アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 副作用 の検索結果  11 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

逃げ惑う職人

2011/08/26 (金)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです

(^_^)/~

今日はアルツ君朝から足の痛みを訴えます。

二階の寝室からやっとのことで降りてきて

「足が材木になっちゃった。ばあさん(キノコさん)!なんとかして~。」

キノコさんに訴えかけますがキノコさんはキノコさんでまたいつものが始まっちゃったという感じであまり相手にしません。

「運動ちっともしないからよ~。朝から晩まで動かなきゃ足だって動かなくなるわよ~。」

「そんなこと言ったって痛いもんは痛いんだもん。」

口をとんがらして反論します…。

「そんなカワイ子ぶったってダメよ。朝ごはん食べたら散歩してきなさい。」

なかなか今日は奥さん朝から飛ばします…。

「こんな病気になっちゃったのは家相が悪いからだな!?どっか引越した方がいいな。」

以前の現役バリバリのころのアルツ君だったらまさかこんなことを言うはずありません。

「へー。家相なんて信じるの?でなんていう病気なの?」

「お前が揉んでくれない病…。」

「そんな病気の名前があるはずないでしょ!動かない病よ!動かない病!」

「ま~あ!あういうこと言ってんだから…。失礼なやつだね~。」

「失礼なやつはどっちよ!」

「お前だよ!」

アルツハイマーとはいえ、屁理屈の時の脳の回転数だけはターボがかかります。

「いいから早くご飯食べちゃいなさいよ。ほっとくとお昼までかかってんだから!」

アルツ君の名誉のために言わせてもらえば、キノコさんそれは盛りすぎです…。
(ー_ー)!!

新聞を読みながら朝のモーニングコーヒーをニヒルにすすっていたダンディーなヤッチも周囲の雑踏に顔を上げます。

テレビ版ですが…。

「何だったてーの?足が痛いなら切ってやろうか?」

「バカなこというな!」

「バカなことなんて言ってないよ。幸い旦那さん(アルツ君)の庭仕事やってた時の道具がいっぱいあるから…。」

「切ったら痛いだろ?」

「痛いかどうかはやって見なくちゃわからないよ。チェーンソー?それとも電動バリカン?糸ノコもいいな…。」

「痛くないやつがいいなあ…。チェーンソーだと肉が飛び散るぞ~。」

「それじゃあ。痛くないように毎晩旦那さんが寝ているときに糸ノコで少しずつ切っててやるよ。そうすればクリスマスには間に合うよ。」

「クリスマス?何でクリスマスなんだ?」

「切った足ローストしてみんなで食おうよ。」

「ちょっとっ!!あんた達!朝からよくそんな話ができるわね!」

キノコさんがしかめっ面です…。

「ごめん。ごめん。とりあえず糸ノコの歯を冷凍庫に入れておくか~。」

朝ごはんの後アルツ君はキノコさんに放り出されるように散歩に追いやられたようです。

確かにアルツ君の足はかなりむくんできているのでかなりつらい時もあるようです。

認知症の薬の副作用ではないかと疑うこともありましたが、お医者さんからは「NO!」

運動不足が原因だという診察結果です…。

いずれにしてもまだクリスマスにはまだ間があるので少しずつどう料理していくかを考えたいと思います。


夕ご飯時になりまたもやアルツ君とキノコさんの仲良しコンビが再結成されました。

\(^o^)/

「味噌汁ばっかり飲んでないでおかずを食べなさい!ご飯だってこんなにいっぱい残ってんじゃないの~。」

「だって食いたくないんだもん…。」

「食べないとどんどん体弱くなっていっちゃうわよ。娘がこの間きたときに『パパに食べさせてあげて!』て漬物を置いて行ったからそれと一緒にご飯を食べてみたら?」

「えっ!?あいつそんなもん置いてったんだ?ばあさんまた俺に隠しておきやがったなあ~!」

アルツ君大好きな一人娘の置き土産を食べないわけにはいきません。

「そうよ。うちじゃああんまり食べたことないけど、ゴーヤの漬物だって!?食べてみる?」

「うん!」

(ガキじゃあるまいし…)

キノコさんが台所で姉が置いてったというゴーヤの漬物を切っています。

ヤッチはゴーヤと聞いただけであの苦みを思い出し、苦手です…。
(-_-;)

しかも漬物にしたらもっと苦くなっちゃうんじゃないの?という感じです。

何切れか小皿にその漬物を切り、キノコさんがアルツ君の食べている食卓に置きました。

「はい!どーぞ。」

!!\\\((◎o◎))///!!

!!\\\((◎o◎))///!!

聞いたこともないような金切声をアルツ君が上げます!!

