アルツ君は職人進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
  ※スマホではこのページをご覧になれません。

このページに表示中の記事 (キーワード: おしっこ の検索結果  8 件)
 項目をクリックするとスクロールを省略できます。
2   次のページ »

疲れたときはしじみ汁

2011/08/13 (土)  カテゴリー: 食事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから、第4日目のアルツ君。

今日は、デイサービスに行って来ました。

(*^_^*)

そして、アルツ君の帰って来るころには、姉も、我が家に到着です。

相変わらずの台風姉さんぶりで、アルツ君が帰って来ると、有無も言わさず、近所のスーパーに連れて行きます。

(姉のことについては、⇒ 台風一過 [ アルツ君は職人 ]をご覧ください。)

姉は、スーパーから帰って来るなり、ヤッチを呼びつけます。

姉:「○○ちゃん(アルツ君)が、おしっこ漏らしちゃったから、ズボン取り替えてやって!」

玄関先から、大声で、ヤッチを呼びます。

さすがのアルツ君も、制止します。

アルツ君:「そんなに、大声で叫んだら、俺が、小便漏らしたの、近所に言いふらしてるようなもんだぞ!もっと、小さな声で、呼べよ!」

そう言いながら、結構、アルツ君の声も、大声。

ヤッチからすれば、似たもの親子です…。

(ー_ー)!!

ヤッチが、アルツ君のズボンを脱がしている間、アルツ君は、なんだか、落ち着かない様子。

ヤッチ:「なに?落ち着けよ!ズボンをうまく履かせられないだろっ!」

アルツ君:「そんなこと言ったって、俺のボタモチ、誰かに食われやしないかと思って…。」

姉:「だれも食べたりしないわよ。パパのもん、取ったりしないから!」

姉が割って入ります。

アルツ君:「わかるもんか!!あそこにいるばあさんが、俺のボタモチ、食っちまうかもしれないからな!危ないもんだっ!」

認知症特有の症状なのでしょうか?

冗談めいて聞こえるかもしれませんが、アルツ君はマジです…。

キノコさん:「私はそんなことしませんよ。失礼ね!」

キノコさん特有の症状なのでしょうか?

キノコさんもマジです…。

姉:「無くなったら、無くなったで、また買ってくればいいんだから!パパ、早くズボン履きなさい!」

姉特有の症状なのでしょか?

