site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
看護要約  診療情報提供書  紹介状  コアグラ  GERD  胃食道逆流症  逆流性食道炎  言語聴覚士  嚥下  

看護要約

2013/09/05 (木)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

ヤッチの元に『看護要約』なるものが戻って来ました。

アルツ君の退院手続きの時に、入院していたOG病院から渡されたものです。

その他にも診療明細書、アルツ君の画像診断の結果のCD-ROMや搬送前のS病院へ診療情報提供書等、色々な書類等を渡され、OG病院の方から、アルツ君の施設の看護師さんに渡してくれと言われ、施設に戻り、すぐにこれらを施設の看護師さんに渡しました。

その中にこの『看護要約』なるものが入っていたわけですが、ヤッチが無理を言って、このコピーを施設の看護師さんからいただいて来たのです。

『看護要約』というのがイマイチはっきりしませんが、施設にアルツ君と一緒に戻った時に、施設の看護師さんが最初にこれを見つけ出して、一生懸命、目を通していましたから、看護師さんには結構大事な書類だったのかも…。

今回のアルツ君の入院騒ぎの時にS病院に検査のためのじゅうぶんな設備がなく、S病院の医師からOG病院に診療情報提供書(紹介状)を書いてもらって、OG病院で、検査、そして入院となりました。

医師から医師へから書くものが、診療情報提供書(紹介状)なら、今回の『看護要約』なるもは、看護師から看護師へ書く情報提供書なのかもしれません。

ヤッチのことですから、間違っている可能性大ですが…。

(-_-;)

この『看護要約』はA4サイズ一枚だけですが、アルツ君の入院から退院に至るまでの経緯がまとめられています。

以下に引用させていただきますが、個人名や団体名は加筆して修正させていただきます。

また、必要と思われる部分のみを抜粋する形で引用させていただきます。

▽引用▽
看護要約
診断名
(記載なし)
看護上の問題点
貴施設(○○○○)に入所中の方。発熱のため8/28にS病院受診され、コアグラの嘔吐があり、胃管挿入したところ胃内に中等度のコアグラを認めたため、止血目的に当院紹介受診。
来院時胃カメラを施行し、GERD 表層性胃炎の所見があり出血はGERD+抗凝固剤内服が原因と考えられた
すでに止血しており特に処置は行わず。
発熱、痰、SpO2低下あり。CTで下肺背側に炎症性変化認め、誤嚥性肺炎等疑われ精査加療目的にて入院となる。
入院後発熱なく経過し食事摂取も良好。STにより嚥下機能評価したが問題なし。
 
活気も戻り本日退院となる。
既往歴
高血圧、不整脈
入院月日
H25/8/28
退院月日
H25/8/30
食事
セッティング必要。自己摂取可。
排泄
車椅子にてトイレへ。失禁もあり
清潔
清拭介助。8月30日最終
移動
車椅子
睡眠
覚醒すると大声で話し始めたりするが、落ち着くと入眠。
身体的問題点
立ち上がろうとしたり転落のリスクあり。
説明に対する理解得られず体幹抑制使用。
内服
ナース管理
バイアスピリン錠100mg
退院後
施設:○○○○
その他
(記載なし)
△引用△

声に出して読んでいると、来日して間もない中国人になった気分にになりますが、難解な文字がいくつか含まれています。

コアグラというのは、coagulation…。

凝固だとか凝血という意味です。

血のかたまりと考えればよいのかな!?

似て非なるものを想像した方は、ヤッチと同じ思考回路の持ち主です。

ちなみにヤッチはまだこれを食したことはありません。(フォア○○…)

(^_^;)

GERDは胃食道逆流症…。

英語ではgastro-esophageal reflux diseaseで、胃食道逆流症は、この英語の頭文字を取った略語だそうです。

胃食道逆流症は胃の内容物が食道に逆流しておこる病態の総称だそうです。

胃食道逆流症も逆流性食道炎と同じじゃないかと思い、ちょっと調べてみました。

でも、あまりにも定義が難しすぎて、ヤッチには上手く説明することができません。

(つд⊂)エーン

ザックリ言ってしまえば、胃食道逆流症という大きな集合が有って、その一部に逆流性食道炎があるということで、ヤッチは片づけました。

(^^ゞ

胃食道逆流症も逆流性食道炎も胃液が逆流して胸やけや酸っぱいものがこみあげてくる感じ(呑酸)などのいろいろな症状をおこす点では一緒です。

逆流した胃酸が食道に溢れ出すと、保護機能の働かない食道の粘膜が炎症などのダメージを受け、ひどければ、潰瘍を起こしたり、アルツ君のように出血したりします。

これは、胃酸の逆流による『食道炎』なので、逆流性食道炎ということになります。

でも、食道がまったくダメージを受けていなくても、胃酸が逆流しただけで、胸やけなどの不快感を催す人もいるそうなんです。

胃の内容物の逆流により、胸やけのような不快な症状の出る病態を総称して胃食道逆流症(GERD)と呼び、その中で、食道が少なからず障害を受けていれば、逆流性食道炎と診断されるようです。

食道が炎症などを起こし、傷ついているか、いないかで逆流性食道炎と判断されるということになるんでしょうかね…。

何だかややこしい話で恐縮です…。

(-_-;)

またヤッチの説明はおおいに間違っている可能性大なので、詳しく書かれたpdfファイルがネットに公開されていますので、詳しく知りたい方は、リンクを貼っておきますので、ダウンロードしてみてください。

ファイルサイズがかなり大きめなので、PCやスマホが逆流性食道炎を起こすかもしれません。

その辺は、自己責任でお願いします。

[参考]:胃食道逆流症(GERD)ガイドブック - 日本消化器病学会

『看護要約』の中で、後は難しい文言は無いですかね!?

『出血はGERD+抗凝固剤内服が原因』と書いてありますが、『抗凝固剤』は、アルツ君が普段の内服しているバイアスピリンの事ではないかと思います。

バイアスピリンは血液をサラサラにする薬の事です。

血栓予防にメリットのある薬ですが、反面、血が止まりにくくなるというデメリットがあります。

メリットはリンス・インのものも販売されているんですけどね…。

(-_-;)

SpO2は酸素飽和度の事…。

酸素を運搬するものにヘモグロビンがありますが、こやつがちゃんと活動しているかをパーセンテージで示すものです。

STは言語聴覚士(国家資格)の事です。

ヤッチも顔面神経麻痺のリハビリの時にお世話になりましたが、嚥下のリハビリに関してはエキスパートです。

記事やコメントの中で、ヤッチはこのSTさんによる嚥下機能評価をアルツ君が受けていなかったと書いてしまいましたが、看護要約を見る限り、しっかり受けていたようですね…。

ここで訂正してお詫び申し上げます。

m(__)m

…と、ここまでゴチャゴチャと色々なことを書いてきましたが、ヤッチは何を言わんとしてこの記事を書き始めたんでしたっけ!?

????

アルツ君の息子

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 7 件
ツイートする

キーワード検索 : 看護要約 診療情報提供書 紹介状 コアグラ GERD 胃食道逆流症 逆流性食道炎 言語聴覚士 嚥下 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-425.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/09/05 | コメント (7) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 脂肪腫の摘出と脂漏性角化症
この前の記事(過去) : 逆流性食道炎の原因は?

Comment


活気も戻り・・・ご退院、

アルツ君、おそらく、特養にて、平常通りの暮らしをされていることと思います。良かったですね。

でも、OG病院の、当初提案された医療計画を割愛しての、急遽の退院、って、やっぱり、残念なところがあるのではないでしょうか。
私は、‘三人掛かり’でもダメだった、~ ~ は、三人掛かりで、病人を押さえ込んだ図、という風に見えてなりません。
認知症があって、可能である筈の医療処置を施してもらうことが出来ない、・・・やっぱり、そういうことなのではないでしょうか。

五節句 |  2013/09/08 (日) 15:49 [ 編集 ] No.1870 -

五節句さんへ

五節句さん、こんにちは。

一昨日、父に会いに特養に行ってきましたが、いつも通りの父に戻っていました。

心配してくださって、ありがとうございます。

> OG病院の、当初提案された医療計画を割愛しての、急遽の退院、って、やっぱり、残念なところがあるのではないでしょうか。

五節句さんがおっしゃっるように、私もしばらく入院して様子を診てもらった方が良かったような気がします。
少し入院していれば、『今後はこういったことに気を付けて下さい』的なアドバイスも、もらえたかもしれませんからね…。

> 私は、‘三人掛かり’でもダメだった、~ ~ は、三人掛かりで、病人を押さえ込んだ図、という風に見えてなりません。

おそらくその通りだと思いますよ。
何のために押さえ込む必要が有ったのかは、今となってはわかりませんが、病院においても、今後はこういったことが正しいやり方なのか課題の一つになって来るんでしょうね。

説得しようとしても、記憶が抜け落ち、病識が無いわけですから、押さえつけるような方法は、仮に私が『身体拘束に関する同意書』にサインしていたとしても、あまりよいとは言えませんからね。

高齢化がますます進めば、父のようなケースももっと増えてくることでしょう。
医療の現場でも、もっと違ったアプローチを模索する必要が出てきますね。
認知症の人が、受診したり、入院する際の受け入れ側である病院のサービス体制がもっと充実したものになると良いですね。

いつも
コメントありがとうございます。

ヤッチ |  2013/09/08 (日) 18:10 [ 編集 ] No.1871 -

ヤッチさん、ご無沙汰してます。少し閲覧ご無沙汰していて、アルツ君緊急搬送にびっくりしました。無事退院おめでとうございます。良かった。押さえこまれたアルツ君の不安を思えば早く出た方がお父様の精神衛生に良いと思います。病院の奴う!デスネ。慣れた環境で少しでも楽しく穏やかに過ごせますように。

