wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:アルツハイマー型認知症 )

夜泣きする職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

メマリー(認知症の薬)の服用を休止してから、第5日目のアルツ君。

まったく主観的なものですが、メマリーを休止してからのアルツ君は、メマリーを飲んでいた時よりも、調子が良いようにみえます。

どう表現していいのかわかりませんが、元々やる気のない感じは、有ったのですが、それが、少なくなってるような…。

『重い腰が、持ち上がらない』と、よく言いますが、若干、腰が軽くなっているような感じがあります。

眠気は、まだありますが、どんどん意識が遠のいていくような雰囲気は、どうやら無いようです。

医者ではないので、何とも言えませんが、認知症そのものが、急加速で、進行していないのなら、無理して、メマリーを飲ませる必要は無いように思えます。

このまま、アリセプトだけの服用だけで、良いのではないか、という気さえしてきます。

新薬だからといって、決して良薬とは限りませんし…。

そんなアルツ君ですが、ヤッチ的には、アルツ君について、ちょっとした発見がありました。

日頃、アルツ君が、ひざの痛みを訴えるという話を何度かしたと思います。

医者に行っても、特に異状なしです。

夜中に足が痛くて、トイレに立てなくなったと、起こされて、介助することなんていうのも、我が家では、今や当たり前になっていました。

だいたい、夜中に傍に寝ているキノコさんを大声で起こします。

アルツ君:「おい!足が材木になっちゃって痛いから、足を引っ張ってよっ!」

キノコさんに、そんな体力はありません。

。゚(PД`q。)゚。

キノコさんが、今度はヤッチを起こしにきます。

キノコさん:「おじいちゃん、足が痛いって、また騒いでいるから、なんとかして~。」

ほんとは、痛くないんじゃないの?という疑問はあるものの、本人が痛がるので、マッサージをしてやります。

その時、順番としては、まず、アルツ君をトイレに行かせます。

次に、紙パンツを新しいものに履き替えてもらい、それからマッサージです。

寝ているときも、当然、紙パンツを履いています。

トイレに行かせると言いましたが、夜中のアルツ君の紙パンツは、大量の小失禁で、かなりの重量です。

紙パンツを履きかえたアルツ君は、スッキリするのか、ヤッチのマッサージの腕が良いのか、その後は、比較的静かに、朝まで寝てくれます。

で、その時に気がついたのですが…。

今さらですが…。

m(__)m

ヤッチのマッサージの腕が、いいからではないみたいなんです。

(-"-)

そう…。

大量失禁をしてしまった紙パンツの感触が、嫌で、夜泣きするようなんです…。

つまり、『おしっこを漏らした』と、素直に言えないから、『足が痛い』と、夜泣きするのでは?と、いうことです。

紙パンツは、今まで、2回分の尿漏れをカバーできるものを使っていました。

自分で使ったことがないのでわかりませんが、軽く漏らしたくらいでは、吸収パッドの性能が良いので、サラッとしていて、わからないのかもしれません。

ところが、2回目、あるいは3回目となると、パッドのキャパシティーをオーバーして、ビショビショになり、気持ち悪くなってくる…。

そこで、失禁したことを素直に言えないアルツ君が、『足が痛い』と言って、キノコさんを起こす…。

ヤッチを起こす…。

寝不足…。

の図式です。

男だけなのか、女の人もそうなのか、わかりません。

排泄に関しては、認知症になって、記憶がすぐに飛ぶような状況でも、どこかで羞恥心が、残っているようです。

ましてや、子供ではないだけに、お漏らししたことを周囲に伝えにくい…。

事実、今でも自分がお漏らしした紙パンツを持たせ、

『重いから持ってみん!出ちゃってるだろ?』

と、言っても、

『誰がそんなもん履いてたんだ?俺のじゃない!』

と、言い張ります。

それ以上、詰問すれば、機嫌が悪くなるので、追求しませんが、排泄のことだけは、話題にされるのが嫌なようです。

育児経験、介護経験のある方からすると、『そんなことも知らなかったの?』と、言われてしまいそうな話ですが、初心者マークのヤッチには、最近、ようやく、このことがわかり始めました。

以前から、ケアマネージャーさんとも相談していて、ケアマネージャーさんからアドバイスも、もらっていました。

マネージャーさん:「夜だけは、厚手の5回分吸収できる紙パンツがあるから、それを使ってみては?」

それで、おとといあたりから、この5回分吸収できる紙パンツを履かせています。

pnats00001


履かせると、かなりズングリしています。

パンツ一丁の職人の赤ちゃん姿は、なかなかプリティーです。

( *´艸`)クスクス

で、結果は…????




夜泣きしません!!

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチも、今度、紙パンツを履いてみて、失禁具合を確認してみま~す!

\(^o^)/


ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-