アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 介護保険 の検索結果  8 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

転倒の連鎖

2013/03/23 (土)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

最近、FC2ブログにアクセスできなくなることが頻繁に起こります。

(-_-;)

同じFC2でも掲示板にはアクセスできたりするので、サーバーかなにかの不具合なんでしょうかねえ…。

(-_-;)

FC2の最新障害情報・メンテナンス情報ブログと言うのがあって、何か障害やメンテナンス等があれば、ここに『お知らせ』なりが載るわけですが、ここに繋がらないので、全く無意味…。

(-_-;)

繋がらない時間はそんなに長くはないので、ご訪問いただいている皆さんには、大変迷惑な話しですが、少し時間を置いてからアクセスするなどしていただけるとありがたいです。

m(__)m

さて、先日アルツ君が特養で転倒するという記事を書かせていただきました。

[関連記事:パーキンソンロード

今度はアルツ君ではなく、キノコさんが転倒してしまいました。

(´゚д゚`)アチャー

転倒したのは、アルツ君のところへキノコさんが面会に出かけたその日の夕方…。

木曜日の夕方ということになります。

30分以上もかけて、アルツ君のいる特養にシルバーカーを押しながらエッチラオッチラ歩いて出かけていくキノコさんですが、最近介護保険のレンタルで新しいシルバーカーを調達したばかり…。

要支援から要介護1の認定になっているキノコさん、ちょいと独りで遠出させるのは可愛そうな気もするのですが、アルツ君のところに面会に行くようになってからは、歩行もしっかりとまではいきませんが、シルバーカーを押していさえすれば、以前に比べると格段に改善されています。

新しいシルバーカーにまだ慣れていないかったせいでしょうか…??

長旅のお疲れがマックスだったのでしょうか…??

キノコさんのアパートの敷地内に入ったところで転倒してしまったようです。

転倒した場所は、アパートの自転車置き場(10m程度)を通り抜ければ、もうすぐキノコさん部屋という場所です。

ヤッチのアパートの部屋のドアを開ければ、自転車置き場が見えます。

キノコさんがアルツ君のいる特養から帰って来る時は、アパートの目の前の駐車場を抜け、ヤッチの部屋の前を経由して、ちょっとしたスロープを上がれば、もう部屋に着いたも同然です。

不幸はこのスロープの小さな段差のところで起きたようです。

転倒場所

段差01

段差02


キノコさんが転倒したという木曜日の夕方はヤッチは不在で、このことを知りませんでした。

次の日の金曜日の朝になって、キノコさんからの電話がヤッチに入ります。

キノコさん:「もしもし、あんたもう燃えるゴミを捨てにいった?」

この日は可燃ごみの取集日。

ゴミ置き場はアパートの前の駐車場の隅に有ります。

ヤッチ:「うん、もう捨てに行ったよ。何で?」

キノコさん:「なんでって…。悪いんだけど私のゴミも捨てに行ってくれないかしら…?」

ヤッチ:「なんか有ったのか?」

キノコさん:「うん、ちょっと…。」

ヤッチ:「わかった。今、そっちに行くよ。」

キノコさん:「悪いわね…。」

ヤッチは部屋を出てキノコさんの部屋に向かいます。

キノコさんの部屋のカギは掛かっていないようです。

ヤッチはノックして、キノコさんの部屋のドアを開けます。

ヤッチ:「なに?どうかしたのか?」

キノコさん:「実は昨日、自転車置き場のところで転んじゃって…。」

見ればキノコさん、鼻の頭を擦りむいて、おでこに10円玉大のアザを作っています。

ヤッチ:「えっーーー!!昨日のいつ?」

キノコさん:「おじいちゃん(アルツ君)のところへ行った帰り…。」

ヤッチ:「誰かに起こしてもらったのかい?」

キノコさん:「いやあ、誰もいないから一人で起き上がったわ。」

ヤッチ:「で?」

キノコさん:「自転車置き場のところ、ちょっと坂になってるでしょ?あそこでシルバーカーを押したら、何だか引っかかって、前に押せなくなっちゃったのよ…。」

ヤッチ:「それで前につんのめった…??」

キノコさん:「そう。段差になってるところをガリガリ押したら、今度はスーッと前にシルバーカーが乗り上げちゃって…。その拍子にシルバーカーと一緒にひっくり返っちゃったのよ…。」

