wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:音楽療法 )

控えめな職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
l_2961.gif

こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

ようやく東京も秋らしくなってきました。

日中もさほど温度も上がらず、過ごしやすい日が続くようになってきました。

もう日中、アルツ君を散歩に連れ出しても日干しになることはないと思い、先日アルツ君の居る特養に面会に行ってきました。

アルツ君の居室を覗くとアルツ君がいません。

??

いつもよく腰かけている廊下のテーブルの定位置にもいません。

??

施設の職員さんにたずねます。

ヤッチ:「お忙しいところすいません。○○の息子なんですけど、父がどこに行ったかわかります?」

職員さん:「○○さんですか?○〇さんなら今日は音楽療法に参加されていると思いますよ。今日は2階でやっています。」

何の変哲もない会話ですが、もしアルツ君の所在がわからなかったら一大事です。

(・・;)

職員さんに言われた通り、ヤッチは2階に降ります。

今日も先生を取り囲むようにして、入所している方達が車座になっています。

音楽療法に参加している入所者さんは20名ちょいくらいでしょうか…。

まだ始まったばかりらしく、音楽療法の先生の挨拶の場面です。

アルツ君がヤッチの姿に気づき、手を振っています。

ヤッチは他の入所者さんの邪魔にならないようにアルツ君に近づき、小声で話しかけます。

ヤッチ:「よく、俺の顔を覚えてたな?」

アルツ君:「バカ、お前の顔は死んでからまた死ぬまで忘れるもんか。それより美味い物は持ってきたんだろうな?」

ヤッチ:「美味い物ってボタモチのこと?持って来てるけど、これ(音楽療法)が終わってからだな。」

アルツ君:「先に食った方がいいんじゃないか?」

ヤッチ:「いつ死ぬかわからないからか?」

アルツ君:「バカ!!」

ヤッチ:「とにかくせっかく今から楽しいことやるんだから、そっちに専念しな。」

そう言ってヤッチはアルツ君の背後にまわり、車座をやや遠巻きに見るような格好で腰かけます。

音楽療法の先生の挨拶が終わると、先生はピアノの前に腰かけます。

先生:「それではみなさ~ん!私が今からピアノを弾きますから、ピアノの音が止まったら、となりにいる人と手をつないでくださ~い!それでははじめま~す。」

先生は『♪うさぎとかめ』を弾きはじめます。

アルツ君の両サイドはおばあちゃん。

お二人とも車椅子です。

先生のピアノの音が鳴り止みました。

えっ!!

アルツ君、両サイドのおばあちゃんと手をつなぐことができません。

???

アルツ君がシャイだから?

んな、わけないじゃないですか…。

そうなんです…。

お二人とも寝ちゃってるんですね…。

(^_^;)

いわゆる傾眠ちゃんというやつでしょうか…。

施設の職員さんが気がついて、二人を起こしますが、その時は目を覚ますものの、すぐに首をうなだれてしまいます。

ピアノの演奏は何度か繰り返されました。

そのたびに職員さんが起こしに来ますが、どうやらやる気無しのようです。

アルツ君も

「へへ、秋だからな!?」

とかわけのわからないことをつぶやいています。

結局、アルツ君はおとなりさんと手をつなぐことなく、このコーナーは終了です。

先生:「今度は私が曲を弾きますから、何の曲か当ててみてください。」

先生がピアノを弾きはじめます。

参加している人たちは手拍子をしています。

中にはすぐに何の曲かわかって口ずさんでいる人もいます。

先生が演奏を終えました。

先生「今弾いた曲は何の曲かおわかりになりましたか~?」

参加している人たちが口々に答えます。

参加者さん:「青い山脈…。」

多分、参加している人のほとんどは認知症だと思いますが、かなり高い正解率です。

昔の曲はしっかりと脳裏に刻まれているようです。

先生:「すごい!!すごい!!皆さん、よくおわかりになりましたねぇ~?」

先生も持ち上げるのがお上手。

(^_^)/

先生:「リンゴの唄を弾きますよ。この歌に何色が入っているか当て見て下さ~い。」

先生がピアノを弾き、演奏を終えます。

先生:「何色が歌詞の中に入っていましたか~?」

やはり、参加している人たちがすばやく答えます。

参加者さん:「赤…。」

中には先生が曲を弾いている最中から、『赤っ!!』と答える方もいらっしゃったりして…。

(^^)/

アルツ君は果樹・花木の話になると昔の血が騒ぎだします。

となりで寝ているおばあちゃんに向かって何か話しかけています。

アルツ君:「リンゴっていうのは、赤いけど、赤くするのは大変なんだよ。袋をかけたりしなきゃなんないからさぁ~。」

となりのおばあちゃん:「…。」

全く反応が有りません。

(・。・;

先生:「次は難しくなりますよ~。曲名もお教えしませんからね!?その中に何色が使われていたかも当ててくださいね?」

先生がピアノを弾きはじめます。

恥ずかしながらヤッチ…。

先生が弾いている曲を聴いたことはありますが、曲名がわかりませんでした。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

先生:「今の曲、何と言う名前の曲かおわかりになりましたかぁ?」

参加者さん達はほぼ即答に近い状態。

参加者さん:「とんがり帽子!!」

ちなみに歌詞はこんな感じです…。

♪緑の丘の 赤い屋根

♪とんがり帽子の 時計台

♪鐘が鳴ります キンコンカン

♪めえめえ子山羊も 鳴いてます

♪風がそよそよ 丘の家

♪黄色いお窓は おいらの家よ

(書いてしまいましたが、著作権問題は大丈夫なんですかね~)


先生:「すごい、すごい。皆さん、ホントによくおわかりですね!?」

参加者の方たちがざわついている中、アルツ君も何やら小声でつぶやいています。

アルツ君:「そんなに褒めるなよ…。ケツのほっぺが赤くなるぞ。」

顔だろがっ!!

