アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 布団 の検索結果  3 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

腰抜けの職人

2011/07/31 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

以前に書いた記事と、かぶってしまいますが、どうしても気にかかることなので、再び…。

[関連記事]

一昨日、意識を失ったアルツ君。

そんなことは、まったく覚えておらず、昨日、今日と、いつもと変わらない様子です。

いつもと変わらないとはいえ、やはりどうしても尻もちをついた格好から立ち上がるのが、不得意。

スッと、布団から抜け出し、トイレに立つこともあるのですが、時々立ち上がり方を忘れてしまうような時があります。

もちろん、体力の低下が一番の原因なのでしょうが、それ以外に、立ち上がり方そのものが、わからなくなってしまうようです。

皆さんも、ご自身が、布団ないし、ベッドから抜け出て、トイレに行くまでの行動を思い起こしてみて下さい。

たいていの方は、そんなこと、まったく意識して立ち上がっていないですよね。

ヤッチはどうやって立ち上がっているか…?

ヤッチもアルツ君と同じく、ベッドではなく、布団で寝ています。

寝ているときの姿勢は、仰向けでは寝られないので、大概、横向きです。

横向きの姿勢なら、どっちでも寝られるのですが、一応、心臓を下にして、寝ていたと仮定しましょう。

まず、当たり前ですが目を覚まします。

バンビちゃんのような、つぶらな目を開けます。

暗ければ、『まだ起きる時間じゃないな』などと、

ぼーっと、しながらですが、考えます…。

それから、尿意のあることに、気づきます。

『どうしようかな…。面倒くさいから朝まで寝ちゃおうかな…。』

なんて、少し考えるシーンも、時々あったりします。

『でも、やっぱり行っとこう!!』

と、考え、ムクッと立ち上がります。

この『ムクッ』とのときに、果たして、どうやって立ち上がっているか…?

まず、こんなことを考える奴はいないと思います。

m(__)m

人それぞれだとは思いますが、ヤッチの場合は、横向きの丸まった体のまま、右ひざを曲げ、左足の前に持って行きます。

投げ出すような感じと言えば、ニュアンスが伝わりやすいかな?

天井から、CCDカメラで撮影すれば、この姿は布団を背景にして、一歩足を前に踏み出した状態にも見えます。

(かなり、やる気のない感じです。)

手、腕については、伸びたままの時もあれば、体の下に回っていて、しびれている時もあります。

時には携帯の電源を入れたまま、携帯を握って、寝落ちしてしまい、メールのバイブにビックリなんていう時もあります。

\(◎o◎)/!

この寝落ちの現象は、GREEをやっているときが多く、特に、ハコニワのねじまき機能には睡眠薬が入っていると思われます。

余談になりましたが、今度は、右手を自分の枕のあたりにつき、同時に、体をひねって、うつ伏せになるような姿勢を取ります。

この時に、うまく左肩を抜かないと、脱臼します。

同時に、左手も布団の上につきます。

次に、女豹のポーズに近い形をとり、布団の上で、今度は、自分の両ひざを枕に近い方に持って行きます。

このまま片ひざをついて起きてしまう人もいますが、ヤッチの場合は、両腕で上体を起こして、赤ちゃんがハイハイするような態勢になることが多いような気がします。

たまに、ハイハイの状態から、さらに上体を起こして正座するときもあります。

この時に口の脇に冷たさを感じる時は、間違いなく、ヨダレなので、ぬぐってあげないといけません。

たいていは、ハイハイ、もしくは、『お代官様!許して下せ―!』状態ですが、ここから、片ひざを立てます。

ちょうど、クラウチングスタートの姿勢です。

幸い、相手は、いないので、フライイングの危険性は回避できます。

ヤッチは、片ひざをつくとき、右足が多いです。

片ひざをついたら、『よーいスタート!』で、お尻を持ち上げ、一気に立ち上がります。

寝ぼけているときは、ときどき部屋の扉が、なぜか勝手に移動し、ドア枠におでこを痛打したり、小指に激痛が走ったりする時もあります。

こうして、トイレにたどりつき、なぜかトイレの天井を見上げて、『フー』と、ため息をつくこと、多々アリです。

用を済ませば、同じ事を逆再生で行い、ようやく、お布団様と愛し合うことができます。

夜中に、トイレに立った日は、損した気持ちになるのは、なぜなんでしょう?

