site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
トイレ  認知症  アルツハイマー  

腰抜けの職人

2011/07/31 (日)  カテゴリー: アルツハイマー型認知症
smartphone
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

(以前に書いた記事とかぶってしまうのですが、どうしても気にかかることなので再び…)

一昨日意識を失ったアルツ君。

そんなことはまったく覚えておらず、昨日、今日といつもと変わらない様子です。

いつもと変わらないとはいえ、やはりどうしても尻もちをついた格好から立ち上がるのが不得意。

スッと布団から抜け出しトイレに立つこともあるのですが、時々立ち上がり方を忘れてしまうような時があります。

もちろん体力の低下が一番の原因なのでしょうが、それ以外に立ち上がり方そのものがわからなくなってしまうようです。

皆さんも自分が布団ないしベッドから抜け出てトイレに行くまでの行動を思い起こしてみて下さい。

たいていの方はそんなことまったく意識して立ち上がっていないですよね。

ヤッチはどうやって立ち上がっているか…?

ヤッチもアルツ君と同じくベッドではなく、布団で寝ています。

寝ているときの姿勢は仰向けでは寝られないので大概横向きです。

横向きの姿勢ならどっちでも寝られるのですが一応心臓を下にして寝ていたと仮定しましょう。

まず、当たり前ですが目を覚まします。

バンビちゃんのようなつぶらな目を開けます。

暗ければまだ起きる時間じゃないななどとぼーっとしながらですが考えます…。

それから尿意のあることに気づきます。

「どうしようかな…。面倒くさいから朝まで寝ちゃおうかな…。」

なんて少し考えるシーンも時々あったりします。

「でもやっぱり行っとこう!!」

と考えムクッと立ち上がります。

この「ムクッ」とのときに果たしてどうやって立ち上がっているか…?

まずこんなことを考える奴はいないと思います。
m(__)m

人それぞれだとは思いますがヤッチの場合は横向きの丸まった体のまま右ひざを曲げ、左足の前に持って行きます。

投げ出すような感じと言えばニュアンスが伝わりやすいかな!?

天井からCCDカメラで撮影すればこの姿は布団を背景にして一歩足を前に踏み出した状態にも見えます。(かなりやる気のない感じです)

手、腕については伸びたままの時もあれば、体の下に回っていてしびれてる時もあります。

時には携帯の電源を入れたまま携帯を握って寝落ちしてしまい、メールのバイブにビックリなんていう時もあります。
\(◎o◎)/!

この寝落ちの現象はGREEをやっているときが多く、特にハコニワのねじまき機能には睡眠薬が入っていると思われます。

余談になりましたが、今度は右手を自分の枕のあたりについて同時に体をひねってうつ伏せになるような姿勢を取ります。

この時にうまく左肩を抜かないと脱臼します。

同時に左手も布団の上につきます。

次に女豹のポーズに近い形をとり今度は自分の両ひざを布団の上で枕に近い方に持って行きます。

このまま片ひざをついて起きてしまう人もいますが、ヤッチの場合は両腕で上体を起こして赤ちゃんがハイハイするような態勢になることが多いかな!?

たまにハイハイの状態からさらに上体を起こして正座するときもあります。

この時に口の脇に冷たさを感じる時は間違いなくヨダレなのでぬぐってあげないといけません。

たいていはハイハイもしくは『お代官様!許して下せ―!』状態ですが、さらに片ひざを立てます。

ちょうどクラウチングスタートの姿勢です。

幸い相手はいないのでフライイングの危険性は回避できます。

ヤッチは片ひざをつくとき右足が多いです。

片ひざをついたらよーいスタートでお尻を持ち上げ一気に立ち上がります。

寝ぼけているときはときどき部屋の扉がなぜか勝手に移動し、ドア枠におでこを痛打したり、小指に激痛が走る時もあります。

こうしてトイレにたどりつき、なぜかトイレの天井を見上げて「フー」とため息をつくこともしばしばです。

用を済ませば、同じ事を逆再生で行い、ようやくお布団様と愛し合うことができます。

夜中にトイレに立った日は損した気持ちになるのはなぜなんでしょう?

立ち上がるという動作だけでかなりの長文になってしまいましたが、これだけのことを人間はおそらく無意識にやっているわけです。

この立ち上がるという動作はいくつかの個々の行動の集合体で、これを算数的に脳が計算を行い、組み合わせをして立ち上がる動作を形成させているものと思われます。

アルツハイマーになるとこういう一見単純とも思えることが難しくなってくるようです。

事実アルツ君にナスを5本とキュウリを5本手渡し、ナス1本とキュウリ1本のペアを5組作るように言うと考え込んでしまいます。

まだどうにか作ることはできますがかなり時間がかかることは事実です。
(ー_ー)!!

何が言いたいかというと体力の低下を差っ引いたとしてもアルツ君だけではなく、認知症、アルツハイマーの人の病気が進むとだんだんと立ち上がるという行動がイメージできなくなってくるのではないかということです。

体が弱ってきているからだと早急に決めつけるのは早いのではないか…。

(同じことの繰り返しですいません)

ひざを曲げながら手をついて上体を起こすという動作はほとんどの人は同時にやってしまいますが、アルツ君には同時にやるということがイメージしにくくなっているような…。

アルツ君にまだ麻痺というものは無いようです。

一つ一つの動作を一つ一つ教えて時間をかけてゆっくりやればできるのですから…。

でもゆっくり時間をかけてやっていると今度はおしっこの方が間に合いません。
(-"-)

紙パンツをしていても出るものは出てしまいます…。

今日も時間をかけて立ち上がるということやっている最中間に合わず、アルツ君の尻もちをついていた布団はハートマークだらけです。


こういう人間の最も基本となる動作が時折抜け落ちてしまうのに、

「ベッドに変えよう」と言っても

「絶対にヤダっ!!俺を下からあぶって焼き鳥にするのかっ!!」と言って

頑固さだけは抜け落ちてくれません。
(=_=)

アルツ君

さすがです…

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たぶんこれを読んだ方は寝る前に布団の上かベッドの上で一度は立ち上がります…。
(^。^)y-.。o○


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : トイレ 認知症 アルツハイマー 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-57.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/31 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 立てこもる職人
この前の記事(過去) : よみがえった職人

Comment


ハート点々はかわいいけど

義母がショートステイの間に冷蔵庫を替えましたが、
「何かこの辺が変わっちゃった」と言っただけでした。
主婦にとっての冷蔵庫の存在は大きいはずなのに・です。
ヤッチさんの判断で替えちゃうってこともありかも~。
なんて、無責任な事を思ったりしました。

kage |  2011/08/01 (月) 06:06 [ 編集 ] No.55 -

kage さんへ

こんにちは。

確かにアルツ君も

ベッドに替えてしまってもわからないかも!?

いずれにしても早い時期にそうしなければならないでしょうね。

私自身も早くベッドにしたいです。

ただベッドにすると今度は寝たきりになってしまうのではという反対意見もあるので

ケアマネージャーさんや医師とも相談して

今後どうするかを決めていきたいと思います。

↑なんだかんだ言っても結局家族や周りが決るんですよね~。
(笑)

アドバイスありがとうございます。

コメントくださる皆さんが他人事ではなく、

親身になってアルツ君のことを考えて下さるので

本当にヤツは幸せ者です。

m(__)m

ヤッチ |  2011/08/01 (月) 11:50 [ 編集 ] No.56 -

コメント:を投稿する 記事: 腰抜けの職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 立てこもる職人
この前の記事(過去) : よみがえった職人
▲TOP