site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
ボツリヌス療法  顔面神経麻痺  共同運動  ボトックス  眼瞼下垂  耳鳴り  耳鼻科  

顔面神経麻痺後のボツリヌス療法 03

2014/03/10 (月)  カテゴリー: 顔面神経麻痺
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

先月の20日(2014/02/20)に顔面神経麻痺の後遺症(共同運動)の治療のため、顔にボトックス®注射を受けたヤッチですが、前回の記事で2、3日経っても顔に変化が現われないということを書かせていただきました。

でも、一週間くらい経ったあたりでしょうか…。

口元に少し変化が出てきました。

左の下唇(したくちびる)が少しニワトリのトサカのように飛び出していたのですが、飛び出していません。

Angelina
鏡を見るまでもなく、これが実感できました。

一応、鏡で確認です。

ん…。

やはり、飛び出しておらず、口を閉じた状態では、左右対称で、普通になっています。

口を大きく開けてみます。

ボトックス®を打った左側の下唇が普通に口を開けているのに、丸め込まれたようになっています。

むしろ健側の右の口元の方が相対的に、だらしなく下がって見えます。

やはり、ボトックス®が効いて来たんですね。

(^^ゞ

というより、少し効きすぎているのかな?という印象です。

ちょっと唇が麻痺して(感覚はあります)、健側と同じような唇の形に修正されたとわかりやすいでしょうか…。

口全体としては、閉じている時は、トサカ部分が無くなったため、左右対称で、大きく開けると、左右非対称…。

ボトックス®注射を受ける前は、全くこの逆です。

診察して下さったH先生は、『あまり変化が無いかも知れない。』とおっしゃっていましたが、一番最初に現れた変化は唇だったようでようです。

特に食事をする時に口の開け閉めに支障をきたす感じでもなかったので、もうしばらく様子を見ることに…。

そして、鏡の前で口を開けた時に、いつもなら左目が閉じてしまうのに、まぶたがあまり下がって来ないことも、この時気づきました。

まだ、強く口を丸め込んだり、舌を出すと、目は閉じてしまいますが、ボトックス®を打つ前に比べると、不快感は軽減されているように思われます。

翌日になると、この口を開けると目が勝手に閉じてしまうという共同運動がまた少し緩和され、徐々に口を開けても、勝手に閉じなくなってきました。

その翌日と、日を追うごとに、目が勝手に閉じなくなってきました。

ボトックス®注射というのは、突然、薬が効いて来るのではなく、ジワリジワリと効いて来るようですね。

ボトックス®の効き具合を診てもらうために、大学病院には2週間後の3月6日(2014年)に診察の予約を入れてありました。

もうこのころには、大きく口を丸め込んだりしない限りは、左目は勝手に閉じたりしないようになっていました。

いや、むしろ意識しても閉じることができなくなってしまったとういうのが正解かもしれません。

顔面神経麻痺になったときに、最初に味わった『片目が開いたまま』の状態に逆戻りしてしまったかのような…。

(-_-;)

まばたきが健側の右目に比べて遅いようにも感じます。

軽く目を閉じた時もやや薄目になっている感覚すらあります。

まばたきが緩慢な分、左目だけちょっくらドライアイです。

ボトックス®注射を打つ前の診察では、副作用として、こういった事があるとういう説明を受けていたので、辛抱のしどころかな…?

…と、ここまで書いて、『お前の説明わかりづらいよ!』とお嘆きの方々!

要は片目が開きっぱなしっていうことであります!

下唇の片側だけ麻痺ってる状態!

( ̄^ ̄)キッパリ!

まぶたが下がって来てしまう『眼瞼下垂(がんけんかすい)』も副作用として有りうるという説明も受けましたが、ヤッチの場合はこの逆で、まぶたが下がらない状態です。

ある意味、眼瞼下垂の患者さんがこのボトックス®注射を受けたら、症状が緩和されるのかもしれないですね~。

保険適用にならないのかな???

