アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: 不動産 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

新たな展開

2012/04/02 (月)  カテゴリー: アルツ君
▲ Page Top
明日の朝10時半に家族がアルツ君と高齢者相談センター(地域包括支援センター)の取り計らいにより、面会できることが決まりました。

まだ、アルツ君が今入所していると思われる老人保健施設(老健)での面会はさせてもらえないので、高齢者相談センターがある総合福祉事務所内の一室をお借りしての面会ということです。

家族全員といっても、兄は自分の住む物件のことで不動産屋さんと約束が有るということで、面会には行きません。

ヤッチも当初、面会を辞退しようと考えていましたが、姉の一言で決定です。

姉:「お前も一緒に行くんだからね!!キノコさんもだよ!!」

当然逆らえるわけもなく、鶴の一声と言ったところでしょうか…。

ヤッチも従うことに決めたのですが、家族のだれも、アルツ君が今いる施設の様子が分からないので、何を差し入れして良いかもわかりません。

でも、三人の完全一致の意見が一つだけあります。

アルツ君の大好きなボタモチの差し入れです。

許可されるかはわかりませんが、とりあえず、ダメ元で持って行こうという意見です。

今日の内に買ってしまうと、固くなってしまうので、センターに行く直前にどこかで購入して行こうと…。

姉:「パパ泣いちゃうかもしれないかもしれないけど、明日だけはみんな我慢だよ。」

姉が言い放ちます。

なにやら自分に言い聞かせているようにも思えます。

明日は面会と言っても、アルツ君がどんな感情を持って施設で過ごしているのかを冷静に観察しようという日でもあるのです。

どんな展開になるかは想像はつきませんが、少しの身のまわりの品や着替えなども持って行くことに決めました。

しばらくアルツ君の声も顔も見ていないので、ヤッチがアルツ君と会ってどんな表情になるのか、自分でもまったく想像がつきません。

そして、もう一つ新たな展開が有ります。

キノコさんの独居での生活保護の申請です。

これについては、キノコさんが決めた部屋への入居日を決め、不動産屋さんから日割り計算した費用の見積書を役所へ提出し、これについて不備が無ければ、独居が許可されそうです。

今日の朝に福祉事務所の生活保護担当の係長さんに会って直接話をしたので、雰囲気的にはスムーズに生活保護を受けられるようになりそうです。

さらにさらに、新たな展開として、火曜日に予定していたヤッチの耳の診察です。

鼓膜に水が貯まったところを耳鼻科で穴をあけてもらって、水を抜いてもらい、一旦は快方に向かっていたのですが、再び耳の聞こえが悪くなってしまっていたので、以前診ていただいた耳鼻科に診察の予約を入れていました。

キノコさんも以前から耳鳴りの症状が有ったので、この機会に役所に治療を受けられるようにお願いして書類を書いてもらい、ヤッチと同じ耳鼻科で一緒に診察してもらおうということになりました。

これもスムーズに医療券が出て、二人で耳鼻科で診察を受けることができました。

キノコさんの場合は、原因はわかりませんが、鼻と耳を結ぶ管が拡がってしまっているとの事…。

耳鳴りがする際は、目薬を鼻に点鼻薬がわりにさしてもらう方法がとられました。

目薬を鼻からさすという意外な発想にビックリです。

ヤッチの方はというと鼓膜に貯まった水は抜くほどのものではないとの事。

鼓膜に開けた穴も塞がりつつあるとの事。

しかし、聴力検査をやりましたが、聴力がやはり回復していないようです。

先生が首を傾げます。

先生:「聴力が改善されていないようですね~。最近なにか心的なものが有りますか?」

正直、有り過ぎて売りさばきたいくらいです。

ヤッチ:「はい、最近、考えさせられるようなことばかりが続いています…。」

先生:「やはりそうですか…。ストレス性のものかもしれませんねぇ…。それではホルモンを注入して、しばらく様子を見て、もう一度検査をしましょう。お薬を欠かさず飲んで、その上で木曜日か金曜日にもう一度検査をしましょう…。」

ちょっと予期していたものの、やっぱりショックです…。

プレドニン錠5mgという薬を最初の2日間は朝昼夕食後に3錠づつ飲んで、3日目からは朝昼食後に2錠づつ飲んで、日を追うごとに少しずつ薬の量を減らしていくという面倒な薬の飲み方です。

かなり強い薬らしいので、一緒に胃薬(ムコスタ錠100mg)を飲むように言われました。

後は、鼻水の薬バイナス錠75mgを朝夕食後に1錠づつです。

たくさん薬を飲みたくないのですが、ここは言われた通り飲んでみるしかありません。

さらにさらに、アンドさらなる新たな展開です。

ヤッチの決めていたアパートですが、チャラになってしまいました。

(-_-;)

信用保証協会の審査は自己破産者にもかかわらず、クリアできたのですが、何でもこの土日に大家さんが知り合いだかなんだんだか知りませんが、別の人と契約してしまったというのです。

またしても、「ふざけんなよっ!!」という話ですが、もう戦闘能力なしです…。

また、不動産屋さんの車で物件巡りです…。

(-_-;)

当初から日当たりの悪い所にだけは住みたくないと希望していましたが、今日紹介された物件はみな日当たりは望めません。

ならば、先日決めたキノコさんのアパートがもう一部屋空いているということだったので、そこに決めようかというところまで来たところです。

値段交渉などキノコさんと同じにしてもらうことで、不動産屋さんと交渉が成立し、不動産屋さんに確認をとってもらうことに…。

ところがキノコさんの物件を見た時に、そこの管理会社のお姉さんは、『もう一部屋、空きが有る。』とおっしゃっていましたが、不動産屋さんに確認してもらったところ、先日の空き部屋は公開していないという返答です。

つまり、貸してくれないんです。

不動産屋さんはもう一つ別の物件を案内してくれましたが、キノコさんの決めた物件と同じ賃料なのに、間取りも狭いし、日当たりもよくありません。

今日のところは物件巡りは打ちきりにして、保留のまま帰って来てしまいました。

(-_-;)

明日からまた物件探しです。

ヤッチが運が悪いだけなのか、生活保護受給者には風当たりがきついのか…。

貸主と不動産屋さんとの電話でのやり取りを聞いていると、不動産屋さんが「福祉を受ける方が入居希望しているんですが…。」と言うと、受話器越しの返答を聞いた後、明らかに不動産屋さんの顔が曇ります…。

亡命しちゃおうかなっwwww。

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 12 件
ツイートする

キーワード検索 : 高齢者相談センター 老人保健施設 生活保護 医療券 プレドニン 不動産 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-273.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/04/02 | コメント (12) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP