site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
クリニック  台風  メマリー  アルツハイマー  アリセプト  

頑固な職人

2011/07/19 (火)  カテゴリー: 認知症の薬の事
smartphone
こんにちは

アルツ君の息子ヤッチです
(^_^)/~

今日はアルツ君いつもお世話になっている主治医のクリニックに診察に行く日です。

台風が近づいて風雨が強まるかもしれないと言われていましたが、夕方キノコさんとクリニックに出かけたようです。

幸い雨が小降りでずぶ濡れにならずに帰ってきたのでホッと一安心。
(*^_^*)

帰ってきたキノコさんにいろいろ話を聞くと、主治医の前ではずいぶんアルツ君はおとなしく、先生のおっしゃることに「ふん。ふん。」と相づちをうち、聞き分けの良い少年のようだったといいます。

先生が「少し外を歩いて足腰が弱くならないように自分で頑張らないと…。」とおっしゃると

「たしかに私もそう思ってたんですよ〜。なるほどおっしゃる通りだ〜。」

「薬も朝夕出しておきますから、きちんと飲んでくださいね。」

「ハイ。わかりました。」

ずいぶん紳士じゃん。

ところが帰ってきて夕ご飯を食べ終わり、お風呂にも入り、いざ寝る時になり、キノコさんが薬を飲むよう促します。

「今日は薬もらってきて新しい薬(メマリー)もあるから、ちゃんと飲んでね。」

すると何が気に入らなかったのでしょう?

「うるさいっ!俺はそんなもん飲まないっ!!」

アルツ君には良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、飲んでいる薬がアルツハイマーの薬で、アルツ君自身がアルツハイマーだということも教えています。

今飲んでいるアリセプトという認知症の薬が進行を食い止める効果はあっても認知症そのものを治せる薬ではないこともアルツ君に説明しました。

そしてつい先日進行がおさまらないので新しい認知症の薬メマリーを処方してもらったことも…。

「いずれダムが決壊することになるかもしれないけど、決壊するのを遅くすることはできる薬なんだよ。」

たしかそんな説明をした記憶が有ります。

アルツ君は「それじゃあ。飲んどいたほうがいいな〜。」と言ったこともありました。

ただ根本的に薬を飲むが嫌いです。
(ー_ー)!!

「そんなもん飲まなくたって寝りゃ治る!」が口癖です。

今日はお医者さんに行ってすんなり薬を飲んでくれるのかと思いきやまるで逆…。

「口がとれたって飲まないからなっ!!」

こうなってくるとヤッチも声を荒げてしまいます。

「口から飲まないなら、ケツから突っ込むぞっ!」

「やれるもんならやってみろっ!ケツ切り落としてやるっ!」

「切っちまった方が胃袋に入れやすくなるねっ!」

子供じゃあないんだから…。(フっー!)

キノコさんが割って入ります…。

「まあ。まあ。喧嘩しないで〜!」

「喧嘩なんかしてないっ!あのバカが親に向かってうるせーこと言いやがるからだっ!」

「まあ。まあ。これポッチの薬グッと飲んじゃえばおしまいじゃない〜!」

(『これポッチ』を飲まないから余計に腹が立つんですけど…。)

キノコさんになだめられ、ようやくアルツ君は薬を飲みます。

「こんな薬飲んで100年も200年も生きられるのかね〜?」

ヤッチもここは我慢ですっkkkk。

肩がちょっとでも凝ると湿布薬を貼ってしまうヤッチからするとこの辺が理解に苦しむところです。
(ー_ー)!!

アルツ君が30秒前に言ったことを忘れてしまうほどかなり客観的に見ても悪くなっているのは確かです。

またアルツハイマーと診断される前はかなり怒りっぽい性格だったのですが、アリセプトを飲むようになってからは穏やかな性格になり、今みたいな喧嘩は激減しました。

ただこれがアリセプトの効果⇒穏やかな性格なのかアルツハイマーの進行⇒穏やかな性格なのかははっきりしないところです。

効果が期待できると処方してもらった認知症の薬メマリーの副作用という風には結論を出すには早急すぎる感は有ります。

「もう少し様子をみて薬を増やすか減らすかを考えましょう。」とおっしゃって下さった主治医の先生のためにもヤッチももう少し大人になるようにします。
m(__)m

でも今日アルツ君がお風呂に入る前にキノコさんに言われていたことがあります。

「夏で汗かくんだから、お風呂に入ったらまず頭からお湯をかぶりなさいよ!」

「お前に言われなくたってわかってるよ!子供じゃあるまいしっ!」

でもお風呂から出てきたアルツ君…。

そう…。

髪の毛が濡れてないんです…。

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

【追記】
2012年になってアルツ君が実はレビー小体型認知症も発症しているのではないかという疑問が生じてきました。

レビー小体型認知症であれば、アリセプトやメマリーなどの認知症の薬に対して過敏症状が出て、上記のような副作用が出ることも至極当然な結果となります。

多量の認知症の薬の服用がレビー小体型認知症の症状の一つであるパーキンソン症状の悪化をもたらすことにもなりかねません。

もしご家族などにアルツ君のように、薬に対して過敏になっている方がいらっしゃるとすれば、アルツハイマー型認知症だけという診断を受けていたとしても、レビー小体型認知症ではないかという問題意識は少なからず持っておられた方が良いと思います。

現在(2012/01/09)アルツ君は今までの主治医に紹介状を書いてもらい、レビー小体型認知症かどうかの診断をしてもらう予定になっています。

以後のことについては、このブログの中で追々記事にして行こうと考えています。

関連記事
※このブログにもたくさんの参考になるコメントが寄せられています。
是非コメント欄も合わせてごらんください。

参考コメント




ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 0 件
ツイートする

キーワード検索 : クリニック 台風 メマリー アルツハイマー アリセプト 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-45.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2011/07/19 | コメント (0) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : パンツ一丁の職人
この前の記事(過去) : TKOの職人

Comment

コメント:を投稿する 記事: 頑固な職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : パンツ一丁の職人
この前の記事(過去) : TKOの職人
▲TOP