唇の方は最初にボトックス®の効き目を感じた時とそう大きな変化は見られませんが、目のほうは、時々目薬でもささないと辛いという印象です。

どっちみち、H先生の診察を控えていたので、H先生に相談してみることに…。

予約時間は3月6日の17時からでしたが、3時間くらい待ったんじゃないかな…。

ようやく診察室に入るよう、ヤッチの名前が呼ばれます。

H先生:「前回はボトックス®を打ったんでしたっけ?どうですか?その後は…???」

ヤッチ:「おかげさまで共同運動のほうは緩和されて、食事もずいぶんストレスなく摂れるようになりました。」

H先生:「それはよかったですね~。」

ヤッチ:「ただ、今度は目が開いたままになっていることが多いのか、涙がよく出ます。ついつい、無意識に目をこすってしまうのか、目尻がすこしヒリヒリします。」

H先生:「最初にご説明申し上げたように、ボトックス®を打ってすぐは、よくこういうことが有ります。そのうち、薬の効果がだんだん薄れてきて、気にならなくなると思いますよ。」

ヤッチ:「寝ている時も、片目だけちゃんと閉じられていない状態なのかな…。」

H先生:「軽く目を閉じてみてください?」

ヤッチは言われた通り両目を閉じます。

H先生:「強く閉じてみてください?」

ヤッチは言われた通り両目を強く閉じます。

H先生:「今度は『あ』?」

ヤッチは言われた通り『あ』の発音…。

H先生:「じゃあ、『いー』?」

ヤッチは言われた通り『いー』の発音…。

H先生:「じゃあ、『う』?」

ヤッチは言われた通り『う』の発音…。

H先生:「唇のほうは、前回診させていただいた時は、麻痺していた側にうんと引っ張られていて、少し口が曲がっているように見えましたけど、今回は元に戻ってるなぁ…。ただ、これはボトックス®のせいで麻痺しているから、そうなるんであって、薬が切れて来ると、だんだん戻って来てしまうかもしれませんねえ~。」

ヤッチ:「そうなんですかぁ…。」

H先生:「目のほうは、閉じてもらうと、やはり片目が少し開いた状態になってるかなぁ…。」

ヤッチ:「やっぱりそうですか。乾かないように薬を出してもらえませんかね?」

H先生:「わかりました。目尻につけていただく軟膏をお出ししておきます。これは、日中より、夜寝る前に塗って下さい。」

ヤッチ:「わかりました。」

H先生:「あと、目が乾くということなので、点眼薬をお出しします。これは、就寝前というのではなく、乾いたら点けるようにしてください。」

ヤッチ:「わかりました。」

H先生:「目が乾いたりして、最初はお辛いでしょうけど、薬の効果が薄れていくのと並行して徐々に緩和して来ると思います。だいたいボトックス®の効果は3ヶ月程度で消失します。そのころにまた診察させて頂こうかな?」

ヤッチ:「わかりました。まあ、毎度毎度、ウィンクしながら食事をするより、こっちの方が楽ですから…。それと、先生、もう一つお伺いしたいことがあるんですが?」

H先生:「なんでしょう?」

ヤッチ:「ボトックス®をしていただいたおかげで、目のほうの共同運動も治まっている状態なんですけど、まだ、やはり口を開けたり、曲げると耳の中で風切り音が入ってきます。口や表情筋を動かした時だけなるので、常時耳鳴りがするというわけではないですが…?」

H先生:「耳鳴りかぁ…。」

ヤッチ:「たとえば、耳のそばにボトックス®注射を打ったらこれが改善されるなんていうことはないんですかね?」

H先生:「ん…。おっしゃっているのは、耳の中の話だと思いますよ。耳の中の話になると僕の専門じゃないからなぁ…。耳鼻科が専門になるのかな…。」

ヤッチ:「先生のほうで何とかできないのでしょうか?」

H先生:「ボトックス®を耳の中に打つということはできないんですよ…。」

ヤッチ:「以前顔面神経麻痺で入院していた病院の先生にこのことを申し上げたこともあるんですけど、『気のせいだ。』、『慣れるしかない。』と言われちゃったもんですから…。」

H先生:「僕のほうは、専門外だけど、この病院の耳鼻科に顔面神経麻痺専門の先生もいらっしゃいますから、もしよろしければ、紹介させていただきますけど?」

ヤッチ:「ん…。まだ、ボトックス®を打ってから、日数が経っていないので、もう少し様子見てみることにします。目の共同運動が楽になったことで、耳鳴りも気にならなくなるかもしれませんので…。」

本当のところは、すぐにでも耳鼻科の先生を紹介してもらいたかったのですが、また初診の受付、予約、問診票に記入、診察待ち、検査…等々と、先のことを考えるとついつい億劫になってしまいます。

(-_-;)

