wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:アルツ君 )

ファッショナブルな職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君のデイサービスの日です。

さぞかし疲れて帰って来ると思ったのに割と元気です。

相変わらず風呂に入ったかどうかをたずねると「入っていない」という始末…。

しっかり連絡帳にはお風呂に入ったとの記録が残っているのですがまったく覚えていないようです。

「今日は昼飯も食わせてくれなかったぞ。」

「そんなはずがあるわけないじゃない。あんたが勘違いしてるだけなのよ。」

キノコさんにたしなめられます。

「だって腹減ってるんだもん…。ばあさん!早いとこメシ食わせてくれよ。このままだと栄養失調になるぞ。」

「ちゃんとデイサービスの連絡帳に『食べた』って書いてあるんだからダメよ。」

「『ダメよ』ってお前俺にメシ食わしてくんないの?薄情な女だな~。」

「そうじゃないわよ。いまちゃんと作ってるわよ。もう少し待っててね。」

「そうやって時間稼ぎしてお前は俺がいない間美味い物食べてたんだろ?」

「どうして次から次へと憎たらしいセリフが出ててくるのかしら。もう先にお風呂入っちゃいなさい!…あっ!今日は入ってきたんだわね!?」

「ほらみろ!やっぱり入ってないんじゃないか!ああ。お風呂に入りたいな~。」

横で聞いていたヤッチがアルツ君にもの申します。

「そんなに入りたいなら入るか?今から洗わないといけないからもう少し時間かかるけど…。」

「そんなに時間かかるんだったらメシ食って寝ちゃう。ばあさん!メシはまだか?」

「ちょっと待ってってよ~。あとちょっとだから。」

そうこうしているうちに夕食の出来上がりです。

今日はハッシュドビーフです。

ハヤシライスとハッシュドビーフって同じものなんですね。

(^_^;)

アルツ君はこのごろキノコさんがカレーを作るとヒーヒー言ってあまり食が進みません。

いつもと味は変わっていないのに「辛い辛い」といってジャガイモばかりを食べちゃいます。

そんなわけで我が家の食卓にカレーが並ぶ頻度はかなり減って来ています。

アルツ君の前にハッシュドビーフの皿が置かれました。

ハヤシライス
画像は借り物です
引用元:
photolibrary

「へー。これはなんていう食べ物だい?」

「ハッシュドビーフ♪」

キノコさんがちょいと格好つけた発音で答えます。

「何だか空に飛びそうな名前だな。まあいいや食ってみよ!」

けっしてアルツ君食べたことがないわけではありません。

治る見込みはないと言われていますが、ちょっと記憶を失っているだけです。

(^^ゞ

アルツ君今日は2杯も食べました。

(*^_^*)

「メシを食ったらあとは風呂に入って寝ちゃおう。」

アルツ君どうしても入りたいのでしょうか?

「あれっ?さっき入らないって言ってたぞ?」

「あっそっか?じゃあ寝るだけだ。」

「じゃあ。もう着替えるかい?」

ヤッチが最終確認をします。

「ああ。もう寝るよ。そうだっ?今日は体にひもがひっ付いてるだよ~。」

「ひも???」

「そう。ひもがさっきから体にくっ付いて来てるんだけど取れないんだよ…。」

「なんでかね?朝着替えた時はそんなもの付いてなかったぞ。」

「デイサービスで『おじさん!そんなの放っておいて大丈夫だよ!』って言われたからそのまんま帰って来ちゃったんだよな…。」

「誰にそんなこと言われたんだい?ヘルパーさんかい?」

「いや~。それが誰だかわかんないんだけど『気にしない。気にしない。』って言われたからそれっきりなんだよな~。」

アルツ君首を傾げながら一生懸命過去を振り返っています…。

「だって体に付いてるって言うんじゃやっぱり風呂に入ったって事だろ?」

「そっか~。やっぱり俺は風呂に入ったのかなぁ…。」

「俺は誰がそれを言ったのかの方が気になるんだがなぁ…。」

ヤッチも首を傾げます…。

もしデイサービスのスタッフなら放っておくわけありません。

やはりアルツ君とおなじデイサービスの利用者なのか…。

少しだけデイサービス中での様子を伺わせるような話です。

やはりアルツ君のような悪ガキが廊下の隅でたむろして煙草をふかしてるのでしょうか…。

廊下を忙しそうに歩き回っているデイサービスの若くて可愛いお姉さんにセクハラでもしているのでしょうか…。

若干希望的観測が入ってしまったのは否めませんが、それにしてもひもが体にまとわりつくってどういうことなんでしょうか…???

まさかあの歳で変態プレイをしてきたとは到底思えません…。

(*´-ω・)ンー…

「どこにそのひもが付いてるんだい?」

ようやくヤッチは本題を切り出します。

「それがどこに付いてるんだかわかんないんだよなぁ…。」

「とにかく上着全部脱いで裸になっちゃえ!どっち道寝巻に着替えなきゃなんないんだから。」

「そうだな~。ちょっと脱いでみるからお前そのひもを取ってくれよ。」

アルツ君は少し厚手のニットの下にポロシャツを着ていてその下に白い長袖の下着を着ています。

「風呂から出た時はむこうの人が着替えさせてくれるのか?」

「いやあ…。どっちかわかんない…。」

数時間前のことは覚えていないようです。

いずれにしても上着を脱いでもらって確認するしかありません。

「じゃあ袖を抜いてごらん!」

「それが今日は腕が上手く上がんないんだよな~。右腕だけなんだけどさ~。上手い具合に腕が上がんないんだよな~。」

ときどき腕が痛いと訴えることもあるので今日のリハビリで腕をかなり動かしてきたのかもわかりません。

なんだか脱ぎにくそうにしています。

「おい!お前ちょっと引っ張ってくれよ!どうも上手く動かないわ~。」

ヤッチはアルツ君が一人で上着を脱ごうとしていたので手伝わないでおこうと思ったのですが、さすがに脱ぎずらいようなので手を貸します。

「あれっ?ほんとに脱げないね?ひもがほんとに絡みついてんのか?」

ヤッチが上着を引っ張ってもアルツ君の上着はなかなか脱げません…。

┏(゚ェ゚) アレ?

ようやく少しずつ脱がして首が抜けました。

(*^_^*)

脱げないのも当たり前です…。

ポロシャツを脱いで下着だけになったアルツ君に絡みついているひもの正体も判明しました。

かなりプリティーというかおりこうさんと言うか…。

常識を逸する概念です。

多分アルツ君ファッションセンタームラムラのカリスマモデルかこの地区のファッションリーダーになれるかもわかりません…。

(-_-;)

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ひもの正体を見る




















ひもの正体1

ひもの正体2
右腕を袖に通さずに
首のところから腕を
出しています
┐(´-д-`)┌


ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 6件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-