このアバウトな性格…。

でも、姉のひとことには、アルツ君、従順です。

決して、飼い主には、逆らわない、飼い犬状態です。

ズボンを履かせ終わると、さっそくボタモチに飛びつきます。

『待て!』と、言われて、『よし!』と、言われた犬を想像してください。

キノコさん:「あら。あら。そんなに、慌てて食べたら、喉につかえるわよ。」

キノコさんは、姉がゴミにしたコンビニ袋を、それとなくほどきながら、アルツ君につぶやきます。

姉:「雨が降りそうだから、私は、帰るわね。じゃーね!あっそうだ!?しじみを買ってきたから、パパに飲ませてあげて!じゃーね!」

一方的に言い放って、姉は帰っていきました。

アルツ君:「あー!しじみだって。ばあさん、そんなもん、どこに隠してたんだ?」

キノコさん:「隠しなんかしませんよ。御嬢さんとあんたが、今、買いに行ってきたんでしょう。」

最近のアルツ君は、なぜかキノコさんに、風当たりが強いような気がします。

真面目な性格だから、ちょっと、かわいそうなときもあります。

アルツ君:「わかるもんか!いつも、俺に材木ばっかり、食わしてんだから…。」

ヤッチ:「まあまあ。毒をもられないだけ、マシなんだから…。」

今度は、ヤッチが割って入り、夫婦の仲を取り持ちます。

気が付くと、アルツ君はボタモチを2つ、完食しています。

キノコさん:「あらまあ~。そんな、2つも食べたら、もう、夜ごはん食べられないでしょう?」

アルツ君:「お前が、いつも、美味いもの、食わしてくれないから、先に食っちゃったんだよ。」

認知症の特有の症状に、『とりつくろう』というのが、有ると聞いたことがありますが、今のアルツ君がまさにその通りです。

あー言えば、こー言う…。


結局、大きなボタモチを2つも、食べてしまったアルツ君。

今日の夕飯は、姉が買ってくれた刺身をちょっとと、しじみの味噌汁です。

しじみの味噌汁
花ざかりの森より
写メを取り忘れたので
借り物の画像です
m(__)m


アルツ君:「やっぱり、疲れたときは、しじみ汁に限るるるね〜。」

アルツ君、江戸っ子じゃないのに、巻き舌です。

キノコさん:「そんなに疲れるほど動いてきたの?」

すかさず、キノコさんのチェックが入ります。

アルツ君:「そりゃあ、俺だって、疲れる時ぐらいあるさ。」

キノコさん:「いつも寝てばかりなのに?」

キノコさん:「お前も、失礼だね~。は~は~。それで、俺に、こんなしじみ汁を飲ませてんだな?」

キノコさん:「なに?どういうことなの?」

アルツ君:「『あっさり、死んじまえ。』って、いうこと!」

【翻訳】
あっさり⇒アサリ
死んじまえ⇒シジミ

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : デイサービス 台風姉さん スーパー おしっこ ボタモチ しじみ汁 認知症 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-71.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/13 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

メマリーリターン!

2011/08/16 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止して、7日目のアルツ君。

1週間たったので、主治医のクリニックに再診です。

キノコさんが、アルツ君をクリニックに連れて行きました。

その結果は…。

やはり、メマリーを再び、服用です。

最低量の5mgを、夕食後に飲むように、言われて帰ってきたみたいです。

アルツ君が、眠気を訴えることも、主治医に相談したようですが、薬のせいではないと、言われたそうな…。

高血圧の薬を飲まなくても、血圧は安定しているので、もう一度、メマリーを再開してみようという話になったようです。

結局、服用する薬は以下のようになりました。

【朝食後】
アリセプト10mg(認知症の薬)
バイアスピリン錠100mg (血管内で、血液が固まるのを防ぐ薬)

【夕食後】
メマリー5mg(認知症の薬)


そして、『薬嫌いの職人』も、復活です。

キノコさんが、夕食後に薬をアルツ君に飲むように言いますが、嫌がります。

アルツ君:「どこも悪くないのに、みんなして、俺を病人扱いしやがって…。」

確かに、本人に自覚症状が無いんですから、おっしゃる通りです。

キノコさん:「これは、長生きする薬だから、飲んでちょうだい。」

アルツ君:「そんなもんがあるなら、みんな、死ななくなって、大変だ。」

確かに、これも、おっしゃる通り。

(ー_ー)!!

キノコさん:「どうしたら飲んでくれる?」

アルツ君:「ボタモチ、食わしてくれるなら、考えてやってもいいぞ!」

キノコさん:「そんなこと、言っても、今、ボタモチ、無いもの…。」

アルツ君:「じゃあ、ノーサンキューですね…。」

キノコさん:「そんなこと言わずに飲んでちょうだいよ。」

キノコさんが、無理やり、口に放り込みます。

アルツ君:「んん…。まずいっ…。」

あわてて、アルツ君は、水を飲み干します。

アルツ君が、ぼそりと、つぶやきます…。

アルツ君:「ああ~あ…。おしっこ、漏らしちゃった…。」

???

キノコさん:「なに?また、漏らしちゃったの?」

アルツ君:「ち・が・う・!押し込まれちゃった!」

???


