wallpaper
header580_240.png
HOME

スマホ版 アルツ君は職人

進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。[スマホ版]

HOME (カテゴリー:下の話 )

無茶する職人

https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
こんばんは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日は来週からいつもとは違う場所のデイサービスにアルツ君は通うためスケジュール調整のためデイサービスはお休みです。

おとぼけぶりは相変わらずですが、薬の量が減ってからというものほとんど昼間は小失禁をしなくなりました。

食っちゃ寝食っちゃ寝の生活は変わりませんが少しお世話する回数が減ってきたようにも思えます。

夕方に姉が来ていつものように近所のスーパーまでボタモチを買いに行ったようです。

ヤッチは自分の部屋に居たので姉と遭遇することはなかったのですが、階下の茶の間に降りていくとさっそくアルツ君ボタモチに食らいついています。

「さっそく大好物を召し上がってらっしゃいますね~。また夕飯食べられないんじゃないの?」

「夕飯は夕飯でちゃんと食べるよ。俺は胃袋がいっぱいくっ付いてるんだから。」

相変わらず負けず嫌いは健在です。

でも今日は大好きなボタモチなのに食べながら首をかしげます。

「何?今日のボタモチはあんまり美味くないの?」

「そうじゃないんだよ~。これはボタモチじゃないんだよ。」

見た目にはボタモチに見えるのですが、パッケージを見ると『あんころ餅』と書いてあります。

「ボタモチに見えるけどボタモチじゃないんだ?」

「ボタモチは白いところはもち米だけどこれはもち米じゃあないんだなあ~。」

ボタモチを語らせたら右に出るものはいないというぐらいボタモチについては熱く語ります。

「別にもち米じゃなくたっていいじゃん。あんこが食べたいだけなんだろ。」

「お前ね。そいいうことを言ったらボタモチに失礼だぞ。ボタモチに謝ってほしいなあ~。」

「はい。はい。どうもすいませんでしたねえ~。死んだら墓の前をボタモチで埋め尽くしてやるよ!」

「お前ね。それも失礼だぞ。墓土もあんこにしとくよぐらいのこと言わなきゃ浮かばれないぞ。」

「わかったよ。じゃあ墓土はあんこにしてやるよ。そのかわりもち米なしだぞ。」

「う~ん。死ぬ前にもち米いっぱい食っとかなきゃならんな~。」

ボタモチの話をするとキリが無さそうなので話を変えます。

「ところでさ。今日はトイレでボタモチ出したのか?」

「お前ね。他人が食ってる時にいやらしい話をするなよ~。」

「悪い。悪い。でもどうなのよ?」

「うるさいね~。出ないよっ!!」

早目早目に産んでもらわないと後が大変です…。
(ー_ー)!!

「じゃあ。それを食べ終わったらトイレに座るだけ座ってみれば?」

「座ってやってもいいが多分ダメだと思うぞ。」

本人も最近は便秘だということがうすうすわかってきているようです。

キノコさんがアルツ君のことを考えて大人用のおしりふきまで用意しています。

トイレに流せるおしりふき(大人用)01

トイレに流せるおしりふき(大人用)02


「なんだ?これは?」

「トイレに流せるおしりふきだよ。湿ってるから拭くときケツが痛くないんだって。」

「また余計なもん勝手きやがって…。ばあさんだろ!?」

「そうだよん!旦那さんが楽にお尻を拭けるようにって買ってきてくれたんだよ。使ってめそ!?」

最近歳のせいかアルツ君どうもお尻を拭くのにも身体が固くなってきていて一苦労のようです。

いち早くそれを察知した愛妻が気をきかせて買ってきたようです。

「これをどうやって使うんだ?」

アルツ君はじめて見たもので使い方がよくわからないようです。

「トイレットペーパーと同じように使ってお尻を拭いたらトイレに流しちゃえばいいんだよ。」

「こんな分厚いもん流しても大丈夫なのか~??」

何だか疑いの目をこっちに向けてきます。

「大丈夫だよ。終わったらポイッと流しちゃえばそれでおしまいだよ。じゃあトイレに行こう!」

「何だか大がかりな話になってきたな~。チェッ!参勤交代だな!」

イマイチ意味は良くわかりませんでしたが、トイレに押し込めます。

……………

……………

15分前後は経過したでしょうか…??

アルツ君にそろそろ声をかけてみます。

トイレの側まで行くと水を流す音が聞こえてきます。

「出~た~?」

「やっぱり出ないよッ!!」

「そんな怒ることないだろうに…。」

また水を流す音が聞こえてきます。

出たのかな…???

「お~い。出たのか~?」

「出ないって!」

またまた水を流す音が聞こえてきます。

開けて確かめようとしますが今日は何故かカギをかけています。

普段はカギなどかけたことないのにトイレの戸は開きません。

「出ないんだったらここ開けて!」

ヤッチがアルツ君に戸を開けるように言います。

「だから出ないし、流れないっ!」

よっぽど大きな子猫ちゃんを産み落としたのでしょうか…。

「いいからじゃあ。ここ開けて!」

ようやくカギが開く音が聞こえます。

♪カチャッ♪

トイレにはアルツ君がぼう然として立っています。

「出たの?」

「流れない…。」

会話が噛みあいません…。
(ー_ー)!!

「だから出たのかって聞いてるんだよ?」

「だから出ないし、流れない。」

「流れないって?出てないんだろ?」

「そうだよ。」

こんな時でもアルツ君ドヤ顔です。

「いいからじゃあこっちに出てきて。」

アルツ君にトイレから出てくるように促します。

「流れてないでしょ?」

トイレの便器をのぞき込んだヤッチにアルツ君がぼそりとつぶやきます。


それは流れるはず有りません…。

┐(´д`)┌

確かに…。

┐(´д`)┌

おしりふき…。

パッケージごと流しちゃ流れません…。

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ブログランキングに参加中です。
タップで応援をお願いします。
      ↓
  • にほんブログ村へ
  • 人気ブログランキングへ
  • FC2ブログランキングへ
twitter_icon_64_64  記事についてツイートする

足跡  URLを残す(後ほどお伺いします)

コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
記事URL(共通)
https://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-120.html
Facebook line_icon_64_64 twitter_icon_64_64 feedly_icon_48_48 hatena_icon64_64 hatena
コメントを見る 4件
コメントを書く
▲ PAGE TOP
HOME

Other Menu

Categories

カッコ内は記事数

目次(2) アルツハイマー型認知症(19) レビー小体型認知症(4) 進行性核上性麻痺(5) 脳梗塞(29) アルツ君(111) キノコさん(27) 姉(13) 兄(5) ヤッチ(22) 診察(12) 畑仕事(8) 食事(20) ボタモチ(8) 姉&ボタモチ(5) お風呂(20) 下の話(37) 認知症の症状(19) 認知症の薬の事(38) フェルガード(8) 音楽療法(7) デイサービス(24) 特別養護老人ホーム(25) 徘徊(2) リハビリ(10) 顔面神経麻痺(27) 成年後見制度(5) 高齢者虐待防止法(8) 生活保護(7) 介護保険の仕組み(2) 関係ない話(10) 切り花や植物の話(5) 未分類(39)

▲ PAGE TOP
HOME
PVアクセスランキング にほんブログ村
▲ PAGE TOP
HOME
tm_footer2

illust by ©mococo

Template by ©ありのごとくあつまりて

Powered by FC2 Blog-admin-