ららら空を越えて |  2013/09/09 (月) 22:59 No.1872 -

ららら空を越えてさんへ

ららら空を越えてさん、こんばんは。
返事が遅くなって、申し訳ありません。

早期の退院が良かったのか、もう少し入院していた方が良かったのか、何だかわからなくなってしまいましたが、その後、父自身は平常通り営業しています。

臨時休業にならないよう、あるいは閉店に追い込まれないよう、今以上に気をつけたいと思います。

いつも、あたたかいお言葉、ありがとうございます。

ヤッチ |  2013/09/10 (火) 22:41 [ 編集 ] No.1876 -

承認待ちコメントさんへ

この記事内で、『承認待ちコメント』になっているものがあります。

私(ヤッチ)が承認しない限り、記事内にコメント名やコメント内容は表示されません。

実際に調べたわけではありませんが、おそらく実在する人物(有名人、著名人)、または実在する団体名や組織名で投稿いただいたコメントだと思われます。

実在しないIPアドレスも利用しているようです。

コメント名に関し、仮に、真にご本人もしくは団体名や組織名であったとしても、私自身は本人確認ができません。

私自身が本人確認できない場合は、いくらコメント投稿されても、すべて削除させていただきます。(コメント削除は疑わしいと判断した場合も含みます。)

良識ある個人、団体であるなら、せめてログの残るような投稿方法でコメントを下さるようお願い申し上げます。

そしてコメント内容についても、今一度吟味の上、投稿下さるようお願い申し上げます。
(せめてご一読されたことがわかるようなコメントを希望します。)

たぶん、私がこれを書いたからといって、投稿者様がご覧になる可能性は低いと思いますが、今後法的な手続きに移行する場合の記録として、あえて書かせていただきます。

ヤッチ |  2013/09/10 (火) 23:13 [ 編集 ] No.1877 -

その後いかがですか

こんにちわ。
アルツ君の様子はその後いかがですか?
こういう症状は治まりそうで治まらないことがというか、喉の機能の衰えを防ぐのは難しいので(嚥下リハビリ体操なんぞもありますが)大変ですね。そのことを本人が理解できないというのが、余計に難しくしてしまうんですが。うちのGオさんも、喉が落ち着かないうちに(咳が出てぜいぜいしている)薬は飲んではいけないっていうのがわからないんですよね。毎回言っても、初めて聞いたような顔で「へえ~」って言います。検査も苦しかっただろうなと思います。私もいくら麻酔しても内視鏡を喉に通すのは非常に苦しいです。私は検査後喉に傷が出来て、しばらく通院しましたからね。なぜこんな苦しいことをやらなきゃならないのか、理解できないのですから、本人は本当に怖かったと思います。
なんとか、現状維持でいかれるといいですね。お大事にね。

よしこ |  2013/09/11 (水) 10:39 [ 編集 ] No.1878 -

よしこさんへ

よしこさん、こんにちは。

アルツ君ですが、退院後、順調に回復しているようです。
まだ、食事については、入院前まで食べていた、きざみ食には戻しておらず、ペースト食を食べています。
したがって、きざみ食に戻して果たしてうまく飲み込みができるかの評価には至っていません。
まあ、大丈夫なような気がしまが、一応慎重に行った方が良いと思うので、きざみ食に戻すのは、施設の方や嘱託医の意見も聞いてからにしようと思っています。

それ以外の体調については、ほぼ入院前と変わらぬ状況と申し上げても良いのでしょうかね。
時折、施設で『飯はまだかッーーー!!』と元気な声も出しているようなので、食欲も有るようです。

Gオさん、咳が落ち着かないうちに、薬を飲まれるということですが、なかなかパワフルですね!?
観ている方は気が気ではないこととは思いますが…。

よく、アルツハイマー型認知症の方は病識が無いと耳にしますが、本人の生まれ育った環境や元々の性格なんかも関係するのではないかと私は思います。
父は昔から『病気なんて、一晩寝れば治る』と言ってきた人で、事実今回もそれに近いことを実現させてしまいましたからね…。
病気であるのにもかかわらず、病気では無いと言い張るのは、自分が病気で有る事を認めたくない臆病な性格の表れなのかもしれません。

Gオさんも性格面で私の父に似たような所があるのでは?
男って、くだらないところで男らしさをアピールする動物に神様が作っているのかもしれません。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

よしこさんからGオさんに、『むせずに、薬をすーっと飲む男の人が若い女の子から、かっこいいと言われているみたいですよ。時代なんですかね…。』的なことをおっしゃってみては?
意外に効果があるかも?
byココロヤ
(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ |  2013/09/11 (水) 12:27 [ 編集 ] No.1879 -

コメント:を投稿する 記事: 看護要約

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 脂肪腫の摘出と脂漏性角化症
この前の記事(過去) : 逆流性食道炎の原因は?
▲TOP