site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
帯状疱疹  ボタモチ  紙パンツ  プルゼニド錠  マグラックス錠  アローゼン顆粒  

ネズミを飼う職人

2012/10/10 (水)  カテゴリー: 下の話
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

アルツ君の帯状疱疹疑惑ですが、帯状疱疹ではないことがわかりました。

御心配をおかけしました。

m(__)m

さて、今日お話しする内容は下の話なので、お食事前中後は避けた方がよいかもです。

(^^ゞ

もっとも、ダイエット中で食欲を無くしたい方にはおススメかもしれません。

この帯状疱疹の結果が火曜日以降に出ると言われていたので、もしかするとまだわからないかなと思いつつも昨日(火曜日)に特養に面会に行ってきました。

この日はアルツ君、廊下に出されたテーブルの前に腰かけていました。

いつもの定位置です。

アルツ君:「なんだ?お前?学校じゃないのか?」

何回教えても、アルツ君はヤッチがまだ学生だと思い込んでいるので、最近は面倒なので否定するのを止めにしました。

(^^ゞ

ヤッチ:「今日は学校は休みだよ。」

アルツ君:「運動会か?」

ヤッチ:「まあ、そんなところだよ。」

アルツ君:「俺は毎日休みだぞ。」

ヤッチ:「気が狂いそうだろ?」

アルツ君:「そうだな。もう嫌になって頭がボケそうだ。」

しっかり○○ていると思うが…。

(-_-;)

ヤッチ:「じゃあ、あんぱん持ってきたからさあ!?こいつを食ったら少し表を散歩しようぜ?」

最近、いつも寄るスーパーマーケットにボタモチが無いので、この日も薄皮つぶあんぱんです。

アルツ君:「あんぱんか?いいねえ…。あんぱん食べるのなんて何年ぶりかねぇ…。」

ヤッチ:「毎回新鮮でいいねぇ…。」

アルツ君が2つほど食べたところで散歩を促します。

ヤッチ:「全部食べちゃうと夜飯食えなくなるから、その辺で散歩に行こうよ?」

アルツ君:「その辺が難しんだよな…。もう1個いいか?」

ヤッチ:「俺は構わないけど、後でお嬢さん(姉)が多分来るから、ラリアット食らわされるぞ。」

アルツ君:「ははーん。そいじゃあ、止めとこ。」

ヤッチ:「出かける前に紙パンツ取り替えておこうぜ?」

アルツ君:「嫌だ。」

ヤッチ:「なんで?」

アルツ君:「別に何ともないもん!!」

ヤッチ:「そう言わずに男の身だしなみだよ。」

アルツ君:「ちぇっ。そんなに俺のケツが見たいなら、どうぞ。」

ヤッチはズボンの中にしまってあるアルツ君の上着をめくり上げます。

ヤッチ:「あれ?わき腹、湿布してくれてるじゃないか。まだ、痛いのか?」

アルツ君:「知らんっ!!誰かが貼ったんだろ!?」

ヤッチ:「貼ってくれた人が悲しむぞ。で、まだ痛いのか?」

アルツ君:「俺は痛くないけど、わき腹のやつは少しい『痛い』って言っているみたいだなぁ…。」

ヤッチ:「何だか難しい表現だなぁ。どうしてそういう頭は回るかねぇ…。」

アルツ君:「秋だからな。」

ヤッチは喋りながら、ひざまずき、アルツ君の紙パンツに背後から手をかけます。

何だか嫌な予感…。

(・・;)

ヤッチの目の前には田園風景が広がります。

ヤッチ:「何だか、ヤバそうだなぁ~。」

アルツ君:「何がヤバいんだ?俺はちっともヤバくないぞ!?」

ヤッチ:「ヤバくないと思ってる旦那さん(アルツ君)のその頭がヤバいんだよ。」

アルツ君:「そっかぁ??」

ヤッチはアルツ君の紙パンツをゆっくりずり下げます。

ずり下げ率が増加するたびにオイニーも増加します。

やっぱり…。

(´゚д゚`)アチャー

紙パンツの中にはドッチャリです。

(-_-;)

ヤッチ:「旦那さん、こんなにこってりやらかして、わかんないのかぁ?」

アルツ君:「わかんないのかって何が?」

ヤッチ:「パンツの中のぞきこんでみな?」

アルツ君:「ああー!!ほんとだ!!」

説明するまでの事はありませんが、アルツ君の紙パンツの中はボタモチ君で過積載状態です。

(-_-;)

ヤッチ:「これだけホットなのにわからないのか?」

アルツ君:「いつなんだろうな?ネズミがして行ったのかな…。」

ヤッチ:「ネズミだったら、もっとコロコロしてるだろ。それにどうしてこんなところにネズミがブツをして行くんだよ?」

アルツ君:「ネズミって言うのは天井裏にだっているんだぞ。きっと狭いところが好きなんだよ。」

ヤッチ:「好んでネズミがこんなところにもぐり込むかねぇ???」

アルツ君:「俺はネズミじゃないからわからないな…。」

ヤッチ:「だいたい、タマキンの方までアンコが付いてるぞ?」

アルツ君:「はは~ん!!串刺しにして売っちゃえ!!」

ヤッチ:「売ってもいいけど、もう一個串に刺さないと三兄弟は成立しないぞ…。」

アルツ君:「お前のを1個貸しとけ!!」

ヤッチ:「なんで俺のを貸さなくちゃならないんだよ。俺のは白玉だぞ。」

アルツ君:「そこのをからめればいいじゃないか?」

ヤッチ:「うるせーよ!!」

くだらない会話をしつつ、ブツを片づけます。

ここは特別養護老人ホームなんですから、施設の職員さんに頼めば、ヤッチは手を汚さずに済んだのですが、変なところにアルツ君の羞恥心が残っています。

施設の職員さんに処理してもらうかとヤッチが言ってもアルツ君は嫌だと言います。

ヤッチ:「出してから恥ずかしがるんじゃなくて、出す前に恥ずかしがれないんですかねぇ~。」

アルツ君:「ネズミは気まぐれだからな!?」

自宅に居る時だったら、シャワーで流してきれいにしてしまうところですが、それもできません。

(-_-;)

幸い、トイレに流せるおしり拭きを買い置きしておいたので、それを使うことに…。

こういう時のために捨てても良いタオルかなにかを用意して置いた方が良いかもしれませんね…。

(-_-;)

太もも付近まで流れ出た溶岩もようやく拭き取り、新しい紙パンツをアルツ君に履いてもらいます。

アルツ君:「悪いなぁ…。お前にこんなことさせちゃって…。こんなことをさせるのは俺は初めてだぁ…。」

うん~……。多分、自宅に居る頃はさんざんやらされていると思うのだが…。

(・・;)

ちょいと時間を食ってしまいましたが、ようやく散歩の準備ができました。

\(^o^)/

ヤッチ:「かかとを踏んだままだと危ないから、ちゃんと靴を履こうか?」

アルツ君:「あいよっ!!」

ヤッチ:「掛け声ばかりで体がついて行ってないじゃないかよ。ベッドの上より椅子の方が低いからそっちに座って靴を履きな?」

アルツ君:「あいよ。」

今度こそ散歩に出発です。

夏の猛暑がウソのようですね~。

カラッとしていて風も気持ちいい…。

\(^o^)/

施設の前には木がたくさん生えた遊歩道のようなところがあるのですが、そこにはまだ蚊がたくさんいます。

どうして、今頃の蚊ってどこまでも追いかけて来るんですかねぇ~。

ヤッチ:「あすこはまだ蚊がたくさんいるから、今日はこっちの子どもたちがいっぱいいる公園の方に行ってみようよ?」

アルツ君:「俺は血を鍛えているからどっちでもいいけど、じゃあ、そうするか!?」

『血を鍛える』って…。

(・・;)

施設のそばに有る公園、少子化進んでいると言われている昨今ですが、とてもにぎやかです。

アルツ君の腕に手を回し、二人で公園に向かいます。

ヤッチ:「ここの公園はいつ来てもにぎやかだよね?子供の数が多いよな!?」

アルツ君:「はは~ん!!父ちゃん、かあちゃんが元気な証拠だろ!?」

ヤッチ:「それに引き換え、旦那さんはもうバテバテじゃないかよ。公園のベンチで休むか?」

アルツ君:「ああ、その方が良さそうだな。」

どうしても支えていないと体が前のめりになり、そのまま転倒しそうになります。

施設の中ではこんなことはありませんが、やはり平坦な施設の廊下とは違い、屋外は適度な凹凸が有ったり、傾斜があるせいなんでしょうか…。

あるいはまた、施設内は壁で仕切られているため、バランスを取りやすいのかもしれません。

空を見上げると、やはり流れる雲で健常者でも眺めていると、目が回ってきます。

歩行訓練はやっぱり屋外の方が良いのかも!?と思い始めている今日この頃のヤッチであります。

(^^ゞ

アルツ君と公園のベンチにしばらく腰かけ休みます。

アルツ君:「子どもは元気でいいな…。」

ヤッチ:「旦那さんも若い頃はもっと元気だったじゃないか。毎日歩いてりゃ、そのうちハシゴ無しでも木に登れるさ。」

アルツ君:「俺は猿じゃないぞ。」

ヤッチ:「じゃあ、休んだところで、公園の前の畑をぐるっと一周して戻るか?」

アルツ君:「別にかまいませんよ…。」

公園の前には大きくはありませんが、畑が有ります。

今はキャベツの植え付けが一段落したところでしょうか。

ヤッチ:「肥料が効いてるのかね!?土の香りがプンプンしてくるよ。」

アルツ君:「化成肥料を使ってないのかもしれないなぁ…。」

ヤッチ:「へー、『化成肥料』なんて言葉、覚えてるんだ?」

アルツ君:「バカ言え!!まだそんなに老いぼれちゃいないぞ!!あそこにあるのは人参だろ、キャベツだろ、かーっ、里芋まで植わってやがらっ!!」

アルツ君、ボタモチと同じくらい里芋の煮つけが好物…。

(*´゚艸゚`*)

ヤッチ:「それにしても、休むの10mおきだな。血より足を鍛えた方がいいんじゃないか?」

アルツ君:「そうだな。歩いてない証拠だな…。」

珍しく反論しないアルツ君を連れてどうにか施設の建物まで戻って来ました。

施設の入り口にある椅子に腰かけてもらい、またしばし休憩です。

この辺りからヤッチはある異変に気づきはじめます。

施設内は自動ドアが二重に設置されていて、外気はうまく遮断される設計になっています。

にもかかわらず、さっきアルツ君と歩いた畑の香りがどこからともなく漂ってきます。

勘の良い方はもうお気づきだと思いますが、アルツ君の居室へ向かうエレベーターの中でその香りは一層強まりました。

クンクン( ̄ ^_ ̄*)...

エレベーターが3階に着き、ドアが開きます。

居室に戻り、散歩に出かける前と同じ行程をたどります…。

アルツ君の紙パンツに手をかけ、ゆっくりずらします。

やはり、畑の香りは、ここからだったようです。

(ー_ー)!!

ということは…。

ヤッチがさっき公園の前の畑でかがされていたのは…。

ガ━━( ゚д゚ ;)━━ン

ヤッチは半ケツ状態になったアルツ君に自分の紙パンツを覗くように促します。

アルツ君:「あっー!!まだネズミの野郎、どっかに居やがるんだっ!!」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

[追記]
ほんの何時間かの間に、2回もやらかしてしまったアルツ君。
ちょっと気になったので、施設の看護師さんに相談しました。
そうしたら、便秘薬(下剤)を2剤処方されていて、それを毎日飲んでいるのだとか…。
早速、その日の便秘薬の服用はストップしてもらい、今後は便秘がひどい時だけ、頓服的に服用してもらうようにお願いしてきました。
ちなみ服用していた薬は以下の通りです。
■夕食後
次回からは上記の薬の服用はストップしてもらい、便秘がひどい時だけ、アローゼン顆粒0.5g×1包を飲んでもらうようにお願いしてきました。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 帯状疱疹 ボタモチ 紙パンツ プルゼニド錠 マグラックス錠 アローゼン顆粒 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-347.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/10/10 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 『キノコさん』と『ばあさん』
この前の記事(過去) : 貸しを作る職人

Comment


一安心です

帯状疱疹は過去に水疱瘡になった人は誰でもなる可能性があるらしいですね(-_-;)
完治しても神経痛が残る場合があるとか…

でもアルツ君がそれでなくて良かったです\(^-^)/

病院内の会話が凄まじいですね(笑)

でも便秘薬ということで理由もわかって良かったです。

歩くだけで脳をたくさん使うといいますから、少しでも歩き続けられるといいですね。

ヤッチさんいつも大活躍!看護師さんも助かってると思います(^^)

よっち |  2012/10/11 (木) 00:43 [ 編集 ] No.1533 -

よっちさんへ

よっちさん、こんにちは。

御心配いただいて、ありがとうございました。
やはり、ベッドから起き上がる時に、身体をひねったのかもしれませんね。

今はさほど痛みも無くなり、元気にしております。
ありがとうございました。
(*^_^*)

ヤッチ |  2012/10/11 (木) 12:18 [ 編集 ] No.1534 -

コメント:を投稿する 記事: ネズミを飼う職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 『キノコさん』と『ばあさん』
この前の記事(過去) : 貸しを作る職人
▲TOP