立ち上がるという動作だけで、かなりの長文になってしまいましたが、これだけのことを人間は、おそらく、無意識にやっているわけです。

この立ち上がるという動作は、いくつかの個々の行動の集合体で、これを算数的に脳が計算を行い、組み合わせをして、立ち上がる動作を形成させているものと思われます。

アルツハイマーになると、こういう一見単純とも思えることが、難しくなってくるようです。

事実、アルツ君にナスを5本と、キュウリを5本手渡し、ナス1本とキュウリ1本のペアを5組作るように言うと、考え込んでしまいます。

まだ、どうにか作ることはできますが、かなり時間がかかることは事実です。

(ー_ー)!!

何が言いたいかというと、体力の低下を差っ引いたとしても、アルツ君だけではなく、認知症、アルツハイマーの人の病気が進むとだんだんと立ち上がるという行動が、イメージできなくなってくるのではないかということです。

体が弱ってきているからだと、早急に決めつけるのは、早いのではないか…。

(同じことの繰り返しですいません。)

ひざを曲げながら、手をついて、上体を起こすという動作は、ほとんどの人は同時にやってしまいますが、アルツ君には、同時にやるということが、イメージしにくくなっているような…。

アルツ君に、まだ麻痺というものは無いようです。

一つ一つの動作を一つ一つ教えて、時間をかけてゆっくりやれば、できるのですから…。

でも、ゆっくり時間をかけてやっていると、今度はおしっこの方が間に合いません。

(-"-)

紙パンツをしていても、出るものは出てしまいます…。

今日も、時間をかけて立ち上がるということやっている最中、間に合わず。

アルツ君の尻もちをついていた布団の上は、ハートマークだらけです。

ハート小ハート中ハート大

こういう人間の最も基本となる動作が、時折、抜け落ちてしまうので、布団からベッドにかえることも提案しました。

ヤッチ:「ベッドに変えようよ?」

アルツ君:「絶対にヤダっ!!俺を下から、あぶって、焼き鳥にするつもりだろ!!」

頑固さだけは、抜け落ちてくれません。

(=_=)

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たぶん、これを読んだ方は、寝る前に布団の上か、ベッドの上で、一度は、立ち上がります…。

(^。^)y-.。o○

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 認知症 アルツハイマー 布団 ベッド 立ち上がり方 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-57.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/07/31 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

寒がりな職人

2011/08/21 (日)  カテゴリー: ボタモチ
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日の東京は、夏とは思えないような涼しさ。

このまま秋になっちゃうの?というような感じです。

静かな日曜日でした。

アルツ君も、今日は、おとなしい感じでした。

昨日は、『姉が来ない』と、涙したアルツ君…。

今日は、その姉が様子伺いに来てくれてました。

『ボタモチを買いに行こう』と、言ってくれたのに、『やだっ!』の一言で、頑として、外へ出たくない様子。

姉もあきらめ、さっさと帰ってしまいました。

アルツ君が、おとなしいので、ヤッチも、今日はのんびりです。

\(^o^)/

でも、やっぱり、タダでは済ましてくれない元植木職人です。

寝静まったと思ったら、しばらくして、アルツ君の寝室から大声が…。

(o'ノ∀')ノお───ぃ!

