wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:お風呂 )

戦艦大和

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-164.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は主治医のところにアルツ君と診察に行ってきました。

徒歩で出かけたのですが、どうも最近アルツ君が足を引きずるのが気になります。

ついこの間までは左足を引きずっていたのに今日は右足です。

「足調子悪いのかあ?」

「いや、別に何ともないぞ。」

「自分の歩く音聞いてみん?『ズッコズッコ』音がするでしょ?」

「セミでも鳴いてるんだろ。」

まあ。老化が原因で足が上がらなくなってきているのは事実なのであまり気にしないで行きますかあ…。

そう思った瞬間足がカックンと…。

「おい。おい。大丈夫かよ~。」

「大丈夫だよ。もう一本あるから。」

ポジティブな意見なので軽くアルツ君の腕に手をまわして歩きます。

「お前。気持ち悪いから引っ付いて来るなよ。」

軽く失恋してしまいました。

(~_~;)

今度は少し離れて歩くことに…。

しばらくするとまた足がカックン…。

「やっぱり駄目なんじゃないのお~??」

「脱皮するのかなあ…。」

あまり痛がってる様子もないので少し見守ることにして今日のところはスルーです。

^_^;

クリニックに着くと今日もやや混み…。

(´゚д゚`)アチャー

それでも割と早く診察室に通されました。

「どうですか~。なにか変ったことはありますか?」

相変わらず主治医は優しくアルツ君に言葉をかけてくれます。

「先生さあ…。俺脱皮するのかなあ?」

「はい?脱皮ですか?」

ここは割って入って(殻ではありません)先生に事情を話します。

「ああそう言うことですか。ご高齢になってくるとどうしてもつま先が上がりにくくなってきますからね~。痛いところでもありますか?」

「痛いところはないけど脱皮したら痛いんだろ?」

「人間ですから脱皮はしませんよ。心配しなくても大丈夫。」

アルツ君のおバカな質問に先生は真面目に答えてくれます。

ヤッチなら『もう背中が割れてきてるぞ。』くらいなことを言うところです。

「そっか。ならいいや。」

「でも転倒しないように気を付けて下さいよ。怪我でもすると大変ですから。」

「大丈夫!大丈夫!」

「お元気そうですね。それではいつも通りお薬出しておきますから続けて様子をみていきましょう。」

今日の診察は割と早く済んでしまいました。

帰り際も何やらアルツ君ブツブツ言っています…。

「そっか…。脱皮しないのか…。」

真面目な顔をしているのが笑えます。

゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚

少し遅い時間の診察だったのでキノコさんにお風呂を沸かしておいてもらうように頼んでおきました。

「もう帰ったらすぐに風呂に入れるよ。」

「おー。そっか!お風呂に入らないと死んじゃうからな。」

自宅に戻りすぐにお風呂に入ります。

アルツ君湯船に入るのは大好きですが、洗うのが大嫌い…。

特にシャンプーを嫌がります。

「おい。俺の髪の毛そんなに無いんだから洗わなくていいよwww。」

シャワーでお湯をかけると少し腰が浮きます。

「ウヒャー!!もういいよ~。ウプーッ。プーッ。」

「そんなに逃げるなよ。あとちょっとなんだから。」

「ちょっとでもなんでも早くお風呂入らしてくれよ~。」

「じゃあ。じっとしてろよ。」

「ウプーッ。早く風呂に入れてくれよ~。早いとこ沈めてくれwwww。」

シャンプーが終わっても顔に水滴が着くのを嫌がります。

「早くてぬぐいで顔を拭かないと窒息しちゃうぞ!?」

「大丈夫だよ。10分くらい息を止めてればスーッと楽になれるから…。」

「やだいっ!」

髪の毛を拭き、顔を拭きます。

「あー。スーッとしたぁ~。ふうーっ。そういえば。どっか皮むけてないか?」

「なんで?転んだか何かしたのか?」

「そうじゃなくてさ…。」

「どっか痛いのか?」

「いや…。脱皮してないだろうな?」

「だから先生も言ってだろ!?脱皮するとしたら明日の朝だって…。」

「そっか!じゃあ。もうお風呂に入っていいんだよな?なあ?」

しつこい感じで湯船に入っていいか聞いてきます。

「ああいいよ。今のうちに風呂の中で皮をう~んと柔らかくしておきな!」

「じゃあ。ほんとに入っちゃうよ。いいんだな?」

「別に断らなくたっていいよ。OKですよん!」

シャンプーのときとは違って満面の笑みです。

ヤッチがアルツ君の片足を折りたたんでいる間も奇声を発しています。

「ウフーッ。ヤマト!!ヤマト!!戦艦大和!!」

こっちはどうしても『ヤマト』と聞くと『宇宙戦艦ヤマト』をイメージしてしまいます。

「ヒャッホー!!ヤマト!!ヤマト!!気持ちいいぞ~。」

「何だそれ?」

「大和だよ。大和。お前知らないのか?」

「大和は知ってるけどその意味だよ!」

「ハハーン!沈没!!沈没!!」

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 8件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-164.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 8件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-