ヤッチ:「怪我したのは顔だけ?」

キノコさん:「それが足も打っちゃって…。」

ヤッチ:「それでゴミを捨てに行けないってかぁ…?骨は大丈夫なのか?」

キノコさん:「膝の下あたりが打ち身になってるだけなんだけど、歩こうと思ったら、どうも自信が無くて…。」

ヤッチ:「医者でレントゲン撮ってもらった方がいいんじゃないかあ?」

キノコさん:「いやあ、骨だったらもっと痛いわよ。何とか歩こうと思えば歩けるんだけど、また転んだりしたらこわいから…。」

ヤッチ:「ゴミは俺が捨てておくよ。これじゃあ、当分旦那さん(アルツ君)のところへも面会に行けないし、買い物も無理だなあ…。」

キノコさん:「そうねぇ…。」

ヤッチ:「だんだん痛くなってくることもあるから、我慢しないで早く言えよ?骨が折れていないといいんだが…。」

キノコさん:「多分、大丈夫よ…。」

ヤッチ:「ところでエサはあるのか?」

キノコさん:「朝ご飯のこと?朝はパンがあるし…。朝食べたら、お昼もそんなにいらないだろうし…。」

ヤッチ:「夜ご飯は?食べたいものが有れば買ってきてやるよ?」

キノコさん:「別に…。」

ヤッチ:「別に何よ?朝から夜ご飯のことは考えられないってか?足りないものとかはないのか?」

キノコさん:「それも今のところ、無いわ。」

ヤッチ:「夜ご飯のおかずはホントに買って来なくても大丈夫なのか?まあ、なんか有れば電話をちょうだいよ?」

キノコさん:「うん…。家に有るもので、何とか済ますわ。無きゃ無いで…。」

ヤッチ:「無きゃ無いで?」

キノコさん:「戦争中だと思えばいいのよ。」

キノコさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 転倒 特養 シルバーカー 介護保険 アパート 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-395.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2013/03/23 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

What You Want

2015/12/21 (月)  カテゴリー: キノコさん
▲ Page Top
sheepskinboots

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

ずっと母キノコさんのことを書いていなかったので、キノコさんについて書きたいと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、我が母キノコさん、父アルツ君が特別養護老人ホームに入所が決まるのとほぼ同時期にアパートで独り暮らしを始めました。

ヤッチの部屋のあるアパートは2棟同じような建物が建っていますが、キノコさんはその別棟に住んでいます。

アルツ君と同じ生まれ年で、現在(2015年)87歳です。

キノコさんもヤッチも時折互いの部屋を訪れたりしますが、ほとんどのキノコさんとのコミュニケーションツールは電話です。(しゃべり相手が少ないせいか、電話をすると、なかなか電話を切らせてくれましぇん。)

目と鼻の先に居るというのに、逆に直接会う頻度は少なくなるものですね~。

そんなキノコさんですが、今までは介護保険の要支援1でしたが、今は要介護2です。

週に2回程度、介護保険を使って、部屋の掃除など、ヘルパーさんにいらしていただいて訪問サービスを受けています。

要介護2になったことは、今年の秋にキノコさんのケアマネさんから聞かされました。

どうして要支援1から要介護2なったのか、ケアマネさんからお伺いしていませんが、多分足腰がだいぶ弱ってきていることではないかと…。

電話で話をしていても、話が長いことを除けば、物忘れなど認知機能の衰えは感じません。

ただ、歩行がおぼつかなくなってきていて、アルツ君が特別養護老人ホームに入所してからしばらくは、自分でシルバーカーを押し、自分の足で面会に出かけていましたが、今は車椅子で送迎しないと無理…。

まあ『老化』という言葉でかたづけてしまえばそれまでですが、歩けなくなってきた主たる原因を考えた場合、ヤッチ的にはキノコさんのハンマートゥが原因じゃないかと思うんですよね。

これが治りさえすれば、以前と同じようにとはいかないまでも、また少しは歩けるようになるんじゃないかと考えています。

ご存知かもしれませんが、ハンマートゥというのは、足の指が曲がったまま元に戻らなくなった状態のことです。(金づちのつま先~直訳)

キノコさんの場合は足の中指が特に大きく曲がってしまっています。

ハンマートゥの原因の一つにサイズの合わない靴を履いているせいだというのがありますが、キノコさんもどうやらこの口です。

足のアーチ構造を修復しないかぎりり根治しないという話も…。

ヤッチが言ったところで、言うことを聞きやしませんからね~。

かかとのすり減った靴も後生大事に取っておいて中々捨てないタイプ…。

サイズの大きい靴を購入し、冬場は靴下を2枚重ね履きするので、当然、夏場などの暑い時期は同じ靴でもユルユルの図式です。

足の指が曲がったままで、痛くないのならまだ生活に支障をきたすことは無いのかもしれませんが、キノコさんの場合は、曲がった足の指の腹にマメ(タコ?)のようなものができてしまい、歩くたびにそこが刺激され、痛むのだそうです。