「なんだよ~!!お前俺になにを食わせようとしたんだよ!!」

「何って~?娘が持ってきたゴーヤよ。」

「あいつがそんなもん持ってくるわけないだろ~。」

もうちょっと半べそです…。

「はい。おいしいんだから食べてごらんなさい。」

キノコさんは笑顔でアルツ君の口元へそのゴーヤを箸で一切れつまみ、持って行こうとしますがアルツ君は飛びのきます。

「やだーーー!!」

「なーに。おおげさねえー。」

「おま…。おまえ…おっ俺にイモムシ食わせようとしただろ~?」

今にも泣き出さんばかりです…。

「おいしんだから食べてごらんなさい。ほーら!」

キノコさんはアルツ君の目の前で一切れ口に入れて見本を見せます。

元植木職人のアルツ君。

現役時代はイモムシや毛虫と一緒に苦楽を共にした仲なはずです…。
(゚´ω`゚)

「お前。よくそんなもん食えるな~。俺はお前みたいにイモムシなんか食えないからなっ!!」

アルツ君。いじけた子供の用にキノコさんにお尻を向けて座り、小さくなっています。

キノコさんがアルツ君の背後からまた追い打ちをかけるようにゴーヤを口元に持って行こうとします。

「やめてくれよ~~。ふ~ん。」

また飛びのいてとうとう部屋の隅の方までたどり着いてしまいました。

「な~に。臆病者ねえっ…。」

キノコさんは一人でムシャムシャ。

アルツ君キノコさんをチラリとみるものの視線が合うとまた壁の方を向いてしまいます…。



たしかに言われてみればそう見えなくはないんですけど…。

また読者が減りそうなので行間を開けて画像をアップしますね!

(ゴーヤが好きな人は見ないでください)

↓↓画像はあちら↓↓
(ずっと下の方)




































ゴーヤ

ゴーヤアップ


アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : アルツハイマー 認知症の薬 副作用 運動不足 ゴーヤ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-84.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/26 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

認知症の薬の服用履歴~アリセプト、メマリー

2012/01/31 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今年のはじめに、アルツ君がレビー小体型認知症ではないかという疑問が生じたため、主治医に相談したところ、専門医を紹介して下さるということで、紹介状を書いていただきました。
【関連記事】

新しい専門医の診療所は、当初2か月先まで予約で埋まっているというので、診てもらわないわけにはいかないし、、仕方がないので待つしかないと半ばあきらめているところでした。

ところが先週、先方から連絡をいただき、明日アルツ君を診てくれるとの事。

診察してもらうのに、薬歴と症状などを簡単に書いて来てくれと言われてしまいました。

で、このブログに備忘録を兼ねてアルツ君の服用している認知症の薬(アリセプト、メマリー)に関してまとめて置こうと思います。

毎回診察のたびに、調剤薬局で『おくすり手帳』に記入してもらっているので、それを持って行けば事足りるのですが、アルツ君は便秘薬や血圧の薬も飲んでいるので、認知症の薬だけピックアップしてみたいと思います。

また、処方してもらった日をもとに書くので、少しだけ実際に服用した日と前後することが有りますが、これはご愛嬌で…。

  • 2011/05/19まで
    アリセプト 5mg

  • 05/20~07/04
    アリセプト 10mg

  • 07/05~07/11 (メマリー服用開始)
    アリセプト 10mg
    メマリー   5mg

  • 07/12~08/08
    アリセプト 10mg
    メマリー  10mg

  • 08/09~08/15 (メマリー休薬)
    アリセプト 10mg

  • 08/16~08/28 (メマリー再開)
    アリセプト 10mg
    メマリー   5mg

  • 08/29~12/25 (アリセプト休薬)
    メマリー  5mg

  • 12/26~2012/01/04
    メマリー  10mg

  • 01/05~01/12 (自己判断でメマリー減薬かも?2013/02/15 追記)
    メマリー  5mg

  • 01/13~ (自己判断でメマリー減薬)
    メマリー 2.5mg
    フェルガード100 1.5g×2


こうして振り返ってみると、去年の7月の半ばから8月の頭は一番服用している量が多いことがわかりますが、もっとも調子の悪い時期でもありました。

やはり薬に対して過敏になっていたのでしょうか。

薬の副作用ということも十分考えられます。

最近ではメマリーを自分の判断で半分の量の2.5mgに減らしてしまいました。

またフェルガード100なるものも飲んでもらっています。

このサプリに含まれるフェルラ酸やガーデンアンゼリカが認知症の改善に良いとか…。

明日は果たしてどんな診察になるのでしょうか。

今日はちょいと固い話で申し訳ないです…。

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 6 件
ツイートする

キーワード検索 : レビー小体型認知症 フェルガード 認知症の薬の服用履歴 認知症 アリセプト メマリー 副作用 フェルラ酸 ガーデンアンゼリカ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-239.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/01/31 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

アリセプトとメマリーを理解しよう!!

