wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:下の話 )

製作活動

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

昨日はやはり明け方まで寝ることができませんでした。

キノコさんも今日の昼間はさすがに寝落ちしたようです。

アルツ君自身は全く昨日の小失禁の繰り返しは覚えていない様子です。

ヤッチ自身が寝不足なのですから張本人のアルツ君はもっと寝不足なはずです。

なのにヤッチがやっと眠りについたすぐ後くらいに早々と起き、自分の朝ごはんのパンを探し、キノコさんを起こします。

だいたいこれが朝の6時くらいですからなかなかタフなやつです…。

自分が寝不足であるという記憶すらないのですから素敵すぎます。

ある意味うらやましい限りです。

まったく昨夜の出来事をおぼえていないアルツ君に昨夜アルツ君が脱いだ紙パンツの入った袋を持たせます。

ちょっとびっくりするくらい重いです。

「ちょっとこれ持ってみな?」

「なんだ?それは?ボタモチか?」

「なわけないでしょ!」

「へー。ずいぶんとまた重いな~。何が入っているんだ?」

「紙パンツ。」

「ばあさんのか?」

「お宅の奥さんはまだそいつにお世話になってないよ。」

「じゃあお前のか?」

「俺が使うとすればプレイ用だな。」

「じゃあ誰のだ?」

「決まってるだろ。旦那さんの。」

「俺はパンツ今履いてるぞ。やろうか?」

「いらないよ!それにしてもよくこんだけ出したよな~。どうせ出すなら金になるのを出してくれるとありがたいんだけどな~。」

「わかんないぞ~。金が出てくるかもしれないぞ!?」

「出てくるとすれば、玉が二つがいいところだな。」

「それじゃあ俺は女になっちゃうぞ!?」

「そうなりゃ立って小便はできないな。」

「それは無理!へー。だけどこんだけ出たんじゃまたいっぱい飲んどかないと痩せちゃうな!?」

「いやいや。もう勘弁してくれよ~。」

昨日の失敗はもう一枚パッドを紙パンツの中に敷いたのですが、付属のずれ防止のテープをキチンと固定していなかったのでアルツ君が布団の中で寝返りを打ったり、トイレに立って用を足すときのブツの出し入れで完全にパッドがヨレヨレになってしまい、返って後始末に手間がかかってしまったことです。

しかもパッドを敷いたとしても交換しないといけないので結局紙パンツを履きかえてもらうのと同じ結果になってしまいます。

今日はコメントでこのパッドに裏側に切り込みを入れたら良いというアドバイスをいただいたのでさっそく実践です。

ヤッチの認識が間違っていなければ、パッドの裏側つまり防水になっている側に切り込みを入れるというものです。

ここに切り込みを入れれば、アルツ君がもし失禁をしたとします。

まず最初におしっこを吸収するのが紙パンツに敷かれたパッドです。

ここにアルツ君が気持ちよ~くしちゃうわけです。

(゚д゚)キモチイイー

パッドには吸収ポリマーがついていますが、キャパをオーバーすれば染み出します。

通常であれば、キャパをオーバーしたおしっこは逃げ道がなくなりお尻の方や横のすき間を見つけ氾濫を起こし、堤防を突き破ります。

そうシーツがケツ下浸水になるわけです。

ところが今度教えていただいた方法でパッドに切り込みを入れておけば、キャパをオーバーしたおしっこがまず最初にこの切れ込みから染みだし、紙パンツについている吸収ポリマーにバトンタッチするわけです。

毛細管現象をうまく利用した実に理にかなった方法なので感動してしまいました。

理論的には紙パンツがおしっこ5回分の吸収力でパッドが2回分の吸収力なら5+2回分の計7回分の吸収力になります。

反対に5回に一回紙パンツを換えるのと7回に一回換えるのとでは7回に一回のほうが交換の手間は大幅に軽減されるわけです。

睡眠時間もそれだけの分確保されるますもんね。

いろいろ面白い方法があるんだなあと感動すると同時に介護をしていらっしゃる方々が実に真面目に勉強なさって御親切に教えていただけたことにも感動です。

ヤッチは後半アルツ君に「もうその辺に垂れ流しとけば?」と言ったくらいですから…。

(^^ゞ

今日の午後はさっそくアルツ君の多い日も安心紙パンツの製作です。

小さなころは『実験坊や』という異名を持つほどのプリティーなヤッチです。

ちょっと今日も「失禁してくれ!」とお願いしたい部分があるのも否めません。

もちろんフラフラですが…。

途中姉がやってきて不思議そうな顔をヤッチに向けます。

事情を話すとさっそくアルツ君に説教です。

「ちゃんと〇〇ちゃん(ヤッチのこと)にお礼を言ったの?」

「なんだ?お前来てたのか?行くのか?」

「行くじゃないでしょ!感謝をしなさい!感謝を!」

「なんで感謝しなくちゃいけないんだ?礼を言わなきゃならないこと俺はしてないぞ!?」

「またそんなこと言って!!もう少し人のありがたみ知りなさい!!」

当然アルツ君は数発デコピンを受けたのは言うまでもありません。

姉は今日はボタモチをアルツ君と買いに行くのではなく、先に買い物を一人で済ませて家に訪れたようです。

「今日は雨降りそうだから先に買い物行って来ちゃったよ。ほらパパの好きな…。」

「ボタモチ!!」

姉が言う終わるより早いレスポンス…。

ボタモチに関しての脳領域は全く病魔に侵されるどころか進化を遂げているような気がします。

姉が取り出したボタモチのパックをほとんど奪い取るかのごとく姉の手から奪い、破るかのごとくパックを開けパクつきます。

ご満悦な表情です。

マィゥ―( ´)艸(` )―♪

一口食べた後にボソッリっと…。

「ボタモチ食ったらやっぱりお茶を飲まないとな~。」

キャハ━(#゚ロ゚#)━ッ!!

ノマナイデッー!!

前回の答えはこちら!














 
 


答え;モデル(もー出る)
   


ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 8件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 8件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(35)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-