【翻訳】 おしっこ、漏らしちゃった
=押し込まれちゃった
=薬を押し込まれちゃった


キノコさんの聞き違いです…。

キノコさん

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント



ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 0 件
ツイートする

キーワード検索 : メマリー 認知症の薬 アリセプト バイアスピリン ボタモチ おしっこ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-74.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

敵を知り己を知れば百戦危うからず

2011/08/17 (水)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
▲ Page Top
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

最近、アルツ君の小失禁の頻度が、多くなって、紙パンツの消費量も、ハンパじゃないものに、なりつつあります。

デイサービスで、小失禁をしてしまったのが、最初です。

当然、予想していないことですから、替えのパンツなど、用意していません。

デイサービス側で、用意してくれて、施設の方が、紙パンツを履かしてくれたのが、そもそもの、はじまりです。

以来、デイサービスに行かない日は、普通のトランクスを履き、デイサービスに通う日だけ、軽度の尿漏れを防ぐための、紙パンツをアルツ君に、履いてもらっていました。

それが、いつの間にか、常時、紙パンツを履くようになり、今では、紙パンツ無しには、生活に支障を来たすまでに…。

紙パンツは、『リハビリパンツ』とも、言われているのだから、本来は、失禁を治すための役割も、持っているはず…。

でも、まるっきり、紙パンツ君に、お世話になりっぱなしのわけですから、家族としても、何とかせにゃあ、いかんところです。

(ー_ー)!!

そこで、おバカなヤッチは考えました。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

孫子の兵法の一節です。

敵の事を知り尽くし、味方の事を知り尽くしていれば、戦いに勝てる、という意味?

どうやら、これは間違った解釈のようです。

『敵を知り』というのは、今、敵の方に、負けるべき理由があることを知るということ。

『己を知る』というのは、己に勝つべき理由があるという意味です。

つまり、相手に不利な条件があり、味方に有利な条件がある場合に、戦いを仕掛ければ、必ず、勝てるという意味です。

いつものように、前置きが長くなりましたが、そんなことは、実は、どうだっていいんです。

(^.^)/~~~



多分、もうおわかりですよね?

今日は、いつも紙パンツを履いているアルツ君が、一体、どんな気持ちで、紙パンツを履いているのか?

それを知ろうという実験です。

実際に、ヤッチ自身が、一日、紙パンツを履いてみることに…。

なかなか、ナイスな変態ぶりです…。

^_^;

自分で、身をもって体験すれば、失禁を繰り返す人間の気持ちを理解できるのではないか…。

変態というより、好奇心旺盛なやつと思っていただければ、内幸町(幸い)です。(帝国ホテルはこの近くです。)

(*^_^*)

そんでもって、ついでに、失禁のメカニズムなるものも、解明できればと…。

アルツ君の貴重な紙パンツを1枚、拝借です。

もちろん、アルツ君のお股に、通したものではなく、新品です。



実際に、着用している画像を欲しい方は、個人的に、相談に応じます。

\(^o^)/

子育ての経験のある女性の方だったら、赤ちゃんのオムツを扱ったりしているから、見慣れているかもしれません。

内部構造的なものは、生理用品とほとんど変わらない(?)と思います。

女性のほうが、抵抗が無いかもしれません。

でも、これ、男が履くんですよ~!!

\(◎o◎)/!

紙パンツと言っても、腰回りのあたりは、不織布みたいな感じで、すぐに破けてしまう感じではありません。

恐る恐るフルチンになり、足を通します…。

(決して、キュートなヤッチの、あらわな姿を想像して、鼻血を出さないように!)

意外にも、見た目の固い印象と違って、履き心地は、悪くありません。

ただ、やはり、おしっこなりを吸収するパッドの部分が、ゴワゴワとして、違和感をおぼえます。

履いてみた第一印象は?