2012/02/11 (土)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
アリセプト&メマリー

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

最近、このブログに『アリセプト』、『メマリー』、『アリセプトとメマリー』、『アリセプトとメマリー併用』、『アリセプト副作用』、『メマリー眠気』などの検索語でGoogleやYahoo!からアクセスして下さる方が、必ず一日に何人かはいらっしゃいます。

このブログでは、専門的なことは何も書いていないし、多くはふざけた内容の記事ばかりです。

おそらく、何も情報を得られないと判断して、すぐにページを閉じてしまっているでしょうし、多分自分でも、もしこのようなことについて調べようと思ったら、このブログにはアクセスしません。

もし、アクセスしようと思ったら、多分それは夜、寝付けない日です。

目がさえて眠れない日に、少し目を疲れさせてやれば、眠くなるのではないかと考え、『あっ、そういえば、長ったらしい文章を書いているおバカなブログがあったなあ…』とこのブログを思い出し、クリックする程度じゃないでしょうか。

この方たちがどんな情報を欲しがっているのかは、残念ながら、検索語だけでは判断できません。

ただ、どうも検索語を羅列していくと、これらの薬の副作用のことを知りたいのではないかという感じがします。

たとえば、検索語の中に『アリセプト 興奮 食事中』という検索語が有ったらどうでしょう。

おそらく、ご家族に認知症の方がいらっしゃって食事中に興奮して暴れたりするので、何か良い方法はないのかとネット検索をしているように思えます。

裏を返せば、副作用などで苦労している方がそれだけたくさんいらっしゃるということでしょうか。

また薬そのものについてどういう薬なのかを知りたい方もたくさんいるようです。

『アリセプト メマリー 違い』などの検索語でアクセスして下さる方も多いからです。

しかしネットなどでも、薬の説明は、Googleなどでこの言葉を打ち込めば、たくさんのページがヒットします。

専門的に記事にしているページも多数有るように思えます。

なのに、なんで『アルツ君は職人』にジャンプしていらっしゃるのか…。

これ、おそらく、ヒットするページの多くは専門的すぎてわかりづらいのではないでしょうか。

素人の目からは、ハードルが高すぎるというのが、ヤッチにも有ります。

概要については、把握できるのですが、今一つそれを他人に説明しろと言ったら自信が無い感じです。

小さな頃に「他人に説明できないのは、自分の理解力不足だ。」と教わったことがるので、その意味からは、ヤッチもちゃんと理解していないということになります。

それじゃあ、すこしでもお勉強しようじゃないかとアリセプトとメマリーについてまとめてみました。

で、どうせまとめたのなら記事にしてしまえということで、安易な発想からこの記事を書いているわけです。

(^^ゞ

どうせ素人の書く記事なので、間違った情報も含まれているので、どうかヤッチをあまり信用なさらずに、参考程度に読んで下さいね。

(だったら書くなっ!!)

たくさん書くと、気が狂いそうなので、極々浅~いレベルの部分だけを抜粋して書くので、すでに良くわかっている方は読まない方がムカつかないで済むかもしれません。

さて、認知症の薬の代表的なものにアリセプトという薬とメマリーという薬が有ります。

認知症の薬と漠然と書いてしまいましたが、正確にはアルツハイマー型認知症の薬と書かないといけないのかもしれませんね。

そして、なんとなくはわかるんだけど、実際に人に説明しろと言われたら、説明できない文言。

『アリセプトもメマリーも作用機序の違う薬剤なので併用は可能です。』

『作用機序』の『機序』でけつまずきます。

(-_-;)

『機序』なんていう言葉、日常会話で使います?

使いませんよねえ!?

『貴女』なら使うかもしれないけど、まずこんな言葉は文系には拷問です。

(-_-;)

専門的になると、これ結構重要な言葉のようですが、『実用日本語表現辞典』にはこう記されています。

【作用機序】
読み方:さようきじょ
薬理学の用語で、薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み、メカニズムなどを意味する表現。「機序」は仕組みや機構などを意味する語。

『実用日本語表現辞典』より引用

だったら、素人レベルでは仕組みでいいんじゃないですかね。

『アリセプトもメマリーも仕組みの違う薬剤なので併用は可能です。』

こっちの方がスーッと頭に入って来るのはヤッチだけでしょうか。

(^_^;)

やはり用語の定義から入ると、地球を1周しても書ききれないので、用語の定義は、『まあ、そんなもんがあるんだ』くらいにして先に進みましょう。

では、アリセプトってどんな薬なの?