ヤッチとキノコさんは1階の茶の間で、徳さんのマラソンの感動シーンをちょうど観ていているとき…。

ヤッチ:「やっぱ、歳とるとボタモチ好きになるんだなあ…。」

徳さんも、あれだけの距離を走り終えてすぐなのに、『お萩』がどうのと、テレビで言っていましたね。

ご存知のように、『お萩』と、『ボタモチ』は、一緒のものです。

一説によれば、秋の彼岸ごろに萩の花が咲くから『お萩』。

春のお彼岸ごろに、牡丹の花が咲くから、牡丹もち。

牡丹もちが、なまってボタモチと言うそうな…。

両者は、呼び方が違うものの、中身は一緒です。

お約束のように、横道にそれてしまいましたが、2階から悲鳴が聞こえるので、ヤッチは、あわてて階段を駆け上がります。

アルツ君:「おい、寒くてどうにもならないから、ちょっと載かってくれよ~。」

すでに、アルツ君は、キノコさんの掛布団を取り上げ、自分の上に掛けています。

ヤッチ:「はあ~?」

アルツ君:「お前が、俺の体の上に載れば、重くなるから、暖かくなるだろ?」

なんとなくニュアンスは伝わって来るので、いじめるのは勘弁してやることにします。

ヤッチ:「俺が載っかっててもいいけど、俺が後で寒くなるだろ?毛布1枚掛ければ、寒くないだろ?」

おそらく、今日の陽気が涼しいとはいえ、毛布を掛け、その上に掛布団では、熱いと思うんですが…。

アルツ君:「あー。なんでもいいから、重くしてくれよ!」

取りあえず、アルツ君の上に掛かっている布団を全部はぎ取ります。

アルツ君:「お前!俺を殺す気か!凍え死んじゃうだろ!」

ヤッチ:「すでにお前は死んでいる…。」

まだしまってある毛布を押し入れから出して、職人の上に掛けます。

ヤッチ:「よく刑事ドラマで死人がこういう風に毛布にくるまってるよな。」

アルツ君:「お前まだ俺は死んでないぞ!」

ヤッチ:「死んじゃえば、静かに眠れるって。」

アルツ君:「失礼なやつだ。」

毛布の上に、さらに掛布団を掛けます。

アルツ君:「あ~あ~。いいや。これくらい重いとあったかい…。」

もう少し暖かくしてあげようと、やさしい親思いのヤッチは、アルツ君の寝ている布団に目がけて、ダイブします。

\(^o^)/彡彡

アルツ君:「あん!お前死んじゃうよ!!」

なかなか小気味よい悲鳴です。

修学旅行を彷彿しながらのダイブだったので、なかなか軽やか。

ヽ(*^ω^*)ノ

ヤッチ:「重い方がいいんだろっ。」

いい感じで、マウントをとれました。

(^^)/

ヤッチ:「はい。これでよく寝れるよ。電気消すぞ!」

アルツ君:「あー、サンキュッキュッキュッ!」




先ほど、キノコさんと、アルツ君の寝ている寝室を覗きに行きました。

布団はおろか、お腹丸出しで寝ています…。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ボタモチ お萩 布団 毛布 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-79.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/21 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

昼寝する職人

2011/12/05 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日の東京は比較的暖かく午前中はとても良い天気。

天気とは裏腹にアルツ君の紙パンツの中は曇天です…。

(つд⊂)エーン

しっかり子猫ちゃんを朝から出産です。

まあ出ないのも困るので何とか脱走子猫ちゃんが居なかったので良しとしましょう。

そんな中突然キノコさんがアルツ君の布団を干そうと言い出し、アルツ君に手伝わせます。

まったく余談ですがこの『言い出し』をパソコンで入力しようと思って『いいだし』と打ったらなかなか候補が出ないこと…。

^_^;

『いい出汁』、『いい山車』、『飯田市』…。

えっー!!!

まったく関係ないことなんですがあまりにもたった四文字が変換できなかったものですから…。

m(__)m

話を元に戻して…。

ヨッコイショット!!