また、足の指が曲がってつま先が膨らむので、靴を履くと足の指の背のほうも圧迫されて痛むようです。

足の指が痛むのであればどうしたって歩く機会は減ってきますし、治癒したとしても歩く筋力を取り戻すのは容易なことではありません。

一応、定期的な内科の診察の時に、かかりつけの先生の診察を受けていますが、なかなか治りません。

外出するときも、福祉用具で購入した室内履き(サンダルに近い?)のような、つま先が開いた靴を履いています。

さすがにこの靴では雨の日や寒い冬の日ではかわいそうな状況…。

第一つま先の開いた靴を屋外で履けば、ケガの危険が伴います。

なので、ヤッチ、先日、キノコさんにブーツをプレゼントしました。

楽天市場でネット購入し、キノコさん宛の住所に送ってもらうよう手続きしました。

足型に合った介護用の靴も検討しましたが、足型に合っているとはいえ、窮屈な靴を履かせてしまってはますます歩く機会が減るのではないかと考え、この際、リハビリは捨ておいて、防寒のみを重視したムートンブーツです。


ムートンブーツ
ムートンブーツ レディース
1,280円(税込、送料込)
(2015年12月現在の価格)

ムートンといってもフェイク(合成皮革)です。

値段は税込み、送料込みでな、なんと1,280円(2015年12月現在)。

これなら、ワンシーズンで履きつぶしても納得いく金額です。

表記はありませんでしたが、本体価格にしたら、500円とか600円の品物かもしれませんね。

ヤッチなら高価なものをプレゼントするだろうと思ったそこのアナタ、それは大きな間違いです。

当然UGGやEMUのものでもありません。

色は定番色のキャメルやベージュにしようか迷いましたが、『派手じゃない?』と言われそうな気配もあるので、無難な黒を注文することに…。

ネット購入だと、実際の色や履き心地、風合いなどを確かめられないのが難点ですが、黒ならイメージに近いものが届くだろうというヤッチの安易な発想です。

ロングだと年寄りなので脱ぎ履きが難しいだろうと、できるだけショートのものを探していたら、ベリーショートを発見、さっそくクリックです。

サイズについてですが、キノコさんは普段24.0cmの靴を履いています。

これがぴったりのサイズなのかは疑わしいところですが、このショップでは、S、M、L、LLから選択するようになっていたので、レビューを読んで、やや大きいかなと思われるLサイズ(24.0~24.5cm)を購入です。