アリセプトは脳内のアセチルコリンという神経伝達物質がなんらかの理由で低下するために、アルツハイマー型認知症を発症するのではないかという仮説に基づいて開発されたものようです。

アセチルコリンという言葉がどうもわかりづらいので、仮称コリンちゃんにしましょうか。

コリンちゃんの働きが弱くなると、脳に悪影響を及ぼすという発想です。

コリンちゃんを分解するのはアセチルコリンエステラーゼという酵素です。

またまた面倒くさい名前なので、エステラーゼ君にしましょうか。

アルツハイマーの場合、コリンちゃんがエステラーゼ君に意地悪され、分解されてしまうことで、脳の機能が低下するということです。



ならば、エステラーゼ君の働きを抑えつけてしまって、結果としてコリンちゃんを増やしてあげましょうというのがアリセプトの役割ということになります。

ザックリですが、コリンちゃんの絶対数を増やすというより、エステラーゼ君とコリンちゃんの相対的比率を変え、コリンちゃんの温存をはかるのがアリセプトの役割と言い換えることができるかもしれません。



これ一見すると、アリセプト君はものすごい正義の味方のような気がします。

でも、実際はどうでしょう?

興奮だとか、怒りっぽくなる、暴力をふるうなどの副作用の話を聞くのは決して少なくありません。

アルツ君のように、反対にウトウトとなってしまうような反対の症状も事実として有ります。

アリセプトを増量すれば、実際はそう単純に行かないでしょうが、アリセプトが増えた分、その働きによって、コリンちゃんに意地悪するエステラーゼ君が今までより、少なくなります。

数が多い方が優勢になりますから、アリセプトを増量すれば、それだけ、エステラーゼ君の喧嘩相手が多くなり、エステラーゼ君が喧嘩に負けてしまう確率も高くなるわけです。

結果として、相対的にコリンちゃんは増えます。

でも、今度はコリンちゃんが過剰になりすぎるから、こういう副作用が出るのではないのでしょうか。

増量する、増量しないの明確な判断基準ってあるですかねえ~。

この辺はヤッチのレベルでは解明できません。

ご容赦のほどを…。

なんとなくですが、副作用が出たりするのはこの辺なのではないでしょうか…。

つまり、アリセプトの量が多すぎる…???



ではメマリーはどうなの?

脳が何かを記憶しようとするときは、神経細胞が興奮して伝達しますが、神経細胞同士はピッタリとくっ付いているわけではなく、離れて存在します。

その離れているすき間の伝達をするのが神経伝達物質です。

ヤッチは勝手にひざの関節をイメージしています。

骨同士はくっ付いていません。

そこで神経伝達物質と呼ばれるものがハシケ役を買って出てくれるわけです。

アリセプトのところで紹介したアセチルコリンのコリンちゃんも神経伝達物質です。

神経伝達物質は他にも有って、グルタミン酸というのもその一つだそうです。

見たことも食べたこともないので、「お味のほどは?」と聞かれても答えられませんが、酸というくらいですから、少し酸っぱいかもしれませんねえ~。

情報を送る側のシナプス前細胞からは、このグルタミン酸などの神経伝達物質が放出され、それが受け手の神経細胞上にある受容体と呼ばれるものと結合することにより、情報が伝わります。

この受容体はNMDA受容体と呼ばれるものですが、素人のヤッチでは、アルファベット部分の発音が上手くできないので、受容体ということにしておきましょう。

このとき受容体はフタがされているのですが、記憶しようとするときは、このフタが外れ、Caが受容体から神経細胞へ流れ込みます。

(決して客室乗務員さんが脳の中に常駐しているわけではありません。)

これによってバケツリレーが次々に行われて、神経刺激が伝達されていきます。



ところが、アルツハイマーだと、脳内のグルタミン酸の濃度が高く、フタがいつも外れた状態になってしまっているそうな…。

フタが開いているので、Caは流れ込み放し。

バケツリレーは数珠つなぎ状態…。

常に刺激が伝わっている状態になってしまいます。

Caが細胞内に一過性(一時的)に貯まる分には問題ないらしいのですが、常に溜まってしまうと、細胞に負担がかかって、いずれ壊れてしまいます。



細胞が破壊されるのは困るので、この受容体にフタをしてしまえというのが、メマリーの役割。



しかし、今度は常にブロックした状態だと記憶形成の一過性のシグナルもシャットアウトしてしまいます。

でもこのメマリー君、記憶形成のシグナルの場合は、受容体から外れて道を開けてくれる優れものです。




メマリーも良い事づくめですが、本当にこんなことを脳の中でやってるのかというのが率直な感想です。

まったく素人の発想かもしれませんが、ブロックしたり、しなかったりを繰り返すわけですから、途中で外れなくなったりしないんですかね。

かなり大雑把な説明ですが、アリセプトとメマリーがタイプの違う薬ということはおわかりいただけたでしょうか。

アリセプトが給食当番をやり、メマリーが掃除当番をするので、併用が可能だということになるのでしょうか。

メマリーも給食当番をやってしまうと薬が多すぎてしまう…。

また脳の重要な部分に直接働きかけるという点ではどちらも共通だと思います。

さらに、個人差はあると思いますが、薬の量が多すぎれば、余計なことを薬がしてしまうわけですから、どちらの薬も副作用が当然あると思います。

そして、レビー小体型認知症の方にアリセプトなどの薬を多量に服用すると、興奮などの副作用が強く出ることも最近の研究でわかって来ています。

少量の服用であれば、穏やかに過ごせるのに、このようなことを知らないお医者さんも多いようです。

ヤッチのブログにアクセスする方の多くはこの辺に思い当たる節があるのではないのでしょうか。

まったく個人的な見解ですが、薬を医師から増量するように言われ、言われるままに服用したらかえって症状が悪化したり、別の副作用が出たりしているなら、今一度、薬の量を見直すべきだと思います。

