site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
誤嚥性肺炎  退院  特別養護老人ホーム  食事介助  

誤嚥性肺炎での入院から退院へ

2015/05/21 (木)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
退院後、特養の居室で眠るアルツ君

こんにちは。

アルツ君の息子ヤッチです。

ご報告が遅くなりましたが、アルツ君、昨日(2015/05/20水曜日)誤嚥性肺炎で入院していたOG病院を退院し、施設(特別養護老人ホーム)に戻ってきました。

退院といっても、点滴が外されたのと、場所が変わったというだけで、寝たきりの妖怪ゴゴ状態であることにかわりありません。

正直、あまり元気とは言えません。

何よりそれを感じるのは、アルツ君のしゃべる声が小さいことです。

アルツ君の口元へ耳を近づけないと、何を言っているのか聞き取れないときがあります。

体重もさらに減ったような気もします。

OG病院を退院し、施設からのお迎えの車で施設に戻ってきてすぐに昼食の時間になりました。

OG病院に入院中は食欲もあったのに、施設に戻った途端、食欲がありません。

妖怪ゴゴの上のプレミアステージだけは避けたいところですが、あとはアルツ君の生命力に期待するのみです…。

ヤッチもアルツ君の食事介助で出かけることが多くなるので、またこのブログの更新もおろそかになるかもしれません。

どうかご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

え?

なんで施設に入所しているのに、家族が食事介助に出かけるのかって?

アルツ君の入所している特別養護老人ホーム(従来型)では、自分の足で歩ける利用者さんはご自身の居室で食事を摂るのではなく、デイルームのようなところで、一同に会して食事を摂ります。

車いすで移動できる利用者さんもここに集められます。

デイルームといってもスペースの都合上、居室の外の廊下なんですけどね。

食事介助が必要な方はここで職員さんから介助を受け、食事を摂ります。

しかし、アルツ君のような全介助で移動の難しい人は、居室(ベッド上)で食事を摂ることになります。

職員さんの数が足りないので、アルツ君のような利用者は他の利用者さんの食事が済んでから、食事介助を受けることになります。

特に夕食の時間帯は職員さんの数が昼間に比べると、ぐっと減ってしまいます。

おかずの種類によっては、温かいうちに食べた方が美味しいものがたくさんありますよね?

人員不足の理由から食事摂取の時間もあまり長くは取ってもらえないですよね?

って、誰に同意を求めてるのかわかりませんが、そこで『特別なスープ』をアルツ君に飲ますために、ヤッチの出番となるわけです。

これから施設入所を考えていらっしゃる方はこの辺の事情をお知りおきいただいた方が良いかもしれませんね~。

入院設備のある病院にも同じようなことが言えるかもしれません。

特別養護老人ホームでは基本的には夜間、看護師さんもいらっしゃいません。

被介護者(アルツ君)が施設に入所したからといって、介護者(家族など)のするべきことがゼロにならないということになりますかね…。

『出張食事介助サービス』より『在宅』の方が楽かも…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : 誤嚥性肺炎 退院 特別養護老人ホーム 食事介助 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-526.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2015/05/21 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 転失気
この前の記事(過去) : アルツ君、本日退院のはずが…

Comment


お疲れ様です

お久しぶりです
そして日々お疲れ様です
うちの父も今誤嚥性肺炎を再発して入院しています。
食事介助はめんどくさいでしょうけどきっとお父様にとってとても有意義でいい結果をもたらしていると思います。
病院サイドも施設も忙しいですから丁寧に食事介助はなかなか出来ないことも多いでしょう。

入院した家族を病院で介助するのも結構大変ですよね
でも、うちの父もそうでしょうしお父様のような状態の人を在宅で看るというのはとても大変だと思います。

私も在宅中は寝るのは毎日朝5時過ぎでした。
一日140回の吸引と水分管理、排便管理、体位交換と足のむくみが出た時の随時のマッサージと手足の硬縮進行防止のマッサージを一日3時間
訪問入浴以外の清拭と入浴、口腔ケア。

在宅も相当大変ですよ・・・・

お父さまが早くよくなられて今後も安定されて過ごされることを祈っています。
体調崩さないように気を付けてお過ごしください。
今後も応援しています。

sarai(hiro) |  2015/05/24 (日) 01:46 No.2170 -

sarai(hiro)さんへ

sarai(hiro)さん、おはようございます。

在宅でご家族を介護されている方のご苦労やお気持ちといった部分を端折って記事を書いてしまいました。
配慮が足りませんでした。
お詫び申し上げます。

お父様、早く快方に向かわれると良いですね。
saraiさんもご自愛くださいませ。

コメントありがとうございます。

ヤッチ |  2015/05/24 (日) 11:12 [ 編集 ] No.2171 -

『出張食事介助サービス』より『在宅』の方が楽かも…。

生活保護受けている人は時間は余ってるでしょうから
そうすれば良いのでは?
何から何まで福祉の世話になって
何言ってるんでしょうか。

閲覧者さん |  2015/06/26 (金) 23:02 No.2172 -

閲覧者さんへ

閲覧者さん、こんにちは。

腹立たしいお気持ちで記事をご覧になられたことと存じます。

大変失礼ですが、すでに書いてしまった記事なので、閲覧者さんのコメントへに対しての私からの返事は控えさせていただきます。

どうかご容赦下さるようお願い申し上げます。

ヤッチ |  2015/06/27 (土) 11:44 [ 編集 ] No.2173 -

コメント:を投稿する 記事: 誤嚥性肺炎での入院から退院へ

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 転失気
この前の記事(過去) : アルツ君、本日退院のはずが…
▲TOP