まだボトックス®を打っばかりで、これから先、もう少し効果が拡がって来るかもしれません。

そうしたら、耳鳴りも無くなるかもしれません。

3か月後にまた診察をしてもらうので、どうしても耳鳴りの事が気になるなら、その時にでもということで…。

(^_^)/

H先生:「顔面神経麻痺の時にやられたように、毎日鏡を見ながら、顔(の表情筋)を動かすようにしてくださいね。」

ヤッチ:「わかりました。」

最後に顔の写真を撮っていただき、処方せんと3ヶ月先の次回の予約を取って終了です。

処方してもらった薬は以下になります。


目薬
診察後の最近のヤッチですが、ボトックス®注射を打つ前は、口を開けさえすれば、ウィンクできたのに、今はまぶたの力だけではウィンクできません。

かなり険しい表情を作らないと片目が閉じません。

ちなみに昔は早智子派でしたが、最近は翔子派です。

冗談はさておき、ポストよりピア美が好きです。

(さておいてないじゃん!)

目薬は今やヤッチの必須アイテムです。

また、明るい屋外に出ると、まばたきが緩慢な分、ものすごくまぶしく感じます。

サングラスも必要ですかねぇ~???

髪を切り、ピエール瀧さんのようになった佐○○内氏に余ったサングラスをもらうかな~。

あっ!

ヤッチのほうは大丈夫ですよ。

耳鳴りがするだけで、音はちゃんと聴こえますからっ!

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : ボツリヌス療法 顔面神経麻痺 共同運動 ボトックス 眼瞼下垂 耳鳴り 耳鼻科 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-454.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2014/03/10 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

この次の記事(未来) : 内因性湿疹ってなに?
この前の記事(過去) : ごはんを食べさせてもらえない職人

Comment


眼瞼下垂(がんけんかすい)。

私は右目が眼瞼下垂気味。右肩付近にあった(あえて過去形!)「リンパ節がん」の症状の一つだそうで、いつでも眠そうに見える。主治医が「気になるようなら手術してまぶたを少し上げる?」うん!!上げる。上げる!ついでに左目も上げてほしいな~!(笑)

のぞみん |  2014/03/11 (火) 07:29 No.1972 -

のぞみんへ

のぞみん、おはようございます。

ボトックス®注射の効果は3ヶ月と、カラータイマー付きの対症療法だし、保険適用が有るとはいえ、高額な注射です。
医療費も大きな負担になるので、やはり手術で治す方が選択肢の順位として上位に来るのかなぁ…。

ヤッチの今回のボトックス®治療で、眼瞼下垂(がんけんかすい)にも効果が有る事は実証済みですが、そもそも眼瞼下垂(がんけんかすい)に保険適用が有るかどうかわからないですしね。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)には、保険適用が有るというのは、診察していただいた先生から確認を取れていますが…。

あと手術ですが、もう一つの選択肢として、左目も下げてもらってバランスを取るとか…。
(●`w´●)ニァ・・

いずれにしても、『片目』だけというのは眼精疲労や肩こりになり易いようなので、スマホちゃんでのゲームは一日三十秒までと決めてプレイしてください。(by主治医)

いつもコメントありがとうございます。
(^_^)/

追伸
☆★お誕生日おめでとう!★☆

ヤッチ |  2014/03/11 (火) 10:03 [ 編集 ] No.1973 -

なんでやねん!

左目も下げてバランスとるってか?それも一つの選択肢やな・・・。ってなんでやねん!それとスマホ君でのゲーム30秒って画面立ち上げたらおしまいやんかぁ。(-_-)

のぞみん |  2014/03/14 (金) 07:37 No.1976 -

のぞみんへ

やれやれ、不満の多い患者さまだこと…。

三十秒もあったら、落とした食べ物を拾って食べるなんて、できないのにねぇ…。
(* ̄ー ̄)y-・~~

by 白衣の裾を丈詰めしたSEXY看護師

ヤッチ |  2014/03/14 (金) 20:58 [ 編集 ] No.1977 -

アルツ君の息子ヤッチさん こんにちは!
突然申し訳ありません。顔面麻痺で検索したら こちらを発見しまして 読ませていただきました。 私は 現在45歳で 去年の夏に 外耳道ガンと宣告され 現在も治療中です。
今年の2月9日に 顔面麻痺になり ちっとも改善しないまま 8ヶ月経とうとしています… ただ 2cm程 段差のついた眉は 現在1cm程になったような気がしています。
癌の治療をしている大学病院では 癌の治療のほうが先だ!と言って 麻痺の治療は していません… ヤッチさんの 病院は 麻痺の治療の 専門の科が あるのですか?
麻痺側の皮膚や 筋肉?あ痛くて とても不快です…
癌の痛みか麻痺の痛みか…
癌もだけど 麻痺を 一日でも早く治したいです。
心が折れそうです…
ヤッチさんのように 元気に毎日を送れる秘訣って なんですか? 良かったら教えてください。

