site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
ウインドアンサブル  短期記憶障害  紙パンツ  

ウインドアンサブル

2013/10/30 (水)  カテゴリー: 下の話
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

この間の日曜日に、アルツ君の施設で秋祭りがありました。

夏祭りのように、ヤグラが立って、盆踊りを踊るという派手なお祭りではありませんでしたが、タコ焼きや焼きそばなどの露店も並び、地元住民にも解放してのお祭りです。

この日の秋祭りに、キノコさんにも施設に行ってもらおうと、姉が自転車でキノコさんの部屋に訪れ、姉がキノコさんを施設までタクシーで連れて行くという計画です。

姉の自転車は、ヤッチが施設まで乗って行き、帰りは施設からヤッチとキノコさんと一緒に帰って来ることになっています。

姉がキノコさんのところに現れたのが、午前11時30分頃でしょうか。

姉はキノコさんのところに行く前にヤッチの部屋を訪れます。

姉:「はい、これ、自転車のカギ。お昼ごろに、○○(姉の旦那さん)が施設にお寿司を買って持って行くって。あんたの分も買ってると思うから。」

ヤッチ:「じゃあ、俺は、おたくの自転車で施設まで行けばいい?」

姉:「うん、悪いけどそうしてくれる。」

ヤッチ:「旦那さん(アルツ君)のお昼は、どうなってるの?」

姉:「施設から出るパパのお昼ご飯は私が前もって断っておいたから、施設でみんなで一緒にお昼ご飯を食べようって話よ。」

ヤッチ:「了解…。」

姉はキノコさんを迎えに行ったようです。

キノコさんを引き連れて姉が再びヤッチの部屋の呼び鈴を押します。

ヤッチ:「あれ!?出かけたんじゃないの?タクシーは?」

姉:「今、電話で呼んだから、もう来ると思うよ。でさ…。」

ヤッチ:「ん?」

姉:「今施設から電話が掛かって来て、パパが怒ってるらしいのよ。」

ヤッチ:「なんでかね?」

姉:「さっき言ったように、私がパパのお昼ご飯を断ったじゃない…。」

ヤッチ:「うん…。」

姉:「それで、他の利用者さんのお昼ご飯は用意されていくのに、パパのお昼ご飯だけ出て来ないから、パパが『俺にメシを食わせない気かっーー!!』って怒ってるらしいのよ。」

ヤッチ:「で?」

姉:「仕方がないから、『(施設に)余分があるなら、食べさせて下さい。』って言っちゃったわよ。」

ヤッチ:「施設の方で準備できたのかね?」

姉:「それは、大丈夫だったみたい。パパには昨日、『秋祭りがあるから、みんなでお昼ご飯を食べよう。』、『お昼ご飯は断っておくからね。』って言ってあったんだけどね…。」

ヤッチ:「いやいや、前もって覚えていられるなら、施設に入所する必要はないでしょ。」

姉:「そっか!?もう、タクシー来るから、先に行くね。また、あっちで!!」

姉とキノコさんはタクシーに乗り込み、アルツ君の居る施設に向かったようです。

アルツ君は、姉の旦那さんが買ってくるというお寿司の前に、施設で出された昼食を先に食しているようです。

ヤッチも少し遅れて、姉の自転車で施設に向かいます。

施設に着くと、アルツ君を囲むようにして、廊下にあるテーブールで家族そろってお寿司を食べています。

アルツ君はキノコさんのとなりに腰かけ、不機嫌そうにしています。

姉がヤッチに話し掛けます。

姉:「パパねえ、やっぱりお昼ご飯先に食べちゃったんだって。」

ヤッチが答える前にアルツ君が口をはさみます。

アルツ君:「当たり前さよ~。俺に断りもなしにメシを出さない奴があるかよっ。」

アルツ君、涙ぐんじゃってます。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

姉:「私、パパに言ったんだけどな~。」

アルツ君:「ウソをつけっ!!俺の耳に入ってれば、ちゃんと食わずに待ってるわいっ!!」

姉:「そっか、そっか…。それは申し訳ない…。そんなに泣くなよ~。」

アルツ君:「泣いてなんか、いないわいっ!!」

ヤッチ:「わさびが効きすぎたか?」

姉:「お寿司食べてないもん!!」

ヤッチ:「わさびだけ食ったのか?そいつは大したもんだ~。ちゃんと旦那さんに断りを入れなかった奴が悪いな!?後で俺が言わなかった奴の目にわさびを注入しておくよ。で、旦那さん、お寿司は食わないのかい?」