お股に、毛布を挟んでるような感触です。

小さな抱き枕を、立ったまま、抱え込んでいる感じです…。

。゚(●'ω'o)゚。

このままで、行動するわけには行かないので、紙パンツの上に、ズボンを履きます。

ここで、注意しなくてはいけないのは、紙パンツの股上が、かなり深いところ。

ローライズのデニムを履こうものなら、確実に見せパンになってしまいます。

こんなに、股上、深くなきゃ、いけないの~?という感じです。

強めに引き上げると、おそらく、おへそが、隠れてしまうくらいの深履きです。

少し歩いてみることにします…。

衣擦れならぬ、紙ずれの音が、気になります。

履いていることを意識しなければ、わからないのでしょうけれど、もう履いてる事実は否めません。

これで、外を歩いたら、紙パンツを履いてるのが、バレてしまいそうな感じです。

そして、一番のネックは、パッドが、まだ身体になじんでいないのか、どうしても、ガニ股になります…。

( ´Д⊂エーン

椅子に、腰かけてみます。

やはり、パッド部分が、きちんと、ポイントに当たっているのか、それが気になります。

相当、大きなパッドなので、当たっていないはずは、ありません。

なのに、何だか、ずれている感じです。

ついつい、フトコロを開けて、確認したい衝動に駆られます。



キノコさんに頼まれ物が有ったので、スーパーに買い物に行くことに…。

キノコさんには、ヤッチが、今日一日、紙パンツの体験学習に参加することを伝えてあります。

キノコさん:「あんた。そのままの格好で、買い物に行くの?」

ヤッチ:「え?なんで?」

キノコさん:「いや、別に、そういうわけじゃないけど…。」

何やら、意味不明の会話で、キノコさんは、少し、キョトン顔です。

上は、Tシャツ1枚なので、一応、見せパンになってないかを確認して、自転車に乗ります。

自転車に乗ると、相対的にアゲインストの強風が吹くので、風で、Tシャツがめくれ上がらないか、心配になります。

もし、今の時点で、紙パンツのモニターをやっていたら、メーカーに、ローライズの紙パンツを製造するように提案します。

スーパーに、到着です。

買い物カゴを持って、売り場へと、向かいます。

雑踏で聞こえないはずなのに、あの紙パンツの擦れる音が、外部に漏れているのではないか?と、ものすごく、気になります。

買い物に来ている主婦の視線が、すべて、自分に集まっている気がしてきます。

あまりの、居心地の悪さで、足早に、スーパーを脱出です。

足早といっても、あの、ゴワゴワ感で、早く歩けましぇ~ん!

ようやく、家に、到着という感じです。

帰った途端に、尿意が、来ました。

トイレに行こうと、トイレのドアノブに、手をかけてしまいました。



ダメです…。



今日のヤッチの任務は、紙パンツに、お漏らしすることだからです。

けっこうな尿意なので、紙パンツに大量に放出できるはずです…。

しかし。

出そうと思いますが、そんな簡単に、出るもんじゃあ、ありません。

こういう時って、人間だれでも、固まるもんですね?

ヤッチの手は、ドアノブを握ったままです。

おしっこが、出るのを待って、身体の動きが止まります。

うん?

自分で、動きを止めているのかな?

神経を下半身に集中しますが、出ましぇ~~~ん!

普通じゃないから?

健常だから?

おしっこを出すことに、ものすごく、罪悪感みたいなものをおぼえます。

立ちすくむこと、しばし…。





ようやく、第一便が来そうです…。





チョロっと、来ました…。

瞬間、ジワーっと、あたたかい感触が、ヤッチの股間に、走ります。

うん…。

とても、全部をいっぺんに、放出する気には、なれません…。

このまま、全部出したら、パッドから、あふれ出してしまうのではないかという、不安の方が先行して、一気に、いけません!

ちびりと、出しただけで、お尻の穴に力を入れて、おしっこを切る感じになってしまいます。

たぶん、この辺がアルツ君だったら、お尻がゆるくなっているので、途中で止めることはできないんでしょうね。

結局、お尻を締めたままトイレに駆け込み、残りを便器に、放出してしまいました。

やっぱり、トイレでする方が、気持ちいいです。

(*^_^*)

いつもより爽快感をおぼえます。

出し終わり、自分のものを、また、紙パンツに収納します。



で、紙パンツの中で、おしっこを出した感想は?

紙パンツの中で、ちびっと、出しただけなのに、熱い、ねっちょり感が身体に、伝わってきます。

普段、おしっこが触れるようなところではない部分、例えば、鼠経部やタマタマに、熱めの液体が、かかるので、気持ち悪いのだと思います。

しばらくすると、このねっちょり感は、パッドが吸収してくれて、違和感が消えるような、感じには、なります。

でも、もう、自分の中では、出してしまったことが、脳にインプットされているので、違和感が、爽快感に、変わるようなことはありません。

そして、少量、出しただけなのに、紙パンツが、ものすごく重い感じになります。

とても、さっそうと、歩くことは、できません。

ニッセンのCMの香里奈チャンをイメージして歩いてみましたが、ガニです。

前より、もっと、ガニにしか、歩けません。

。+゚(pωq)゚+。



耐えきれずに、脱ぐことを決心しました…。

自分のお漏らししたパンツを片づけるのは、わびしいものがありますね…。

アルツ君の気持ちを理解しようと、(勝手に)始まった企画ですが、女性の気持ちを理解するような、企画になってしまいました。

明日から、読者が激減しそう…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 3 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ デイサービス 敵を知り己を知れば百戦危うからず 見せパン ローライズ おしっこ 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-75.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/17 | コメント (3) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

風呂好きな職人

2011/08/19 (金)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

すっかり更新が遅くなってしまいました。

m(__)m

というのも、またもや、アルツ君が、立ち方を忘れてしまったもんで…。

今まで立ち方の特訓です。

最初は、おしっこに行くのに、立ち上がれないと、叫び声を上げていたアルツ君。

キノコさんを起こし、相当長い時間、のたうち回っていたようです。

アルツ君:「おい。ひざが痛くて、どうにもならないから、なんとかしてくれよ!」

家族が信じてあげないのは、かわいそうですが、どうも、ひざが痛いようには、思えないんです。

子供が、親の注意を引こうとして、夜泣きする感覚に近いような…。

もちろん,痛いと訴えているんですから、ヤッチ自身も、ほんとに痛いのかもしれない、信用すべきだという迷いはあります。

とりあえず、ヤッチは自分の部屋を出て、アルツ君の寝室に行きます。

キノコさんは、布団の上に正座して、もう、戦力なしの顔つきです。

(ヽ''ω`)

キノコさん:「わたしじゃあ、力が無いから、どうにもできないのよ~。」

ヤッチ:「そんなに長い時間、立ち上がれないんだったら、もう、おしっこ漏れちゃっただろ?」

アルツ君:「お前、子供じゃないんだから、小便ぐらい我慢できるわいっ!」

もう、この言葉を何度聞いたことか…。

┐(´д`)┌

ヤッチ:「じゃあ、立って紙パンツの中身、見せてみん?」

アルツ君:「それが、立てないんだよ…。ひざが痛くて、曲がらないんだよ…。」

体育座りのまま、途方に暮れています…。

ヤッチ:「その姿勢じゃ、多分、立ち上がれないから、身体をひねって、土下座するような恰好してみたら?」

アルツ君:「それができないんだよ~。無茶言うなよ~。」

気が付けば、アルツ君、うっすら、涙まで浮かべています…。

これが、かわいい女の子だったら、ヤッチは、すかさず、お姫様抱っこで、トイレに直行です。

ヤッチ:「いつもだったら、手を貸してるとこだけど、今日の息子さんには、角(つの)が生えてるよ。」

アルツ君:「勘弁してくれよ…。」

ヤッチ:「『勘弁してくれ』と、俺に、土下座すれば、立てるよ。」

アルツ君:「お前に、そんなこと言われるくらいだったら、自分で、なんとかするわいっ!」

アルツ君ファンから見ると、今日のヤッチは、かなり冷たい人間でしょうか…。

『かわいそう…。』という声が、聞こえてきそうです。

ヤッチ:「じゃあ、一度だけ、手を貸して、立たせてやるよ。だけど、そのあと、練習する?練習するって、約束してくれたら、手を貸してあげるよ。」

完全なる上目線。

アルツ君:「わかったよ…。何でもするから立たせてよ…。ふ…ん…。」

ヤッチ:「そんな色っぽい声出したって、興奮しないよ。じゃあ、立たせてやるか!」

一気にアルツ君の上半身を引き上げます。

アルツ君のバックを取ったヤッチは、アルツ君のお腹辺りに手を回し、アルツ君の身体を支えます。

アルツ君は、足に力が入らないまま、やや中腰の姿勢。

力の抜けたゴルフのアドレスみたいな格好です。

アルツ君:「あ、はあ~ん。ひざが痛いよ~。お前、無理だよ~。立てないよ~。」

ヤッチ:「いや、もう、立ってるからっ!」

アルツ君:「えっ、…?ほんとだ…。」

ヤッチ:「もう、漏れちゃってるだろ?」

ヤッチにしてみれば、アルツ君が立ってることより、紙パンツの濡れ具合の方が、気になります。

アルツ君:「漏れてなんか、いませんよっ!」

その場で、アルツ君の紙パンツを下げ、確認です。

ヤッチ:「おっ!漏れてないっ!」

ヤッチは、どっかのひげそりの宣伝みたいな声を上げてしまいました。

アルツ君ファンの方、お待たせしました!

アルツ君:「だから、漏れてないって、言っただろ!人を赤ん坊のように、言いやがってっ!」

今度は、アルツ君が、上目線です。

ヤッチ:「ごめん、ごめん、わかったよ。トイレに、行きたかったんだろ?早くトイレに行ってきな!」

アルツ君:「トイレ?誰が,トイレに行くって言った?ばあさん!お前か?」

ねむたいのか、キノコさんは、正座したまま、声も出さずに、首を横に振ります。

アルツ君が、一瞬ひるんだすきに、、、ヤッチは、せっかく、立ち上がったアルツ君に、軽く足払いをかけて、布団に葬ります。

アルツ君:「お前、何するんだよ!あぶないな!」

ヤッチ:「へっ。へっ。へっ。布団の上じゃなかったら、死んでたかもな!?」

以降、何度も、アルツ君を布団の上に沈めては、立たせる猛稽古です。

ようやく、立てるようになった、アルツ君。

アルツ君:「ちょっと小便したくなっちゃった。ちょっと、トイレに行ってくる。」

颯爽と、トイレに歩いていきます。

ひざが痛いのは、どこに行ったんでしょう…???

小をしに行ったアルツ君は、トイレの扉を開けっぱなしで、便座に腰かけています。

ヤッチ:「おっ!座りションベン、おぼえたのか?」

アルツ君:「違う。大だよ…。」

だったら、扉を締めようよ…。




なかなか、便座を立とうとしません…。



かれこれ15分くらいは座っていたでしょうか…。

いい加減、こっちの方が、しびれがきれてきます。

ヤッチ:「まだ終わんないの~?」

アルツ君:「そうじゃないんだよ~。うまく拭けないんだよ~。」

ヤッチ:「じゃあ、適当に拭いて、風呂で流しちゃおう!流してやるから!」

アルツ君を便座に座らせたままにして、寝巻のズボンと、紙パンツを脱がして、フルチンにします。

気が付けば、紙パンツが、おしっこで、ビッショリ!!

いつしたんだろう???

\(◎o◎)/!

とにかく、アルツ君を1階の風呂場に、連れて行きます。

ひざが痛いと言っていた割には、軽快な足ど???

寝巻の上も脱がし、丸裸にします。

数時間前の夕飯前にも、同じことをやって、アルツ君を風呂に入れた記憶があります。

ヤッチ:「じゃあ、ケツ出して!シャワー出すから、よく洗って!!」

アルツ君:「わかってるよ!子供じゃあるまいし!」

ヤッチ:「大人は、自分で、自分のケツ洗うよ。」

アルツ君:「うるさいやつだな!お前は、ばあさんみたいなやつだな?」

ヤッチ:「は~い。お宅たちの愛の結晶ですから!」

シャワーでお尻をキレイキレイしたアルツ君。

今度は、いきなりお風呂のフタを開け始めました。

????

ヤッチ:「なに?フタなんか開けて…?」

「いやぁ~。まだ、湯船につかってないぞ!」

えっ~~~。

また、入るんですかああああ〜。


アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ


このあと、ぬるい残り湯に、30分くらい、鼻歌を歌いながら、入ってました…。

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 4 件
ツイートする

キーワード検索 : おしっこ 紙パンツ 上目線 トイレ 風呂 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-77.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2011/08/19 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

おしっこの軌道と飛び散り~vol.02

2012/02/16 (木)  カテゴリー: 下の話
▲ Page Top
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日書かせてもらった記事はことのほか反響が大きく、熱いコメントも多数いただき、感謝感謝でございます。

引き続き、アンケートも継続してやっていますので、ぜひぜひご協力お願い申し上げます。
【これまでのアンケート一覧】

さて、今日は年初に書かせていただいた記事の続きです。
(記事はこちら→おしっこの軌道と飛び散り)

これもなかなか反響の大きかった記事なのですが、またまた新たな発見が有ったので記事にしようかなと…。

記事のコンセプトは?

いえいえ。そんなものは求めちゃいけません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

だいだいそんなものを考えて書いた記事ではないのですから…。

前回はなぜ故おしっこが飛び散るのかを書いたわけですが、今回はそれより一歩踏み込んで、いかにしたら飛び散りを最小限にとどめることができるかを書いていきたいと思います。

ただし、モデルは高齢者であって、若い成人男性に焦点をあてているのではないことをあらかじめ申し上げておきます。

また、『座ってすればいいのよっ!!』は今回も禁句とさせていただきます。

これを解禁してしまうと、この先の記事は書くことができません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

アルツ君にも甘い和菓子をエサに『座りショウベン』をマスターさせようと試みましたが、現在もマスターするには至っておりません。

人たちが監視の目を光らせているときは、座ってやったりするところまではどうにかこぎつけたのですが、監視の目が離れると、やはり立ってやってしまうというイタチごっこ状態…。

何回かに一回は便器の枠から外れ、とんでもない結末を迎えてしまいます。

でこの枠から外れる時のポイントですが、前回も書かせていただきましたが、たいていは便器の手前で、若い人なら少しの量ならこのポイントに撒くことは有っても、大量にまき散らすことはないポイントです。

むしろ若ければ若いほど、自分の立ち位置より遠い場所にまき散らすという方程式も成り立つくらいです。

で、なぜゆえ前にこぼすのか?

これ、おしっこの勢いや、飛距離にも関係しますが、最近の研究の結果、立ち位置が大きく関係していることがわかってきました。

通常洋式トイレの場合、立ち位置は便器の手前。

足はだいたい肩幅くらいに広げます。

便器の汚れ具合にもよりますが、便器の淵がわずかな光源で水滴で光っていると察知した場合は、自分のズボンに汚れが付くのを防ぐため、もう少し大股になる場合もありますが、通常は肩幅くらいが一般的と思われます。

パンツからホースを取り出す時は、やや前傾気味に取り出し、推定されるおしっこの軌道に着衣(上着の裾など)がかかっていないかを必ず確認をします。

冬場はダウンなど厚手のものを着ると、これらの着衣が視線をさえぎり、ホースの取出しが若干難しくなるため、取出しから放水完了までの平均時間は夏場のそれよりもやや長いものとなります。

取り出し後、放水が始まり軌道が安定すると、前傾姿勢を離れ、少し腰を突き出すような横柄な姿勢も可能となります。

この時が最も放水量も多く、出してる感が強い至福の時でもあります。

ちょっと横にまき散らせてしまいましたが、失礼、横道にそれましたが、年齢とともにおしっこに勢いが無くなってきますから、この立ち位置が悪いと便器の手前にこぼしてしまう確率も高くなってきます。

特に夏場と冬場とでは通常時でもホースの長さが冬場の方が微妙に短いことが多く、長さが短い分、飛距離も短くなる傾向が有ります。

ではどうするか??

