アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 着物 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

荷物の片づけ

2012/03/24 (土)  カテゴリー: 生活保護
▲ Page Top
今日は姉に不動産屋さんに同行してもらい、ヤッチのアパートの物件巡りに行ってきました。

不動産屋さんの車で何軒かの物件を案内されたのですが、結局姉の意見とヤッチの意見は同じでした。

前回記事にさせてもらった物件です。

信用保証協会の審査が有るというちょっとヤッチ的にはちょっとハードルの高いことになるかもしれない物件です。

不動産屋さんの話では、福祉からきちんとお金が支払われ、家賃の滞納などの問題は事実上皆無になるので、審査は通るのではという話に落ち着きました。

しかも、この物件、福祉の提示ししている予算53,700円を微妙にオーバーしていました。

でもこれについても、不動産屋さんに賃料を下げてもらう交渉をしてもらい、なんとか予算内の金額にまけてもらうことができました。

後は、この物件の見積もりを今度の月曜日に福祉事務所に持って行き、福祉事務所のOKが出れば、ようやく住む場所が決まりそうです。

物件巡りは午前中でしたが、午後は、現在住んでいるアルツ家の荷物の片づけです。

ヤッチの荷物や兄の荷物はそれぞれ住むアパートに持って行けば、それで終わりですが、キノコさんとアルツ君の荷物を整理しないとなりません。

福祉事務所の話では、必要なものが無ければ、そのままこの家に置き去りにしても良いという話…。

それぞれ、父母の荷物について取って置きたいものが有れば、取って置いて各自で保管してくださいという遺品の整理のような話です。

物件巡りの後、姉と昼食をとり、その後に、アルツ君とキノコさんの寝室の荷物を片づけ始めました。

でもこれってホントにやって良いことなんですかねえ…。

いくら、子供と言えども、処分しようとしているものは、仮に靴下1枚ににしても、キノコさんのものであり、アルツ君の財産です。

二人が財産権を放棄しているという情報は何も入っていないのに、すべてゴミとして処分しても良いものかどうか…。

結局、姉との相談の結果、キノコさんやアルツ君が取って置きたいと思うような荷物をヤッチの新しく住むアパートに持って行こうということになりました。

ヤッチ一人の荷物なら、狭いワンルームのアパートでも十分スペースは有ると思います。

特に、アルツ君やキノコさんの普段着や下着類はすぐに探し出せる状態で運んでおこうという結論です。

お分かりになりますかねえ~。

この微妙なニュアンス…。

もう二人と生活を共にすることはないということは頭では分かっているんです。

でももし、万が一二人が帰って来て(どこに帰って来るのかは別問題として…)自分たちの長年愛用してきた普段着があっさりと捨てられていたとしたらということをどこかで考えてしまうんです。

もちろん、ヤッチも姉もそのことを口にしたりはしませんが、おのずとそういう選別をしています。

姉:「あっ。これ、パパに私があげたレッグウォーマーだ。履いて出ていなかったんだ!?」

ヤッチ:「そんなこと言ったら、これだって、そんなの捨てちゃえよと言ったって来ていたキノコさんのカーデガンだぜ。」

姉:「ほらっ。これあんたの母子手帳よ。どうする?」

ヤッチ:「いいよ。そこまで履歴書に書くわけじゃないから…。」

こんな会話をしながらですから、はかどるはずがありません。

間違いなく、これだけはやって置こうと二人の一致した意見は、キノコさんの桐の箪笥…。

今は着物などは全く着たりすることは有りませんが、着物もたくさん入っていました。

新しく見つけたヤッチの物件について、福祉事務所のOKが出れば、これをそのロフト付のワンルームに運びこもうという話です。

着物については、どうするかは決まっていませんが、桐の箪笥は今買おうと思って簡単に手に入るものではないという結論から保管しようということになりました。

中々和洋折衷の部屋になりそうです…。

まだ、部屋は正式に決まっていませんが…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 着物 桐の箪笥 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-266.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/03/24 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP