site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
美女柳  定位置  遊歩道  

美女柳を眺める職人

2013/05/15 (水)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君の風邪ですが、もう完治したと申し上げても良いでしょう…。

(*^_^*)

昨日も面会に行ってきましたが、鼻声はすっかり元通りになり、しっかりと裸足に転倒防止シューズという井出達で『定位置』に腰かけていました。

アルツ君:「今日はだ~れも来ないぞ。」

アルツ君は面会に今日は誰も来ていないと言っているわけですが、もの忘れもさらにひどくなって、数十秒前のことも忘れてしまうこともあるぐらいですから、仮に誰かが面会に来ていたとしてもおぼえているわけが有りません。

ヤッチ:「あのさぁ~。入院しているわけじゃないんだからさ…。普通、個人宅だったら、毎日来客が有ったら、返って迷惑な話しにもならないかい?」

アルツ君:「でもだ~れも美味いもの、持ってこないぞ?」

ヤッチ:「息子はそんな親に育てた覚えは有りません!!」

アルツ君:「かー!!きびしいねぇ~。」

ヤッチ:「毎日誰かが来るのを待つよりは、誰かを訪ねるっていうのが一般的じゃないのかい?もしかして歩けないんだろう?」

アルツ君:「ばか言っちゃいけないよ~。ちゃんとしてるさよ~。」

ヤッチ:「じゃあ、今日は散歩に行くべ?」

アルツ君:「構いませんよん!!」

昨日の東京は夏日で半袖でウェルカムの状態…。

アルツ君、なのに長袖にフリースのベストを羽織っています。

施設内は空調が入って、温度が一定なので、季節感というのを屋外に出ない限り感じられないのかもしれませんね。

ヤッチ:「外は結構暑いぞ。その格好じゃ、暑いかもしれないぞ?」

アルツ君:「大丈夫だよ。暑けりゃ素っ裸になるから。」

早速、アルツ君と表に出かけます。

当然、事前の紙パンツの確認は必須項目です。

立ち上がって、廊下を歩いてエレベーターを利用し、階下に下りるわけですが、もうすでに廊下を歩く足取りが、アルツ君、フラフラしています。

ヤッチ:「何だかフラフラしてるなぁ~。」

アルツ君:「ダンスしてるせいだろ!?」

ヤッチ:「つまんねー。」

アルツ君:「じゃあ、アルコールを飲んだせいだろ!?」

ヤッチ:「エチル?メチル?普通の人が飲むのは『酒』だろ?」

アルツ君:「うるさい!!メチルは『目が散る』だ!!」

ヤッチ:「それにしても、頼りない歩き方だなぁ~。風邪をひいてたせいかなぁ…。」

アルツ君:「多分そうだろ?そのうち、竹の子みたいに新しいのが生えて来るさ。」

ヤッチ:「いいですね~。前向きで…。じゃあ、今のうちに折り取って置くか?」

アルツ君:「嫌だ!!」

階下まで来て、玄関ロビーを通り抜けようとすると、施設内の清掃をして下さっている女性の職員さんたちがいらっしゃいます。

たいてい何人か一組で作業されているようです。

ご本人たちには失礼かもしれませんが、イメージとしては『掃除のおばちゃん』という方が想像しやすいかもしれません。

(^^ゞ

掃除のおばちゃんの一人がアルツ君に声をかけます。

掃除のおばちゃん:「あれ?どこに行くの?帽子なんて被っちゃって?デート?」

アルツ君:「散歩だよ、散歩。うるせーんだよ、歩けって。」

ヤッチ:「調教です、調教。日本ダービーに出る予定です。」

掃除のおばちゃん:「じゃあ、イッパイ歩いて来て!!」

掃除のおばちゃん達はアルツ君の顔をみると、いつも気さくに声をかけてくれます。

アルツ君も何だか仲間意識みたいなものが芽生えるらしく、普段よりにこやか顔になります。

アルツ君:「ふん、人を動物扱いしやがって。これじゃあ、手をついて歩かなきゃだな。」

ヤッチ:「それの方が速いかもよ!?」

アルツ君と施設の外に出ます。

ヤッチ:「やっぱりフリース脱いだ方がいいんじゃないかい?」

アルツ君:「まだ、外に出たばっかりだ。そんなに早く焦げやしないぞ。」

施設の廊下を歩くのと違って、やはり屋外に出ると急激に歩行が悪くなります。

アルツ君の身体がますます前傾し、正面を向いて歩くというより、下を向いて歩くことの方が多くなります。

ヤッチ:「坂本九も天国で悲しんでるぞ~。」

アルツ君:「どうも膝の調子が悪いんだよな~。チクショーっ!!」

アルツ君、何歩か歩くたびに立ち止り、自分の膝を叩いています。」

ヤッチ:「まだ鞭入れするのは早いぞ。ゆっくりでいいよ。ゆっくり歩こう。」

アルツ君:「どうも左がおかしいんだよな…。」

ヤッチ:「左足?」

アルツ君:「ああ。」

ヤッチ:「風をひいて、寝てたんだもんなぁ…。すぐに元通りにはならんだろう。」

アルツ君:「俺の場合、たいていのことは寝れば治るんだけどなぁ…。」

本人も自分の歩行に不安を感じているのでしょう…。

アルツ君の顔にあまり余裕が有りません。

ヤッチ:「今日は公園は取りやめにして、遊歩道をぐるっと一周して戻るか?」

アルツ君:「その方がいいらしいな…。」

施設の駐車場を抜け、遊歩道へ入ります。

暑かったので、適度に木陰有るので、直射日光の照りつける公園よりは良かったかもしれません。

何度もこの遊歩道に来ているのに、アルツ君にとっては毎回新鮮なようです。

アルツ君:「かー!!あんなに竹の子が伸びてやがる。あれじゃあ、食っても美味くないな。」

