wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:顔面神経麻痺 )

顔面神経麻痺のリハビリ~2012年10月

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-356.html
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

今日は顔面神経麻痺のリハビリを受けに行ってきました。

毎週一回はリハビリに行くことになっていますが、退院したのが、今年の5月29日ですから、だいたい5か月経過したことになります。

退院当初のひょっとこ顔はさすがに解消され、見た目にはおおむね左右のアンバランスはなくなりました。

ただ、如何せん麻痺側に力が入りません。

おでこにシワを寄せたりすることも普通にできるようになりましたが、シワを維持したままそれを保とうとすると顔がピクピク震えてきてしまいます。

(-_-;)

まばたきも目が閉じられなくて、涙ばかり流す悲しい日々が続いていましたが、だいぶスムーズにできるようになりました。

『だいぶスムーズ』って、普通なら意識しないでもできる事なのにおかしな表現ですね。

(^^ゞ

片目だけ閉じることもできるようになりましたが、頭の中で『よいしょっ。』って唱えて、気合いを入れないとできない感じですかね…。

何よりも回復が遅れているのが口…。

『うー』っと口を尖らすと、唇がまだ非対称。

麻痺側の方が張り出して来ない感じで、上唇と下唇の間に少しすき間ができてしまいます。

今、チューのオファーが有っても丁重にお断りしないといけない状況です。

(^^ゞ

唇だけの写メを撮ろうと思って、四苦八苦し、こやつを記事に載せようと思ったのですが、あまりにグロいので、アップするのを断念しました。

(おバカなやつですね~。)

『うー』の発音の時の自主トレは事前にST(言語聴覚士)さんに教わって実践していましたが、なかなかうまくできません。

指を鍵状にして、唇に引っ掛けて指と唇で綱引きをするようなトレーニングです。

指は歯茎と唇の間に差し入れます。

文字で説明するのは難しいですね…。

子どもの頃はよくやりましたよね!?

指を口に突っ込み『学級文庫』と発音するやつ…。

あれのちょうど片側バージョンのようなトレーニングです。

さあ!!

皆さん、ご一緒に!!

『ガッキュウ○○○!!』

今日のリハはこの口を重点的にやっていただくようにお願いしました。

STさん:「先週と比べて何か変化はありましたか?」

ヤッチ:「日付が替わったくらいで、特に変化はなかったですね…。」

STさん:「そうですか…。では、おでこにシワを寄せてみてください。」

ヤッチはSTさんの前でおでこにシワを寄せます。

STさん:「脂肪腫があるので、シワがそこだけ寄らないのかなぁという印象ですが、全体的には動きが出て来ていますよ。」

ヤッチ:「そうなんですか…!?」

STさん:「今度は眉間にシワを寄せてみてください。」

ヤッチはSTさんに喧嘩を売ります。

STさん:「そのままの状態で、おでこにシワを寄せられますか?」

ヤッチはかなり上目づかいでSTさんと睨み合います。

視線をそらせば、負けです。

STさん:「力を抜いていただいて結構です。力強さは抜きにして動きの方はかなり改善されてきていますよ。」

ヤッチ:「いい加減良くなってくれないと喧嘩も買えないもんね!?」

STさん:「口の方はいかがですか?」

ヤッチ:「最近、朝晩冷え込むようになってきたじゃないですか!?それで冷たい風に当たったりすると、頬がこわばる感じがしますね。」

STさん:「どの辺りかご自分でおわかりになりますか?」

ヤッチ:「いやー、わからないですね…。顔半分が突っ張るような感じです。」

STさん:「『うー』と言ってみてください。」

ヤッチ:「うー。」

STさん:「『へー』と言ってみてください。」

ヤッチ:「へー。」

STさん:「まだ、少し力強さに欠けるようですね!?今度は口を『への字』にしてみてください。」

ヤッチはこの時、気づきました…。

口を『への字』にできません。

口角を下げるような動作です。

麻痺側に力が入りません。

henojimouse.gif


ヤッチ:「ここはノーマークだったなぁ…。全然できませんねぇ…。」

STさん:「筋肉が拘縮しているところがあるのかもしれませんね。○○さん(ヤッチ)の場合は小さなシコリができやすいみたいですからねぇ…。ちょっとそこに横たわってください。マッサージをしましょう。」

ヤッチは言われた通り横たわります。

STさんはヤッチの顔の表面を指先で、ところどころ探りながらマッサージをはじめます。

ちょうど、奥歯の合わせ目あたりでしょうか…。

STさん:「この辺が固まってますね…。」

ヤッチ:「押されると痛いですねえ…。虫歯ですかねぇ…?」

STさん:「多分、関係ないと思います。」

軽く流されます。

(-_-;)

STさん;「『への字』にするにも、『うー』の練習する時でも、自主トレする前にご自分で先にマッサージしてからやられた方がいいかもしれませんね…。」

ヤッチ:「というと?」

STさん:「固まったまま(自主トレを)やってしまうと、別の筋肉を使うことになり、変なクセがついてしまうからです。」

ヤッチ:「なるほど…。で、今マッサージしてもらってるところは『への字』をする筋肉なの?」

STさん:「ここだけというわけではありませんが、関係はありますね。」

ヤッチ:「それにしてもノーマークだったなぁ…。あんまり普段、口を『への字』にするってないですもんね?」

STさん:「まあ、腕組みをして『ん~』とうなる時でも、そんなには口を『への字』にしたりしないですもんね!?」

ヤッチ:「ですよね…。笑う方の口角を上げることばかりに気を取られていて、ちっとも『への字』にする練習をしていなかったですよ~。」

STさん:「これができるようになれば、食事をする時の食べにくさもずいぶんと改善されるはずですよ。」

ヤッチ:「なるほど…。それじゃあ、『悩み事』をイッパイ作ればいいのかなぁ…。」

STさん:「それじゃあ、また麻痺が再発して最初からやり直しですよ。」

STさん

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-356.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-