アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: ドリップ式 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

探し回る職人

2011/12/28 (水)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

さてさてアルツ君ですが、明け方からやらかしてくれました。

「おい!寒いぞ。何とかしろよ。」

ヤッチの部屋のドアを叩きます。

深い眠りについているヤッチはまだこの時点ではなんのことだかよくわかっていません。

「おい!起きろよ!寒いぞ!」

「なんだよ…。」

眠い目を擦りながら起き上がると、アルツ君が立っているではありませんか。

「寒いんだから起きてくれよ。」

見ればアルツ君の寝巻にしているスェットはビッショリです。

「あっー。やっちまったのかあ?」

「いや。雨が降ってきたんだよ。」

ぼろ屋とはいえ、我が家は今のところ雨漏りはしていません。

(。・´_`・。)エ-

「そりゃあ。寒いわ…。早く着替えよう!」

どうやったらあんな風にスェットを濡らせるのか教えてもらいたいもんです。

(-_-;)

だっておしっこ漏らして紙パンツは無傷なんですよ。

ぬれているスウェットは下よりも上の方が被害が大きい…。

「よくもまあ。こんな風にうまい具合に濡らしたもんだなぁ…。雑技団からスカウトが来るかもよ!?」

「濡らしたんじゃないよ。汗だよ。」

「汗なら寒くないだろが。」

「そっか…。」

寒い中&暗いうちからアルツ君が汚したトイレ掃除です…。

(-_-;)

月曜日からメマリー(認知症の薬)を増量してもらったばかりなのにこの様です。

(つд⊂)エーン

夕方遅くにも一騒動あります。

キノコさんが買い物に行ったのはいいのですが、間違った品物を買ってきてしまいました。

我が家の朝のインスタントコーヒーです。

アルツ君がバカスカ飲んでしまうので、ヤッチが『安い』インスタントコーヒーでいいんじゃない!?と言ったのが、いけなかったのかもしれません。

詰め替え用でいつもと違うブランドのインスタントコーヒーをキノコさんが買ってきました。

袋詰めになっているやつです。

明日の分が微妙に足りそうもないので、空になりかけた瓶に、そのキノコさんが買ってきたコーヒーをヤッチが移し替えます。

♪うう~ん。いい香り~。

\(◎o◎)/!

勢いよく瓶に新しいコーヒーを流し込んだのは良いのですが、何とドリップ式の挽いたコーヒーじゃないですか…。

\(◎o◎)/!

「これさー。ドリップ式のコーヒーだよ。インスタントじゃないよ?」

「あら!?それじゃあダメなの?」

「ダメじゃないけど、ペーパーで上からお湯を注がないとだよ。」

「そのまま入れれば、溶けないかしら??」

「多分無理だと思うよ。お茶を急須から注がないで、お茶っ葉を直接茶碗に入れて飲むのと一緒だよ。」

「そうなんだぁ…。」

「それに、飲めないことはないけど、旦那さんが朝自分でコーヒーを入れる時、間違ってこれをマグカップに入れたら大変なことになるよ。」

「あらまあ!!どうしましょ?じゃあ、やっぱりいつものインスタントコーヒー買ってくるわ。」

ヤッチが代わりに買い物に行って来ると言ったのですが、自分の買い物が有るとかで、キノコさんが自分で近所のスーパーに出かけてしまいました。

アルツ君も一緒に居たのでキノコさんが出かけたことは知っています。

でもしばらく経つとアルツ君部屋中ウロチョロ…。

img06.gifどうもキノコさんを探しているようです。

まだキノコさんが出かけて5分も経っていなかったと思います。

「おい。ばあさんは?」

アルツ君がヤッチに話しかけます。

「今、買い物に行ったじゃない。」

「えっ。そうだっけ?あいつ俺に一言も声をかけていかなかったぞ!?」

「いやいや。一緒に『コーヒー買いに行く』って聞いてたじゃん。」

「そうかあ…。」

何だか危なっかしい感じなので、アルツ君にちょっと実験をしてみることに…。

メモ用紙とボールペンを用意してヤッチはメモ用紙に『ばびぶべぼ』と書きます。

「この紙になんて書いてあるか読める?」

「そんくらい読めるさよ~。『ばびぶべぼ』だろ?」

「じゃあ。この『ばびぶべぼ』をよく覚えておいて。後で覚えているか質問するから。」

「そんな簡単なことやったって仕方ないじゃないか?まあ、いいや覚えておくよ。」

10分くらい経ったところでキノコさんが買い物から帰って来ました。

アルツ君飼い主が帰ってきたのでちょっとうれしそう…。

シッポを振っています。

ヤッチはアルツ君にさっきした質問をしてみることにしてみます。

「さっき紙に何か書いたよね?」

「紙?俺が?」

「いや。旦那さんじゃないよ。俺が紙に書いて、『後で質問するから覚えておいて』って言ったよね?」

「そんなこと言ったかあ…。」

img14.gif「言ったよ。『そんなの簡単だ』まで言ってたよ。」

「いや~。簡単じゃないな…。」

アルツ君ちょっと困り顔…。

ちょっと考え込みます…。

突然むくっと顔を上げます。

「ああー。思い出した!!『コーヒー買いに行く』だっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ メマリー 認知症の薬 コーヒー インスタント ドリップ式 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-208.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/12/28 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP