site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
紙パンツ  デイサービス  敵を知り己を知れば百戦危うからず  

敵を知り己を知れば百戦危うからず

2011/08/17 (水)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
smartphone
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

最近アルツ君の小失禁の頻度が多くなって紙パンツの消費量もハンパじゃないものになりつつあります。

最初はデイサービスで小失禁をしてしまい、デイサービスの施設の方が替えのパンツが無かったために履かしてくれたものでした。

以来デイサービスに行かない日は自前のトランクスを履き、デイサービスに通う日だけ軽度の尿漏れを防ぐのにアルツ君に履いてもらっていました。

それがいつの間にか常時紙パンツを履くようになり、今では紙パンツ無しには生活に支障を来たすまでに…。

紙パンツはリハビリパンツとも言われているぐらいだから、本来は失禁を治すための役割も持っているはず…。

それがまるっきり紙パンツ君にお世話になりっぱなしなわけですから、家族としても何とかせにゃあいかんところです。
(ー_ー)!!

そこでおバカなヤッチは考えました。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

孫子の兵法の一節です。

敵の事を知り尽くし、味方の事を知り尽くしていれば戦いに勝てるという意味!?

どうやらこれは間違った解釈のようです。

「敵を知り」というのは、今現在敵の方に負けるべき理由があることを知るということ。

「己を知る」というのは、己に勝つべき理由があるという意味です。

つまりは相手に不利な条件があり、味方に有利な条件があ場合にに戦いを仕掛ければ必ずや勝てるという意味です。

いつものように前置きが長くなりましたが、そんなことは実はどうだっていいんです。
(^.^)/~~~



多分もうお分かりですよね?

今日はいつも紙パンツを履いているアルツ君が一体どんな気持ちで紙パンツを履いているのか知ろうと実際にヤッチ自身が一日紙パンツとやらを履いてみることに…。

なかなかナイスな変態ぶりです…。
^_^;

自分で身をもって体験すれば、失禁を繰り返す人間の気持ちを理解できるのではないか…。

変態というより好奇心旺盛なやつと思っていただければ内幸町(幸い)です。(帝国ホテルはこの近くです)
(*^_^*)

そんでもってついでに失禁のメカニズムなるものも解明できればと…。

アルツ君の貴重な紙パンツを1枚拝借です。

もちろんアルツ君がお股を通したものではなく新品です。



実際に着用している画像を欲しい方は個人的に相談に応じます。
\(^o^)/

子育ての経験のある女性の方だったら赤ちゃんのオムツを扱ったりしているから見慣れているかもしれません。

またそういう経験が無い方でも内部構造的なものは生理用品とほとんど変わらないと思うのでたいがい女性は抵抗が無いかもしれません。

でもこれ男が履くんですよ~!!
\(◎o◎)/!

紙パンツと言っても腰回りのあたりは不織布みたいな感じですぐに破けてしまう感じではありません。

恐る恐るフルチンになり、足を通します…。
(決してキュートなヤッチのあらわな姿を想像して鼻血を出さないように!)

意外にも見た目の固い印象と違って履き心地は悪くありません。

ただやはりおしっこなりを吸収するパッドの部分がゴワゴワとして違和感をおぼえます。

履いてみた第一印象は?

お股に毛布を挟んでるような感触です。

小さな抱き枕を立ったまま抱え込んでいる感じです…。
。゚(●'ω'o)゚。

このままで行動するわけには行かないので紙パンツの上にズボンを履きます。

ここで注意しなくてはいけないのは、紙パンツの股上がかなり深いところ。

ローライズのデニムを履こうものなら確実に見せパンになってしまいます。

こんなに股上深くなきゃいけないの~という感じです。

思いっきり引き上げるとおそらくおへそが隠れてしまうくらいホールドされてしまいます。

少し歩いてみることにします…。

衣擦れならぬ紙ずれの音が気になります。

履いていることを意識しなければわからないのでしょうけれど、もう履いてる事実は否めません。

これで街中歩いたら、紙パンツ履いてるのがばれてしまいそうな感じすらあります。

そして一番のネックはパッドがまだ身体になじんでいないのかどうしてもがに股になります…。
( ´Д⊂エーン

椅子に腰かけてみます。

やはりパッドがきちんとポイントに当たっているのかが気になります。

相当大きなパッドなので当たっていないわけないのに何だかずれている感じがあります。

ついついフトコロを開けて確認したい衝動に駆られます。



キノコさんに頼まれ物が有ったのでスーパーに買い物のに行くことに…。

もちろんキノコさんにはヤッチが今日一日紙パンツの体験学習に参加することは伝えてあります。

「あんた。そのままの格好で買い物に行くの?」

「え!?なんで?」

「いや別にそういうわけじゃないけど…。」

何やら意味不明の会話でキノコさんは少しキョトン顔です。

上はTシャツ1枚なので一応見せパンになってないかを確認して自転車に乗り込みます。

自転車に乗ると相対的にアゲインストの強風が吹くので、風でTシャツがめくれ上がらないか心配になります。

もし今の時点で紙パンツのモニターをやっていたら、メーカーにローライズの紙パンツを製造するように提案します。

スーパーに到着です。

買い物かごを持って売り場へと向かいます。

雑踏で聞こえないはずなのに、あの紙パンツの擦れる音が外部に漏れているのではないかがものすごく気になります。

買い物に来ている主婦の視線がすべて自分に集まっているのではないかという妄想が生まれてきます。

あまりの心地の良さで足早にスーパーを脱出です。

足早と言ってもあのゴワゴワ感で早く歩けましぇ~ん(涙)

ようやく家に到着という感じです。

帰った途端に尿意が来ました。

あわててトイレに行こうとトイレのドアノブに手をかけてしまいました。

ダメです…。

今日のヤッチの任務は紙パンツにお漏らしすることだからです。

尿意があるもののいざ紙パンツに出そうと思ってもなかなか出るもんじゃあありません。

こういう時って人間だれでも固まるもんですね!?

