site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
面会  特養  外出  ボタモチ  顔面神経麻痺  

キノコさん、郵便局にお泊り

2012/06/21 (木)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
こんばんは。

アルツ君の息子ヤッチです。

(^_^)/~

久々の更新です。

(^^ゞ

アルツ君と面会することは自由にできるようになったものの、姉やキノコさんが、アルツ君の居る特養に面会に行くたび、ヤッチの話が出ると、アルツ君がの感情が不安定になり、涙をボロボロと流してしまうので、しばらく面会を控えていました。

なぜそうなるのかは未だにわかりませんし、面会に行く方が良いのか、それとも控えるべきかもわかりませんでしたが、姉やキノコさんが、入れ代り立ち代り面会に出かけているので、ヤッチは二人から様子を聞くにとどめ、今までアルツ君に面会することを中断していました。

そんな中、一昨日姉から一通のメールが来ました。

内容はと言うと、アルツ君が昼間、部屋に鍵をかけてしまい、部屋のベッドで横になってばかりいるとの事。

これはどうも施設の職員の方から聞いた話のようですが、せっかく一時より歩行が良くなったのに、再び足腰が弱くなってきているというのを危惧している内容のものでした。

余所の施設のことは知りませんが、アルツ君の居る特養は家族なら外に連れ出し、散歩程度の外出ならOKのようです。

姉は会社が終わってから、アルツ君の面会に行っているようなので、アルツ君を夜に表に連れ出すことはできません。

キノコさんも昼に面会には行けますが、アルツ君を介助しながら散歩に連れ出すという体力は持ち合わせていません。

ならばここはヤッチが昼間に出かけ、アルツ君のねじ曲がった根性を叩き直してやろうじゃありませんか。

と言うことで、昨日アルツ君の面会に行ってきました。

ヤッチが退院後に面会に行ったきりですから、10日程度のインターバルが開いています。

よもやヤッチの顔を忘れてしまっているのではと内心ドキドキしながら出かけることに…。

途中アルツ君の大好物のボタモチを買って施設に徒歩で出かけます。

施設までは自転車ならすぐのところなのですが、相変わらずヤッチの顔面神経麻痺が回復しておらず、片目が不自由だし、台風後の風が結構きつく吹いているので、自転車は控えることにしてテクテク歩いて行くことにしました。

施設に着き、入館の手続きを済ませ、アルツ君の居る3階の部屋に向かいます。

アルツ君の部屋の前まで来ると、部屋の戸は大きく開け放たれています。

施設の戸はすべて引き戸の設計のようで、他の入所さんの部屋も開けっ放しのところが多かったように思えます。

たぶんこれは、台風後で蒸し蒸しした陽気だったことに関係が有るのかもしれません。

アルツ君、部屋のベッドに腰かけています。

ヤッチの方から先に声をかけます。

ヤッチ:「誰が来たかわかるか?」

アルツ君:「わかるさよ~。俺が誰だと思ってるんだ。まだそんなにボケちゃいないぞ。」

ヤッチ:「おーおー、なかなかしびれるセリフを言ってくれるね。元気だった?」

アルツ君:「元気じゃなかったら、とっくに死んでるよ。」

ヤッチ:「じゃあ、生きてた?」

アルツ君:「相変わらず失礼なやつだ。」

ヤッチ:「それはお互い様だろ?」

アルツ君:「きょうは、ばあさん(キノコさん)は来ないのか?」

ヤッチ:「風が強いから、今日は、ばあさんは外に出たら吹き飛ばされちゃうよ。明日来るって言ってたよ。」

アルツ君:「そっかぁ…。」

ヤッチ:「ボタモチ持ってきたけど食べるか?」

アルツ君:「持ってこないなら、食べないけど、持ってきたんだったら食べるぞ。」

ヤッチ:「一個入りのが無くて、二個入りのを買って来たけど、二個も食べられないよね?」

アルツ君:「そうだなぁ、二個は食えないなぁ。」

ヤッチ:「箸で食う?フォークで食う?」

アルツ君:「そんなもんフォークに決まってるだろ。」

ヤッチ:「『そんなもん』て言うなら箸だろ!?」

アルツ君:「俺は外国生まれだからな。」

ヤッチ:「まあ、いいや。ここにフォークが有るからこれで食べな。」

アルツ君:「言われなくても食べるぞ。俺は甘い物好きだからな。」

ヤッチ:「お嬢様(姉のこと)が言ってたけど、最近あんまり歩いてないらしいね?」

アルツ君:「そんなことは無いぞ。トイレにだって歩いてる。」

アルツ君がボタモチをムシャムシャやりながら答えます。

ヤッチ:「トイレなんか三歩じゃないかよっ。」

アルツ君:「でも歩かなきゃトイレに行けないぞ。」

ヤッチ:「そうじゃなくて、もっと歩かなくちゃ。」

アルツ君:「天気悪かったからな。」

ヤッチ:「天気は関係ないだろ。一人で外には出られないはずなんだから。少しでも廊下を歩いて、行ったり来たりしたらどうなの?」

アルツ君:「やだいっ!用もないのに。」

ヤッチ:「じゃあ、ボタモチ食い終わったら、外に散歩に行こうよ。少し運動しようよ。足が無くなっちゃうぞ。」

アルツ君:「無くなったら、それが死ぬときだい…。」

ヤッチ:「どうしても行かない?」

アルツ君:「今日は行かない。」

ヤッチ:「明日は?」

アルツ君:「行かない。」

ヤッチ:「じゃあ、いつなら行く?」

アルツ君:「気が向いたら…。」

ヤッチ:「気が向くのはいつ?」

アルツ君:「わからない。」

どうやら、意地でも散歩はしたくない様子です。

ヤッチ:「最近、散歩いつした?覚えてる?」

アルツ君:「そんなこといちいち覚えてるわけないだろ。」

ヤッチ:「じゃあ、自分の歳は?」

アルツ君:「忘れた。」

ヤッチ:「ここはどこだかわかる?」

アルツ君:「わからんっ。別に興味ないからな。」

ヤッチ:「自分の住んでるところに興味が無いのかぁ?」

アルツ君:「ただ、ここで寝てるだけだから、興味なんて有るわけないじゃないか。」

アルツ君、ちょっと前までは保護されて身も心も不安定だったんですけどねぇ…。

(^_^;)

『自分は何か悪いことでもしたのか?』と言って、高齢者相談センターの職員さんに噛みついていたころの牙はアルツ君からは無くなってしまっているようです。

どっちが良いのやらという感じですが、やはり認知症の人間といえども、適度な緊張が必要と言うことなのでしょうか?

ヤッチ:「この間、ばあさん(キノコさん)がいつ来たか覚えているかい?」

ヤッチは単純な質問をアルツ君にぶつけてみました。

アルツ君:「覚えてないなぁ…。そう言えば、来た時に『今日は郵便局に泊まる』って言ってたなあ…。」

ヤッチ:「郵便局?何で郵便局に泊まらなきゃならないんだ?」

アルツ君:「そんなこと俺がわかるわけないだろ。」

なんとも奇妙な返答です。

(ー_ー)!!

キノコさんはホームレスではありません。

ヤッチ:「そう言ったのを覚えてるんだから、最近来たって事じゃないのか?」

アルツ君:「そうだなあ。来たんだなぁ。郵便局に泊まったのかなぁ???」

ヤッチ:「泊まるわけないし、泊めてくれないだろ?」

アルツ君:「そうだよなぁ。何で郵便局に泊まるって言ってたんだろう…。」

ヤッチ:「それはこっちが聞きたいよ。」

アルツ君:「で、ばあさんは、いつ来るんだ?」

ヤッチ:「明日。」

アルツ君:「明日かぁ…。郵便局から来るのか?」

ヤッチ:「何で郵便局から来なくちゃならないんだよ。自分の家からだよ。」

アルツ君:「自分の家って郵便局か?」

ヤッチ:「だから…。郵便局じゃないって!」

アルツ君:「そうかぁ…。郵便局じゃないのか…。で、ばあさんはいつここへ来るんだ?」

何だかキリの無い展開に…。

ヤッチ:「明日来るって言ってたよ。それにしても自分の言ったことすぐ忘れちゃうみたいだな?」

アルツ君:「当たり前だろっ!全部覚えていたら、脳ミソがいくつ有ったって足りないだろがっ!」

ヤッチ:「そりゃそうだけど、ばあさんがいつ来るかくらいは覚えておこうよ。」

アルツ君:「ああ、大丈夫だ。ばあさんの顔は覚えているから。」

アルツ君

さすがです…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 11 件
ツイートする

キーワード検索 : 面会 特養 外出 ボタモチ 顔面神経麻痺 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-297.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/06/21 | コメント (11) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : アルツ君の病状
この前の記事(過去) : アルツ君との面会解禁

Comment


郵便局にお泊まり??