アルツ君:「かー!!ニシキギに花がびっしりついてるよ。こんなの活けたら面白いぞ!?」

アルツ君:「イロハもみじのやつ、もう花が咲いてるぞ。この花が飛ぶと、クルクル回ってきれいなんだぞ!?」

アルツ君:「どっかにカエルでもいないかなぁ…。」

ヤッチ:「いたら、どうだっていうの?」

アルツ君:「捕まえて、食ってやる。」

ヤッチ:「ああーあ、なんでも食い物にされちゃうな。そのうち、自分の腕とか噛むなよ?」

アルツ君:「…。」

遊歩道の後半まで来ると、もうアルツ君、ヘロヘロです。

(-_-;)

かなり長めの休憩を挟んでから歩き出すのですが、すぐに前のめりに転倒しそうになります。

自分でもそのことがこの日は良くわかったようです。

ことあるたびにいいわけです。

『お前が、疲れてるんじゃないかと思って休んでやった』、『靴が良くない』、『足元になんか落ちてた』等々…。

それでも何とか遊歩道を歩き終わり、施設の駐車場の入口まで戻って来ました。

屋外で歩いた距離はせいぜい200~300メートルほどでしょうか…。

施設の駐車場の入り口付近で、アルツ君の足が止まります。

ヤッチ:「どうした?休むか?」

アルツ君:「お前、見てごらん。『美女柳』の花が来てるぞ。」

アルツ君を指さした方向は施設の駐車場の植え込みです。

道路と駐車場の境に美女柳の植栽が有り、これらがつぼみを付けています。

美女柳は別名で、『美央柳』や『美容柳』と言ったりしますが、花市場のセリ人さんは、『ビジョヤナギ』と呼んでいたと記憶しています。

生け花などの枝もの(切り花)として出荷され、花は鮮やかな黄色で、おしべがヒゲのように長いのが特徴です。

あまり大きくならない低木なので、植栽の利用頻度も高いのでは!?

最近では、フラワーアレンジメントなどのアクセントとして人気のある赤い実の付く『ヒペリカム』というものも有りますが、確かこのヒペリカムも美女柳と同じ属名だったような…。

bijo_ynagi001

bijo_ynagi002

bijo_ynagi002

ヤッチ:「おっ?ほんとだ!!よく気づいたね?」

アルツ君:「お前はどこをみて歩いてんだか…。」

ヤッチ:「すんまそん…、それでこの間、刈り込みをやってたときに、ここだけ切らなかったんだ!!」

アルツ君:「今から咲くのに、切ったらもったいないからな!?」

ヤッチ:「もう、じきに花が咲きそうだな!?そのころにまたここに来てみようよ?」

アルツ君:「そうだな。」

アルツ君と再び歩きはじめます。

施設の駐車場は自動車を何台も停められる広い駐車場なので、ここを歩くのも一苦労…。

やっとのことで施設1階のロビーまでたどり着きます。

ロビー付近では、先ほどの掃除のおばちゃん達がまだ清掃作業をしていました。

散歩に出かける前に声をかけてくれたおばちゃんが、我々の姿に気づき、近寄ってきました。

掃除のおばちゃん:「外は暑かったでしょ?部屋に戻ったらイッパイ水分を摂った方がいいよ。」

アルツ君:「ありがとう。」

掃除のおばちゃん:「どこまで行ってきたの?」

ヤッチ:「(施設の)前の遊歩道をグルっと。」

掃除のおばちゃん:「じゃあ、旦那さん、いっぱい歩いて来たんだ?」

アルツ君:「まあね!!駐車場のところに美女柳が有ったよ。そこをしばらく眺めて来たよ。もうそろそろ、きれいに咲きそうだよ。」

掃除のおばちゃん:「美女柳?」

アルツ君:「そう、美女柳。知ってるでしょ?」

掃除のおばちゃん:「ああ、知ってるよ。ここにも一人いるじゃない!?」

掃除のおばちゃんが自分で自分の顔を指さしています。

アルツ君:「珍種かなぁ…。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 美女柳 定位置 遊歩道 

FC2スレッドテーマ : 日々徒然なる話 (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-407.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2013/05/15 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 歩行訓練~パーキンソンロードの復活
この前の記事(過去) : 食欲不振の職人

Comment


さすがです!!

ヤッチさ~ん。
やはりあなたのお父さんは「さすが」です!アセアセ。

のぞみん |  2013/05/16 (木) 07:13 No.1781 -

のぞみんへ

のぞみん、おはようございます。

ちょっと前の出来事をすぐに忘れてしまうアルツ君ですが、その場その場の対応は衰え知らず。
脳の記憶をつかさどる部分と思考をつかさどる部分が違うということがよくわかります。

逆だったら、恐ろしいことになると思いますが…。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ |  2013/05/16 (木) 08:53 [ 編集 ] No.1782 -

コメント:を投稿する 記事: 美女柳を眺める職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 歩行訓練~パーキンソンロードの復活
この前の記事(過去) : 食欲不振の職人
▲TOP