神経を下半身に集中しますが出ましぇ~ん!

健常者だから無理なのかもしれませんね?

出すことにものすごく罪悪感みたいなものをおぼえます。

立ちすくむことしばし…



ようやく第一便が来そうです…。

チョロっと来ました…。

瞬間ジワーっとあたたかい感触がヤッチの股間に走ります。

とても全部をいっぺんに放出する気にはなれません…。

このまま全部出したらパッドがから溢れ出してしまうのではないかという不安の方が先行して一気にいけません!

ちびりと出しただけでお尻の穴に力を入れておしっこを切る感じになってしまいます。

たぶんこの辺がアルツ君だったらお尻がゆるくなっているので途中で止めることはできないんでしょうね。

結局お尻を締めたままトイレに駆け込み残りを放出してしまいました。

やっぱりトイレでする方が気持ちいいです。
(*^_^*)

いつもより爽快感をおぼえます。

出し終わり、自分のものをまた紙パンツに収納します。

ちびっと出しただけなのにやはりねっちょり感は伝わってきます。

しばらくするとこのねっちょり感はパッドが吸収してくれて違和感が消える感じはあります。

でももう自分の中では出してしまったことがインプットされているので居心地悪い感じになってしまいます。

むしろ少量出しただけなのに紙パンツがものすごく重い感じになります。

とても颯爽と歩くことはできません。

ニッセンのCMの香里奈チャンをイメージして歩いてみましたがガニです。

前よりもっとガニにしか歩けません。
。+゚(pωq)゚+。



耐えきれずに脱ぐことを決心しました…。

自分のお漏らししたパンツを片づけるのはわびしいものがありますね~(涙)

アルツ君の気持ちを理解しようと始まった企画(勝手に)ですが、女性の気持ちを理解するような企画になってしまいました。

明日から読者が激減しそう…。
(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 3 件
ツイートする

キーワード検索 : 紙パンツ デイサービス 敵を知り己を知れば百戦危うからず 

FC2スレッドテーマ : 認知症の介護 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-75.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/08/17 | コメント (3) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 機嫌の悪い職人
この前の記事(過去) : メマリーリターン!

Comment


流石です

閲覧者さん |  2011/08/18 (木) 01:31 No.63 -

Re: 敵を知り己を知れば百戦危うからず

こんばんは。
私も主人のオムツ選びの時に一度試したことがありますよ(出せなかったですけど…)
信じられないほど履き心地悪いですよね。

施設によっては、リハビリパンツの中に何枚もパッドを入れますから
もっとかさばります。まさに拷問です。

かといって、履かない訳にもいきませんからね…。

ところで、
人間、意外に排泄のリズムがしっかりあるんです。
例えば主人の場合、食後30分~1時間ぐらいにお小水が出ます。
夜だと、寝入って深夜までは全く出ませんが、
3~4時くらいにまとまって出ます。
他にも2~3時間おきに出るとか、寝る前に出るとか、
人によって様々ですが、リズムはあると思います。

タイミング良くトイレに誘導できれば、失禁を減らせる可能性はありますよ。

そのためにも、お母様と一緒に「介護ノート」をつけてみてはどうでしょう。
食事や水分補給の時間や量と、失禁に気づいた時間と量、
気がついたことを簡単にメモしていきます。

続けないと意味がないので、箇条書きの簡素な記入で大丈夫です。

そうやってデータを取っていくと、何となくリズムが見えてくると思うのですが、
どうでしょうか?

少しでも失禁が減らせれば良いですね。

あと、思うようにならなくてもイライラせず、焦らずやってみましょう。

mikomona |  2011/08/18 (木) 22:03 [ 編集 ] No.64 -

mikomonaさんへ

こんばんは。

返事がすっかりおそくなってしまいました。
m(__)m

いつもいろいろと教えていただきありがとうございます。

「介護ノート」のことは是非実践してみたいと思います。

リズムをつかめば確かにずいぶん違いますよね。

いつもためになることを教えていただき感謝感謝です。

ヤッチ自身が何もお役に立てないのが残念です。


あとは誘導のテクニックかなあ。

トイレのことを口にするだけでものすごい怒ります。

ここが家族にとって悩みのひとつでもあります。

機嫌が悪いと

「さっき行ったばかりなのにまた行かせるのかっ!!」

けっこうな大声を上げたりします。

実際にはさっきなんておぼえてはいないんですが…。

きちんとデータをとってリズムがわかり、スムーズに誘導できるのが

理想なんですがもう少し修行が必要なようです。

ケアマネさんはメマリーを飲むようになってから頻度が増えたような気がするとも言っているのでいろいろ考えさせられることがたくさんあります。

と言いつつほとんど何も考えずに日々を送ってしまっていますが…。

ヤッチ |  2011/08/19 (金) 22:02 [ 編集 ] No.67 -

コメント:を投稿する 記事: 敵を知り己を知れば百戦危うからず

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 機嫌の悪い職人
この前の記事(過去) : メマリーリターン!
▲TOP