アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: ごま和えの素 の検索結果  1 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。

ほうれん草と職人

2011/11/29 (火)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
ほうれん草のごま和え

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日の夕食は鍋です。

アルツ君が野菜不足にならないようにキノコさんが気を遣っていろいろ工夫しているみたいです。

メインは鍋料理ですが鍋とは別にほうれん草のゴマ和えも登場です。

面白いことにキノコさん必ずアルツ君にゴマ和えをかき混ぜさせます。

アルツ君に茹でたほうれん草を皿に入れごま和えの素を手渡します。

「なんだ?これは?ふりかけか?」

「ふりかけじゃないわよ。『ごま和えの素』。それをほうれん草にふりかけてかき混ぜてちょうだい。」

「はい。はい。わかりましたよ~。」

でもアルツ君ゴマ和えの素の封を上手く切れません。

アチャー(´・ω・`)

ヤッチが助け舟を出します。

「こっちに貸してごらん。開けてやるから。」

「あいよ。」

歳をとるとどうしてもこういうちょっとしたことが出来なくなります。

冬物の衣類にしてもチャックが有ったりすると上手く上げたりすることが出来なくてそのまんまなんていう事がよくあります。

ましてやペットボトルのフタを素手で開けるなんていうことは年寄りには至難の業です…。

(-_-;)

「おう。開いた。開いた。ばあさん!これ全部入れていいのか?」

「そうね。一袋全部入れっちゃっていいわよ。」

「ご飯にかけて食べた方が美味いんじゃないか!?」

アルツ君がぶつくさ言いながらほうれん草にごま和えの素を入れてかき混ぜます。

右手には箸を持ち、左手でお皿を押さえながらかき混ぜているのはいいのですが、左手の親指がしっかり皿の中に入っちゃってます。

ヤッチがそれに気づき指摘します。

(-_-;)

「親指が皿の中は入っちゃっているよ。指を突っ込まないでかき混ぜないと…。」

「うん?なんだ?」

「親指!!」

「親指がどうした?」

「ほうれん草が親指と一緒にまぶさってるよ!!」

もうアルツ君の指先はほうれん草で見えなくなってしまっています。

(-_-;)

「親指を皿の中に入れないようにかき混ぜないと…。」

「親指?ああこれかぁ?別に熱くないぞ?」

「いやいや。そういう問題じゃなくて…。」

「難しい問題はダメだぞ。計算できないから…。」

「いやいや。そういう問題とも違うし…。」

「英語はもっとダメだぞ。もっとできないから。」

「そうじゃなくて親指がほうれん草のゴマ和えに突き刺さってるでしょ!?その指をどけてかき混ぜなさいっていうこと。」

「いいじゃないか~。少しくらい…。返って味が出て美味いぞ。」

「手は洗ったんだろうな!?」

「…。」

おぼえている方が不思議かもしれません…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

先日は確かかき混ぜながら家族の分までほとんど全部自分で食べてしまったので油断できません。

(;一_一)

「ちょっと味見してみるかな!?美味そうだな~。」

「全部食うなよ!!」

ヤッチが釘を刺します。

(;一_一)

「わかってるよ!ちょっと味見するだけだよ!」

(;一_一)

大口を開けてごま和えを放り込んでいます。

キノコさんも料理の準備が終わり、鍋の具を食卓に運びます。

「あら。あら。ごま和えでお腹いっぱいにしないでくださいよ。お鍋がまだあるんですから。」

そう言われながらも2口目を大口開けて放り込もうとしています。

(;一_一)

「まあ。まあ。大きな口だこと。まあ。食べてもいいでしょ。ほうれん草のゴマ和えは鉄が豊富だから…。」

「うん?鉄?」

多分キノコさんもアルツ君が貧血だと医者に言われてからその辺に気を遣っているのかもしれません。

どうりで最近ごま和えの頻度が多いわけです…。

(・・;)

「そうよ。そこにはいっぱい鉄が入ってるのよ。身体にいいんだから。」

「えっ!!……じゃあ…。さっき入れたのは鉄粉か?…俺の胃袋錆びたりしないだろうな!?」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ほうれん草 ごま和えの素  

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-179.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/11/29 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。


▲TOP