お久しぶりです。なんとか、ご無事のようで安心しました。
アルツ君はパワアップしたのか充電したのか、前にもまして味が出ましたね。郵便局に寄って行くを何か聞き間違えたんでしょうかね。今度郵便局で泊まらしてくれるか聞いてみましょうかねえ。昔々その昔、私のおばあちゃんの家は田舎の田舎だったので、家の前にポストがあり、投かんするのは自分の家で切手や葉書きを買って書くおばあちゃんだけ。訪ねてきた人があれば、家から駅まで山道をしばらく歩くので、暗くなると歩けず、汽車はなし、宿屋に変身する(お金は取らない)、本当に泊まれる郵便局モドキでした。薬売りの人がよく泊まっていたし、家の修理なども泊まりがけでやってもらいました。もしかして、アルツ君の昔の記憶にそんなのがあるのかもしれないですよ。ちなみにおばあちゃんちのポストは(家は叔父さんがついていますがもう83歳)民営化に伴い、撤去されてしまいました。今は昔…

よしこ |  2012/06/21 (木) 23:09 [ 編集 ] No.1302 -

あ~。安心した。

更新してくれて嬉しい!ヤッチ君の顔は相変わらずなのね。
あせらず・・・っていっても当の本人は焦るときもあるだろうし・・・。
のぞみんは先日テレビの取材があり右目が「ガン」の影響でまぶたがふさがり気味のため「左から映してくださ~い」ってお願いしました。自分が気にしてるほど人は気になってないのかも・・・。
(^_^;)

のぞみん |  2012/06/22 (金) 07:17 No.1303 -

よしこさんへ

よしこさん、こんにちは。
どうして『郵便局』なのか、未だに不明ですが、確かに古い記憶はしっかりしているので、本人に思い当たることが有るのかもしれませんね。
それにしても、アルツ君、キノコさんのことがやはり気になるようで、話をしていてもキノコさんのことばかりです。
やはり、夫婦なんですねえ~。

ヤッチ |  2012/06/22 (金) 10:51 [ 編集 ] No.1304 -

のぞみんへ

のぞみん、こんにちは。
生きてますよ~。
まぶたがふさがり気味なんですかぁ…。
ヤッチのまぶたと交換したいですね。
ヤッチの左目のまぶたは寝る時も半開きになってしまうので、メッパチという角膜保護用のテープを貼って寝ています。
日中も両目をつぶらないと片目を閉じられません。
その代わり目薬をさすとき、まず失敗は有りません(笑)

ヤッチ |  2012/06/22 (金) 11:03 [ 編集 ] No.1305 -

わーい、更新してるー

ヤッチさん、こんにちは(*^_^*)

お元気?そうでなによりですが・・・。顔面の麻痺が続いているのは、辛いですねえ…。

アルツ君はどこにいてもアルツ君らしくて素敵ですね。
そういうところはアルツ君を見習って、どこにいても自分らしくいられるといいなあと思いますよ(*^_^*)

キノコさんが郵便局に泊まるって、また何かあったのか?!と心配しましたが(笑)、こういう顛末なら笑い話ですね(*^_^*)

ヤッチさんもお大事にしてくださいね。

はむ猫 |  2012/06/22 (金) 12:40 [ 編集 ] No.1306 -

はむ猫さんへ

はむ猫さん、こんばんは。

お久しぶりで~す。

顔面麻痺は相変わらずです。
どこか少しでも動けば、動く箇所を突破口にそこに力を入れるなどして、回復の糸口をつかめそうなのですが、動かしたいと思っても動かないので、毎日スプーン曲げの練習をしているような感覚です。

今までに経験したことの無い感覚なので、これも良い経験だと思って気長に自主トレに励みたいと思います。

アルツ君ですが、姉から聞いた話によると、いつものキャラで施設の職員さんの人気者になっているそうです。

いったいどんなテクを駆使しているのか、今度じっくり観察して来ようと思っています。

ヤッチ |  2012/06/22 (金) 22:30 [ 編集 ] No.1307 -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/06/24 (日) 15:31 No.1308 -

非公開コメントNo.1308さんへ

非公開コメントNo.1308さん、こんにちは。

返事がおそくなり、申し訳ありません。

きびしく、御辛い状況、お察しいたします。
突然訪れた予期せぬ出来事に、戸惑いを隠せぬ状況、頭の中は『?』マークだらけではないでしょうか。
良い事だったのか、良くなかったことなのかは、未だわかりませんが、高齢者相談センターの担当者と密に連絡を取るのはいかがでしょうか?
電話でも良いし、直接会いに行くことでも良いと思います。
たぶん、居場所は教えてくれませんが、安否だけは教えてくれると思います。
何もせずに、ぼう然としているよりは、気がまぎれるかもしれませんし、何らかの新しい情報を得られるかもしれませんよ。
私の場合は、幸い姉がいたので、姉が毎日のように高齢者相談センターの職員さんに連絡をしてくれていましたし、私自身も頻繁に(向こうにとっては迷惑な話ですが、)連絡をしていました。
『高齢者虐待防止法』は虐待された側の保護だけではなく、虐待した側(養護者)の支援も目的としているので、ご自身から積極的に高齢者相談センターになら働きかけをして良いものだと私は考えていますし、今もその考えは変わっていません。
また、もしお父様が要介護で介護保険を利用していらっしゃるなら、お父様を担当しておられるケアマネさんと相談するのも一つの手かも!?
もし、お父様が介護保険を利用していらっしゃれば、保護期間中の介護請求事務はケアマネさんがまだ担当するからです。
ありのままを話せば、何らかの情報も得られるのではないかと思います。

私自身はあまりストレスのようなものを感じない人間だと思っていましたが、父母の一件で、打たれ弱いことを痛感しました。
また、両親が保護されるという事態は、難聴や顔面麻痺まで出てしまうほど、身体にも悪影響を及ぼすことを思い知らされました。
これは、全くの憶測で、非公開コメントさんにとっては、かなり厳しい言葉になってしまいますが、高齢者相談センターというところは、保護を求めた人間に対しては、一旦は虐待された側を保護し、虐待した側と引き離すというのが定石のようです。

日々不安な毎日を過ごしていらっしゃることとは思いますが、自分を追い込むなと申し上げても追い込んでしまうような毎日だと思います。

でもご自身の理解者も必ず周囲にいらっしゃっるということを忘れずに前向きになるよう心掛けて下さいね。

コメント欄なので、多くは書けませんが、何かお役にたてるようなことが有れば、いつでもコメント下さいね。
どの記事のコメント欄にお書きになられてもOKです。

ヤッチ |  2012/06/25 (月) 11:13 [ 編集 ] No.1309 -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/06/25 (月) 22:08 No.1310 -

非公開コメントNo.1310さんへ

非公開コメントNo.1310さん、こんばんは。
当初、私も高齢者相談センターの対応に対して、強い怒りと苛立ちを覚えました。
自分で言うのも変ですが、父譲りのああいえばこういう節で屁理屈をこねるのには自信が有ったのですが、途中からやはり役所の方が一枚上手だということを悟り、喧嘩腰の姿勢を取るのをやめました。
法律が改正されない限り、役所は法令順守の姿勢を絶対に変えようとはしません。
今思うと、役所の職員の方たちもそれを分っているのですが、私情を挟めないのでは!?という場面も時折見受けられたようにも思えます。

辛いお気持ちでいっぱいのところに追い打ちをかけるようで、恐縮ですが、ご両親側から虐待の事実は無かったと保護の訴えを取り消すなり、撤回されない限りは、虐待法の主旨に基づき、ご両親は施設への入所措置が取られる運びになってしまうのが現状ではないでしょうか。
我が母はこれを『脱走』という形で、ここから逃げてきました。

納得の行かない虐待法ではありますが、連絡手段が有るとすれば、ご両親(せめてお母様だけでも)にこの虐待法の真実を分っていただき、撤回をしていただくことを伝えるべきだと考えます。
お母様の健康状態がどの程度か存じ上げませんが、比較的まだお元気であるなら、施設入所で生活していく今後の人生と、ご家庭に戻り今までと同じような生活を続ける人生のどちらを望むのか決断してもらう必要が有ると思います。
ただ、母の場合もそうでしたが、そういうこと(施設入所で一生を送ること)を相談センターの方々からきちんと説明を受けていなかったというのも事実です。
ほんの束の間静養をするという説明を受けていたようです。
母がきちんと説明を聞かずにそう思っているだけかもしれませんが、今でも母はこれを『だまされた』と言っています。

乱文になりましたが、少しでもお役に立てれば幸いです。

ヤッチ |  2012/06/26 (火) 00:05 [ 編集 ] No.1311 -

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/06/27 (水) 18:32 No.1312 -

コメント:を投稿する 記事: キノコさん、郵便局にお泊り

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : アルツ君の病状
この前の記事(過去) : アルツ君との面会解禁
▲TOP