先生:「それではこの曲の中に何色が入っていたんでしょうね?」

参加者さんの一人がすばやく答えます。

「みどりっ!!」

先生:「素晴らしい!!では、他に色は入っていませんでしたか?」

また、別の参加者さんが答えます。

参加者さん:「赤っ!!」

先生:「皆さん、すごいですね~!!他に色が入っていましたかぁ?」

先生、今度は参加者さんの一人一人に聞いて回ります。

アルツ君のところにも先生がやってきます。

先生:「もう一つ色が入っていましたが、おわかりになりましたぁ?」

アルツ君:「グリーンかなぁ…。」

かなり自信なさげです…。

先生も絶句です…。

(-_-;)

先生、すぐさま他の参加者さんの方に行ってしまいました。

(-_-;)

三つめの答えは歌詞を見てしまえば簡単だったようですが、見ないで答えるには少し難しかったようです。

先生が答えを言ってしまいます。

先生:「答えは『黄色』ですねえ。♪黄色いお窓は…。ほらねぇ~?」

参加者さんがうなずいています。

他に『しりとり』もやったりと、なかなか参加者を飽きさせない工夫がされていて感服です。

中でも興味深かったのは、『じゃんけん』です。

先生と参加者さん全員とで対戦する形です。

ヤッチは『グー』や『パー』は多いにしても、指を曲げるのが面倒な『チョキ』は参加者さんはあまり出さないと思っていましたが、これが意外や意外…。

かなりの高確率で『チョキ』を出してきます。

普通の『じゃんけん』に続いて、『あとだしじゃんけん』というものをやりました。

先生:「今は普通のじゃんけんをやりました。今度は私が先にチョキとかグーを出しますから、私が出したものに、皆さん勝ってください。負けないようにチョキとかグーを出してください。」

要はあとだしで先生に勝てばよいわけです。

先生が掛け声をあげます。

先生:「♪あとだしじゃんけん、♪負けたらだめよ、♪じゃんけんポンッ!!ポンッ!!」

先生が『チョキ』を出しました。

参加者さんは『グー』を出せばよいわけです。

参加者さんの手を見ると、先ほどの普通の『じゃんけん』に比べると、いろんな花が咲いちゃってます。

(^_^;)

それでも、何回か『じゃんけん』を重ねていくうち、正解率が高まります。

先生:「皆さん、お強いですね~。わたし、負けてばかりいるので、今度は私を勝たせてください。私が先に手を出しますから、皆さん、私が出した手に負けて下さい。いいですか?皆さんが今度は負けるんですよ~。」

先生がさっきとおなじように掛け声をあげます。

先生:「♪あとだしじゃんけん、♪勝ったらだめよ、♪じゃんけんポンッ!!ポンッ!!」

先生の手は今度は『パー』です。

『パー』に負けてあげればよいわけです。

今度の先生に負けるという『あとだしじゃんけん』はあとだしであるにも関わらず、参加者さんの手よりも、どよめきの方が先に起こります。

ヤッチ自身も『参加していないでよかった、恥をかかなくて済んだ』と思ったくらいですから、かなり頭が混乱します。

相手に勝つ『じゃんけん』は頭に染みついているというか、体で覚えているようなところがありますが、逆の相手に負けるという『じゃんけん』はたやすくできるものではありません。

(^_^;)

この相手に負ける方の『あとだしじゃんけん』は参加者さんにはかなりハードルが高かったようです。

先生がおっしゃってる意味そのものはわかっているのですが、手の方がついて来ないようです。

ヤッチもアルツ君の動きを背後から観察していました。

最初に先生が掛け声を出します。

先生:「♪あとだしじゃんけん、♪勝ったらだめよ、♪じゃんけんポンッ!!ポンッ!!」

先生の最後の『ポンッ!!』で参加者さんが先生に負けるための手を出します。

アルツ君、他の人たちは大きく手を上げているのに、まだ手を上げずにキョロキョロ見回しています。

キョロ(゚∀゚≡゚∀゚)キョロ

他の参加者さんの手を見て、ようやくアルツ君が手を上げます。

でも正解率が低いので、間違っている時も有ります。

何回かこのじゃんけんは繰り返され、アルツ君、正解の時はしてやったりのドヤ顔です。

まあ、参加することに意義があるので、許せる範囲かなと…。

(^^ゞ

音楽療法が終わって、アルツ君の部屋に戻る途中、まあ覚えていないだろうなと思いつつも、アルツ君に聞いてみました。

ヤッチ:「さっき、あとだしじゃんけんやったの覚えてる?」

アルツ君:「覚えてるさよ~。」

ヤッチ:「あとだしで先生に負けるのも覚えてる?」

アルツ君:「覚えてますよん。」

ヤッチ:「あの時、みんなが手をあげた後に、手をあげてたよね?」

アルツ君:「そうだったか?」

ヤッチ:「何を出したらいいか分からなかったから、後から手を出したのか?」

アルツ君:「バカ言っちゃいけないよ~。あれは『あとだし』じゃんけんだからさ。」

どこまでも負けず嫌いな職人です…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


atodashijankens
あとだしじゃんけん FREE
カテゴリ:教育
価格:無料
わざと負けるのがむずかしい。じゃんけんによる脳活性化アプリ




Google Play で手に入れよう


ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(5) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-