wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:診察 )

医者泣かせの職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-178.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日の記事はカテゴリとしてはどちらかというと『下の話』なので食中前後の方は気持ちを整えてから読んでいただけるとありがたいです。

カテゴリは『診察』にしましたが、記事内容はかなり不快に感じられる内容かもしれませんのであらかじめ申し上げておきますね。

さて今日の午後はアルツ君と診察に行ってきました。

風邪はもう診てもらうほどではないので2週間ごとの定期的な診察です。

やはり風邪ひきさんが多いのでしょうか。

いつもの主治医のクリニックは大入り満員です。

それを察してか補助椅子まで用意してあります。

座るところが無いのでしばらく立って待つことに…。

「立って待ってられるか?」

「あー!大丈夫だよ。まだ若いんだから。」

アルツ君の膝元付近に腰かけていた女性が会話が耳に入ったのかサッと飛びのいてしまいました。

そんなつもりじゃないのに…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

せっかくの御好意に甘えてアルツ君を椅子に座らせました。

「今日はすごい混んでるね!?待たされるかもよ?」

ヤッチがそう言うと

「そりゃあ仕方ないさ。特売でもやってるんだろ!?」

ざわついているとはいえ、アルツ君のボリュームが結構なものだったので注目を浴びてしまいます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

「俺は安売りはやらないよ。さあむこう向いた!向いた!」

どこからかくすくすと笑う声まで聞こえてきてしまいます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

「あのさ。ここはお店屋さんじゃないんだからもう少し静かにしようよ。」

「はい。はい。わかりましたよ~。」

これまた大きな声なので一同注目です。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

そんなことは全く我関せずで座るなり瞑想にふけってしまいます。

ほどなくアルツ君の名前が呼ばれました。

「おっ!!ずいぶん早いな!?売り切れか?」

わけのわかるぬ言葉を発しながら診察室に呼ばれます。

診察室に入る前に事前に必ず看護師さんに血圧を計ってもらいます。

いつもいらっしゃる女性の看護師さんですがとても手際良い感じです。

「お父さん。ちょっとその服のままだと血圧計れないかなあ~??」

そう今日もお気に入りのイチローパーカーです。

腕がモコモコして確かに血圧計るのは分厚い感じです。

いったい何日着るつもり?

「でもちょっと計ってみましょうね!?おとうさん。ずいぶんお若い恰好してらっしゃるんですね?」

「それほどでもないよ。あんたに比べればじいさんだよ。」

いったいいくつのつもりなんでしょう?

御嬢さんはどう見ても20代半ばか後半くらいです。

(-_-;)

今の看護師さんの一言でおそらくパーカーを着る期間が延長されたことは間違いありません。

(-_-;)

「うん。大丈夫ですね。血圧も異常なし!脈も異常なし!」

頭は異常ありですが…。

(-_-;)

診察室に通されました。

先生はカチャカチャとパソコンのキーボードを打つ手をやめ、アルツ君の方を向きます。

「いかがですか?何か気になったことあります?」

先生がアルツ君に声をかけます。

「先生さあ。ピアノ弾いてたの?」

「はっ?あっ!?これの事ですかこれはパソコンですからピアノではありませんよ。」

「へー。俺はまたピアノ弾きながらテレビ観てるのかと思っちゃったよ~。」

「あははは。相変わらず面白いお父さんですね~。」

「いや~。それほどでもないよ。普通だよ。普通。」

ヤッチもアルツ君が発した『普通』という言葉であることを思い出しました。

「先生。父なんですが、そう言えばまた便が『不通』なんですけど…??」

「そうですか。でも便秘のお薬は出しているんですけどね~。」

「どうも腹部膨満感があるらしく、お通じが無い時は変なゲップというか嗚咽みたいなものが出て食欲もなくなるようなんですよ~。」

「そうですか~。便秘はあまり良くないですからね。気をつけないとまたこの前のように倒れてしまいますね…。」

「市販のお茶を飲ませるとテキメンにお通じがあるんですけど、自分で処理できればいいんですけれども、なんせ自分で処理できないので何か良い方法はないかと思いまして…。」

「へえー。そんなお茶があるんですか?でもまあ。こればかりは難しい問題ですね…。自分でハッキリと便意がわかればいいんですけどね…。」

「自分でトイレに立つこともあるんですけど、なんせ気まぐれなもので…。」

「そうですか?お父さんにお伺いしますけど便は固いですか?柔らかいですか?」

「俺の?俺のクソは冷たいよ!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

この後一応下剤を処方してもらいましたが、下剤ならばたまにヤッチが最終兵器として飲ませているお茶でもよかったような…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-178.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 0件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(16) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) ゲストブック(1) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-