wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:食事 )

鍋奉行は忙しい

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日の夜から今日の明け方にかけて、アルツ君トイレに行ったり来たりの繰り返し…。

デイサービスに出かけた日の夜は決まって頻尿になっているんですけど~。

(-_-;)

何回かデイサービスにはお願いして、あまりお茶を飲ませ過ぎないようにしてくれとは、言ってあるんですけど、どうもこれだけ頻繁にトイレに立つところを見ると、本人が言う事を聞かないということでしょうか!?

【▼ヤッチの妄想▼】

スタッフ:「〇〇さ~ん(アルツ君)。そんなにお茶を飲まれると、トイレが近くなってしまいますよ~。」

アルツ君:「トイレが、遠くなるのは困るけど、近くなるならいいじゃないか。歩く距離が短くなるぞ。」

スタッフ:「そういうことではなくて、あまりたくさんのお茶を飲まれると、お体にあまり良くないのではないかと…。」

アルツ君:「ここのお茶は毒でも入ってるの?」

スタッフ:「いえ。そのようなことは決してありませんが、ご家族の方からもあまり〇〇さんにお茶を飲ませてはいけないと言われているものですから…。」

アルツ君:「誰だ!?ばあさんだろっ!?」

スタッフ:「いえ。息子さんです。」

アルツ君:「俺の息子ならここにいるぞ。もう干からびてるけどな。」

スタッフ:「はぁ…。」

アルツ君:「まあいいから!!そんなに固いこと言わないで、お茶飲ませてよ。」

スタッフ:「あぁ…。はい…。」

【▲ヤッチの妄想▲】

やはりデイサービスとてアルツ君に『飲むな!!』と強くは言えないんでしょうね。

『飲ませろ』と言われれば、飲ませてしまう…。

自宅に帰ってからは知ったことじゃありません。

v(^_^)v

そんなアルツ君、今日はキノコさんからお茶禁止令を下されてしまいました。

もちろん一滴も飲ませないということではないですよ。

キノコさんの監視の目が光ります。

(一_一)

「ああーあ…。葉っぱになりたいな~。」

アルツ君がぼそりとつぶやきます。

「なんじゃそりゃ?」

ヤッチが聞き返します。

「だって、お茶っ葉になればイッパイお茶が飲めるだろ!?」

「確かに飲めるかもしれないけど、熱いぞ?」

「そっか~。」

「それにその御老体じゃ、玉露は取れないな。出がらしのお茶にもならないんじゃないか?」

「バカ言え!!俺がお茶だったら高級品だぞ。」

「ああ、そうかもしれないな!?『なんでも忘れられる不思議なお茶』で大ヒット間違いなしだ!!」

「チクショー…。何だか腹まで減ってきやがった。」

「今日は鍋だってよ。旦那さんが好きな汁もいっぱい入ってるぞ。」

そう今日は久々の鍋です。

魚のタラがメインかな!?

白菜、長ネギ、シイタケ、豆腐…なんでもアリの寄せ鍋です。

\(^o^)/

テーブルにホットプレート!?みたいのを出してみんなで突っつきます。

具を入れ、しばし沸騰するのを待ちます。

でもアルツ君、待っていられません。

(-_-;)

入れたばかりの白菜を口に放り込みます。

「何だかシャキシャキするな!?」

「それだけ新鮮なんじゃないのか!?なんせ切り立てだからな。」

また、同じようなところをつまみます。

「これは煮えてるよな?」

「なんで?」

「いやあ…。あんまり噛み応えがあるから…。」

「それは、毒きのこだよ!!まだ煮えてないだろっ!!」

アルツ君、ヤッチの一言に慌てて吐き出します。

ついでに入れ歯まで…。

(;一_一)

「きたねえなっ!!入れ歯まで出さなくたっていいだろ!!」

「仕方ないじゃないかよ。外で散歩したいって言ってんだから!!」

「飼い主の顔を見てみたいもんだ。」

「ここにいるぞ。なんなら一緒に鍋で煮るか?」

「煮ないよっ!!」

段々鍋がグラグラしてきました。

「おおー。おおー。噴火してきたぞ。もう食べても大丈夫だろ?」

「食べてもいいと思うよ。」

なぜ故、そこで御新香に手を出すか…。

(-_-;)

「ほらっ。タラも煮えたぞ。そこにあるポン酢で食べな。」

zuruzuru…

「いや。ポン酢は飲まないでしょ!?ポン酢をつけて食べるんだよ。」

「そっか。」

今度はまともにポン酢に浸けて食します。

「美味いだろ?」

「美味いね~。どこで釣ってきたんだ?」

「多分、築地かな!?」

「これなら、毎日釣って来てもいいぞ。」

「多分、日曜日は休みだな。」

「そっか…。ばあさん!!美味いだろ?」

「美味しいわねえ…。」

キノコさんはマイペースでもくもくと食べています。

アルツ君もお気に召したのか、バクバクと口に放り込みます。

ついには無口になって次から次へと具材を口に運びます。

白飯も今夜は2杯目です。

フーフー言いながら、鼻水まで垂らしちゃってます。

(・・;)

鼻水を垂らしているアルツ君にヤッチが声をかけます。

「おいおい。鼻水垂れちゃってるぞ。それじゃあ、口の中に入っちゃうよ。」

「いいんだよ!!塩味つけてるんだからっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-