大き過ぎれば中敷きで調整です。

キノコさんには本人宛てに荷物が届くことを事前に教えておきました。

まさか頼んだ翌日に商品が届くと思っていませんでしたが、翌日の夜にキノコさんから電話がヤッチの元へ。

キノコさん:「あんたが頼んでくれたブーツが届いたんだけど、お金を払わなくていいの?」

ヤッチ:「清算済みだよ。」

キノコさん:「あら、悪いじゃないの。払うわよ。」

ヤッチ:「一足早いクリスマスプレゼントでいいよ。1,280円だけどな~。」

キノコさん:「え!そんな値段なの?送料も入れて?」

ヤッチ:「そうだよん。」

キノコさん:「そんな値段には見えないけどね…。」

ヤッチ:「え?よくなかった?」

キノコさん:「違うわよ。逆よ。とってもそんな値段に見えないくらい素敵なブーツっていう意味よ。」

ヤッチ:「じゃあ、128,000円にしとく?」

キノコさん:「…。」

↑ 冗談が通じない職人の妻…。

ヤッチ:「で、履いてみたの?」

キノコさん:「いや、まだ。あんたに見せてからのほうがいいかと思って…。」

ヤッチ:「別に俺が履くんじゃないからいいのに…。」

キノコさん:「でも、私の部屋に来て見てよ。」

ヤッチ:「わかった。じゃあ、今そっちに行くよ。」

ヤッチは自分の部屋を出てキノコさんの部屋に行きます。

ヤッチ:「どう?お気に召さなかった?」

キノコさん:「いやあ、そんなことないわよ。とっても素敵よ。梱包されてた箱だって、とても丈夫そうで立派よ。」

ヤッチ:「つったって、靴の箱でしょ?」

キノコさん:「まあ、そうだけど…。それにこのブーツ、本革みたいね?」

ヤッチ:「本革じゃないよ。合成皮革だよ。」

キノコさん:「だから、本革なんでしょ?」

ヤッチ:「違うよ。合成皮革っていうのは、ニセモノの革ですよっていう意味だよ。」

キノコさん:「あら、やだ。『革にあい成りました。』って、どこかに書いてあったから。」

ヤッチ:「夫婦で漫才やるのは結構な話だけど、ボケが二人じゃ成立しないぞ?」

キノコさん:「失礼ね。まだ、頭のほうはしっかりしてるわよ。」

ヤッチ:「…。で、ちょっと履いてみなよ。きつくて入らなかったら、返品する都合もあるからさ。」

ヤッチは椅子に腰かけているキノコさんに部屋の中でムートンブーツを履かせます。

ヤッチ:「柔らかそうな素材だから、あまり長くて履きにくかったら、折り返して履いてもよさそうだな…。で、どう?痛くない?」

キノコさん:「痛くないわ。フカフカして温かいわ。」

ヤッチ:「ちょっと、立って歩いてみん?」

キノコさんが立ち上がります。

ヤッチ:「どう?痛くならない?」

キノコさん:「うん。平気だわ。靴下をもう一枚履いたら、多分ピッタリよ。」

ヤッチ:「まーた、そんなこと言ってるのかよ。もう一枚履くなら、足の皮の内側に履けよ。」

キノコさん:「…。」

ヤッチ:「どう?明日から履いてどっか行って来れば?」

キノコさん:「なんだかもったいないようだわね…。」

ヤッチ:「中のボアが抜けるって書いてあったから、冬が終わるころには、俺の頭のようにテニスコートの外に落ちてるテニスボールだよ。」

キノコさん:「そうかしら?箱だって立派だし、高級なんじゃない?」

ヤッチ:「満足いただけた?」

キノコさん:「満足、満足。この箱なら、お裁縫道具を入れるのにちょうどいいわ。」

欲しいのは箱かいっ!

キノコさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ




ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : 特別養護老人ホーム 介護保険 要支援 要介護 ケアマネ ハンマートゥ ムートンブーツ ブーツ 合成皮革 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-536.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2015/12/21 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

こえでません。

2019/10/07 (月)  カテゴリー: 兄
▲ Page Top
片付ける前の兄の部屋


土曜日、日曜日を利用して、兄の部屋の片づけをしてきました。

はじめて上がる兄の部屋です。

関連記事:
兄が亡くなりました

兄の部屋の隣の住人が物音を立てると、クレームを言ってくると、聞いていたので、あまり掃除をしていなかったようですね。

とにかく、ホコリっぽい…。

靴下で、『雑巾掛け』をしているようなものです。

最近、福祉事務所のケースワーカーさんが、巡回訪問などで、部屋を訪れるとき、『どうぞお上がりください。』と申し上げても、部屋に上がりたがらないのは、このせいかもしれません。

別の理由が、あるのかもしれませんが、『雑巾掛け』をしたくないし、前に訪れた人の部屋が、ゴミ屋敷だったりすると、白い靴下が、黒い靴下になっていて、恥ずかしいのかもしれません。

ある意味、『ケースワーカーあるある』かも…。

片付けた後の兄の部屋

部屋のカーテンはレースのカーテン一枚(正確には、左右合わせて、二枚です。)だけで、しかも寸足らず。(画像はクリックで拡大できます。)

部屋は、画像の印象より薄暗く、空気がどんよりしています。

アパート(集合住宅)ですから、雨戸が無いのは当たり前かもしれませんが、網戸も付いていません。

今年(2019年)の夏にエアコンが壊れたと、聞いていましたが、これじゃあ、モスキートちゃんの餌食になって、窓を開けることもできませんね。

(冬だって、レースのカーテン一枚じゃ、寒いような…。)

介護保険で、ショートステイを使い、何泊していたか知りませんが、暑さをしのいでいたのも、わかるような気もします。

でも、もし介護保険の要介護度認定を受けていなかったらと、考えると、鳥肌もので、暖を取らないと、いけませんね~。

で、この兄の部屋ですが、片づけても、結局、部屋に残っている荷物は、すべて廃棄処分です。

区が提携している運輸会社によって、ほんの数時間で、全撤去です。

母キノコさんが亡くなった時も、軽自動車3~4台で、ものの1時間で、部屋の荷物は、全部、無くなってしまいました。
関連記事:
母、キノコさんが他界しました
↑ [2018/5/17] の様子