キノコさん:「もう、ここで出してくれたものを食べちゃったから、お腹イッパイみたい…。」

キノコさん、わき目も振らず、自分の目の前のお寿司に没頭中…。

アルツ君:「そんなこともないぞ!?俺は食いしん坊だからな!?なんぼだって食うぞ。」

ようやく、いつも通りのアルツ君に戻ったようです。

アルツ君、最近では、短期記憶障害も相当進行している様子で、次から次へと物事を忘れてしまうようです。

(-_-;)

ヤッチとの会話でも、意味不明の内容が増え、かなり劣化が見られます。

(-_-;)

アルツ君の頭の中の映像は、映るそばから、消し去られているという印象でしょうか…。

(-_-;)

ヤッチ:「あんまり食い過ぎると、後で動けなくなるぞ。」

アルツ君:「大丈夫ですよ。お前とは胃袋の鍛え方が違うんだから。」

ヤッチ:「今日は『秋祭り』って言うけど、なんか催し物があるの?」

アルツ君:「俺は知らんぞ!?」

姉:「午後からウインドアンサブルがあるみたいだよ。あんたの出た中学校の生徒達の…。」

ヤッチ:「ウインドアンサブル?何それ?」

アルツ君:「あー、あれはうまいぞ。」

ヤッチ:「旦那さん、ウインドアンサブルなんていうものを知ってるのか?」

アルツ君:「当たり前さよ~。甘くて美味いぞ~。」

ヤッチ:「それ、ただ『アン』っていう言葉の響きだけだろっ?」

姉:「吹奏楽部の演奏だよ。」

アルツ君:「吹奏楽かぁ…。」

ヤッチ:「やっぱり、旦那さん、知らなかったみたいだな!?でも、音楽ならいいじゃん!!旦那さん、音楽好きだもんな?」

アルツ君:「ああー。あれはいいね~。3回くらいここで聴いたことがあるけど、あれはいいぞ~。」

まだ、施設に入所してから、1年ちょいですから、3回も聴いているわけはないんですけどね。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ:「そのウインド何たらは何時から?」

姉:「私も良く知らないけど、1時半くらいじゃない?ここにパンフレットがあるよ。」

ヤッチ:「まったく、親子そろってアバウトな性格だなぁ…。」

パンフレットを見ると、2時から演奏開始と書いてあります。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチもお寿司を御馳走になり、しばし休憩タイムです。

ウインドアンサブルは1階のフロアを利用して行われるようです。

ヤッチ:「お茶も飲んだことだし、下に行ってみるかい?」

キノコさん;「そうね~。早目に降りた方が混まなくていいかもね…。」

ここは特養(3階)なので車椅子の利用者さんが大勢いらっしゃいます。

時間になると、エレベーターが大変混雑します。

ヤッチ:「よっしゃー!!そうと決まったら、旦那さん、部屋(居室)でタキシードに着替えようぜ?」

アルツ君:「俺は、そんなもん持ってないぞ。」

ヤッチ:「無きゃ無いでいいさ~。1階はドレスコードがあるから、パンツだけでも履き換えようぜ!!」

アルツ君:「なんだ?ドレス何とかって…??」

ヤッチ:「何でもいいさ!!パンツを新しいのに履き換えればいいだけのことよ!!」

アルツ君:「そうなのか?」

キノコさん達には廊下で待っていてもらい、ヤッチはアルツ君と二人で居室に戻ります。

ヤッチはクローゼットを開け、新しい紙パンツを取り出します。

ヤッチ:「1階から、もう音が聴こえて来てるな?練習でもしているのかな?旦那さんも聴こえるでしょ?」

アルツ君:「ああ、聴こえてますよ。」

階下ではウインドアンサブルのために生徒さんが音合わせでもしているのでしょうか、様々な音が漏れてきます。

ヤッチ:「旦那さん、ショウベンは?」

アルツ君:「俺は10年くらいしたことないぞ。」

ヤッチ:「今時のアイドルだって、そんなセリフ吐かないぜ。じゃあ、トイレには行かなくても大丈夫?」

アルツ君:「そこにあるトイレはお前にくれてやるから、持って帰れ。」

ヤッチ:「いらないよっ!!」

ヤッチはベッドサイドでアルツ君のズボンと紙パンツを下ろします。

アルツ君、立ったままの半ケツ状態…。

ヤッチ:「パンツも綺麗みたいだな?換えなくても良さそうだな…。」

紙パンツは汚れていなかったので、交換しなくても良さそう…。

アルツ君:「ね…、だから言ったでしょ!? あっっっ!!ちょっと、待ったっっっっっっっっ!!

アルツ君の紙パンツを元に戻そうとした瞬間、アルツ君が慌てふためきます。

ヤッチ:「なんだ?なんだ?大か?」

ヤッチもあわてて紙パンツを引き上げます。

紙パンツを完全には上げきってはいませんでしたが、アルツ君は歩ける状態…。

アルツ君、トイレに向かって一目散…。

わずか1~2メートルの距離ですが、アルツ君、途中で力つきます。

アルツ君:「あーあ…。」

アルツ君の声と同時に下半身から重低音がこだまします。

ヤッチ:「トランペットの音とは違うようだな?」

アルツ君:「あ…。もっと低い音だ…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 4 件
ツイートする

キーワード検索 : ウインドアンサブル 短期記憶障害 紙パンツ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-430.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/10/30 | コメント (4) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 歩行車デビューしました!!
この前の記事(過去) : 抑肝散の増量~教訓を活かせぬ特養~

Comment


ヤッチさん、ご無沙汰しております。
義母のことでは、コメントくださりありがとうございました。
もう少し詳しいことを記録しておかなくては、と思いながらなかなかその気になれず、そのうちこのニワトリ頭(3歩歩けば忘れる~♪)ではいろいろ忘れちゃう、と焦っているこの頃です(;^ω^)
こちらも時折ご訪問しておりましたが、なかなかコメント残せず…お父さまお元気そうでなによりです。
今週、さらに冷えるようなことを予報で聞きましたので、どうかお父さま大事になさってくださいね。

どぅ |  2013/11/10 (日) 08:30 [ 編集 ] No.1899 -

どぅさんへ

どぅさん、こんにちは。

先日、旧のブログを拝読したとき、お義母様は施設で、お元気でいらっしゃったようにお見受けしましたが、お亡くなりになられて、残念でなりません。
謹んでお悔やみ申し上げます。

お義母様の詳しい記事について、書かれるか書かれないかは、少し落ち着いてからでも良いのでは!?
くれぐれもご無理をなさらず、ご自愛下さいませ。

ヤッチ |  2013/11/10 (日) 17:16 [ 編集 ] No.1900 -

寒くなりました!

今日は地震でしたね~皆さん、大丈夫でしたか?
義父が一年間お世話になった特養のイベント・・・季節ごとに思い出してしまいます。
施設の秋祭り・・・ご家族の皆さんでお父様を囲む素敵な時間の様子がホンワカと伝わってきました。
お寿司が好きそうな、お母様もお元気そうで何よりです。
やっちさん、お疲れ様です!

myu*myu* |  2013/11/16 (土) 22:52 No.1901 -

myu*myu*さんへ

myu*myu*さん、こんにちは。

昨日の地震、けっこう長かったので、ちょっと恐怖を感じました。
住んでいるのは東京なのに、未だに震源が三陸沖ではないかと確認してしまうのは、私だけでしょうか…。

アルツ君をはじめ、みんな元気です。
そちらでは積雪があったとの便りも入ってきています。
風邪などひかないようにしてくださいね。

あたたかいコメント、いつもありがとうございます。

ヤッチ |  2013/11/17 (日) 12:06 [ 編集 ] No.1902 -

コメント:を投稿する 記事: ウインドアンサブル

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 歩行車デビューしました!!
この前の記事(過去) : 抑肝散の増量~教訓を活かせぬ特養~
▲TOP