聞いてしまえば、『なんだー』という実に簡単なことなのですが、意外に盲点でもあります。

便器手前にこぼすということは、当たり前の話ですが、もっと便器近くに近づくかそれよりも前に出てやれば、手前にこぼすことは少なくなります。

しかし、アルツ君には学習能力が有りません。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そこで、アルツ君のために場ミリをトイレの床に貼りつけてみました。

アルツ君の利用頻度が高い二階の寝室そばのトイレなので、奥行きもなく、狭いトイレなので少し見づらいですが…。


ちなみに便器手前に設置している吸水シートは、就寝時の失禁に備え、ベッドや布団に敷く吸水シートです。

市販のマットなども有りますが、あまりにアルツ君がやらかしてしまうため、洗濯をするキノコさんが悲鳴を上げ、使い捨てに出来るものを使用しています。

今回はペット用の吸水シートです。

床に直接布粘着テープで貼りつけてしまうと、布粘着テープはのりがきついので、床を傷めてしまったり、のり跡が残ってしまいます。

そこで、あらかじめ床に粘着力の弱いマスキングテープを貼り、その上に布粘着テープを貼っています。

こうすることで、粘着力を損なわず、吸水シートもずれにくくなります。

これは引越し屋さんなどが荷物を運ぶときに、床や壁を傷つけないためにやる養生の原理を応用したものです。



またまた横漏れしてしまいましたが、この場ミリをやるようになったら、ずいぶんアルツ君のおしっこの失敗が少なくなりました。

1日に平均7回おしっこをするとして、これを立ったまま、おしっこをすると、おおよそ2,000滴の飛び散りが有るという統計もあるくらいですから、かなり我が家の飛び散り度は減ったと思われます。

しかし、なぜか飛び散りはゼロにはならず、時として便器前の吸水ポリマーは膨張してしまいます。

(-_-;)

そう…。

紙パンツの形状にも問題が有ったんです…。

紙パンツは、ご存知のように前開きになってはおらず、ホースの取り出し口はフロント部分には存在しません。

しかも、漏れを防ぐために、股上も深い構造になっています。

当然、ホースを取り出す時は、股上の部分を押し下げるか、めくってホースを露出しないとなりません。

しかし、のりしろが多いということは、この動作をするにも、股上の浅いものに比べると、どうしても手間がかかります。

パンツをずり降ろしてするにしても、大きく手を回り込ませて、ずり降ろさないとなりません。

ヤッチも履く実験をしているので、わかりますが、意外に脱ぎ履きは面倒だという感想です。

で、最近発見してしまいました。

アルツ君のホースの取出し現場です。

腰ゴム付近をめくったり、パンツを下ろしてやっていないんです。

(-_-;)

横からめくってホースを取り出していました。

ある意味、合理的とも思えますが、ご存知のように紙パンツは、漏れを防ぐために横から出すにしても、ぴったりとした形状です。



当然、ホースは紙パンツによって締め付けられたような状態で取り出されます。

しかも基本注水姿勢を完了したとしても、ホースは前方向ではなく、横方向になります。

横方向に向いているホースを前方向にコント―ロールするということは、制御不能の危険率もそれだけ高まるわけですから、失敗も多くなってしまいます。

結局我が家の場合、場ミリをセットするまでは良かったのですが、アルツ君のホースの取り出し方という大きな課題を残してしまいました。

今後、また新たな研究をはじめないとなりません。

良いアイデア等がございましたら、どしどしコメントなんぞをいただけるとありがたいです。

今後、新たな研究成果は時期は未定ですが、vol.03として発表させていただきたいと思います。

(^^ゞ

ブログランキングに参加中です。
応援をお願いします。
にほんブログ村    人気ブログランキング    FC2ブログランキングへ
コメント 12 件
ツイートする

キーワード検索 : おしっこ 座りショウベン トイレ 養生 場ミリ 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

© 2019 アルツ君は職人
Unauthorized copying prohibited.

この記事のURLhttps://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-250.html   Facebook   Twitter   hatena_bm hatena_bc

2012/02/16 | コメント (12) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top
申し訳ありません。m(__)m
お探しの記事は、この キーワード (ユーザータグ) を設定していない可能性があります。

画面右上の『ブログ内検索』で、
再入力、もしくは語句を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

2 頁  次のページ »

▲TOP