遺品として、残しておかなければいけないようなものが、見つかるかもしれないので、『放置』というわけにはいきません。

最近は、携帯電話等が普及しているので、遺影になりそうな写真は出てきませんね。

ヤッチのスマホにも兄の写真は一枚もありません。

兄の部屋で、兄の結婚式の写真が出てきましたが、ちょっと遺影にするのは難しそうです。

一応取っておいて、兄の娘に見せてあげようかと。

あと、兄が娘と、音信不通になるまでの間の、娘からもらった年賀状が大事に取ってあったので、確保しました。

義歯(入れ歯)も残されていました。

もう、口をこじ開けられないよな…。

他にも何点か、見つけ、ゲットしておきました。

兄が、亡くなるまでの様子を伺い知るような物や書類が、ちょいちょい出てくるので、中々作業が進みません。

今年(2019年)の9月は、訪問診療で、医師が頻繁に訪れていた様子です。

また、訪問看護ステーションの看護師さんは、毎日、いらしてくれていたようです。

今年(2019年)9月16日の血液検査の記録も出てきましたが、CRP値(炎症反応)が、9.80…。

基準正常値は0.30以下ですから、もうヤバヤバです。

そして、この頃の兄は、筆談でしか、コミュニケーションが取れなかった様子です。

もともと、確か左耳の聞こえが悪かったので、なおさらかもしれません。

あまり耳も聞こえていなかったんでしょうね…。

弱い筆圧01

縦書きかな?

何て、書いてあるか、わかりません。(画像はクリックで拡大できます。)

筆圧が弱いのは、よくわかります。

もともと、紙が破けるんじゃないかと思う程の強い筆圧の持ち主だったので、ヤッチの目には、余計、筆圧が弱いように感じます。

追記(2019/10/08)
縦書きにしてみました。
縦書きの画像


こえでません。


たぶん、訪問看護師さんとのやり取りか、ヘルパーさんとのやり取りです。

『こえでません。』(声がでません。)という文字が見えます。(画像はクリックで拡大できます。)

兄が、書いたものでは無い可能性もありますが、声が出なかったのは事実と思われます。

体力が落ちて声が出なかったんでしょうね。

『食道がん』ですから、なおさらのことでしょう。

この後、入院になって、亡くなるわけです。

兄の入院中持っていた携帯電話を、葬儀社から預かってきましたが、なぜかメール(ショートメール)のやり取りばかりです。

ほとんど、ヘルパーさんや訪問看護師さんのとのやり取りです。

入院中のやり取りではなく、入院前のやり取りです。

聞こえても、声が出なくては、話すことはできませんからね。

キー操作も、きつかったのではないかと思います。

途中で途切れて、文章として成立していないものも、多数ありました。

ほんの数文字で、送信し、何度も何度も、次の文言を入れ、また送信を繰り返していた様子です。

ヤッチが、そばにいれば、通訳を買って出れたんですけどね…。

なんで、近くに住んでいたのに、ヤッチは、気づいてあげられなかったんでしょう。

母キノコさんが、まだ元気の頃は、兄もキノコさんの部屋に出入りしていましたから、キノコさんを通して、兄の様子を伺い知ることができました。

母キノコさんの要介護度が増すに連れ、兄がキノコさんの部屋を訪れることは、ほとんど、なくなりました。

ヤッチが、兄を、キノコさんから、遠ざけていたせいです。

このころから、ヤッチと兄とのコミュニケーションは、皆無になってしまったわけです。

兄に対して冷たい態度を取り続けなければ、もしかすると、兄の命は、もっと長かったかもしれません。

兄の生きているうちに、娘と再会させることもできたはず…。

『便りのないのは良い便り』は、間違った考え方かもしれませんね…。

ホントに、不憫な兄です…。

そして

ホントに、○○なヤッチです…。



お詫び
2019年10月07日の20時30分くらいまで、あやまって、この記事にコメントできないような設定にしていました。
現在はコメントを投稿できるように、設定変更しています。(コメントできます。)



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 雑巾掛け ケースワーカー 介護保険 遺影 訪問診療 訪問看護 CRP 筆談 筆圧 コミュニケーション 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-589.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2019/10/07 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

« 前のページ  

▲TOP