行っちゃったんだ!おい!俺の口どこに隠した?」

もうこうなると、アルツ君に乗っかるしかありません…。

(ー_ー)!!

ヤッチが参戦して、キノコさんに助け舟を出します。

ヤッチ:「どっか椅子の下とかに、落ちてるんじゃないか~。ちょっと、俺が探してやるから、そこどいてみん!」

アルツ君を立ち上がらせ、アルツ君が座っていた椅子の下をのぞき込みます…。

ヤッチ:「やっぱり無いな…。しばらく、口なしで、過ごせば?」

アルツ君:「そうは言うけど、口が無かったら、お前、しゃべれないじゃないか!それじゃ大変だろ?」

ヤッチ:「でも、今、しゃべってるけど…。」



「あ、そっか!無くなったんじゃ、ないんだ!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 1 件
ツイートする

キーワード検索 : 風呂場 蕎麦 材木 入れ歯 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-81.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/23 | コメント (1) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

我が家がデイサービス!?

2012/01/06 (金)  カテゴリー: デイサービス
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日お見合い相手が決まったアルツ君ですが、今日はまたデイサービスでやらかしてくれました。

朝出かける前のアルツ君の血圧はキノコさんに代わってヤッチが計りました。

何回か計ろうとしますが、エラー表示…。

(*´-ω・)ン?

「死んでんじゃないのかあ?」

「死んでるわけないだろっ!!」

「おかしいな~。死んでるか血圧計が故障してるかどっちかなんだけどな…。」

「死んでたらしゃべれるわけないだろっ!!俺はお化けか!?」

「お化けはまだ見たことないから、しゃべるかもしれないじゃん?」

「足だってあるわい!!」

「ああ。腐った材木足のことかぁ…。」

結局血圧計のチューブが抜けていました。

抜け毛の多いヤッチのことですから…。

(^^ゞ

「残念ながら血圧も正常だな。」

「『残念ながら』とはどういうことだ!!親に向かって!!」

「おっ。やるね~。親子関係が理解できるんだ?」

「親子だって、玉子だって、みんなわかるわいっ!!」

至って朝から快調。

飛ばしてる感すらあります。

デイサービスの車が来てアルツ君の楽しい一日が始まります。

しかしっ!!

おそらくアルツ君が到着して間もないころの朝の10時半くらいに、デイサービスからキノコさんに電話が入ります。

そしてキノコさんからヤッチに知らせが入ります。

「今、デイサービスから電話が有ってね。またおじいちゃん具合が悪くなって倒れちゃったらしいのよ。」

「また~!!それで?」

「『今は看護師がついて、安静を取ってもらっていますが、容態が良くなければまたお電話差し上げます。』って言われちゃった。」

「う~ん。大丈夫なのかねえ~。」

「私じゃ車も運転できないから迎えに行けないし…。電話が来るのを待つしかないわ。」

「う~ん。むしろ電話が来ない方がいいけどね…。」

デイサービスの方が看護師さんもいるみたいだし、スタッフも大勢いるわけだから、慌てて連れて帰ってもあまり変わらないような気がして、ここはアルツ君放置です。

(^^ゞ

最悪救急搬送なんて言う事もあり得ますが、そんなことを口にすると、今度はキノコさんが救急搬送になりかねません。

(-_-;)

結局デイサービスからは連絡は入らず、アルツ君の帰宅時間がやってきました。

玄関の呼び鈴が鳴ると、キノコさんがあわてて飛び出していきます。

デイサービスのスタッフがキノコさんに今日の様子を説明しているようです。

「朝いらしてすぐに眠そうにしていらっしゃったので声をかけたのですが、あまり体調が良くなかったらしく、ベッドで午前中は横になっていてもらいました。」

キノコさんがそのスタッフにお礼を言い、アルツ君を玄関の中に引き入れます。

「大丈夫なの?」

「なにが?」

「なにがって…。具合よっ!!」

「具合はいいぞ。むしろ良すぎるぐらいだ。」

まったく自分が倒れたことを覚えていない様子…。

何とも幸せなアイテムを手に入れっちゃったものです…。

(-_-;)

ヤッチは早速アルツ君の持ち帰ったデイサービスの連絡ノートを広げます。

ガガガ━(ll゚д゚ll)━ン!!

┣¨┣¨(゚Д゚;)┣¨┣¨

_| ̄|○

やはり…。

お風呂に入っていません…。

『看護師判断で中止』の文字が…。

_| ̄|●

どうせなら『看護師判断でブッ込みました』ぐらいな文字が欲しかった…。

とりあえず、いつもとパターンを変えて、アルツ君に聞いてみることに…。

「今日はお風呂入ってきたんだってね?」

「入ってないぞ!!」

やはり即答でした…。

_| ̄|○

「じゃあ。今日は入るのやめとく?」

「入るよ!!」

これも即答…。

_| ̄|●

「じゃあ、明日にする?」

「今すぐ入ってもいいぞ!!」

_| ̄|○

覚悟はしていたんですけどね…。

やはり筋書き通りと言えば筋書き通り…。

筋書き通りの展開の分ショックが大きいです…。

早速お風呂洗いに取り掛かります。

( ´-ェ-` )シュン

何だってお風呂に入ってくるはずのデイサービスで寝ていて、家で風呂に入らなきゃいけないのか…。

これじゃあ、家がデイサービスじゃないですか…。

なんでデイサービスでは具合が悪かったのに、家で元気になっちゃうわけ!?

デイサービスにヤッチを落とし入れるための刺客が送り込まれているのでしょうか…。

今日のお風呂には温泉の素(入浴剤)をたんまり入れてお湯を注ぎました。

今日のヤッチの頭の困惑を反映し、乳白色の温泉の素を入れてみました。

(^^ゞ

お湯がいっぱいになったところでアルツ君に服を脱いでもらいます。

乳白色のお湯を見てアルツ君が第一声を放ちます。

「おっ!!蕎麦でも茹でたのか?」

「まだ茹でてないよ。」

「まだって?これから茹でるのか?」

「そうだよ。」

(●`w´●)ニァ・・

アルツ君ヤッチの不敵に笑いに一瞬後ずさり…。

「ばか!!こんな年寄りじゃ。出汁は出んぞ!?」

「やってみなくちゃわからないな!?いい煮汁が出るかもよ。」

「二汁だか三汁だかしらんが、熱くないだろうな?」

「さあ。どうなんでしょうね~。」

(●`w´●)ニァ・・

アルツ君恐る恐る湯船に腰を落としていきます。

(●`w´●)ニァ・・

もちろんアルツ君好みの快適な温度です。

(*^_^*)

「ああ。よかった…。またお前に殺されるところだった…。」

「んっ。また~?年越し蕎麦を年始早々もう食べたいのかい?じゃあ、もう少し沸かそうかぁ…。」

(●`w´●)ニァ・・

「やだいっ!!」

「先に差し水用意して置いた方がいいんじゃないのかい?」

(●`w´●)ニァ・・

「ばか!!こんな年寄りじゃコシなんか出ないぞ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 血圧 看護師 救急搬送 ベッド 連絡ノート 風呂 温泉の素 蕎麦 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-215.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/01/06 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP