site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
薄皮つぶあんぱん  ボタモチ  

鏡の中の職人

2012/10/05 (金)  カテゴリー: 認知症の症状
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

昨日はアルツ君のところに面会に行ってきました。

前日に、姉から電話をもらい、行かないわけにはいかない状況です。

姉:「もしもし、今パパのところに来てるんだけどさぁ、パパがあんたに話したいことがあるんだって!?今、パパに代わるね!!」

アルツ君:「おーい!!お前このごろ全然俺のところに顔を見せないじゃないかよ。生きてるのか?」

ヤッチ:「死んでたら、今誰と話してるんですかねぇ?」

アルツ君:「ははー。お化けだ。たまには俺のところに来いよ!!」

ヤッチ:「お言葉を返すようですが、ついこの間もお伺いしてるんですが…。」

アルツ君:「うそをつけ!!毎日俺は見張ってるけど、お前は姿を現さないぞ!?もう3年は来てないぞ!!」

ヤッチ:「参勤交代じゃないんだからさぁ…。それにどこで見張ってるっていうの?」

アルツ君:「ああ、そんなことはどうでもいいからさ、明日は来るんだろうな?待ってるから、美味い献上品を持ってこいよ!!」

姉:「…だって!!」

ブチッ!!

姉とアルツ君のタッグなので勝ち目無しです…。

(-_-;)

どの道そろそろ行こうとは思っていたので、昨日面会に行ってきました。

行く前にスーパーにより、将軍様への献上品の購入です。

お彼岸が終わってしまっているからでしょうか…。

いつも並んでいるボタモチが今日はありません。

(´゚д゚`)アチャー

仕方がないので、薄皮つぶあんぱんを購入することに…。

tsubuanpan.jpg

アルツ君のいる特養に着き部屋に入ると、アルツ君、一生懸命写真を眺めています。

姉が最近になって、アルツ君とキノコさんのツーショット写真をたくさん撮っています。

そのうちの一枚がフォトフレームに入れてあり、アルツ君のベッドサイドのサイドテーブルに飾られています。

このフォトフレームに入った写真をみて、アルツ君が考え込んでいるのです。

(・ω`・?ハテナ?

アルツ君:「あ?おまえちょうどいいところに来た…。この写真誰だかわかるか?」

ヤッチ:「ああ、それか!?それは旦那さん(アルツ君)とキノコさんじゃないか。」

アルツ君:「ウソーー!!これが俺かよ!?俺はこんなにハゲてないぞ…??お前じゃないのか?」

ヤッチ:「なんでそうなるかなぁ…。俺は確かに薄いかもしれないが、そこまでひどくないし、白髪はないぞ!?」

アルツ君:「そっかぁ…。でもとなりに写ってるのは、じゃあ誰なんだ?」

photo01.jpg
[拡大]


ヤッチ:「だからキノコさんでしょ?」

アルツ君:「ウソーー!!これがかよ!?これは、お前、キノコ(実際は本名で読んでいます)じゃないぞ!?」

ヤッチ:「なんでそうだとわかる?」

アルツ君:「キノコはこんなにシワクチャじゃないぞ!?」

ヤッチ:「ばあさん(キノコさん)の顔を覚えてるのか?」

アルツ君:「そう言われてみればそうだなぁ…。ばあさん、どんな顔をしてたっけ?」

ヤッチ:「えーー!!ばあさんの顔、忘れっちゃったのッ!!」

アルツ君:「そう、言うなよ…。ばあさん、最近ちっとも顔を出さないから、忘れるのも無理ないじゃないか…。もう、100年も顔を見てないぞ!?」

ヤッチ:「将軍様になったり、浦島太郎になったり、ほんと忙しいね?」

アルツ君:「ちっとも、忙しくなんかないぞ。」

ヤッチ:「まあさ、あんぱん買ってきたら、頭に糖分補給してやれば思い出すかもしれないから…。」

ヤッチは買ってきた薄皮つぶあんぱんの袋を開け、そのうちの一つをアルツ君に手渡します。

アルツ君:「あれ!?ボタモチじゃないのか?」

ヤッチ:「ボタモチじゃないとダメだった?これもアンコが入ってるんだけど、やめとくか?」

アルツ君:「バカ言え!!アンコが入ってるなら、犬のクソだって食うぞ。」

ヤッチ:「汚ねえなーー!!」

アルツ君、あんぱんをパクつきながら、再び写真を眺めます。

「やっぱり、ここに写ってるのはどっかのばあさんとどっかのじいさんだな…!?」

photo02.jpg
[拡大]


ヤッチ:「でもさ、どっかのばあさんとどっかのじいさんの写真をどうしてそこに飾ってあるんだい?」

アルツ君:「きっと魔除けだろ…。」

ヤッチ:「じゃあさ、自分かどうかをまず確かめるために、鏡に自分の顔を写してみろよ。」

アルツ君:「鏡?鏡なんて有ったか?」

ヤッチ:「いつも顔を洗う洗面台のところに鏡が有るじゃないかよ。」

アルツ君:「そうだったけかぁ??俺は鏡なんて、もう30年は見てないからなぁ…。どれどれ…。」

アルツ君、ベッドから立ち上がり、部屋の入り口付近にある鏡のところへひょこひょこ歩いて行きます。

姉がフォトフレームに入れてある写真とちょうど同じ写真で、これを拡大したものをクリアファイルに入れてくれています。

ヤッチはそれを持ってアルツ君の後に続き、クリアファイルを鏡の下に立てかけます。

以下、『写真の中のアルツ君』、『鏡の中のアルツ君』が登場しますので、混乱なさらぬよう注意深く読み進めて下さい。

(^^ゞ

photo04.jpg
[拡大]


アルツ君は鏡に写った自分を見るより先にヤッチが鏡の前に立てかけた写真を見てしまいます。

アルツ君:「はは~ん。じいさんとばあさんが写ってら。」

photo05.jpg
[拡大]


ちなみに画像をご覧いただくと、鏡の中で、青のTシャツの色男がアルツ君の背後に立っていますが、これヤッチです。

決して透明人間ではないことの証です。

( ̄^ ̄)

ヤッチ:「写真に写っているのはどう見ても旦那さんだろ!?」

アルツ君:「うそつけっ~~!!これが俺かよ!?」

photo06.jpg
[拡大]


ヤッチ:「どう見たって、旦那さんじゃないかよ!!よく見てめそ?」

アルツ君:「うん~。そう言われてみると俺かなぁ…。」

ヤッチ:「で、鏡に写っているのは誰だい?」

アルツ君:「お前かな…。」

ヤッチ:「…じゃなくて!!もう一人鏡に写ってるだろ?」

アルツ君:「…。」

ヤッチ:「写真の顔と鏡の顔を見比べてみなよ?」

アルツ君:「…。」

ヤッチ:「どう?同じ顔だった?」

アルツ君:「女の方は俺じゃあないな…。」

ヤッチ:「当たり前だろ。男の方だよ。」

アルツ君:「写真の方はどうやら俺のようだなぁ…。」

ヤッチ:「うんうん。で、もう一人鏡に写っているのは誰?鏡に写っている方だよ!!」

アルツ君:「俺の弟かなぁ…。」

余計混乱させてしまったようです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ

たしかに、アルツ君には弟がいて、もう何年もお会いしていませんが、顔もよく似ていたのをヤッチもよく覚えています…。

でも、弟が鏡に写っているとしたら、ヤッチは弟としゃべっているわけで…。

やはりアルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 2 件
ツイートする

キーワード検索 : 薄皮つぶあんぱん ボタモチ 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-344.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/10/05 | コメント (2) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : アルツ君が特養卒業?
この前の記事(過去) : 掲示板を作ってみました

Comment


ごめんなさい

普通の携帯だからランキングに役に立てません(;_;) パソコンも一年前に調子悪くてネット辞めちゃって…。
ブログも僕が勉強させてもらってるだけだし。


あ、掲示板ブックマークさせて頂いたのですが、皆さんのような人生経験がなく、ちょっと書き出せない状態です( ̄▽ ̄;)
あ、でもたまに漫画喫茶行きますからその時にでもせめて役に立ちますね!ポチしてきます!

よっち |  2012/10/06 (土) 00:33 No.1513 -

よっちさんへ

ブログランキングの件はヤッチの勝手なお願いなので、あまり気になさらないでください。

掲示板は気軽に皆さんが書き込みできれば良いかなと思って設置してみたのですが、今はTwitterやFacebookなどがあるので、あまり意味のないことになってしまったかもです…。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

ヤッチ |  2012/10/06 (土) 12:05 [ 編集 ] No.1515 -

コメント:を投稿する 記事: 鏡の中の職人

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : アルツ君が特養卒業?
この前の記事(過去) : 掲示板を作ってみました
▲TOP