そう。

キノコさんの力では布団を自分で持ち上げられないんです。

アルツ君の寝室のサッシの戸を開ければすぐベランダが有るのでそんなに長い距離布団を運ばなくてはならないということは有りません。

「ちょっとおじいちゃん!あんたの布団を干すからベランダまで運んで!」

「布団なんて干さなくたっていいよ~。」

「なんで?干したら気持ちいいじゃない。」

「干さなくたって気持ちよく寝てるぞ。」

「干したらもっと気持ちいいじゃない!?」

「そんなに気持ちよくなったらあの世へ行っちゃうぞ。」

「まあ!!どうしてそんなことばかり言うの?」

「どうしてって聞かれたって俺の口がそう言うんだから仕方ないじゃないか…。」

「まあまあ。屁理屈はいいから布団を運んでちょうだい。」

ヤッチも現場で見ていたのですが、ここはアルツ君のためにもアルツ君自身にやってもらいます。

「干したらここまで持ってきてまた敷かなきゃならないぞ!?」

「そうよ。干し終わったらまた自分でここに敷きなさい。」

「いいからここまで運んで!!」

「めんどくさいなっ!!よっこらしょっとっ!!」

アルツ君敷布団から掛布団まで全部一緒に持ち上げようとしています。

「そんないっぺんに持ち上げられるわけないじゃない。一枚ずつにしたら?」

「へへんだっ!わかりましたよ~だ。」

何とか自力で運ぶことが出来ました。

ちょっと布団を運んだだけでフーフー言っちゃってます。

(・・;)

「おい。布団運んだらくたびれちゃったよ…。」

「寝ようと思っても布団は無いわよ。」

「そっか…。」

アルツ君仕方なく畳にへたり込みます。

「なんだか腹減っちゃったな…。」

「あら。さっき朝ごはん食べたばっかりよ。」

「そうか~?食べてないような気がするけどな~???」

「ちゃんと食べましたよ。自分のパンが無くなってるから見てきてごらんなさい。」

「ほんと~か~???お前ウソついてんじゃないのか~?」

疑り深いアルツ君二階から階段を降りて下の茶の間まで確認に行きます。

「ほんとだ…。食べたんだ…。」

「ねっ!?ないでしょ?」

少し遅れて下に降りてきたキノコさんがアルツ君にドヤ顔です。

「まあ。お前が俺の分を食べちまったんだろうが、ここにバナナがあるからバナナに免じて許してやるよ。」

今度はアルツ君がドヤ顔です。

早速バナナの皮をむきはじめます。

以前にも書きましたがアルツ君なぜかヘタのあるところをポキッと折ってむけば早いのに逆からむいて手こずります。

「チクショ~。」

「どれ。貸してごらんなさい。こっちからむけば簡単なのよ。」

またしてもキノコさんが形勢逆転のドヤ顔です。

好きなバナナを食べてアルツ君もご満悦…。

(*^_^*)

今日は二人のドヤ顔合戦です。

お昼もまわり、そろそろ布団もいい具合に干しあがっているころ…。

「そろそろ布団をしまった方がいいんじゃない?」

キノコさんが切り出します。

「布団?布団がどうした?」

「あら?布団干したじゃない?そろそろしまわないと冷たくなっちゃうわよ。」

「そっか~。布団なんて干したっけ?まあいいや…。」

「自分一人でしまえる?」

「そんなね!子供じゃないんだからそのくらいできますよ!」

「じゃあ。自分でちゃんと敷いてセットするのよ。」

「わかりましたよ!!ついでに眠くなっちゃったから昼寝でもしよっと!!」

アルツ君に布団をしまうのを任せてキノコさんは台所で片づけ物です。

しばらくたってキノコさんがぼそりとつぶやきます。

「ちゃんとしまえたのかしら…???」

「静かなところを見るとちゃんと布団を敷いて昼寝してるんじゃない!?」

心配性のキノコさんにヤッチが一言…。

「まあいいわ。洗濯物も取り込まなくちゃならないから様子を見てくるわ。」

そう言ってキノコさんも二階に登ります。

しばらく立ってキノコさんが二階から降りてきます。

「ねっ。ちょっと!!」

キノコさんヤッチを手招きします。

「なに?」

「いいからちょっと二階のおじいちゃんの部屋に行ってみて。」

キノコさんに言われるままヤッチも二階に登ります。

???

アルツ君の寝室には布団もアルツ君の姿もありません…。

???

ベランダに通じるサッシを開けます…。

???

\(◎o◎)/!




アルツ君…

ベランダに布団を敷いてお昼寝中…。

ZZZZzzzzz

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ 子猫ちゃん 布団 バナナ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-185.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/12/05 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP