site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
生活保護  不動産屋  引越し  高齢者相談センター  住民票  成年後見制度  

アルツ君の住民票

2012/04/06 (金)  カテゴリー: アルツ君
smartphone
今日はキノコさんが不動産屋さんで新しいアパートの賃貸契約を結ぶ日です。

ヤッチも付き添い、一緒に福祉事務所に出かけてきました。

生活保護の福祉事務所に指定された時刻に行き、まずは、手続きのための日割りの賃料や敷金、礼金などの初期費用をもらいます。

このお金を持って、不動産屋さんに行き、お金を支払って一応手続き完了です。

不動産屋さんとの書面上の入居日は4月9日ですが、区が手配した引越し屋さんが繁忙期と言うことも有り、引越しは4月12日に決定です。

ヤッチはキノコさんのように、福祉事務所からお金を手渡されていませんが、引越しの日程は決まりました。

なんとキノコさんと同じ4月12日です。

実はこれ、見積もりに来た引越し屋さんにほとんど同じところに引越しするのだから、ダブルで引越しをやってしまった方が、双方ともに面倒臭く無くていいんじゃないかと、ヤッチが耳打ちしていたおいたせいもあるかも!?

引越しは自分たちでやるのではなく、区が指定した引っ越し業者がやってくれます。

区があらかじめ、2社を選定して、競合させて見積もりを取らせます。

そして、どちらか安い方の見積もりを出した方を区が入札するような順序で進められるようです。

ですから、区が決定するまではどちらの引越し屋さんになるかはわかりません。

片方の引越し屋さんが4月10日に引っ越しできると言い、片方が4月15日なら人員の手配ができると言っても、入札されるまでは、引越し日が決まらないのです。

引越しの日程について、ある程度は希望は出せても、最終的な決定は区なので、この日が決まるまで、正直落ち着きませんでした。

いつ引っ越すことになるかわからないので、身の回りの物を梱包して封をしてしまえないからです。

これである程度の見当をつけ、必要な枚数の着替えを残して、あとは箱詰めすることができます。

ちょっと一息と言ったところでしょうか…。

今日はそんな中、ちょっとした疑問が沸いたので、高齢者相談センターに相談に行ってきました。

何度も書かせていただいている高齢者相談センターは福祉事務所が有る場所と同じフロア。

キノコさんのお金をもらった後、不動産屋さんに行く前に、こちらに寄り道です。

お金をいただいたあと、同じフロア内の総合受付に戻ります。

ヤッチ:「高齢者相談センターの○○さんは御手隙でしょうか?」

ヤッチは受付にいた職員さんに高齢者相談センターの支援係長さんの名前を告げます。

受付の職員さんが支援係長さんをマイクで呼び出します。

すぐに支援係長さんが出てきます。

ヤッチ:「こんにちは。先日(アルツ君との面会日)はお世話になりました。」

支援係長さん:「いえいえ。」

社交辞令的挨拶から始まります。

ヤッチ:「実は父の事で相談させていただきたいことが有るのですが…。」

支援係長さん:「なんでしょう?」

ヤッチ:「ご存知かどうか、家族は、みなバラバラに転宅することが決まりました。まだようやく引越し先や日程が決まったところで、気が早いのですが、住民票をそれぞれの場所に移さなくてはなりません。」

支援係長さん:「引越し先は皆さん、お決まりになったのですか?」

ヤッチ:「はい、私と母は、一応4月12日が引越し日です。」

支援係長さん:「そうでしたか~。」

ヤッチ:「で、皆が引越しをしてしまうと、今住んでいる家に父だけが残ってしまうことになります。」

支援係長さん:「うん…。」

ヤッチ:「それで、父の住民票をどうしたらよいものかと思って…。」

支援係長さん:「なるほど…。先日お話ししましたように、お父様の受け入れ先の施設がまだ決まっていません。近い将来、必ず決まるはずなので、もう少し待っていただけないでしょうか?」

ヤッチ:「と、おっしゃいますと?」

支援係長さん:「お父様が入られる施設が決まるまでは住民票を移さないで欲しいのです。」

ヤッチ:「ただ、お耳に入っていると思いますが、我が家は借家で、しかも滞納家賃20か月です。おまけに父名義です。このままだと、父にどんな火の粉がかかるかわからないので、早目にどこかに移した方がよいのではないかと思って…。」

支援係長さん:「そうですか…。ただ、家賃の件に関しては、大変申し訳ありませんが、私どもではお役にっ立てないことでして…。こちらもできるだけ早い時期にお父様を別の施設に移して差し上げる努力しています。特養に移れば、早急にそちらに住民票を移すことは可能です。どうかもう少しだけお待ちいただけないでしょうか?」

ヤッチ:「気の早いことかもしれませんが、ゆくゆくは成年後見制度の相談もさせていただこうと思っていたのですが…。」

支援係長さん:「あっ、その件に関しては、こちらでは今のところの話ですが、考えていません。ご長男さんとも会ってお話ししているし、お姉さまとは何度も電話で話している間柄なので、こちらではご家族のことはじゅうぶん承知しています。ですから、今のところの話ですが、センターでは後見役の話はあがっていません。」

中々、単純そうで、難しい話…。

認知のあるアルツ君が、滞納家賃の支払い義務者。

支払い能力が無いと見なされれば、支払いは連帯保証人と思われる兄のところに行きます。

しかし、我が家では賃貸借契約書が行方不明なので、誰が連帯保証人なのかがわかりません。

兄が連帯保証人である可能性が高いのですが、可能性でしかありません。

大家さんがもう1通を持っているはずですが、大家さんに連絡を取りづらい状況…。

やはり、代理人を立てるしかないか…。

兄に被ってもらうしかないか…。

(; ̄ー ̄川 アセアセ


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 6 件
ツイートする

キーワード検索 : 生活保護 不動産屋 引越し 高齢者相談センター 住民票 成年後見制度 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-275.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/04/06 | コメント (6) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : アルツ君の診察日
この前の記事(過去) : 久しぶりのアルツ君

Comment


>受付の職員さんが支援係長さんをマイクで呼び出します。

ずいぶんと大きなセンターなのですね…
“みず”のところは、来所されたら、職員全員すぐ見えます(^_^;)

>今のところの話ですが、このことについてはセンターでは後見役の話はあがっていません。

欧米の考え方では、判断能力が低下したからには成年後見制度手続きは必ず必要なのですが…
日本では家長制度や血縁関係を重視(法律的にも)するので…
係長さんの言われる
>「ご長男さんとも会ってお話ししているし、お姉さまとは何度も電話で話している間柄」
があるので、手続き必要性は低くなるのです(^_^.)

ましてや後見手続きには、家裁申し立てに必要な書類が膨大で…
よっぽど誰も親族がない・首長(市長や区長)申し立てが必要というケースでないと、話を進めようと思わないのも事実です…
ちなみに親族は4親等まで指しますので…
戸籍上の親族探しから始まります(^^ゞ
(あとは本人の判断能力を判定する診断書とか)

法的な血縁関係の優先順位を変える必要がある…
例えば、お兄さんが勝手にお父さんのお金を使ったりお父さん名義でいろんな契約をする…
場合は、センターも早急に対応するかも知れませんが(-_-)

また後見人になったらなったで、きちんと定期的に家裁に報告が必要だったりするので…
これも大変なのです(>_<)

“みず” |  2012/04/07 (土) 22:27 No.1182 -

“みず”さんへ

“みず”さん、おはようございます。
返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
いろいろと、教えていただきありがとうございます。

御存知のように、現在、父は高齢者相談センターに保護されている状態です。
財産権一つにしても、これは当然父本人に帰属するのは明らかで、たとえ、滞納家賃という負の財産(負債)であっても、家族が勝手に処分できないし、高齢者相談センターにできないものと思われます。
ただ、保護下に置かれている父に提案や助言をする場合に、ヤッチは本来、面会を制限されてもよい身の上なので、介入することはできないにしても、他の家族がどこまで介入できるかが、正直よくわかりません。
家族は高齢者相談センターの考え方に従わなければならないのか、それとも、高齢者相談センターは家族の意見を聞くべきものなのか、あるいは職権によって、ある程度のことまでは、父のことを面倒見てくれるものなのか、線引きが現在もできていないように思います。
現在の借家を何の手続きを踏むことなく、父の住民票だけを今の借家に残したまま、他の家族が転宅してしまえば、大家さんは、父が住み続けていると判断し、賃料が発生し、現状ままでは放っておくと、父の負債がどんどん増してしまう懸念が有ります。
この辺のところを高齢者相談センターに相談したかったのですが、やはり、この件には、『管轄外』とやんわり断られてしまったのです。
次元の違うことで、父が保護されたわけですから、こう言われるのも当然ですが、保護された結果、経済的問題を含めて、父本人に不利益をもたらす問題が発生するわけですから、家族としては、放置できないことでもあります。
父が保護され、特養に入るということは、役所が単に身のまわりのお世話だけと考えているのか、経済面も含めてお世話すると考えているのかが、今のところヤッチには見えてきません。

ヤッチ |  2012/04/08 (日) 08:57 [ 編集 ] No.1183 -

看護師“みず”の苦手点…。

ここが専門職の苦手部分で…(-_-;)
ただ地域包括は、そのために社会福祉士・主任ケアマネの専門職配置があるのです。

>家族は高齢者相談センターの考え方に従わなければならないのか、それとも、高齢者相談センターは家族の意見を聞くべきものなのか、あるいは職権によって、ある程度のことまでは、父のことを面倒見てくれるものなのか…

“みず”的解答は3番目…
職権によって、ある程度のことまでは、面倒を見てくれる…
です。

このある程度というのが、微妙ですね(-_-;)

虐待対応しかり成年後見制度しかり、権利擁護なので“みず”の包括では社会福祉士役割と扱っています…
ということでは、虐待対応初期のアセスメントから微妙な係長さんのようなので…
この負債問題もどこまでアセスメント出来ているのか(-_-;)

逆に弁護士さんや行政書士さんに、直接相談することをお勧めします。

金銭をかけなくても、相談方法はあるはず…
“みず”の市では、市民相談で無料相談日があります(広報誌に載っています)…
また社会福祉協議会などで、貸付制度もありますよね…
ホントにもっと詳細な説明がしたいのですが…
これが看護師の限界です…
スミマセン(>_<)

“みず” |  2012/04/08 (日) 21:09 No.1184 -

“みず”さんへ

“みず”さん、こんばんは。
アドバイスありがとうございます。

ヤッチも自己破産経験者なので、多分、普通の人よりは、債務整理については知識が有る方ではないかと思いますし、無料相談等も嫌って言うほど経験してきました。
先日も相談に行ってきましたが、「役所(高齢者相談センター)が今後をどう考えているかがわからないので何とも言えない。」が結論でした。
でも、役所がどう考えているかは、高齢者虐待防止法によって、聞きだすことができないというジレンマです。

机上では、父に支払い能力が無ければ、代理人を立て、自己破産等の法的な債務整理をおこなって行くことになると思います。
そして、父は債務を免れたとしても、今度は滞納家賃に関しては、連帯保証人であろう兄に債務が移行します。
兄も自己破産手続き中ですから、他の債務と併せてこの滞納家賃を含めて、処理していくものと思われます。
兄の自己破産の免責が確定すれば、滞納家賃も免責となり、これまでの滞納家賃も言葉は悪いですが、チャラになる可能性も出てきます。

机上ではかなりシンプルな気もしますが、道義的のどうなの!?という問題もやはり残ります。
大家さんも高齢者で賃収入だけで生計を立て、最近、奥さんも入院したと聞きます。
アルツ君の住民票をこの家に残したまま、書面上住み続けるのは、果たしていかがなものかと思うのです。
だからと言って、今すぐ滞納家賃を払える資力は、アルツ家の誰にも有りません。
そこへもって、役所の介入が有るので、意外にこの役所の対応ひとつで、アルツ家の将来が変わってしまうのではないかと言うのが、ヤッチの今の心配事です。
たとえば、アルツ君が高齢者虐待防止法によって保護されていなければ、アルツ君の住民票を姉の住まいに移すことも可能です。
しかし、保護されている以上、これができない…。
その前に認知が有る父に自己破産を決断する判断能力が有るのかも疑問ですが…。

