site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
空調  エアコン  

蒸し暑い特養~途中経過02

2014/07/21 (月)  カテゴリー: 特別養護老人ホーム
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

記事を書き始めたのは、日付の替わる前の日曜日だったんですけど、もう日付は月曜日になってしまいましたね。

さて、不幸中の幸いとでもいうのでしょうか、東京は比較的しのぎ易い日が続いています。

昨日、日曜日は夕方には雷が鳴り出し、大雨が…。

そんな中、ヤッチのところへ姉から電話が…。

姉:「やっぱり、パパ、新しく取り付けてもらった、エアコンのコードを暴れて、壊しちゃったんだわ~。」

日曜日は、本格的な空調設備が入るまでのつなぎとして、各部屋にルームエアコンが取り付けられることになっていた日です。

ヤッチ:「コードって、今日、新しく取り付けてもらったエアコンのこと?」

姉:「そう。私がちょうど、面会に来た時に『誰がこんなもん、付けやがったっっっーーー!!』って、部屋から廊下にコードを放り投げてたのよ…。」

ヤッチ:「で、エアコンは壊れちゃってるの?」

姉:「いや~、まだ試していないから、わからないけど…。」

ヤッチ:「施設の職員は知ってるの?」

姉:「うん、それはもちろん。コードも職員が持ってる…。」

ヤッチ:「じゃあ、職員さんに言って、直してもらえばいいじゃん。」

姉:「それが、どうも頼りになりそうもないんだわ…。パパがコードを外したのは私が来る前みたいだったから、普通なら元通りになっているはずじゃない!?」

ヤッチ:「生活相談員さんは?」

姉:「不在みたい…。今日は涼しいから、パパのほうは、穏やかに寝てるけどね。」

ヤッチ:「今日は良くても、明日、また暑かったら、困るべ。」

姉:「でも、取りつけた業者も帰っちゃったみたいだし…。」

ヤッチ:「外、大雨なんだよな…。ん…。わかったよ!今、道具を持ってそっちに行くよ!」

姉:「私もこれからまた、あいにく仕事に戻らなくちゃならないのよ…。」

ヤッチ:「面会時間って何時までだっけ?」

姉:「夜は9時までよ。」

ヤッチ:「俺がそっちに着くのが、早くて8時だから、時間内に直せるかな…。」

姉:「その辺は、私が事情を説明しておくから。」

ヤッチ:「わかった。なるべく早くそっちに行くよ。」

そんなわけで、雷雨の中、アルツ君の居る特別養護老人ホームまで、合羽を着て、エアコン修理に行ってきました。

施設の面会の手続きは姉が済ましてくれていたようで、姉はもう施設を出てしまっているようです。

アルツ君の居室はすでに電気が消えています。

寝ているところを起こしてはいけないと思って、そっと居室に忍び込みます。

アルツ君:「誰だ!」

アルツ君がヤッチの気配に気づきます。

ヤッチ:「エアコンの修理業者の者です。」

アルツ君:「なんだ、お前かよ…。」

ヤッチ:「お前で悪かったなぁ…。夜ご飯まだ食べてないから、腹ペコだよ。」

アルツ君:「じゃあ、俺と同じだな。」

ヤッチ:「旦那さんは食べ終わってると思うよ。その証拠に全部入れ歯外してるじゃんかよ。

アルツ君:「そうかぁ…。食べたのかぁ…。で、ばあさん(キノコさん)は?」

ヤッチ:「この大雨だもの、今頃へそを隠して縮こまってるんじゃないかな?」

アルツ君:「しょうがない奴だなぁ…。で、ばあさんはどこにいるんだ?」

ヤッチ:「○○川のそば…。」

アルツ君:「そうかぁ…。川で流されてるんじゃないのか?で、ばあさんは、何してる?」

しばらく、この問答が続き、なかなかヤッチは先に進めません。

アルツ君が眠りについたので、仕事の準備を始めます。

前記事で、窓枠に取りつけるタイプのエアコンが付くとヤッチは申し上げましたが、取り付けられたエアコンは普通のご家庭にあるものと同じタイプのものだったようです。

ただ、少しだけ違うのは、ドレンホースを壁に穴をあけて通すのではなく、窓枠から室外に出しています。

また、取り外すことになるので、躯体に穴をあけることを避けたのかと思います。

ご家庭内にあるエアコンの電源(コンセント)はエアコンのすぐそばに有ると思いますが、特養ではもともと全館空調ですから、ルームエアコンを設置することを想定していません。

設置したエアコンのそばに電源(コンセント)がなく、延長コードで、居室の入り口にあるコンセントから電源を取っていたようです。

壁の長さと床の長さを合計すると、4メートル強でしょうか。

その延長コードをアルツ君が引き抜いてしまったわけです。

壁伝い、床伝いに太い延長コードがむき出しになっていれば、アルツ君の習性上、引き抜く、もしくは引きちぎるは当然のことです。

ヤッチにしてみれば、想定内の出来事…。

施設側にも再三このことは申し上げて来たんですけどねぇ…。

ある意味、これも想定内…。

(-_-;)

ヤッチは夜勤の職員さんに声を掛け、アルツ君が廊下に放り投げたという延長コードをもらいに行きます。

ヤッチ:「これ、壊れちゃってるの?」

職員さん:「いや、確認していないので、わかりません。」

ヤッチ:「じゃあ、もらっていって試してもいい?」

職員さん:「あ、それはもちろん。」

やはり、延長コード隠すような配慮はして下さっていなかったようですね。

延長コードのところどころを養生テープで固定していただけのようです。

まだ、電話機がコードレスではなく、黒電話などをご存知の方ならおわかりになると思いますが、あのコードをいかに目立たたないように配線するか、けっこう悩みましたよね。

今回も、その配慮があまりなされていなかったということです。

ヤッチは延長コードが使えるか確認します。

電源を入れたところ、延長コードもエアコンも故障していないようです。

ヤッチはコンセントが他の場所にないか、さがします。

クローゼットの下にテレビ用にコンセントが有ったのを思い出します。

ここなら、アルツ君の寝ているベッドの下に延長コードを這わせることができるので、今まで電源を取っていた場所より、延長コードを目立たたなくできます。

どうしても、むき出しになってしまう部分は、マスキングテープ、養生テープ、布テープなどを駆使して、固定し、目立たたなくします。

床の部分もむき出しのままだと、転倒の原因になりますから、段ボールをコードの上にかぶせ、段ボールの縁をすべて養生テープでふさぎました。

写メを撮りたかったのですが、あいにくガラケーのヤッチ…。

シャッター音でアルツ君を起こしてしまう可能性大なのであきらめました。

また、他の入所者さんやアルツ君を起こしてはいけなかったので、出来るだけ静かな作業を心がけたため、ことのほか時間を食ってしまいました。

結局、エアコンの設置業者か施設の職員がエアコンから延びたコードを目立たたないように固定すれば良いだけの話で、修理は完了です。

なんで、ヤッチがそれを代行してるんですかね?

まっ、エアコンが動作するようになったからいいかっ!!

涼しくなったしな!?

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

って、誰が?

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 空調 エアコン 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-474.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/07/21 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : フェルガードとフェルゴッド
この前の記事(過去) : 蒸し暑い特養~途中経過01

Comment


暑い中、ご苦労様です。関東はさぞや暑いでしょう。ご家族皆様、お身体に、気をつけて下さい。ブログ楽しみにしています。

hiro |  2014/07/21 (月) 03:18 [ 編集 ] No.2032 -

hiroさんへ

hiroさん、こんには。

コメントありがとうございます。
関東に住んでいる方は、今年は暑さより、湿気を強く感じているんではないでしょうかね。

『今年は』と書いてしまいましたが、去年がどんな陽気だったか、まったく思い出せないまま、書かせていただいています。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ |  2014/07/21 (月) 12:35 [ 編集 ] No.2033 -

コメント:を投稿する 記事: 蒸し暑い特養~途中経過02

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : フェルガードとフェルゴッド
この前の記事(過去) : 蒸し暑い特養~途中経過01
▲TOP