site_title進行性核上性麻痺の疑いのある元植木職人のアルツ君(父)、アルツ君の愛妻キノコさん(母)、そしてアルツ君の息子ヤッチの日々の生活を紹介しています。
モード変更
記事中のキーワード
(クリックすると同じキーワードを含む記事を表示します。)
脱走  虐待  

キノコさん脱走!!

2012/03/28 (水)  カテゴリー: キノコさん
smartphone
皆さんを心配させるといけないので…。

前記事のコメントに書かせていただきましたが…。

キノコさん施設を脱走して、ヤッチのところ(アルツ家)に帰って来ています。

無事保護させていただきました。

今日は記事に出来ないかもしれませんが、後日詳しいことは記事にさせていただきます。

コメントを下さった皆さん、個別に返事できなくてごめんなさい。

ちなみに虐待などしていないので、ご安心ください。


ブログランキングに参加しています。
クリックで是非応援をお願いします。
    ↓
にほんブログ村
にほんブログ村へ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


コメントを見る 12 件
ツイートする

キーワード検索 : 脱走 虐待 

FC2スレッドテーマ : 認知症を介護する家族の悩み (ジャンル : 福祉・ボランティア

この記事のURLhttp://alzheimers.blog.fc2.com/blog-entry-269.html   Facebook   Twitter   はてなブックマーク hatena

2012/03/28 | コメント (12) | トラックバック (0) | ホーム | ▲ Page Top

«« この前の記事へ (過去)  | ホーム |  この次の記事へ (未来) »»

【この記事のカテゴリー】
【同じカテゴリーの記事(前後10件)】
この次の記事(未来) : 高齢者虐待防止法05
この前の記事(過去) : 高齢者虐待防止法04

Comment


よ、良かった(;´Д`A
キノコさん、おかえりなさい\(^o^)/…ってわけにいかないのかなあ…

虐待なんて、はじめから思ってないですd( ̄  ̄)

はむ猫 |  2012/03/28 (水) 18:43 [ 編集 ] No.1106 -

ひとまず安心しました(^^)

暘 |  2012/03/28 (水) 19:44 No.1107 -

高齢者虐待について

ヤッチさんが行った程度の事で高齢者虐待と非難されるなら、在宅介護など出来るわけがありません。
在宅介護に過剰に目くじら立てる行政に姿勢には、疑問を感じます。
目に見えない形ですが、特養などの介護保険施設のほうが、高齢者虐待は多いのではないかと思います。
家族は気がついていいても、告発すると追い出されるのでは無いかと思い、何も言えないのが現状です。
このような高齢者虐待と行っている施設があっても、行政は何もしません(勧告はしますが強制力がありませんので、何もしていないのと同じです)。
このような片手落ちが、日本の現状なのです。

hokehoke |  2012/03/28 (水) 19:45 [ 編集 ] No.1108 -

前回は失礼な発言をしてスミマセンm(_ _)m

その上、この包括の対応に怒り心頭…
同じ福祉を目指しているのか・何を目指して…
きっと包括直営・行政(-_-)

お返事頂かなくて、大丈夫です(T_T)/~~~

“みず” |  2012/03/28 (水) 20:46 No.1109 -

はむ猫さんへ

ヤッチはキノコさんに「おかえりなさい。」で迎えましたよ。
今日は事後処理が有りますが、そのことには触れず、ゆっくりさせてあげたいと思います。

ヤッチ |  2012/03/28 (水) 21:20 [ 編集 ] No.1111 -

暘さんへ

御心配おかけしました。
私もひとまず安心しました。
ありがとうございました。

ヤッチ |  2012/03/28 (水) 21:22 [ 編集 ] No.1112 -

hokehoke先生へ

あたたかいお言葉本当にありがとうございます。
生活保護など、これからの生活について、まだまだこれからいろいろ問題が出てくると思いますが、
とりあえず、母が私の元へ帰って来てくれたのは、うれしく思っています。
後ほど、詳細について記事にさせていただきます。
いつもありがとうございます。

ヤッチ |  2012/03/28 (水) 21:27 [ 編集 ] No.1113 -

“みず”さんへ

“みず”さんにあやまらなくていけないのはヤッチの方かもしれません。
m(__)m
最近の記事は批判的な内容ばかりなので、さぞかし気を悪くされているのではないかと思います。
自分自身が逆の立場で役所の人間だったらと考えると、役所サイドにはいっぱい言い分も有ると思います。
ただ、人の一生がかかっている大事な事なので、簡単にああそうですかと役所の筋を認めるわけにいかないのもご理解いただいけるとありがたいです。
“みず”さんのようにいつもありがたく、しかも参考になるコメントも下さる方が地域包括支援センターにはたくさんいらっしゃることを書き添えておかなくてはいけませんね。