tweety |  2015/09/23 (水) 11:30 No.2217 -

tweetyさんへ

tweetyさん、こんばんは。

外耳道ガンですか?
失礼とは存じますが、初めて聞くガンの病名です。
どんな治療法が選択されるのか、また、どのようなニュアンスで、担当のお医者様が『癌の治療のほうが先だ!』とおっしゃれたのか、コメントからはうかがい知ることはできませんが、同時並行で治療していただけないんでしょうかね。

> ヤッチさんの病院は麻痺の治療の専門の科があるのですか?

ご質問の件ですが、私が治療を受けた大学病院の診療科は、『耳鼻科』です。
耳鼻科での入院で、おもにステロイドの点滴治療です。
検索してもらえばお分かりになると思いますが、『プレドニン』という薬が使われていたと記憶しています。
入院中にST(言語聴覚士)さんのリハビリが始まりましたが、リハビリといっても、入院中は患側の麻痺してこわばっている筋肉をほぐすマッサージが中心だったような気がします。
顔の筋肉を動かすようなリハビリが本格的に始まったのは、退院後でした。

顔面神経麻痺の発症から8ヶ月経過しているとのことですが、あまり焦らなくてもよいのではないでしょうか?
(決して担当のお医者様を弁護する意図はありません。)
というのも、私自身、8ヶ月までとはいきませんが、顔の筋肉が少しずつ動くようになったのが、退院してから、相当時間経過してからだったからです。
病院での積極的な治療で早くに麻痺が改善されたどうかはわかりませんが、自然治癒による部分も相当大きかったのではないかと今はそう考えている次第です。
現在も病的共同運動が残り、いまだにボトックス治療を継続中です。
(こちらについては、『耳鼻科』ではなく、『形成外科』です。)
このブログの中でアップしている動画をご覧になってもらえばお分かりになると思いますが、滑舌の悪さもいまだ継続中です。
顔面神経麻痺を治す上で一番大事なのは、私のような共同運動が残らないように、また神経の混線させないようにじっくり時間をかけて治していく、これ、意外に大事なのかもしれませんよ。

現在、眉が下がっているということですので、無理のない程度に、ご自分の顔を鏡に映しながら、おでこにシワを寄せるといったことをされてみてはいかがでしょうか。(疲れたらストップ)
同様に、鏡をご覧になりながら、下がった方の眉を指で引き上げたり、毎日欠かさず重ったるく感じる部分をマッサージすることも大事かと…。
どちらも、必ず鏡を見ながらやることと、無理をしないことが大事なような気がします。
無理をすると、本来使わなければならない麻痺している筋肉を使わずに、別の元気な筋肉が使うことになってしまい、へんな癖がついてしまうからです。

すでにご覧になられたと思いますが、リハビリ方法は、このブログの記事にさせていただいていますので、こちらをご参照ください。
当時、入院していた病院のSTさんから教えていただいたリハビリ方法です。
http://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-304.html
『顔面神経麻痺のリハビリ方法』 -2012/07/15

> ヤッチさんのように元気に毎日を送れる秘訣ってなんですか? 良かったら教えてください。

ん…。
こちらのご質問の答えは難しいですねえ…。
ブログは氷山の一角を記事にしているにすぎませんから。
私もよく『心が折れそう』という言葉を使いますし、愚痴やため息ばかり発していますよ。
いや、大半がこっちの生活です。

でも、『折れる』っていうくらいだから、『心』って、固くて棒状のものなんでしょうかね。
冷静に考えると、もし『心』というものがあるなら、柔軟性のある球状のものという考えも生まれてきますよね。

あまりお役に立てるような返事を差し上げられませんでした。
ご不明な点がございましたら、いつでもコメントをいただけるとうれしいです。
どの記事のコメント欄をお使いいただいてもかまいません。

快方に向かわれること、お祈り申し上げます。

ヤッチ |  2015/09/23 (水) 22:59 [ 編集 ] No.2218 -

コメント:を投稿する 記事: 顔面神経麻痺後のボツリヌス療法 03

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 内因性湿疹ってなに?
この前の記事(過去) : ごはんを食べさせてもらえない職人
▲TOP