wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:アルツハイマー型認知症 )

遠慮知らずな職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日もアルツ君のデイサービスの日。

おそらく疲れて帰って来るので早目に風呂を洗っていつでも風呂に入れるようにスタンバります。

夕方になりデイサービスの送迎の車がアルツ君を乗せて帰ってきました。

「はい。お疲れ様でした。次回もよろしくお願いしま~す。」

玄関先でスタッフと思われる方のテンション高めの声が聞こえてきます。

キノコさんが玄関で待ち構えます。

「はい。はい。お疲れ様でした。」

「普通だよ。普通。疲れてないよ。」

アルツ君が「普通」と言う時は「疲れてる」のサインです。

デイサービスの車はブレーキランプを5回点滅させていきませんでしたが…。

長年アルツ君と連れ添っているキノコさんにはもうお見通しです。

「すぐにお風呂入る?」

「ああ。なんでもいいよ。入ってもいいし、入らなくてもいいし…。」

(『入りたい』のサイン)

「じゃあ。お風呂のお湯入れっちゃってくれる?」

最高指揮官のGOサインです。

アルツ君に風呂に入ってもらう時間も夕食の時間も今日は1~2時間早いペースです。

早めに風呂も入り、夕食も済ませたアルツ君。

さっさと寝床につきます。

少しは余裕ありかなと思いきや…

「お~い。ちょっと!足揉んでくれよ~!」

いつものようにヤッチを呼びつけます。

「昨日のサポーターつけて寝りゃあ揉む必要ないだろう?」

お風呂からアルツ君が出た時に一昨日購入した「夜用揉まれるサポーター」は装着済みです。

「これはこれで気持ちいいけど、マッサージしたらもっと気持ちいいぞ。」

おねだり上手というか…。

遠慮をしらないというか…。

「じゃあ。ちっとだけだぞ。」

「お前の『ちっと』は俺の『いっぱい』っていうことだぞ。」

【翻訳】要するに『いっぱい揉め!』ということ。

「よくまあ。耳から脳ミソ溶け出しちゃってるくせにそういう難しい言い回しができるなっ?」

「今日は右の耳からは出てないからなあ。」

サポーターを着けていたせいなのか、デイサービスで運動をしてきたせいなのか今日はそんなに足のむくみはありません。

いつもだと皮膚がパンパンで指が入っていかない感じですが今日は少し指先が入っていく感じです。

「今日はそんなにむくんでないから、揉まなくても大丈夫なんじゃない?」

「でも揉まないより揉んだ方が気持ちいいぞ。」

「あんまり揉みほぐすと足からも脳ミソ出ちゃうぞ。」

「少しくらい出たって味噌汁飲めばいいだけさ。もう少し下の方揉むと気持ちいいぞ。」

「いや。俺は気持ち良くないし…。」

「あー。そこそこ。そこずっと揉んでてもいいぞ。」

ヤッチのフィンガーテクで恍惚の表情を浮かべています。

「そんなに揉んでてもキリないし、揉みすぎると良くないからもうこんくらいにしとこうぜ。」

「あとちっとだけ揉んでくれよ。」

「ほんとにちょっとだけだぞ!」

結局いつも通り長時間揉まされる羽目に…。

(ノД`)シクシク

「もうキリがないから、この辺で勘弁してくれよ。その代り少し足を高くして寝てみたら?。」

「そうか…。じゃあ勘弁してやるか~。」

何でいつの間に上目線???

アルツ君の寝室にはなぜか枕が余分に2つも有ります。

キノコさんがアルツ君の布団の隣で寝ていますが、アルツ君が夜中にトイレに立った時、帰って来たアルツ君が『ドッシンッ!!』と尻もちを着くようにして寝るので、キノコさんが押しつぶされないように枕でバリアを張っているからです。

枕の1つをアルツ君の足の下に敷いてやります。

「んっ?何するつもりだ?」

「こうやって足を少し高くして寝てれば、足から脳ミソこぼれないだろ?」

「そうなのか?」

「だから頭の方にだって枕を敷いて寝てるだろ!?頭の方からも味噌汁がこぼれないようにするためにみんな枕を使ってんだよ…。」

「そう言われてみればみんな枕使ってるな~。で?俺は二つも枕使うのか?」

「そうだよ。とんでもない贅沢だぞ。頭が二つもあるんだから…。」

「そうか~??」

わかってるのかわかっていないんだか…。

言いくるめてアルツ君の寝室から出ることにします。

「電気消しっちゃうぞ!」

そう言ってアルツ君の方に振り返るとアルツ君目を開けたままジーッと天井を見つめています。

-=・=- -=・=-ジィー

部屋を出ようとするヤッチをアルツ君が呼び止めます。

「おい!俺の頭はどっち側だ?」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-