【参考】

認知症治療薬の半減期

参考までにアルツハイマー型認知症治療薬の半減期を載せておきます。
薬の半減期というのは、薬の全体量が半分になるまでの時間のことです。
半減期が短ければ、薬が早く代謝・排泄されるので、効き目は短くなります。
半減期が長ければ、体内に薬が留まる時間は長く、効き目も長くなります。
ドネペジル
商品名:アリセプト
70~80時間
ガランタミン
商品名:レミニール
5~7時間
リバスチグミン
商品名:イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ
2~3時間
メマンチン
商品名:メマリー
50~70時間


★アンケート★

どなたでも参加可能なアリセプトやメマリーについてのアンケートにご協力をお願いします!!
身近な方でアリセプトやメマリーを服用して、副作用があったかどうかを調査中です。
是非ご協力をお願い申し上げます。
現在、過去は問いません。
また、コメント欄には具体的な症状を書いていただければ、ありがたいです。
性別、地域、年齢は任意ですが、投票者ご本人ではなく、対象者様(服用している方)のデータの記入をお願い申し上げます。
なお、携帯(ガラケー)からは投票できません。

◆アリセプトを服用して副作用の経験は有りますか?

投票する

投票結果を見る


◆メマリーを服用して副作用の経験は有りますか?

投票する

投票結果を見る

[追記]
この記事のコメント欄にもたくさんの参考になるご意見をいただいています。
記事で説明しきれなかった部分についても多くを補足をしていただいています。
あわせて、コメント欄も是非ご覧になってください。

記事中の画像が時々表示されなくなってしまうようです。
原因を調べていますが、まだわからずじまい…。
(-_-;)
画像が表示されない場合はお手数ですが、コメント欄で知らせていただけるとありがたいです。
m(__)m

[追記 ~ 2014/01/09]
上記のアンケートについて記事にまとめました。
参考になるか、わかりませんが、あわせてご覧くださるようお願い申し上げます。

記事はこちら

アリセプト、メマリーの副作用についてのまとめ[2013/12/29]


ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 9 件
ツイートする

キーワード検索 : アリセプト メマリー 副作用 認知症 作用機序 神経伝達物質 レビー小体型認知症 アルツハイマー型認知症 半減期 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-246.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/02/11 | コメント (9) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

せん妄と処方薬の見直し

2012/09/02 (日)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日あたりから東京は雨が降ったり止んだり。

時々カミナリがなって強く降ると思えば、お日様が急に照りつけたりと何だか変な天気です。

ヤッチの部屋の窓からはキノコさんの部屋のベランダが見えます。

こんな天気だっていうのにキノコさん、外に洗濯物を干しています。

キノコさんの携帯へ部屋から電話をかけます。

キノコさんの部屋には歩いて行けば良いのに、携帯のプランにファミリー割引を設定しているので、キノコさんの携帯へは通話料はタダ…。

なので、ついつい電話で済ませてしまいます。

(^^ゞ

ヤッチ:「洗濯物を干して大丈夫なのか?時々雨が降ったりしてるぞ。」

キノコさん:「そうよ、わかってるわよ。でも部屋干しするにも、一度洗っちゃうと干すところないのよね~。」

見切り発車で洗濯したは良いけれど、やっぱり駄目だったという経験は自分にも有るのであまり突っ込めないところ…。

ヤッチ:「頑張ってスペース作るしかないね!?今日は旦那さん(アルツ君)のところにも行けそうもないね?」

キノコさんがアルツ君のいる特養に面会に行くには基本徒歩のみです。

傘をさしてシルバーカーをチョロチョロを押すにしても、時折強く降る雨でびしょ濡れになりそうだし、片手運転はかなり危険です。

合羽を着て行くという方法もありますが、自分がそうしろと言われたら、まず断るような距離です。

キノコさん:「そうね…。でもさっき娘(姉)から電話があって、おじいちゃん(アルツ君)のところに行ったらママのところへタクシーで連れて行くかもしれないって言ってたわ。」

ヤッチ:「ずいぶんVIP待遇だね?」

キノコさん:「そうよ。だから、わたし、そこまでしなくていいわって言ったのよ。」

姉はアルツ君がいる特別養護老人ホームからキノコさんのアパートまでタクシーを利用してアルツ君を連れて来るというのです。

ヤッチは姉がアルツ君をキノコさんのいるアパートに連れて来るという行為に素直に賛成できないところが有ります。

アルツ君が保護され、今居る特養に入所が決まるまでは、アルツ君は別の施設で過ごしていました。

そのころのアルツ君と言ったら、今のアルツ君とは別人…。

時折、高齢者相談センターの計らいでセンターで面会したときもひどい興奮状態でセンターの机を蹴り上げるなんていうこともしたぐらいですから…。

「なんで俺があんなところに居なくちゃならんのだ!!」、「俺がなんか悪いことをしたのかっ!!」、「俺は忙しいんだっ!!」なんて目の色を変え、こっちにつかみ掛かって来そうな勢いだったことが思い出されます。

[関連記事]
久しぶりのアルツ君
アルツ君との面会&診察

あの頃のアルツ君は、かなりのせん妄状態だったと言ってよいと思います。

認知症の症状の一つにもせん妄というのがありますが、今思うと、果たしてこれが認知症からくるせん妄のような症状だったのか疑わしいところもあります。

状況もわからず保護され、事情もきちんと説明されぬ(されていても覚えていないのかもしれませんが…)まま施設に放り込まれ、身の回りには自分の知らない人間ばかり…。

なのに周囲の人間はアルツ君のことを良く知っているという状態です。

自分が置かれている状況を把握できない環境で不安と恐怖にさらされれば、認知症でなくたって、どんな人であってもせん妄状態に追い込まれることはあり得ると思うわけなんです。

あの頃に比べると、すこし状況は変わっていますが、またアルツ君を混乱させてしまうのでは!?という思いがあります。

アルツ君がキノコさんのアパートに来たとしても、多分自分が来たことを次の日には忘れてしまうと思います。

キノコさんのアパートに来るという行為はアルツ君にとっては自分の家に帰るということとほとんど同じような感覚だと思います。

その感覚はアルツ君にとって、けっして嫌な感覚ではなくて、むしろ『楽しい』、『懐かしい』、『帰りたくない』という感覚だと思います。

でもアルツ君はキノコさんのアパートにいつまでもいるわけには行きません。

自分の入所している特別養護老人ホームに帰らなくてはなりません。

アルツ君が特養に戻り、その日は穏やかに眠りについたとして、次の日辺りが問題です。

認知症の人は記憶は消えても、感情だけは残ると言いますから、キノコさんのアパートに行ったことの記憶は消え、楽しかった時の感情だけが残るかもしれません。

良い方向にこれが作用してくれればよいのですが、再び以前のような混乱を招くのではないかというのがヤッチの考えです。

施設でひどい興奮状態に陥り、暴れ出すようなことも無きにしも非ずではと考えちゃうわけです。

(^^ゞ

まあ、大丈夫だとは思うのですが、つい最近アルツ君はキノコさんのアパートに来たばかりですから、もう少しインターバルを開けて、様子を見た方が良いような気もするのですが、即行動の姉なので引き止めるのも難しそうです。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

それで、ちょっと気になったことがあるのですが、今お話ししたせん妄についてです。

アルツ君にせん妄が有るのか、有ったのかということは少々微妙なところですが、このせん妄状態は、認知症だからなるとか、認知症の薬でそうなるということだけではないようなのです。

ちょっとこわい話ですが、胃薬の副作用としても起こりうることがあるそうなんです。

多くの方はこんなことはとっくの昔に知ってたよとおっしゃるかもしれませんが、御存知ない方もいらっしゃるようなので書き記しておきたいと思います。

今申し上げた胃薬ですが、胃薬にもいろいろな種類がありますが、ここで問題になるのはH2ブロッカーという薬です。

ガスター』と申し上げたらピンとくる方も多いのでは!?

本来この薬は簡単に言ってしまえば、胃酸の分泌を抑える薬です。

ちょっと細かく言えば、H2ブロッカーはヒスタミンをブロックする薬です。

H2はヒスタミン受容体のこと…。

ヒスタミンとは何ぞやという話が出て来てしまいますが、身体の中でいろいろな働きをする物質という風に考えとくのが無難かな!?

このヒスタミンの働きの一つに胃酸の分泌を促すというのがあります。

細かく言えば、ヒスタミンはヒスタミン受容体と結合し胃酸を分泌します。

でH2ブロッカーは胃粘膜のヒスタミン受容体を遮断することで、胃酸の分泌を抑え、結果として胃炎や胃潰瘍を治していくというものです。

何だかわかりづらい説明で申し訳ありませんが、多くの胃薬は胃酸を中和するのに対し、胃酸の分泌を抑制するのがH2ブロッカーなのです。

ちなみに竹下佳江選手は名セッターです。

なぜ、この胃薬がせん妄を引き起こすのか?

本来H2ブロッカーは胃内部のヒスタミン受容体にしか作用しないはずなのに、脳内でも作用してしまうというのが定説になりつつあるようです。

これはとりわけ高齢者に起こりやすいということもわかって来ているようです。

ハッキリ断言できることではないかもしれませんが、H2ブロッカーは認知症の人が飲んだり、高齢者が飲むには注意が必要だということになるんでしょうか…。

ということは、抗ヒスタミン系の風邪薬もけっこうあるわけで、これらにも注意が必要ということにもつながってくるかもしれませんねえ~。

もし、御家族に認知症の方や高齢者がいらっしゃる場合は、今一度お医者さんから処方されている薬を確認し、もし今のような薬が含まれていれば、お医者さんと相談の上、処方薬の見直しをした方が良いかもしれません。

アリセプトも多量に服用するとせん妄になると聞いたことがありますし、もしかしてせん妄の原因を調べている方がいらっしゃるとすれば、アリセプトやメマリーだけでなく、他に処方されている薬にせん妄を引き起こす引き金になっている薬がないか今一度調べてみる必要もありそうですね。

ふざけた記事ばかりが続いていたので、たまには真面目な記事を書いてみました。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

[参考記事]


ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : せん妄 認知症 H2ブロッカー ガスター 副作用 ヒスタミン アリセプト メマリー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-327.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/09/02 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

認知症の薬の副作用について

2012/09/23 (日)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先日、ニュースで『にやける』という言葉を本来の意味とは違う風に理解し、誤って使っている人が70%を超えるというのをやっていました。

『にやける』の本来の意味は『なよなよしている』なのに『薄笑いを浮かべている』と答えた人が全体の70%以上に上ったというものです。

『にやける』を漢字で書くと『若気る』らしいですよ。

ヤッチも間違いなく、『にやける』というのを、『にやにやする』と考えていた一人で、これを今後も改めるつもりはありません。

( ̄^ ̄)キッパリ!

他に
『割愛する』
(誤った例)『不必要なものを切り捨てる』
(本来の意味)『惜しいと思うものを手放す』

『失笑する』
(誤った例)『笑いも出ないくらいあきれる』
(本来の意味)『こらえ切れず吹き出して笑う』

などが取り上げられていました。

ヤッチがアルツ君のことを文章にする場合、

『失笑して顔がにやけてしまいました。』

と書いたら、これを本来の意味で使うと、

『こらえきれずに吹き出してしまい、顔がなよなよしてしまいました。』

ということになるのでしょうか…(失笑)。

確かに今のヤッチは顔面麻痺なので、顔がにやけて(どっちだー!!)いますが、このニュースをみた時はちょっと失笑(どっちだー!!)してしまいました。

ヤッチのみていたニュース番組では、他の言葉も取り上げていましたが、うろ覚えなので割愛(どっちだー!!)しましょう。

(●`w´●)ニァ・・

言葉を誤って理解しているわけではありませんが、漠然と理解しているものも結構たくさんありますよね!?

例えば、『公序良俗に反する行為』。

これを見て、お風呂屋さんとか、スケベチックなものが頭に浮かんだ方は間違いなく、ヤッチと思考回路は一緒です。

(^^ゞ

この言葉も非常によく目にしますよね。

なにかの契約やら登録をしようとすると、利用規約のようなものに必ず出て来る言葉です。

この言葉が出てきただけで、文章の内容も確かめずに、『同意する』をクリックした方は、やはりヤッチと同じ性格の持ち主です。

v(-∀-)vヤッタネ♪

多分、後で『聞いてねーよ!!』というタイプです。

\(^o^)/

おバカなヤッチ、先ほどこれをネットで調べてしまいました。

……(引用文~始)……

民法第90条
条文
(公序良俗)
公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。
Wikibooksより引用


公の秩序は国家および社会の一般的利益を、善良の風俗は社会の一般的倫理をそれぞれ意味する。しかし両者は一体的に扱われるべきであり、両者を厳密に区別する実益はないとされている。

民法は私的自治の原則を採用しており、私人の生活においてはその自由が尊重される。具体的には、法律行為はその当事者の意図した通りの効果が認められる法律行為自由の原則が挙げられる。しかしながら、法律行為の自由を無制限に認めると、公の秩序や善良の風俗が害されるおそれがある。このため民法は90条において、公序良俗に反する事項を目的とする法律行為を無効としたのである。

なお、民法90条は一般的・概括的に公序良俗に反する法律行為を無効とする規定であるが、民法にはこの他にも、公の秩序を具体化した規定としての強行規定が多数おかれている。

……(引用文~終)……

せっかくわかっていたような気がしていたのに、余計わからなくなってしまいました。

(-_-;)

『誹謗中傷』なんていうのも、けっこう自分でもわかっている風に使ったりしています。

『誹謗』と『中傷』の違いは?