「お返事頂かなくて、大丈夫です(T_T)/~~~」には“みず”さんの優しさが感じられます。
いつも細かなお気遣いありがとうございます。

ヤッチ |  2012/03/28 (水) 21:39 [ 編集 ] No.1114 -

わ~~~い(*^^)v

キノコさん、さすがにお姉さんのお母さんだわ!(ん?逆かな)
すばらしい~~~。
でも荷物がなくっていてびっくりしたでしょうね。
思わずやった~~~と叫んでいた私。不謹慎でしょうか?
ヤッチさんが虐待したなんで誰が思います??
全く!!!よく、話を聞けっちゅうのよ!!!
キノコさんの(だけでなく皆さんの)この間の気持ちを思うと切ないですが、そして、お母さんとの絆が断ち切られてしまったようで悲しかったのですが、単にすれ違いというかかみ合わなかっただけというかの事で、それが一番うれしいです。
ゆっくりお休みください。

よしこ |  2012/03/28 (水) 23:16 [ 編集 ] No.1115 -

今回のことを読ませて頂いて、福祉行政が家庭に介入する難しさを痛感してます。
私は民間の会社員ですが。
ご本人達は懸命にやっておられる(つもり?)のでしょうが。
何だか勝手に引っかき回してるだけのように思えてしまいます。
うちは二人暮らしですから、こんなふうに決めつけられたら虐待はないと証明できる自信がありません。怖いです~。

お母様、お家に戻ってヤッチさんの顔を見たら少し落ち着かれましたかね?このまま良い方向へ進んでいかれることを祈ってます。

mikomona |  2012/03/28 (水) 23:43 [ 編集 ] No.1116 -

よしこさんへ

記事とこのコメントに時間的なずれが出てしまい、申し訳ありません。
キノコさん、今日(3/29木)の朝は少し落ち着いて来たようで、朝食もしっかり食べています。
昨日は高齢者相談センターの悪口を何度聞かされたことか…。
同じことを何度も繰り返し話します。
よほど、話し相手がいなかったのか、しゃべり放しな状態で、今はキノコさんの話を否定も肯定もせずに、完全な聞き役に徹しています。
まだ、事後処理をどうするかは、何も定まっていないところですが、アルツ君の特養の住所をキノコさんが知っていたので、キノコさんを連れて、面会に行ってこようと思います。
まだ、ヤッチはアルツ君の虐待者という立場から解放されたわけではありませんから、一応施設の近くで待機し、キノコさんだけ面会してもらうつもりでいます。
まずは御報告まで。

ヤッチ |  2012/03/29 (木) 08:06 [ 編集 ] No.1117 -

mikomonaさんへ

今回の役所の対応、すべてを否定するつもりはありません。
法律にのっとって、役所なりに苦慮されていろんな支援策を考えていただいたわけですから、その点については感謝すべきことだと思います。
マニュアルにないイレギュラーが発生したときの対応がやや人情味に欠けると言ったところなのでしょうか。

確かに密室で行われる在宅介護…。
証人になるのは家族だけです。
しかし、家族の証言は役所にとって客観的な判断材料として認めてもらえないのが今回のそして今後の課題になってくると思います。

いつも気遣っていただき、ありがとうございます。
mikomonaさんのところはかわいい猫ちゃんもいるし、弟さんもいらっしゃるから大丈夫ですよ。

ヤッチ |  2012/03/29 (木) 08:26 [ 編集 ] No.1118 -

コメント:を投稿する 記事: キノコさん脱走!!

  • お気軽にご質問やコメントをどうぞ! (過去の記事でも大歓迎)
  • コメント本文以外の表示させたくない項目は空欄でも構いません。
  • 非公開(ヤッチだけが読める)を選択すると、コメント内容は記事に表示されません。
  • プレビューボタンを押すと送信前の表示を確認できます。 (送信はされません。)

  ←設定しておくと、後から修正/削除もできます。
  非公開コメントとして投稿する(ヤッチだけが読めます)

Trackback

この次の記事(未来) : 高齢者虐待防止法05
この前の記事(過去) : 高齢者虐待防止法04
▲TOP