さらに、兄が自己破産の申し立てを裁判所にした後、つまり関係書類をすべて提出した後に、父も自己破産の申し立てを行い、事後に滞納家賃について兄が支払い義務者になったりすると、これまでの兄の自己破産手続きが無効となったり、免責の許可も下りない可能性も出てくると思います。
つまり、父が先に自己破産の申し立てを先に行い、それを踏まえた上で、兄が自己破産の申し立てをするのが順序のような気がします。
これは、役所の判断に依ることが多く、早急にこの手続きに入ってもらいたいのですが、如何せん役所が介入しているため、これができないでいるのも事実です。

高齢者虐待防止法下のアルツ君の住民票問題は、意外に難しい問題を含んでいると思います。
気をつけないと役所も職権濫用などの別の問題も浮上してくるとヤッチは考えるのですが…。

借りたものは返すのは人の道…。
でも返せない…。
この矛盾の中で生きて行かなくてはならないのは、経験したことがないとわからないことかもしれませんね~。
(; ̄ー ̄川 アセアセ

乱文申し訳ありません。

ヤッチ |  2012/04/09 (月) 00:07 [ 編集 ] No.1185 -

何度もしつこく…(>_<)

アドバイスになっておらずスミマセンm(_ _)m

>これまでの滞納家賃も言葉は悪いですが、チャラになる可能性…

社会福祉士のセンター報告で…
やはり(言葉は悪いですが)“踏み倒し”…
それを法律の専門家(固有組織名は言えないですけど)が、勧めることもあるようですよ(^_^.)

また大家さんはそういうことにならないように…
家賃滞納保障システム
http://jid-net.co.jp/
http://www.kurejitouie.com/archives/51868765.html
があるようです(>_<)

>借りたものは返すのは人の道…。
でも返せない…。
この矛盾の中で生きて行かなくてはならないのは、経験したことがないとわからないことかもしれませんね~。

その通りですね…
共感出来ずスミマセン…
こちらも一時期のように、日々の流れに任すことになるのでしょうか…(T_T)

“みず” |  2012/04/09 (月) 21:29 No.1186 -

“みず”さんへ

“みず”さん、こんばんは。
とても参考になっていますよ。

今日、姉に高齢者相談センターの支援係長さんから電話が有ったそうです。
「お父様の後見人をさがす手続きを考えているのですけれど…。」
ヤッチが直接会って話しをしたときは、後見人制度は考えていないとおっしゃっていたのに、急展開な事実です。

でも、これってもしかすると、アルツ君の特養の入所先が決まりそう、あるいは決まったのかもしれませんね。

施設入所に必要な本人の同意が認知のある父に求められないために、急遽後見人を選定する必要が出て来たのかもしれません。

アルツ君一人のことを考えるなら、これはこれでありがたいと思うのですが、踏み倒しが行われると、今度は連帯保証人が債務を負うことになります。

滞納家賃の連帯保証人になっているのは兄の可能性が大です。
兄もご存知のように最近ようやく、自己破産を決めたようです。
こうなると今度は兄の債務整理に支障が出る可能性が出てくるのです。
そんなの知ったこっちゃないと言えばそれまでですが、そう思う人間はヤッチだけではないので、複雑な心境になっちまうのです。

虐待防止法はまったく個人的な意見ですが、もう少し養護者の支援や、家族の支援にも触れるような、もちっと、いや、大いに血の通った法律に改正してもらいたいし、成年後見制度ももっと幅広く人材を選定できる制度にしてもらいたいです。
たとえば、一人の社会福祉士がなるのではなく、弁護士や家族が加わり、グループを結成し、合意のもとに被後見人の権利が守られるようなシステムなんかも有りなのではと思うところです。

こればかりは一人の力ではどうにもならないことなので、これを読んで下さっている皆さん一人一人が身近な問題として、自分にも起こり得る問題なのだと考えて下さるとありがたいです。

“みず”さん、いつもありがとうございます。

ヤッチ |  2012/04/09 (月) 22:11 [ 編集 ] No.1187 -

コメント:を投稿する 記事: アルツ君の住民票

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : アルツ君の診察日
この前の記事(過去) : 久しぶりのアルツ君
▲TOP