なんて、もし聞かれたら、おそらく襟足がじっとりとして、加齢臭が増量します。

(゚∀゚ ;)タラー

『公序良俗に反する行為、他人を誹謗中傷する行為が発覚した場合は、退会の手続きを取らせていただく場合があります。』

なんていうのを見た日には、『お前は中国人かっ!!』と突っ込んでやりたくなります。

この場合の、『中国人』も誹謗中傷に該当するのでしょうか…。

(・・;)

ちょっと整理してみました…。

『社会的な妥当性に欠ける法律行為や契約は、最初から無かったことになります。他人をけなしたり、悪口を言ったりしたときは、退会してもらいますよ。』

ん~…。

だいぶ近づいてきましたね…。

結論!!

『いい子にしてないと怒るよっ!!』

勝手に結論を出してしまいましたが、今、書いてきたような言葉を我々は視覚的、直感的にとらえることが多くなってきているんじゃないですかねぇ…。

読書離れが進んでいると言いますが、PCやスマホの普及で文字を見る機会むしろ増えているのではという気もします。

そして、言葉の意味が分からなければ、すぐにネット調べることもでき、脳というハードディスクを回さなくても済んじゃうわけですから、便利になったものです。

その分脳が退化するのではないかという議論も生まれてきますが、無限ともいえる情報を共有出来るわけですから、そんなに悲観すべきものでもないような気がします。

長々と書いてきましたが、今までのは、全部前置きです。

Σ(゚д゚ノ)ノ エェーーーー!?

本当に書きたかったのはここからです。

プリ(*`З´*)プリ

以前、アクセス解析についてという記事を書かせもらいましたが、これをご覧になっていただくと、このブログにGoogleなどから飛んでいらして下さる方のほとんどが『メマリー』という検索語です。

2番目に多い検索語が『メマリー 副作用』です。

3番目が『アリセプト メマリー 併用』。

説明するまでもなく、目的とする情報はメマリーという認知症の薬の情報であり、認知症の薬の副作用やアリセプトと併用した場合はどうなるのかといった情報です。

このブログでもメマリーについての記事をいくつか書かせてもらっていますが、『薬なんて飲まない方が良い』とか、『気合いと根性で直せ』的な精神論ばかりを書いた記事で、医学的な根拠のないものばかりでした。

(^^ゞ

今は、御存知のようにアルツ君は特養に入所しまっているし、認知症の薬として飲んでいるのは、抑肝散だけでメマリーは飲んでいません。

はたして、抑肝散も認知症の薬と言えるかどうか…。

検索エンジンからいらして下さる方になにか参考になる記事をと思っても、書けるような材料が無いのが正直なところです。

(つд⊂)エーン

また、ブログは新しい記事を積み重ねていくような格好になるので、どうしても過去の記事は陳腐化して行ってしまいます。

たぶん、税務署も減価償却費の計上を認めてくれないと思います。

ブログのコメントにしても過去の記事にコメントって不思議としにくいですよね。

これもやはり以前のことですが、アリセプトとメマリーを理解しよう!!という記事で、認知症の薬について副作用が有るか無いかのアンケートを取らせていただいたことがあります。

結局、すぐ次の記事を書いてしまったせいもあって、あまりアンケートに回答いただいた方は多くなかった様子…。

そこで、もう一度このアンケートを復活させて、皆さんのお力を借りようかなと思いついたんです。

たくさんアンケートに回答していただければ、統計として信憑性が増すはずです。

そして、新たにこのブログにいらしてくれた方の参考になってもらえればと…。

他人まかせで、自分では何もできませんが、もし、御自身の近辺に認知症の薬を服用されている方がいらっしゃいましたら、副作用が有るのか、無いかアンケートでお答えいただけるとうれしいです。

アンケート形式にした理由はコメントを書くよりも気楽に投票できるのではないかと考えたからです。

アンケートは面倒臭いよという方もいらっしゃると思います。

その場合は、この記事にコメントして下さるようお願いします。

アクセス数がそんなに多くないブログなので、一足飛びに回答して下さる方が増えるとは思いませんが、気長に続けたいと考えています。

是非ぜひよろしくお願い申し上げます。




※上記リンクを押すと、このブログのアンケートを設置している記事(アリセプトとメマリーを理解しよう!!)にジャンプします。
  • 多少読み込みに時間がかかるかもしれませんが、アンケートが表示されるまでそのままお待ちください。
    (表示されない場合はページ下にスクロールしてアンケートを見つけてください。)
  • 参加されなくても投票結果だけご覧になることもできます。
  • 残念ながら携帯電話からアンケートに参加はできません。


ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 3 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー アリセプト 認知症  副作用 併用 抑肝散 アンケート 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-340.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/09/23 | コメント (3) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

« 前のページ  全 3 頁  次のページ »

▲TOP